にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    バイク:ブラジル市場で爆進中のHONDA  (2011/05/19)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    以前の記事でホンダとヤマハの販売市場の地域シェアの違いを書きました。
    その違いを生み出している最大市場・ブラジルのバイク事情を紹介しようと思います。

    参考資料
    ブラジルの二輪車産業と市場(JAMA)
    HONDA_Brazil

    一人勝ちのホンダ、圧倒的シェアを確保


    cb-300r-abs.jpg
    :上の写真は HONDA CB300R

    上記資料によると、ホンダのブラジルにおける販売シェアは2009年時点で75%と圧倒的で、ヤマハの12%に大きく溝を開けています。
    ブラジル全体のバイク市場が2009年で約157万台となっており、ホンダはその75%ですから、約118万台をブラジルで売り上げているわけです。

    2009年度(2010年3月期)のホンダの世界販売台数が約960万台ですから、ブラジルはその約12%を占め、日本・北米・欧州を合わせた57.8万台の2倍の規模であり大変重要な市場となっていることが分かります。

    2位のヤマハもこの市場を当然重要視しており、2009年度のシェア12.2%からの追い上げを計っており、2009年の19.3万台→2010年の22.7万台→2011年の26.2万台(予想)と順調に売上台数を増加させています。
    (2010年以降の、ブラジル全体のバイク市場の数字とホンダのブラジル単体での販売台数が不明なためシェアの変化は不明。)

    ただ中国系企業の進出がここ数年で進み、日系企業の一人勝ち体制がいつまで続くのかは不明です。

    排気量251cc以上のカテゴリーも順調に成長中


    ブラジル市場の特徴として、アジア諸国と違って排気量251cc以上のカテゴリーが10万台規模に成長しており、高収益モデルの販売が可能となっている事があげられます。

    2009年度のデータによれば、ホンダの CB300 というモデルが52,797台(シェア3.3%)売れており、全体でのランキングで7位というポジションを獲得、ヤマハの YS250 というモデルが23,704台と既に日本市場を上回る規模に成長しています。

    スズキは2009年のシェアが5.3%と出遅れており、カワサキも2009年から現地生産を開始しこのクラスへの本格参入を計っています。

    2010年度のブラジル市場の状況


    上記記事を書いた後に調べました。

    参考資料
    ABRACICLO_Dados do setor - Motocicletas - Emplacamentos_2010

    :2010年ブラジル国内市場
     176万台(輸入を除く)
     180万台(輸入を含む)

    :現地生産モデルの販売台数(カッコ内は完成車輸入台数を含む及びシェア)
     ホンダ:139万台(140.2万台:77%)
     ヤマハ:21.5万台(21.7万台:12%)
     カワサキ:0.78万台(0.9万台)
     スズキ:5.5万台(完成車輸入は79台)
    *スズキは上記資料の J.TOLEDO AM の項目。

     DAFRA AM:5.1万台
      中国からの輸入組立がメインの企業。2011年4月現在でスズキの販売台数を上回る3位に浮上している。

    2011年度も4月時点で順調に伸びているようです。

    :ホンダの2011年度・月別現地生産モデルの登録台数の推移(カッコ内は対前年比比率)
     1月:10.2万台(+9.6%)→2月:11.4万台(+21.2%)→3月:12.7万台(+1.6%)→4月:11.5万台(+5.5%)

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バイク ホンダ ヤマハ カワサキ スズキ ブラジル

    KAWASAKI/SUZUKI 2005~2011のバイク売上台数と金額の推移  (2011/05/10)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    男カワサキ、新興国での躍進が急務


    2008_Kawasaki_ZX-14_27.jpg
    :上の写真はZZR1400

    KAWASAKIの特徴として小型車種(排気量50~125cc)には注力しておらず近年は更にその傾向を強めているという事が挙げられる。
    新興国ではカブタイプの車両を展開しているが、その他の地域では中排気量以上のバイクがほぼ全てを占めている。

    ◯KAWASAKIの年間売上台数
    KAWASAKI売上台数2005_2011

    ◯KAWASAKIの年間売上金額
    KAWASAKI売上金額2005_2011

    先進国市場:
    他社と同じようにかなりの不振で赤字を垂れ流している状態だ。
    ただ根強い人気があり、台数・売上ベースでは検討しているように見える。

    新興国市場:
    順調に伸びてはいるが、他社と違って完全なメイン市場にはなっていない。
    この市場でもビジネスタイプの拡大を目指すというよりも、中排気量以上のスポーツモデルを中心にした販売を計画しているが、そこまでの購買力がまだまだ生まれてきていない。その為、先進国市場の不振をカバーできるほどには至らなかった。
    ASEAN地域がメインで特にインドネシアが大きな市場となっているようだ。

    インドネシアでのラインナップ参考資料:
    Harga Kawasaki Kaze & Blitz Bekas Januari 09
    List Harga Motor Bekas/Seken Kawasaki - Feb 2010

    スズキ、4大メーカー中でもっとも厳しい近年の成績


    01e90_Suzuki-Hayabusa-1024x768.jpg
    :上の写真はGSX1300R_HAYABUSA

    ◯SUZUKIの年間売上台数
    SUZUKI売上台数2005_2011

    ◯SUZUKIの年間売上金額
    SUZUKI売上金額2005_2011

    販売台数の2005年と2011年の数字が低いのは、その他の年度と違ってスズキブランドで本体および子会社からの車体・部品の供給を伴わない持分適用法人の台数が含まれていないため。
    それを含めた場合、2005年:2,924千台、2011年:2,970千台となる(内訳は不明)。

    先進国市場:
    日本は他メーカーと同様の推移を示しているが、北米と欧州、特に北米の落ち込みぶりは群を抜いている。
    北米ではかつてホンダ以外で一番売れていただけにどうしてここまで落ち込んでいるのか不思議だが、近年人気モデルが全く出てこなかったというのが最大の原因だと思われる。HAYABUSAとBAIDITシリーズに頼りすぎたのだろう。

    新興国市場:
    他メーカーとの最大の違いは新興国での最大市場が中国だということ。
    他はアセアン地域をメインとしている。
    その中国市場での成績がイマイチなのと(理由:都市部でのバイクの登録規制が厳しくなった)、インド市場への参入が遅れたことが響き、全体を押し上げるまでには至らなかった。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バイク カワサキ スズキ データ

    最近気になるバイクはKAWASAKI  (2010/05/16)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    :Z1000 2010MDOEL


    :ZX-14


    川崎重工のバイク、今まで買った事ないんですが、
    この2台は、なかなかバイク野郎の心を揺さぶってくれますよ。
     それにしても、海外ではバイクのTV番組やCMがガンガン流れているんですよね。
    こういうカッコいい動画もほぼ全部海外もの。
    日本は、ゴールデンタイムにバイクのCMを流したらダメ!っていう規則が有るくらい、
    バイクに対する認識がマイナス。は~、情けない。

    あとこのヘルメットがいかすね。

    :HJC FS-15 CARBON-BLACK
    HJC_09_FS_15_CARBON-2T.jpg
     いろんなアングルの画像はこちら

    HJCは、あんまり知られていないが北米ではシェアNO1ブランドの韓国メーカー。
    アライとSHOEIを押しのけてHJCですか、意外ですな~。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バイク カワサキ Youtube

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。