にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    北アフリカ・中東動乱の実際  (2012/04/13)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    今なお北アフリカ、中東情勢は混迷を極めている


    この状況の発端や、根源的原因を考えてみたいと思う。

    :歴史的背景
    そもそも北アフリカ、中東諸国は18世紀から19世紀にかけて欧州諸国の植民地にされ20世紀~21世紀にかけても実質的支配の下におかれていた。
    さらに遡れば中世の十字軍遠征においても当地は蹂躙され恨みは根深い。

    :移民の問題
    欧州諸国は高齢化対策として移民の受け入れを90年代から2000年代にかけて大幅に緩和した。
    これにより、もと植民地地域の北アフリカ・中東諸国より大量の移民が欧州に渡った。
    移民の人々は高等教育を受けた専門家か単純労働者であり、2008年より本格的に開始された世界不況によって単純労働者の移民達は大量に失業、しかしそのセーフティーネットはまったく整備されていなかった。
    これと前後して、欧州内ではイスラム民族衣装の公共の場での着装を禁止(ベルギー、フランスなど)や移民の若者を警官が暴行などで欧州諸国政府に対する反感が強まり、これは北アフリカ・中東諸国の現地にも波及した。

    :携帯電話の普及
    今現在どんなに貧しい暮らしをしている人々もほぼ携帯電話を所有しており、インターネットを介して自由に情報を得る事が出来る。これがいままで経済格差や外国の情勢に無頓着だった人々の心に変化を及ぼす事となる。
    さらに、最新のWEBツール(ツイッター、フェイスブックなど)で横への情報伝播速度が非常に速くなった。
    これらが第3世界で急速に普及したのがつい3~4年なのである。

    :2007年頃のフランスの軍事作戦
    フランスは原子力大国であり、その燃料としてのウランをアフリカ(ニジェール)においてアレバが採掘事業を長年行っていた。
    この地域でAQIMという組織がイスラム原理主義革命運動を開始、資金調達のためアレバ職員を誘拐する事件が多発した。
    フランス政府はモーリタニア国軍と協力して掃討作戦(人質救出作戦)を開始、フランスの単独介入であり作戦は泥沼化していった。
    トランス・サハラにおける不朽の自由作戦、アメリカ主導の作戦で上記記述との関係詳細は不明。
    関連情報:仏首相「アルカイダとは戦争状態」北アフリカへの軍事的関与強化へ、 北アフリカからヨーロッパへの脅威

    :チュニジアはフランスのアフリカにおける橋頭堡
    チュニジアはアフリカ最大の親フランス政権であり、他のアフリカ諸国に対するフランスの代理として動いていた。
    AQIMはフランスのアフリカでの影響力を排除する為にはチュニジアの現政府を転覆させるのが一番だという事で作戦に動いた。
    作戦は単純で、インターネットによりすでに世界の情勢を知るに至った普通の人々に火をつけた、ただそれだけだ。


    こういった流れが今回の一連の騒動の裏側には有るようです。
    これによって一気にチュニジアの政府は転覆しました。

    そこからエジプト、リビアへと騒乱は広がっていった訳ですが、それらは組織的に一体ではなく、AQIMが使った作戦を模倣して各地のイスラム勢力が行っていったというのが実際のようです。

    様々な思惑が各地域・組織にはある訳ですが、脱欧州、脱アメリカ、反イスラエル、イスラムとしてのアイデンティティの開花といった理由が考えられますが、最大の理由・原因は「 世の中がフェアでない事に気付いた 」でしょう。 

    一言で言うならばカオス、某略説やいろんな話が持ち出されますが実際の状況はカオスそのもののようです。
    多極的に騒乱が発生し収まる気配はありません。

    原油先物価格が200ドルあり得るかも知れない


    この事件は、今後先進諸国のエネルギー・資源戦略に大変な影響を与えるはず。
    独裁を許していたのも安定したエネルギー・資源を確保するためで、それが崩壊したとなっては今後それらの価格が高騰する可能性が非常に高い訳です。

    日本にとっても死活問題です。
    石油輸入の90%以上を中東に頼っているためこれらがストップ、価格高騰すれば経済に多大の影響を及ぼします。
    原発の再稼働をなんとか実行しようとしている政府の姿勢も理解出来ます。

    非常に困難な局面に立っていると言えるでしょう。

    北アフリカ・中東を地図で確認



    大きな地図で見る

    モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト、ヨルダン、シリア、サウジアラビア、イラク、クウェート、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーン、イエメン。

    上記地域はもちろん、運動はアフリカを南下しておりサハラ以南も既にあぶない。
    さらにイランなどの西アジア・中央アジア圏、中国、南米等の独裁国もいずれ危険にさらされる可能性がある。
    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済 -タグ:中東 アフリカ フランス イスラム エネルギー 原油

    アフリカ:コートジボワールってどんな国?  (2011/04/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    内戦で混迷極まるコートジボワール。
    カカオ豆の生産量で世界1位(シェア35%)という事以外はほぼ知られていないと思うんですよね。

    コートジボワール(Wiki)

    概要は大体 Wiki でわかりますのでそこには載っていない、特に人口統計上のデータを日本と比較しながら見てみたいと思います。

    :データ参照元 index mundi

    Cote d'Ivoire Demographics Profile 2011


    Demographic;人口統計データ(人口統計上の)

    *以下、カッコ内は日本のデータ

    ◯Age structure;年齢構造
    0-14;39.8%(13.1%)
    15-64;57.2%(64%)
    65 years and over;3%(22.9%)

    ◯Median age;平均年齢
    total;19.6(44.8)
    male;19.7(43.2)
    female;19.5(46.7)

    ◯Total fertility rate;合計特殊出生率
    合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ)とは、人口統計上の指標で、一人の女性が一生に産む子供の平均数を示す。

    3.92(1.21) children born/woman (2011 est.)

    ◯Population growth rate;人口成長率
    2.078%(-0.278%) (2011 est.)


    国全体がとても若い人で溢れかえっている状態、日本では考えられないですよね。
    人口もまだまだ増えてます。

    ◯Infant mortality rate;乳児死亡率
    total: 64.78(2.78) deaths/1,000 live births
    male: 71.54(2.98) deaths/1,000 live births
    female: 57.83(2.58) deaths/1,000 live births (2011 est.)

    ◯Life expectancy at birth;出生時平均寿命
    total population: 56.78(82.25) years
    male: 55.79(78.96) years
    female: 57.81(85.72) years (2011 est.)

    ◯HIV/AIDS
    :adult prevalence rate;エイズ成人感染率
     3.4%(less than 0.1%) (2009 est.)
    : people living with HIV/AIDS;エイズ感染者数
     450,000(8,100) (2009 est.)
    :deaths;エイズ死亡数
     36,000(fewer than 100) (2009 est.)


    乳児死亡率が高く、平均寿命もとても短い。
    そしてなによりもエイズの感染者が多い!これはアフリカ諸国全体での問題なんですよね。

    ◯Urbanization;都市化
    urban population: 51%(67%) of total population (2010)
    rate of urbanization: 3.7%(0.2%) annual rate of change (2010-15 est.)

    ◯Education expenditures;教育費
    4.6%(3.7%) of GDP (2008)


    都市化(都市人口の割合)、これ意外に日本はあまり高くないんですね。
    コートジボワールとの比較では分かりにくいですが、他の先進諸国が軒並み80%超ですからね。
    オーストラリア89%、アメリカ82%、ドイツ74%でドイツはちょっと低い方です。

    あと、教育費の対GDP比率、後進国は大体3%割れが多いのにコートジボワールは意外と高いですね。
    対して日本は、先進諸国が軒並み4%超なのに対して結構低い部類に入ります。
    例えばオーストラリアは4.7%、アメリカは5.5%、ドイツは4.4%です。
    ただこれは、少子高齢化が際立って進んでいるのが理由かもしれません。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:アフリカ データ

    中国のアフリカ投資  (2009/12/14)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    NHKの「 チャイナパワー 」という番組、
    この中の挿入部のナレーションで、

    「 超大国入りを果たした中国 」

    と言う表現を使用していました。
    そう、NHKは、中国を超大国として認識しているんですよ、既に
    一般的な日本人は、まだそこまでの認識には至ってないと思うのですがね。

    「 13億の巨大市場が爆発的成長を開始したのです 」

    このナレーションも威圧的です。

    ◯中国がアフリカに進出する理由

    :1 地下資源の確保
     参照 アフリカ・世界地図
     アフリカは地下資源の宝庫です。
     しかも、未開拓部が多数有り。
    :2 中国企業の生産基地として
     既に、エジプト等が開発されつつ有ります。
    :3 中国製品の市場開拓
     南アフリカを中国製品が席捲中。

    1の要素が大きいですが、それを確保するため、
    現地にインフラ構築計画を提案
    道路、鉄道、発電所、通信設備等を整備し、
    その見返りとしての資源確保と言う手法をとっています。
    インフラを構築すれば、次の2の段階、
    3の段階へ移行していく可能性が高まりますよね。
    既に、こう言う事例が有ります。

     :◯ニュース
    2009.08.26 Web posted at: 20:15 JST Updated - CNN

    ソーラー電池で充電可能な携帯電話、ケニアに初登場

    (CNN) インフラ設備が整っていないアフリカ東部ケニアでこのほど、太陽電池でも充電できる携帯電話が発売開始となった。1台35ドルで、ケニアの携帯電話最大手サファリコムは手始めに、10万台を投入する。

    ケニアの人口は約3700万人だが、電気がつかえる状態にあるのは約130万人に過ぎない。このため、基地局を設置するだけの携帯電話も、充電出来る場所が限られているため、普及への壁となっていた。

    サファリコムのマイケル・ジョセフ最高経営責任者(CEO)はCNNに対し、発売する携帯電話の製造元は中国のZTEで、通常の充電器とソーラーパネルを利用する充電器が同梱されており、電気が通っていないところでも利用可能と強調する。

    太陽光で充電できる携帯電話は、サムスンも今年2月に発表し、6月中旬からインドで販売されている。



    アフリカ等への進出理由のもう一つに、
    中国国内の余剰労働力の放出と言う面があるそうです。
    中国に世界各国の生産施設が集中し、限界が迫っています。
    このまま集積しても、輸出先(需要)が限定されていますからね。
    ですから、さらなる発展を望む場合、
    今までの経済基盤であるアメリカ経済圏以外の最終消費地を、
    形成しないといけない
    訳ですよ。
    それが、アフリカであり、南米、東欧である訳です。
    ですから、中国元が安く、輸出で外貨を稼げる間に、
    新市場を形成するための投資を積極果敢に行っているのでしょう。

    そして最終的には、
    元を切り上げ、国内需要で経済を回す事を目指しています。

    ◯中国のアフリカとの貿易額(2007年)

    輸出+輸入額で、730億ドル。
    インドも進出中で、300億ドル。
    日本のそれは、250億ドル。

    因みに対南米は、
    約1000億ドル。
    日本のそれは、550億ドル。
    対ロシアは、500億ドル。
    日本のそれは、200億ドル。
    いずれも2007年度。

    ◯その他の動き

    :エジプト、南アフリカ、ナイジェリア
     この3国は、中国にとって優先進出国らしいですな。
     進出理由は2点、
     中国企業の海外生産拠点として、
     そして、中国製品の消費地の開拓。
     例えば、エジプトは中国よりも人件費が安いらしく、
     繊維関係の工場が既に相当な規模で稼働中とのこと。

    :広東省の企業がアフリカに率先して進出
     逆に広東省へも、アフリカ人が出稼ぎにきています。
     アフリカでは、
     「 チャイナドリーム 」 
     なる思想があるらしく、アフリカからの移民人口が年々増えているようです。
     そして、それが問題も引き起こしているようですね。
     暴動とか起きてます。
     後、意外でしたが、
     中国の人は、「 アフリカ人を黒人 」 として、
     結構差別する傾向が強いらしいです。
     まあ、日本人にもその傾向はありますよね。
     そりゃ、全然見た目が違いますから、
     差別というか、違和感を感じるのでしょう。


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:中国 アフリカ

    世界地図・アフリカ  (2009/12/05)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    今回はアフリカ大陸です。
    ま~、北部はなんとなく知っていますが、
    それ以外は南アフリカを除いて位置関係がかなりあいまい。

    ◯アフリカ大陸地図
    アフリカ

    アフリカ大陸の大半の国が、
    政治的に不安定、犯罪率が高い、テロが頻発する、内戦状態
    といった状態です。

    外務省の海外安全情報を一覧表にしてみました。
     :2009年12月時点

    ◯アフリカ情勢:外務省 海外安全情報
    アフリカ・海外安全情報


    島部(マダガスカルは含む)を除いた全47国中、
     :無し 7
     :十分に注意してください 11
     :渡航の是非を検討してください 10
     :渡航の延期をお勧めします 13
     :退避を勧告します 7(エリトリアがかぶってました)
      アフリカ東部が特にヤバイ地域みたいですね

    となっています。

    ◯アフリカの地下資源シェア表
    アフリカ_資源シェア1

    アフリカには分かっているだけでこれだけの資源が存在します。
    更に、未開発の鉱山が多数有り、その量は莫大と見られています。
    これが、紛争の火種にもなっているわけですね。

    ◯北部
    :エジプト
    :リビア
    :チュニジア
    :アルジェリア
    :モロッコ
     スペインの飛び地都市が2箇所ありますね。知りませんでした。
     セウタとメリリャです。面白いですね~。
     GDPの大きさはアフリカで4位です。
     :西サハラ
      ここは、モロッコと領有権で揉めています。

    ◯西部
    :モーリタニア
    :セネガル
    :ガンビア共和国
    :ギニアビサウ
    :ギニア
    :シエラレオネ
    :リベリア
    :コートジボワール
    :マリ
    :ブルキナファソ
    :ガーナ
    :トーゴ
    :ベナン
    :ニジェール
    :ナイジェリア

    ◯中部

    :チャド
    :カメルーン
    :中央アフリカ
    :赤道ギニア
    :ガボン
     ここは中国と深い関係があるようですね。
     石油産出国でかつてはOPECにも加盟していました。
     一人当たりGDP(PPP)もずば抜けて高く、14,477ドルです。
     これは、南アフリカの10,119ドルより高く、ボツワナに次いで2位か?
    :コンゴ共和国
    コンゴ民主共和国
     元ザイールですね。コンゴが2つあってややこしいですわ。
     しかしまあ、ザイールって無くなってたんですね。
     知りませんでした。お恥ずかしい・・・。
     ジム・ロジャーズの本を今読んでいるんですが、
     ザイールの話が出てきます。
     当時(1990年)は、相当やばかったみたいですね。
    :ルワンダ
    :ブルンジ

    ◯東部
    :スーダン
    :エリトリア
    :エチオピア
    :ソマリア
    :ケニア
    :ウガンダ
    :タンザニア
    :ジプチ

    ◯南部
    :アンゴラ
    :ザンビア
    :マウライ
    :モザンビーク
    :ジンバブエ
    ボツワナ
     ここが、一人当たりGDPでアフリカ1位ですかね?
     GDP(PPP)で、14,882ドル(2008年)です。
     1960年代から政情はずっと安定していて、
     外務省の海外安全情報も出されていません。
     経済の主体は資源輸出で、 ダイヤモンドがGDPの1/3も占めています。
     ダイヤモンド産出量は世界2位(2004年)
     食料などの軽工業はそれなりに発展しているらしいですが、
     重工業はほぼ無いようですな。
     アフリカは、他の国も地下資源に恵まれている国が多いのですが、
     政情がとても不安定で、まともに採掘出来ないのが現状。
     ボツワナのように成り得るのにもったいないですよね。
      ただ、失業率はかなり高いです。20~40%と言われています。
      と言うことは、貧富の差が大きいと言うことでしょうか?
      昔ながらの狩猟生活をしている人も居るらしいですからね。
     あと、エイズ(HIV)の感染率が非常に高く、
     なんと、成人の38.8%が感染している
    らしい(2000年調査)。
     なので、平均寿命がなんと、39歳!です。
    :ナミビア
    :南アフリカ
    :レソト
    :スワジランド

    ◯島部
    :マダガスカル
    :カナリア諸島(スペイン領)
    :マデイラ島(ポルトガル領)
    :カーボヴェルデ


    はっきり言って、アフリカは謎ですな。
    聞いた事ない国が結構ありますよ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:世界地図 アフリカ 地下資源 データ

    野性の世界は恐るべし まさにサバイバル!  (2008/12/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、これはとても有名なYouTube映像ですから、見たことのある方も多いのではないでしょうか?

    広大なサバンナが広がる最後の動物達の楽園、アフリカ。そこでは、日々弱肉強食の熾烈な争いの世界が繰り広げられているんですな。

    今回の映像は、ほんとドラマティックですよ。
    バッファローの群れが移動中に、待ち伏せを食らった訳です。敵はライオン数頭。バッファロー達は逃げ惑い、その中で一番弱い子供バッファローがライオンの猛烈アタックにより川に転落!ここから、予想だにしない出来事が次々と発生するんですわ。

    この映像を撮影している外人が、「 オーマイガ! 」 「 ジーザス! 」 「 アンビリーバボ! 」 連発してます。わらけますな。



    アフリカ、恐るべし!動物ってすごいね!
    人間の世界も恐ろしいですが、自然の世界と比べたら全然ましな気がします。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報 -タグ:Youtube アニマルワールド アフリカ

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。