FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

イランVSイラク イラン軍は自国領土と主張 駐イラク大使は占拠否定  (2009/12/20)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


2009.12.20 00:14

ファッカ油田近くにみえるイラン国旗(ロイター)
 イラン国営のアラビア語衛星テレビ、アルアラムによると、同国軍は19日声明を出し、イラク南部マイサン州のファッカ油田をイランの兵士が18日に占拠したというイラク政府の非難に対し、同油田はイラン領土だと主張した。イランとイラクの国境をめぐる対立が再燃する可能性が出てきた。
 声明は「1975年のアルジェ協定で定められた国境に従えば同油田はイランの領土だ」とし、イラン軍部隊は国境を越境したことにならないとしている。油田を占拠したかどうかについては明らかにしなかった。
 一方、イラン外務省のメフマンパラスト報道官は油田の占拠について「外国メディアによる根拠のない報道だ」として否定。イランの駐イラク大使も「このようなプロパガンダは両国関係に一切影響をもたらさないだろう」と述べ事実無根とした。(共同)



<産経ニュースより抜粋>

あ~、イラン恐るべし。
もともと自国領だから、越境した事にならない、
凄い理由だ。
イラクとイランは過去に8年にも及ぶ泥沼の戦争を経験している。
 :イラン・イラク戦争
それを蒸し返すのか?
イラクが弱体化し、アメリカ軍が撤退しつつある今、
チャンスなのかもしれない。
しかし、イランの行為は国際的に認められるはずもなく、
どうするつもりなのか?

しかし、シーア派多数のイラクが、
イランとの合併を模索しているとすれば、
事態は急変する。
そうなれば国際的にも認めるしかなく、
中東での一大勢力となり、
一気に中東地域の覇者となりうる。
仮に私がイラク側なら、
上記のことをイランに打診する。
脱アメリカ、イギリスを完全に果たし、
ロシア、中国とさらなる協力体制を築くね。

上海協力機構
 これは軍事同盟ではないが、イランも参加しているロシア・中国主体の国際組織。
  2005年に参加。2008年3月24日にSCO理事会が正規加盟への審査を開始したと報じられた。

田中宇の国際ニュース解説にこの件の記事がアップされてた。
さすが早い。



スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:日記 - ジャンル:日記 -タグ:イラン イラク ニュース速報 田中宇の国際ニュース解説 中東

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン