にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    トヨタの底値を探る2  (2008/10/28)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ますます低下する株価、いったい何処まで下がるのでしょうかね?
    以前の記事で紹介しましたトヨタの底値圏がいよいよ現実の物となってきましたよ。

    ■ PBR 0.60 前後が節目か


    以前の記事 フォルクスワーゲン(Volkswagen AG)のPBR、ROE 紹介

    でご紹介したフォルクスワーゲン社の業績と株価の推移を参考にして、トヨタの株価を考えますと、ROE の低下に伴ってPBRは、0.60 前後のレベルにまで低下する可能性があります。前回の記事で株主資本の減少の可能性を書きましたが、これだけ各国主要通貨が円高に振れている状況からして、避けては通れないでしょう。

    ■ PBR 0.60 で 株主資本が1割、もしくは2割減少した場合のトヨタの株価


    :1割減 ¥2,035
    :2割減 ¥1,809


    この価格帯が底値ターゲットラインになりそうだと思いますね。ただ、トヨタのほうがフォルクスワーゲン社よりも将来性が高いと思われますので、PBR 0.7~0.8程度に底値ラインを引いておいたほうが良いかもしれません。この場合、¥2,100~2,300が底値ラインになりそうです。

    トヨタが数千億円規模の営業利益の減額を発表している事から、最終純利益は、6,000億円規模になりそうかと思いますので、上記株価予想もあながち悲観的過ぎるとも言えませんよ。

    ■ トヨタ・ホンダ以外は更に下値を探る展開か


    ホンダとトヨタは売上高利益率(5~6%)がほぼ同レベルなのに対して、スズキ・マツダ・スバルはもともと1~2.5%程度ですのでやはり底力に差があります。ニッサンも近年、最終純利益を伸ばせていませんのでトヨタ・ホンダに見劣りします。

    市場のPBRによる評価(株主資本1割減で試算)は、

    :グループ1 PBR 0.7~0.8(トヨタ・ホンダ・スズキ)
    :グループ2 PBR 0.45~0.55(ニッサン・マツダ・スバル(富士重工))


    となっておりますわ。

    前回の記事にも書きましたが自動車メーカー各社の株価は好調な時期に比べると安いですので、特にトヨタ・ホンダは、PBR1.0以下であれば悪い買い物ではないと思いますね。

    ただ、短期間での全力投資は避け、段階的に投資していきたいと思います。信用収縮による実経済への波及効果がどの程度あるのかの見極めが全く出来ないですからね。せめて四半期決算、もしくは半期ごとの決算内容を確認してから判断していきたいと思います。

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:トヨタ PBR ホンダ スズキ ニッサン マツダ スバル

    主要自動車メーカーの株価 (08/10)  (2008/10/27)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ここ最近、各国通貨に対してものすごい円高が進行してますな。これは輸出型企業にとっては大ダメージ、自動車産業もその例に漏れませんわ。

    ■ 各社のPBR


    2008/10/24日時点での株価と、PBRを見てみましょか。
    PBRの元となるBPS(一株純資産)は、H20年3月期の株主資本を1割減額した物を使用しています。これは、為替変動による損失と、保有金融資産の評価損を見込んでいる為です。

    :トヨタ ¥3200 0.94
    :ホンダ ¥1990 0.88
    :ニッサン ¥441 0.57
    :マツダ ¥200 0.56
    :スバル ¥320 0.52
    :スズキ ¥1220 0.79


    いずれも低いPBRを示していますね。

    まず、株主資本の評価額が、この金融危機によってどの程度の悪影響を受けるかが問題ですが、おおよそ1~2割減だとします。あくまでも仮定です。この仮定に基づきますと、基準PERを10とした場合、トヨタ・ホンダ・スズキはROE 8~9%レベル、ニッサン・マツダ・スバル(富士重工)に関してはROE 5%レベルにまで株価が低下してます。

    以前の記事、配当金に各社のPBR等の推移を書きましたが、以前の水準に比べるとかなり低下している事が分かります。バーゲン価格は目の前ですね。もうすでに到達しているかもしれません。

    はっきり言って、日本の自動車メーカーは世界的にトップレベルの競争力を持っています。今後も、世界で十分戦えるはずです。さらに今後発展が予想されるロボット分野にも抜かりなく投資していますので、自動車一本やりの戦略でもありません。更に、商品先物市場の暴落によって、原材料となる鉄やアルミの価格が低下している事もプラス材料です。長い目で見れば景気回復に伴って、以前のPBRレベルには最低限回復する物と思われますよ。

    ただ、注意事項として、上記仮定よりも株主資本が減少する可能性が十分ある事。その場合、株価はまだまだ下がる恐れがあります。あくまでも資金投入の時期を集中させないように心がけましょうね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:トヨタ ホンダ ニッサン スズキ マツダ スバル PBR

    自動車銘柄のPBR近況 (トヨタ)  (2008/09/18)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    最近の下げ相場で自動車関係銘柄も下げてますな。

    ■ 主要銘柄のPBR


    とりあえず主要銘柄のPBR見てみましょか。
    本日付予想PBR(株価)、年初来安値PBR(株価)と日時 の順です。

    トヨタ  1.18(¥4450) 1.15(¥4370 9/18)
    ホンダ  1.26(¥3160) 1.04(¥2610 3/18)
    ニッサン 0.82(¥709) 0.81(¥697 9/18)
    スズキ  1.08(¥1867) 1.05(¥1815 9/18)
    マツダ  1.11(¥450) 0.80(¥325 3/17)
    スバル  0.80(¥557) 0.54(¥376 3/18)


    トヨタ、ニッサン、スズキは本日年初来安値を更新してまんな。でも、その他は3/17、18が安値。しかも当時と比べると結構差がありますわ。

    トヨタ、ニッサン、スズキの前回(3/18前後)の安値圏からの値下がり率は、

    トヨタ 11%、ニッサン 18%、スズキ 25%

    となっておりますわ。
    いや~、スズキ下げましたな。でも、以前から言ってるようにROEの割りにPBRが高かったんで、私的には適正水準かな。
    ニッサン、スバルと同じレベルのPBR・評価になっちゃいましたね。相当悪いんですかね、業績が。

    まあ、いずれにしろ、全ての銘柄のPBRが、ここ10年くらいの最安値圏に突入してますわ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ニッサン ホンダ スズキ マツダ スバル PBR トヨタ

    スバルの配当金の推移  (2008/07/02)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    最近立て続けに配当金ネタが続きますが、今回はスバル・富士重工業:7270を見てみたいと思います。
    関連記事スバル(7270) スバルのPBRは何故低いのか?もご覧ください。

    ■ 配当金は、常に9円

    配当金は、H15~H20年度の間、一株当たり常に9円です。
    配当利回りに関しては、おおむね1.6%前後(決算月の前年11月末株価による)です。
    ただし、配当性向については大きなばらつきが見えます。

    年度、純利益(百万円)、配当性向の順です。

    H21 10000 64.75%(予想数値)
    H20 18481 35.02%
    H19 31899 20.27%
    H18 15611 41.47%
    H17 18238 38.46%
    H16 38649 18.15%
    H15 33484 19.96%


    一株あたりの配当金を固定する政策を取っています。

    基本的に業績不振企業で利益水準が読めない訳ですから、こう言う政策を取らざるを得ないのでしょう。
    特にスバルの場合、日本国内市場における売上比率が同業他社(25%前後)に比べて高いです(36%)から、日本市場の苦戦が業績にダイレクトに響いている訳です。早急に海外での売上を伸ばさなければいけません。ただ、海外売上の内訳も約50%が北米市場ですので、昨今の米経済の減速の影響は必至です。北米以外での成績は順調に上向いています。

    ■ トヨタによる業績回復作戦は成功するか?

    ただ、トヨタのテコ入れによって、スポーツ車メーカーとしてのポジションを確保していこうと言う動きが見られます。WRCなどで培われた技術は大きいと言う事でしょう。

    ■クリーンディーゼルの盛り上がりは吉と出るか?


    ヨーロッパでは既に新車登録台数の50%を占めるクリーンディーゼルエンジン車。スバルも2008年春に既に投入しています。日本市場投入は2010年頃だそうです。

    スバルのお家芸である水平対向エンジン。これがどうも、ディーゼルエンジンとの相性が抜群だと言う評価が上がっています。

    世界初!! 水平対向ディーゼルレガシィに乗った清水和夫は感激!! /LEGACY DIESEL


    こちらのYoutube画像のコメンテーターの方も絶賛していますね。20km/1Lの燃費性能が有るそうです。

    ■ まとめ

    今現在の株価(2008-7-02)でスバルのPBRは、0.77。同業他社と比べて約半分の評価、大変低い数値です。ただ、今期予想ROEは、たったの2.0%ですので当然と言えば当然ですね。

    スバルにはかなりの不確定要素があります。勝負銘柄的な存在と言えるでしょう。


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:スバル 配当金 クリーンディーゼル Youtube トヨタ

    スバル(7270) スバルのPBRは何故低いのか?  (2008/04/16)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    スバル(7270:富士重工業)は、GMからトヨタに株の譲渡が行われ、今やトヨタの関連企業になりました。代表車種は、インプレッサ、レガシーなどスポーツ走行を意識した車種となっています。富士重工業は、かつて第2次世界大戦中は戦闘機を作るほどの企業でしたので、今現在もその時の名残で、水平対向エンジンをシンボルとしていますね。

    ■ スバルの過去数年間のPBRの推移

    2008: 0.67 (予想、現株価で試算)
    2007: 0.95
    2006: 1.07
    2005: 0.79
    2004: 0.89
    2003: 0.79


    2006年を除けば、1以下ですね。過去の記事でご紹介してきました自動車メーカーと比較しても、異例の存在です。

    さらに、ROEの推移を見てみましょう。

    2008: 0.034  (予想数値)
    2007: 0.065
    2006: 0.034
    2005: 0.039
    2004: 0.085
    2003: 0.081


    これも、通年低い状態です。
    そもそも、経営危機に瀕したので、米GMの支援を受けた訳です。一回は潰れかけた企業な訳ですね。今現在も再建中ということでしょう。

    ■ スバルブランドの存在価値

    今現在、スバルはWRCというラリーカーによる世界選手権に出場して、そこにインプレッサを送り込んでいます。海外では人気のあるレースカテゴリーですね。そこで、結構活躍していますので、スバル=ラリーカーというイメージが定着しているようです。
    かつては、三菱のランサーも活躍していましたが、今や見る影もありません。

    スバルの存在価値を高めるには、やはりこのラリーカーというコンセプトを生かす必要があると思いますが、そうすると特に日本国内ではターゲットがかなり狭くなってしまいます。

    WRCにはプジョーシトロエンなども参加しており、プジョーなんかは意外とラリーカーのイメージとおしゃれ感をうまくミックスした車種を市販化しているな~なんて、個人的には思っていますが、スバルは、インプレッサを見れば分かると思いますが、無骨なフォルム過ぎて、買い手を選んでしまってますよね、明らかに。女性には絶対に受けないフォルムとコンセプトです。

    ぶっちゃけ、外国ブランド好きな日本人の発想になっちゃいますが、もう、プジョーのセンスを盗んじゃった方が早いんじゃないか?と個人的には思います。
    そして、日本では、プジョーバージョンをリリースして、ヨーロッパでは、今までの硬派なインプレッサ系をリリースすればいいと思いますよ。

    ■ 今回の結論

    現状のスバルにはいいとこありませんが、ただ、PBRが低い今であれば、投資しても良いかもしれません。仮に、ROEが現状よりも上昇(10%以上)すれば、PBRの水準も1.0~1.4にはなるでしょうし、株主純資産も今まで以上に伸びますので、複利15~20%とかを狙えるかもしれません

    しかし、最悪のパターンとして、倒産もありえます。トヨタがバックアップに付いたのでその可能性は低いでしょうが、トヨタがスバルをどう活かしたいのか?その戦略如何でしょう。因みに本日、スバルが軽自動車からの撤退を発表しました。

    スバル軽自動車撤退関係のニュース
    :富士重工の軽撤退、環境視点で考察(08/04/15)
    :スバル「軽」生産中止で、スズキの一手は? 富士重社長が明かす撤退の真相(2008/04/17)

    そして、トヨタとのさらなる関係強化のニュース
    :トヨタと富士重、提携拡大を発表

    生き残れるか、スバル!

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:スバル PBR トヨタ

    用語 売上構成差(モデルミックス悪化)とは?  (2008/04/16)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    決算報告書の中で、利益増加・減少の要因として、
    「売上構成差(モデルミックス悪化)」
    という言葉が度々出てきます。いったいこれはどういう意味なんでしょうか?

    ■ 売上が同じでも利益率の低い売上が多い場合

    この場合に、「モデルミックスの悪化が要因で利益が減った」と表現されているようです。
    例えば、レクサス1台の売上500万に対して、軽自動車5台分の500万円を比べた場合、
    車体原価、販売経費、その他もろもろの費用が、軽自動車の方がかさむので、売上は同じでも、利益に大きな差が出ると言う事です。

    販売計画の車種構成の読み違えにより大きな損失を蒙る可能性もあります。ここ数年の、米ビックスリーなどがいい例です。SUVに比重を置きすぎ、全く売れない状態が続いてしまった訳です。そして、在庫を抱えないために、高いインセンティブ(ディーラーに対する成果報酬)を払わないと売りさばけなかったんですね。

    さらに同じ車種でも、ノーマル仕様と特別車仕様では、特別車のほうが利益率が高い。そういった積み重ねが、利益率に大きな差を生んでいるようです。

    ■ スバル(7270)の社長のコメント

    スバル(7270:富士重工業)の過去の決算に関する社長のコメントとして、こんな記事が掲載されていました。

    当初は通期の売上構成差を+107億円と見込んでいたが,実際には-208億円になりそうだ。これで既に315億円も違う。販売に関しては,R2でもう少し頑張れるのではないかと見ていたが,そうではなかった。海外でもモデルチェンジから時間が経つと販売が急激に落ち込む現象が見られるようになってきた。Legacyは高級路線にシフトし過ぎたという反省がある。B9 Tribecaに関しては,原油高騰でSUVそのものが敬遠された。これらの車種をインセンティブの追加によって売らざるを得なかったのが大きい。



    読み違えるにもほどがあるというもんです。仮に同じ車を作っていてもモデルミックス戦略の差で利益を上げる事も下げる事もできると言う事なのでしょう。



    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:自動車関連用語 スバル トヨタ

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。