にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    これから世界市場はどうなるか?  (2010/05/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    原油価格を最大の根拠としての予想です。

    ◯国際原油価格(WTI)
    :40-54ドル

    前回の記事でも書きましたが、現在の国際原油価格はまだまだ高いと思います。
    50ドル以下にはなると思ってます。
    根拠はビックマック指数

    ◯ダウ平均株価指数
    :8000ドル前後

    原油価格からの逆算値。
    あと、金融機関の規制が本格化すると想定すると、投資銀行の株価が参考になる。

    ゴールドマン・サックス(GS)
    EPSの推移は、
     :2001~2004で、4~8ドル付近
     :2005~2007で、11→24ドル
     :2008は赤字、2009で、22ドル
    2007と2009で大儲けしてるわけですが、これが2000年前半の収益に戻れば、
    EPSが4~8ドル付近に、PER10として、株価は40~80ドル。
    2010/5/25時点株価、142.56ドル。

    モルガン・スタンレー(MS)、シティーグループ(C)などは、
    収益の悪化が著しく、株価も2007~2008の高値よりもかなり下落している。
    特にシティーグループの株価は最高値の1/10以下(57→3.78)。

    なので、ゴールドマン・サックスの株価をベンチマークにしようと思います。

    ◯為替
    :豪ドル 60~70円 付近

    原油価格からの逆算値。
    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 ダウ平均株価 原油価格 ビックマック指数 GS

    株価の下落が止まらないが?  (2010/05/19)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ここんとこ相場環境がとっても悪いですが、
    ダウ平均はどこまで下がるのか?

    ま、そんな事わかったら苦労しませんが、個人的な予想としては、
    10233ドルあたりが一旦底かもと言う感じ。

    為替は株価と連動してますので、
    豪ドルに関して言えば、ダウ10233の時、76.31くらいか。

    ま、よーく考えたら、ギリシャ危機ってやばいですよね。
    国がデフォルトの危機を迎えた訳ですから。
    ギリシャがどんだけ特殊な財政だったとしても同じような国はまだ有るでしょ。
    財政支援の限界もありますし、お金ジャブジャブ放出する政策の限界か。

    日本も急激な緊縮財政に舵をきりそうな予感が。
    ま、JALと同じで、崩壊前夜までは政治家は何もしないと思いますが
    そん時になって初めて、年金半額でお願いします、
    医療費負担5割ですんません!みたいな・・・。

    やっぱりね、あんまりお金ジャブジャブしてるとその生活に慣れてしまって、
    金銭感覚が麻痺、借金も気にならなくなる。

    最近よく世界の多極化とか言いますよね?
    あれって結局、世界の平準化と言うことですよね。

    海外旅行なんかをすれば誰でも気づく、日本の極端な裕福さ。
    日本人が当たり前だと思っている生活は、アジアの貧しい国なんかに行くと、
    当たり前じゃない。
    ジャパンマネーの強力さをヒシヒシと感じるわけですよ。
    中国の肉まん13円ですよ?
    バリでマッサージ1時間、400円ですよ?
    月給も1~3万円。
    おかしいですよね。

    そういうのが今、是正されようとしているのではないでしょうかね?
    とにかく、頑張るしか無いね!

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ダウ平均株価

    為替 ダウ平均株価 原油価格 の相関追跡  (2009/06/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、いずれも強いですね。踏みとどまっています。相場は完全に過剰流動性相場です、いつまで続く事やら。

    最近の流れとして、3指標とも未だ正の相関関係にあります。お互いの強弱関係は、

    1:為替の方がダウ平均株価よりも強い AUD/JPY(オーストラリアドル)で見た場合、比率0.91付近をキープ。一時0.92まで上昇しました。

    2:為替と原油価格では、原油価格のほうが強い AUD/JPYが以前¥77.40付近で推移していた時の原油価格は、$68.00~68.80付近でしたが、今現在、$70.50付近で推移。


    これらの推移を見ている理由として、ダウ平均と為替の相関関係が逆になる時期を探っていると言ったところです。もちろん、過去のケースとは関係なく、正相関のままお互いが上昇・下落を当分継続する可能性も大いに有ります。

    とりあえず、正の相関が続く限りこの相場は当分続くんじゃないかな?と考えているんですよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX オーストラリア 相場観 ダウ平均株価 原油価格

    為替(AUD)とダウ平均株価との関係(2007~2008)  (2009/06/20)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    前回の記事で、AUD:オーストラリアドル(AUD/USD)とアメリカ・ダウ平均株価の相関関係が必ずしも正の相関ではないと言う事を書きました。直近の関係はほぼ正の相関関係にありますからね。因みにここで言う正の相関とは、ドル安とダウの上昇が連動している状態の事です。

    で、ちょっと遡って、2007~2008の期間に関して見てみましょう。

    :2007/1~2008/12のAUDとアメリカ・ダウ平均株価との関係
    AUD_DAU_2007_2008.jpg

    SISUUっていう項目は、AUDをダウ平均で単純に割った物
    です。期間を区切ってみて見ましょう。


    1:2007/1~2007/10頃
    までは、SISUUレベルはほぼ一定、正の相関関係にある

    2:2007/11~2008/7頃にかけて、SISUUレベルが上昇、AUDは上昇、ダウは下落。負の相関関係

    3:2008/8~2008/10頃、SISUUレベルが下落、ダウ・AUD供に下落しているが、AUDの下落幅が勝る

    4:2008/11以降
    は、SISUUレベルの上下はあるが正の相関関係を維持している(2009/6時点も継続中)


    2の期間だけ負の相関関係にある訳です。特に2008/5~2008/7にかけて、ダウは一貫して下落しているにも関わらず、AUDは一貫して上昇していますよね。

    2007/10に株価が第一次クラッシュ(暴落)を緩やかに開始、その後2008/7下旬に、やっと為替(AUD)がクラッシュを開始している。このズレがポイントかと。このケースに関しては、9ヶ月間ものズレが発生していますもんね。因みに、原油価格(WTI)は、為替と時を同じくして、2008/7月にクラッシュを開始していますね。

    まあ、過去の相関関係を見たところで、将来の値動きが予測できる訳ではないですけど、何が原因でこう言う動きになるのか?興味の尽きないところですわ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX オーストラリア ダウ平均株価 データ

    AUDとアメリカ・ダウ平均の関係は常に正相関ではない  (2009/06/17)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、常々AUD(オーストラリアドル)とアメリカ・ダウ平均株価との関係を見ているわけですが、今のところほぼ正の相関関係にありますよね。為替がドル安になれば、株も上がる、逆も然り。

    しかし、過去を振り返ればそうでもない事が分かります。

    :1990~AUD-USDチャート
    AUD-USD-1990_2009.png

    ダウ平均株価の変遷 1928~2008

    1990年から1993年にかけて、米ドルはAUDに対して高くなっていますが、アメリカ・ダウ平均は上がっていますし、1997年から2000年にかけても同様です。負の相関関係にあります。まあ、1990年代のアメリカ・ダウ平均株価の高騰の勢いは物凄かったということかもしれませんが。2500ドル台から11000ドル台にまで上昇した訳ですから。

    それにしても、2008~2009の為替の動きは急角度過ぎますよね。過去と比べて明らかに急角度ですよ。

    何が何に影響を及ぼしているのかは、世の中カオスなので特定できませんが、今の常識が永遠に常識とは限らないと言う事を肝に銘じなければなりませんよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX オーストラリア ダウ平均株価 データ

    そろそろ方向性を確定させる時が来たか?  (2009/05/31)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、2009/4/12の記事で米・ダウ平均が9000ドルを一旦目指す展開と予測し、その後、5/45/105/12の記事では上値の重さから弱気な予測を出していました。これはやっぱり「 100年に一度の暴落=恐慌 」 というセリフが脳裏に焼き付き、再暴落をどうしても意識していたからでしょう。しかしここに来て、為替・商品等が上方にブレークした訳です。

    「 マネーを生み出す怪物 」
    によると、経済の不況・好況の波は、中央銀行という仕組みが存在する限り無くならないと言う事です。つまり、不況の後には必ず好況が来ると言う事。金持ちが金持ちで居続ける為の仕組みです!

    短期の値動きに一喜一憂していては相場の本流に乗り損なってしまいます。株価の上昇速度は今後鈍る可能性は有りますが、以下のトレンドはすでに始まっているようです。

    1:米ドルの大量放出により米ドル安のトレンド
    2:株価よりも先に、まずは為替が動き出す


    1は、かつて無いほどの財政支出を行っている訳ですから、必然でしょう。しかも政府は金融引き締めにかなり慎重なはずです。

    2は、アジア通貨危機後の値動きからして、おそらく妥当だと思います。2003年から株価が反転する前の2000年から為替は反転しています。米・ダウ平均株価とAUDの比率が、現在の0.9前後の水準からさらに上昇する可能性も大いに有りそうです。

    あと、不動産がすでに動き出しています。これも、2003年当時の動きと似たものです。

    そもそも今回の金融危機で世の中から 「 物 」 がなくなった訳ではなく、物とマネーの関係の見直しが行われているだけですからね。

    再暴落を待ちわびていると危ない、そんな感じです。ただまあ、調整相場は何回もやってくるでしょうから、レバレッジはほどほどに、慎重にやって行きたいと思います。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 為替 FX ダウ平均株価

    次の暴落の引き金が引かれるタイミングを探る時期か?  (2009/05/10)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、先日の記事の通り、今のところ楽観的色合いが濃い市場環境ですが、いずれ暴落の引き金が引かれると思うんですよね。

    そこで、以前からチェックしているアメリカ・ダウ平均株価と為替(AUD)の比率の推移が1つのヒントになるかなと言う事で、注目しています。(過去記事参照

    2008/11月初旬からの0.70~0.75の水準が、2009/2/20頃から変化しだして0.90前後へと。今現在、約0.88ですので状況は変わりません。

    どう動くかはっきりとは分かりませんが、なんとなく為替の方が先に動き出すかなと。予想としては、株価の上昇もしくは停滞を傍目に為替の下落(円高)が始まる。

    でもまあ、そう予測する人が多そうですので逆の現象が暫く続くとも考えられますよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 暴落 為替 FX ダウ平均株価 相場観

    株式市場、どっちに転ぶか分からない情勢  (2009/04/22)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、短期的にみてどっちに転ぶか全く分かりませんね。

    アメリカ・ダウがもう少し強い勢いで上昇するかと思っていたのですが・・・。あと、為替が急激に円高の方向に動いたのが不安感を募らせる最大要因。短期的な押し目なのか、再度の大幅下落のスタートラインなのか・・・。

    アメリカ・ダウ平均株価指数とAUD/JPYの比率を見ているんですが(下記グラフ参照)、2月初旬頃から株価と為替の連動水準に変化が現れ、為替がまず円安方向にブレーク。続いて3月初旬に株価が上方向にブレーク、ただ為替の円安スピードの方が勝っており、その比率は上昇、当初の0.70~0.75の水準からグラフ上のAUD_D)、0.90前後の水準へと一気に変化しました。

    dau_aud_2009_4_21.jpg


    ここは為替の動きに注目ですな。特に世界情勢に変化が見られない訳ですからね。
    急激に動くなら為替の方でしょうね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ダウ平均株価 為替 FX 相場観

    株式市場の急反発はいつまで続く?  (2009/04/03)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、最近、非常に好調な世界の株式市場。為替も円・米ドル供に安くなってきていますな。

    私は、日経平均株価と豪ドルの関係をずっと見ていますが(過去記事参照)、この比率に変化が現れだし、そしてその後、株価の上昇が開始されました。今現在、株価上昇の方が円安スピードを上回っていますので、これらの比率が元に戻ろうとしています。

    そして、上記動きに反して、金・銀の動きが弱含みです。今現在、逆相関の関係にありますね。これからは、どうなっていくのでしょうか?考えてみたいと思います。

    ■ 1929年~1932年の相場を再び比較


    以前の記事で世界恐慌時と現在の株価を比較してみました、再考したいと思います。

    1929年に始まった株価大暴落のときは、1929年11月から1930年4~5月に掛けて株価が急激に反発した訳ですが、今回の状況はというと以下の通りです。

    かつてとは違って、2009年は年初から3月初旬まで株価は暴落、ダウ平均株価は9000ドルから6440ドルへと下落、3月9日でようやく底を打って今現在急反発中です。かつてとは反発の時期に4ヶ月ほどのズレが有ります。でも、前年の9月からの下落率でみると、11500ドルから6440ドルへと44%ダウン、1929年9月の380ドル付近から同年11月の200ドルまで48%ダウンと、下落率ではよく似た感じになっていますよね。

    かつては、1929年11月の200ドル付近から1930年4~5月頃の290ドル付近まで145%に上昇しました。今回のケースをかつてに当てはめると、6440ドルの145%は、9338ドルとなります。まあ、9000ドル前後と考えていいでしょう。この辺が目安になりそうですな。

    今現在、8000ドル付近ですから、短期的にはまだまだ伸びしろが残っているように見えます。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:暴落 ダウ平均株価 世界恐慌 アメリカ 相場観

    為替相場と株価の相関関係  (2009/01/21)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、以前に日経平均株価とオーストラリアドル/日本円相場の相関関係を見ましたね。相関関係はかなり高いという結果でした。1/20までの期間をチェックしたところ、その相関関係は全く崩れていないですわ。

    :日経平均、AUD/JPY、ダウ平均株価複合チャート(2008/9/1~)
    Nikkei_AUD_Dau_2009_1_20.jpg

    で、今回は米ダウ工業株価指数との関係も指数化してみました。当然のごとく、日経の数字と同じような結果になる訳ですが、ここで注目したいのは、AUD/JPYとダウ平均株価との比率(チャート上のAUD_D)に関しての数字です。

    2008/9/1からの数字ですが、段々とその比率が低下傾向にあるという結果であります。2008/9/1~10/24頃までは、0.75~0.80の間で推移、それ以降0.70~0.75の間で推移するようになって来てますからな。
    日経平均株価とAUD/JPYの比率はだいたい0.70~0.75で安定してますから、JPY/US$の円高効果でしょうな。

    上記の事を踏まえて、もし日経平均株価がさらに低下し、5000円付近にまで低下したとします。その時、上記比率が0.70~0.75のままだとすると、AUD/JPYは、35~37.5円という事になりますね。オーストラリアでビックマックが約100円で買える水準ですわ。

    ■ 今後の展望は?


    今後、株価・為替共々、どこまで下落していくのかは、信用収縮がどこで止まるのか次第です。過去の暴落の歴史からして、今回の金融危機のダメージは相当な物があると思われますので、1929~1932年の世界恐慌時クラスだとすれば、まだまだ下落する可能性が高く、かつての高値まで回復するのに10~20年掛かることになりますな。
    しかし、世界恐慌クラスって、たしかアメリカのGDP(GNP?)が恐慌前の45%ダウン世界恐慌:Wikipedia 参照)とかのレベルですから、今回はそこまで強烈な展開があるのかは全く分かりません。

    「 マネーを生み出す怪物 」を読む限り、今現在世界的に行われている政府による大企業・金融界救済は、最終需要を一気に回復させる効果を目指しているというより、それらの企業を単に救済する、大金持ち達を助ける為に行われているという側面が強いとの事です。

    ただ何度も言ってますが、下がり続ける相場は無いという事。どこかで必ず反転しますから、基本戦略を持って、挑みましょうね!

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 ダウ平均株価 オーストラリア データ 暴落 マネーを生み出す怪物

    ダウ平均株価 世界恐慌時との比較2  (2008/12/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    最近落ち着きを取り戻しているように見えるアメリカのダウ平均株価指数。ここが底なのか?
    今回は短い期間に区切って1929年時の相場と比較してみましたわ。

    *チャート画像全体が見れない方はクリックで見れるようになりますよ。

    :1929年9月~1929年12月のダウ平均株価チャート
    1929_9_1929_12.jpg

    :2008年9月~2008年12月のダウ平均株価チャート
    2008_9_2008_12.jpg

    なんだか似てませんか?1929年の大暴落の時も年末に掛けては平行線を辿ってますよ。

    :1929年9月~1930年12月のダウ平均株価チャート
    1929_9_1930_12.jpg

    1930年1月後半より4月初頭に掛けて、割りと力強い上げ相場が展開されていますね。しかしその後は皆さんご存知の通り 「 あほみたいな大暴落 」 が展開される事に。

    今現在の相場も同じような展開を辿るのでしょうか?

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:暴落 ダウ平均株価 アメリカ データ 世界恐慌

    金融危機の行く先は?  (2008/10/13)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    これは、2008年10月13日の記事の再掲載です。追加コメントがあります。

    はい、はっきり言って分かりません!私は経済の専門家ではないですからな。
    あ~だ、こ~だと考えても結局、その時にならなければ分かりません。世界経済はあまりにも複雑すぎるからです。まさに、カオス。

    ■ 今回の金融危機のキーワード


    1:過剰流動性
    2:証券化
    3:レバレッジ
    4:デリバティブ

    上記項目が今回の金融危機を生んだような気がするんですね。まあ、根本的なところでは、「 人間の欲望 」 が原因ですが。

    まず、1があって、それを後押しするように2~4の手法が利用される事によってリスクマネーの量が膨大に膨れ上がり、更に過剰流動性が増す。もちろん悪い面だけではなく、経済規模を拡大する役目も担った訳ですわ。ですから、ますます味を占めて2~4の手法を複雑に利用したっちゅう訳。

    本来ハイリスクの取引を不特定多数に分散する事で、ローリスクに見せかける手法だと思うんですね。サブプライムしかり、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ) しかり。

    まあ、一度おいしい蜜を吸うとなかなか止められなかったんでしょうな。

    おそらく、上記の手法によって創出された近年の需要は、本来の適正量にある程度近づく、ハイリスクな資金は縮小して行くもとの見られます。庶民的な例を挙げるならば、「 クレジットカードや、ローンなどの信用取引が不可能になる人々が増える 」 って事。そして、この縮小量が見極められない事が、今回の相場暴落に繋がっている物と見られます。

    ■ ダウ平均株価の世界恐慌時のチャートを再確認


    あと、世界大恐慌時のダウ平均株価の値動きを再確認してみてください。暴落が長期で続いたケースであり、段階を踏んでいる事を。何回も反発しては下がりだす、こういったことも有りえます。ですので、まだまだ楽観視出来ないと言う訳です。
    dau_1928_1934.jpg
    私なりの底値圏の目安は、前回の記事トヨタの底値を探るに書いてます。

    特にこのチャートの1929年11月頃から1930年6月頃の値動きに注目してください。このポイントで再上昇を期待した人が買いに走っていますな。そして、結果、ここは底ではなかった訳で、死人が増えただけになったんですな~。1929年の6月頃にいわゆる スパイク という形が出現しています。テクニカル面で相場に参加している人はこう言う形に弱いんですよ。

    今現在は、この1929年当時の底値圏であって、そこから続く更なる暴落の序曲に過ぎないのか否かっていうのが問題ですよね。ただ、それが分からないからこそ、相場が動く訳で、一旦は上昇相場に転じるのではないかと思いますね。

    金融手法でリスクをコントロール出来る、もしくはそう思わして儲けに走っただけかは分かりませんが、この無理やり作り出した需要・パワーが世界のGDPのどれくらいの割合を占めるのか、これ次第でしょう。

    追記 2008/12/6



    ■ まだまだ世界経済は発展段階に過ぎないぞ!


    でも、ここで思い出しましょう。
    世界はカオスだけれども、方向性がある事を。そう、「 世界はまだまだ発展する 」 。過去何千年の歴史の中、我々人間の文明は飛躍的な発展を遂げてきたんですよ。

    ただ、今回の暴落で教訓とすべき事は、「 決して退場させられない方法を選択する 」。レバレッジを効かせすぎた取引、一点集中型、思い込み、勢い、等はご法度です。

    市場が思いっきり下がっても耐えられるように、投資計画を設計すべきですわ。

    「 賢明なる投資家 」という著書は皆さんご存知だと思いますが、まだ読んだ事のない方は是非読んでみてください。相当賢い人でも、相当慎重である事が分かります。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:賢明なる投資家 暴落 データ ダウ平均株価 世界恐慌

    ダウ平均株価 世界恐慌時との比較  (2008/10/03)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    下のチャートは1928年から1934年の間のものです。いわゆる、世界恐慌時のものですな。
    dau_1928_1934.jpg

    そんで、これは2003年から2008年の間のチャート。サププライム問題で大騒ぎの今現在のもの。
    dau_2003_2008.jpg


    まあ、見たら直ぐ分かりますが、暴落の規模・レベルが違いますね。世界恐慌のときはほんと、冷や汗が出ると言うより、死ぬしかない!って感じなくらいの暴落ぶりですわ。高値から最大で80%以上下落してますからな。
    今現在はと言うと、”たった”23%の下落に過ぎません。つまり、比較対象次第って事。昔の事を知れば今起きてることは、今のところ”大した事ない”出来事って事ですわ。

    まあ、まだまだ大暴落っていうレベルには達してないんとちゃいますかね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:暴落 ダウ平均株価 アメリカ データ 世界恐慌

    ダウ平均株価の変遷 1928~2008  (2008/09/17)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    世界の経済指標の代表格であるダウ平均株価指数。その内容に関してはWIKIで確認して頂くとして、いや~、今回リーマン破綻で大きく下げましたな。

    まあ、こんくらいの下げで驚いてたらあきませんで。1928年からのダウ平均株価指数の推移をチャートで見てみましょか。

    1928年からの指数の動きを3期に分けてみましたよ。理由は、スケールの違いにより当時の下落幅が掴みにくいからですわ。

    ■ 1928年-1980年


    dau_1928_1980.jpg

    当時の事件
    :世界恐慌 1929~1932
    :第二次世界大戦 1939~1945
    :朝鮮戦争 1950~1953
    :ベトナム戦争 1960~1975
    :ニクソンショック 1971
    :第一次オイルショック 1973
    :第二次オイルショック 1978


    ■ 1981年-1995年


    dau_1981_1995.jpg

    当時の事件
    :プラザ合意 1985
    :ブラックマンデー 1987
    :日本のバブル崩壊 1989
    :湾岸戦争 1991
    :ソ連邦崩壊 1991
    :超円高、円が 1ドル=79.75円を記録 1995


    ■ 1996年-2008年


    dau_1996_2008.jpg

    当時の事件
    :アジア通貨危機 1997
    :ブラジル、ロシア等でも通貨危機が発生 1998
    :ユーロ誕生 1999
    :911テロ勃発 2001
    :イラク戦争 2003
    :サブプライムローン問題 2007


    まあ、色んな事件が起きるモンですな。基本的に歴史の中心には必ずアメリカがいた訳ですわ。
    色んな事件があった訳でっけど、最終的には株価は常に上向き、上昇指向は継続してます。

    株をはじめる前に読むブログさんの記事で、大企業破綻後のダウ平均株価の推移を紹介されてますよ。なかなかおもろいので見てね。合わせて、当ブログの暴落関係の記事も見てね。

    今回のリーマン破綻問題はね、株価どうこうより、企業の倫理観について考えさせられまんな。金儲け第一主義も度が過ぎるとえらい事になる。危なそうな企業には手を出さない事ですわ。それが分かるようにならんとあきませんな。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:暴落 データ ダウ平均株価 アメリカ

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。