にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    主要なパワービルダーを改めて確認する  (2012/03/05)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    :2012/01/27 初投稿
    :2012/03/05 追加投稿


    主要パワービルダー各社業績推移を確認(2012/03/05投稿分)


    :一建設(クリックで関連記事へ)
    第3四半期終了時点で営業利益率9.40%、純利益率5.39%
    会社発表の業績予想を若干上回っているが好調期に比べると物足りない。

    :東栄住宅(クリックで関連記事へ)
    第3四半期終了時点で営業利益率7.16%、純利益率4.01%
    会社発表の業績予想を下回る成績、かなり物足りない。

    :アーネストワン(クリックで関連記事へ)
    第3四半期終了時点で営業利益率11.79%、純利益率6.95%
    会社発表の業績予想とほぼ同等、過去の成績から見てもそこそこ良い。

    全体的に在庫水準が高まりつつ有る。震災復興特需に拠る上振れ感はまだ見えず。

    デフレで躍進するパワービルダー(2012/01/27投稿分)


    パワービルダーとは、「 廉価な戸建て建て売り住宅を大量に販売する住宅企業 」のこと。
    実際の内容については、以下のリンクを参照してください。

    アーネストワンなどの評判や建売住宅の真相は!?

    飯田一男氏が創業した「 飯田建設工業株式会社(現一建設) 」がその走りと言えます。

    一建設:wikipedia

    そしてパワービルダーのほとんどが飯田グループと言っても過言では有りません。
    元支店などが独立して現在に至っており、その経営手法はほとんど同じです。

    以下に代表的な上場企業を紹介します。

    一建設(3268):1月決算
    東栄住宅(8875):1月決算
    アーネストワン(8895):3月決算
    飯田産業(8880):4月決算
    タクトホーム(8915):5月決算
    ファースト住建(8917):10月決算

    各企業とも決算期がずれていますので業界全体の業績の推移をタイムリーに確認できます。

    現在の日本の状況、デフレ・超低金利・円高はパワービルダーにとって絶好の状況です。
    現在日本の株式市場が低調なため株価収益率(PER)も非常に低く(4~5倍)、逆に配当利回りは4~5%と非常に高いです。

    業績を見る上で気をつけておく点は、「 在庫回転率 」。
    在庫と売上高の比率で、2009年頃のパワービルダー危機の際はこれが非常に悪化し不良在庫を抱えて大幅な赤字決算に陥りました。
    『 売上高/前期在庫 = 1前後 」であれば好調だと言えます。

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:アーネストワン 不動産 パワービルダー 一建設 飯田産業 タクトホーム ファースト住建

    今パワービルダー株は買いか?  (2012/01/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    2003年の株式上昇期を彷彿とさせる


    今、日本の株式投資マインドは最低に近いラインではないでしょうか?
    周りの普通の人が株の事を話題に出さなくなってきていませんか?
    データもそれを物語っています。

    :SBI証券の一日平均売買代金推移
    SBI_売買代金推移

    そして、この状況とは裏腹にパワービルダー(廉価な戸建て住宅を販売する企業)の業績は絶好調なのです。
    その絶好調の企業の株価は異常に安い状況で放置されたまま、PER4倍台、配当利回り5%、5年物国債利回りが0.35%なんですよ?

    実はこの状況、2003年の株式市場の上昇第一幕の時と酷似していると個人的に感じているのです。

    欧州危機、中東情勢、超円高は?


    確かに先の読めない暗雲立ち込めた状況だと言えますが、2003年前後も様々な国際的事件がありました。

    2000年:ITバブル崩壊
    2001年:9.11事件(テロ戦争開始)、アフガン侵攻
    2002年:ユーロ紙幣の流通開始
    2003年:イラク戦争勃発


    こう考えると今が歴史的に相当特殊だとは言い切れない訳です。

    しかも、アメリカ経済は確実に回復に向かっております。
    歴史的ドル安の成果でしょうか、具体的一例としてアメリカの国内自動車販売数の確実な回復がそれを如実に表していると個人的には考えます。

    パワービルダーは先兵


    2003年、株式市場の上昇をけん引したのは正にパワービルダー株でした。
    もちろん、他の銘柄も動き出してはいましたが不動産関連株の値動きには目を見張るものが有りました。

    そして今再び、パワービルダーが動き出す時が来たと考えています。
    具体的状況もそれを後押ししているわけで、

    1:震災復興による戸建て住宅の建設ラッシュの開始
    2:消費税増税による駆け込み需要


    この2つだけでも相当なインパクトです。

    そこで、パワービルダーの雄、アーネストワン(8895)の業績を予想してみたいと思います。

    :2013年3月期予想(金額は百万円単位)
    売上高:270,000
    営業利益:31,050
    純利益:18,320
    EPS:278.9円

    過去のデータを元にした個人的予想ですがこの位を想定してもあながち外れていないと思います。
    PER10を想定すると株価は2790円付近という事になります。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン 国際情勢

    8895:アーネストワン2012年度第1・第2四半期決算  (2011/11/24)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    そこそこ順調な滑り出し、既に業績上方修正


    :アーネストワン(8895)IR内 2012年度第1四半期決算短信
    :アーネストワン(8895)IR内 2012年度第2四半期決算短信
    *単位 百万円 カッコ内は利益率、第4四半期単独の内容

    ◯2012年度第1四半期決算成績
    :売上高  34,032
    :営業利益 4,305(12.65%)
    :純利益  2,535(7.45%)
     :売上高/在庫比率 0.74(前期1.03)
     :期末在庫 53,777

    ◯2012年度第2四半期決算成績
    :売上高  50,692
    :営業利益 5,676(11.20%)
    :純利益  3,347(6.60%)
     :売上高/在庫比率 0.94(前期0.74)
     :期末在庫 52,112
     :中間通期 EPS  89.66円

    今期はパワービルダー各社が弱気な決算予想を打ち出してきたわけですが、まずは順調な滑り出しといえます。
    大地震の影響が計り知れない状況下、この数字は既に業界にとって追い風になっている証拠かもしれません。

    利益率、売上高/在庫比率は前期の絶好調時と比べて物足りなく見えますが悪くはありません。
    第2四半期には在庫の回転率が改善しています。

    震災地での住宅注文ペースが物凄いことになっており、大手住宅メーカーの営業マンの通常の契約数は年に6件くらいらしいのですが、月6件のペースで契約が入っていると聞きます。

    更に、日本株式市場の低迷により株価もかなり割安で予想PERは約4倍、予想配当利回りも5%を超えています。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン

    一建設:2012年第一四半期、飯田産業:2011年本決算  (2011/07/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    一建設、ほぼ想定内


    一建設(3268)IR内 2012年度第一四半期

    :売上高  52,633
    :営業利益 5,183(9.85%)*前年同期:6,435(12.06%)
    :純利益  2,976(5.65%)
     :売上高/在庫比率 0.74 *前年同期:1.09
     :期末在庫  77,456 *前年同期:56,559

    ほぼ想定内とおもわれますが、予想通り業績は低下しています。
    在庫比率の悪化と期末在庫の積み上がりが気にかかりますね。

    ただ、復興相場の可能性が残りますので上ブレは有るかもしれません。
    今のところ、予想EPSは400円前後です。

    飯田産業、こちらも想定内


    飯田産業(8880)IR内 2011年本決算

    :売上高  36,876 (第4四半期のみの数字。以下同様)
    :営業利益 4,385(11.89%)*前年同期:3,659(9.60%)
    :純利益  2,365(6.41%)
     :売上高/在庫比率 0.76 *前年同期:0.87
     :期末在庫  45,541 *前年同期:37,676

    ◯2011年3月期通期決算
    :売上高  120,304
    :営業利益 14,033(11.66%)
    :純利益  8,296(6.90%)

    ◯2012年3月期通期会社予想
    :売上高  118,000
    :営業利益 11,600(9.83%)
    :純利益  6,641(5.63%)

    という訳で、今期は想定内、来期見通しも他社と同様業績低下の予想です。
    パワービルダー全体で似たような傾向を示していますね。
    来期予想EPSは111.65円です。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 一建設 飯田産業

    東栄住宅:2012年度1月期第一四半期決算  (2011/06/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    予想通りの業績


    東栄住宅(8875)IR内 2012年度第一四半期

    ◯2012年度第一四半期決算
     *単位 百万円 カッコ内は利益率、四半期単独の内容

    :売上高  23,386
    :営業利益 2,089(8.40%)*前年同期:1,536(9.68%)
    :純利益  1,392(5.00%)
     :売上高/在庫比率 0.61 *前年同期:0.57
     :期末在庫  42,180 *前年同期:34,090

    という訳で、売上高はそこそこの水準に落ち着きましたが、利益率が前年比でやはり低下しています。
    あと、在庫の積み上がり方が大きくなってきているようです。

    どうも、震災による影響は表面上は現れていないようです。
    おそらく今後は、パワービルダーにとってプラス方向に向かう可能性が大きいと個人的には予測していますが、さてどうなるのでしょうか。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 東栄住宅

    アーネストワン 2011年3月期本決算発表  (2011/05/14)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    他社と同様に利益率が低下傾向です


    アーネストワン(8895)IR内 2011年3月期決算短信
    *単位 百万円 カッコ内は利益率、第4四半期単独の内容

    :売上高  51,928
    :営業利益 6,051(11.65%)
    :純利益  3,535(6.81%)
     :売上高/在庫比率 1.03(前期0.99)
     :期末在庫 45,422

    ◯2011年3月期通期決算成績
    :売上高  160,809
    :営業利益 21,354(13.28%)
    :純利益  12,560(7.81%)
     :EPS  191.21円

    第4四半期の震災による影響は77百万円の災害損失と言うことで営業利益に対する比率で1%と軽微なものとなっております。
    ただ、業界全体の流れとして利益率は低下してきており、アーネストワンの今期営業利益率の推移は、13.37%→13.74%→14.78%→11.65% と最終四半期で大きく低下しております。
    過去数年内での比較上まだまだ優秀な部類な訳ですが、絶好調な時期は終盤に差し掛かっていると思われます。

    ◯2012年3月期通期決算予想
    :売上高  176,400
    :営業利益 20,600(11.68%)
    :純利益  12,100(6.86%)
     :EPS  184.2円

    来期に関しての会社予想は、一建設などと同様に減益予想です。
    震災による建材不足は一旦収まっているようですのでこの事に関しての問題は軽微なようです。
    ただ、その価格面に関しては不透明な部分が残ります。
    震災による影響が今期からはっきりと現れてくる事から不透明感が漂いますが、阪神大震災の時の状況を考えますと、復興需要というものはいずれ発生するものと思われます。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン

    パワービルダー業界:震災の影響は?  (2011/04/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    直近の業績は下押しか


    1:建築資材不足問題
    まず住宅業界全般の問題として、建築資材不足問題 が挙げられます。
    建築資材の生産現場の被害も去ることながら、業者による買い占め等の影響もあるようです。

    パワービルダーは戸建住宅の供給量の減少を値上げ(一戸あたり200万円という噂)でカバーするという噂もあります。

    2:買い控え
    地震リスクを意識してしまう状況で、買主の購買意欲は激減しています。
    さらに原発問題で放射能汚染という前代未聞のリスクが発生し拍車をかけています。

    3:耐震構造に関する問題
    買主が耐震構造性能に対して敏感になり、安い物件は大丈夫なのか?という意識が働く可能性があります。

    震災復興需要はパワービルダーには追い風となるか?


    数十万戸という建物が全壊・半壊の状態にあり、一部損壊も含めればさらに膨大な数の建物に被害が発生しています。
    阪神大震災の後は建設ラッシュに沸きました。
    そして、パワービルダー等の低価格帯住宅に需要が集まるのではないか?という観測があります。

    「 災害に売りなし 」という格言があるくらいなので、当面は厳しい状況が続くと思われますが、1~2年越しで捉えればパワービルダーにとって悪い状況ではないのかもしれません。

    ◯阪神大震災の時との違い
    :津波による街全体の壊滅
    :被災地が地方都市
    :原発問題
    :経済状況が当時よりも悪い
    :建築資材の生産現場の被害

    阪神大震災の時は1年後くらいから復興のスピードが上がりましたが、今回はさらに長期のスパンで見なければならないのかもしれません。

    アーネストワンを始め、パワービルダーは関東に地盤を持っていますからどっちに転ぶにしろ影響が大きいでしょう。

    良い方向に動けば、業績が2倍3倍という可能性も無きにしもあらずだと思います。

    ◯参考EPS(今期予想)
    :アーネストワン 197円
    :飯田産業 136円
    :タクトホーム 19,884円
    :一建設 406円
    :東栄住宅 189円

    ◯投資時期の検証
    :アーネストワン2011年3月期第4四半期 1月~3月 5/14頃発表
    :東栄住宅2012年1月期第1四半期 2月~4月 6/4頃発表
    :一建設2012年1月期第1四半期 2月~4月 6/7頃発表
    :飯田産業2011年4月期第4四半期 2月~4月 6/14頃発表
    :タクトホーム2011年5月期第4四半期 3月~5月 7/13頃発表

    震災の影響を受けた後の決算が一つの参考になるはずです。

    一番早いのがアーネストワン(3月期決算の銘柄)ですが、震災の影響が最後の3月後半分にしか表れません。
    ですので、2~4月期の決算が一番良い指標になり、6/4の東栄住宅の決算がファーストインパクトになりそうです。

    ここで業績の下ブレが過度に意識され株価が低下した時が最適な投資時期かもしれません。

    アーネストワンの業績と株価の推移


    ◯EPS、株価、PER(TTM/3月末)の推移
    :2003年 35.2円
    :2004年 86.5円 1,480円 17.12
    :2005年 108.4円 1,377円 12.70
    :2006年 125.5円 1,860円 14.82
    :2007年 125.2円 1,511円 12.07
    :2008年 58.1円 324円 5.58
    :2009年 -178.1円 109円
    :2010年 146円(赤字を補正) 860円 5.89
    :2011年 197円(予想) 830円 4.20

    不動産に関する英単語


    spec home(house);建売住宅
     spec = speculation
    condominium;分譲マンション
    custom home(house);注文住宅
    carpenter;大工
    builder;工務店(建設業者)
    buiding material;建築資材
    roof;屋根
    entrance;玄関
     the door, the front door 欧米では靴を脱がないので
    kitchen;台所
    dining room;食堂
    bathroom;トイレ
     toilet

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン

    東栄住宅:2011年度本決算、飯田産業:第3四半期決算  (2011/04/11)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    東栄住宅:今期は予想通り、来期は減益予想


    東栄住宅(8875)IR内 2011年度本決算

    〇2011年度第4四半期決算
     *単位 百万円 カッコ内は利益率、第4四半期単独の内容

    :売上高  29,699
    :営業利益 2,856(9.62%)*前期 10.64%
    :純利益  1,548(5.21%)
     :売上高/在庫比率 0.71(前期 0.59)
     :期末在庫  38,424(前期 41,677)

    〇2011年度通期決算

    :売上高  91,535
    :営業利益 9,065(9.90%)
    :純利益  6,797(7.42%)
    :本来の純利益  5,076(5.55%)
     :EPS 188.55円

    東栄住宅も今期は無難な着地に終わりました、ほぼ予想通りの内容です。
    会社発表の純利益は2期前の赤字の繰越がありますので本来の数字は 5,076 程度で、EPS も 188.55円 程度だと思われます。

    〇2012年度通期決算予想(会社発表)
     *単位 百万円 カッコ内は利益率

    :売上高  104,800
    :営業利益 8,800(8.40%)
    :純利益  5,100(4.87%)
     :EPS 189.43円

    ただ、東栄住宅も他のパワービルダーと同様に来期は利益率の低下を想定しています。
    これは既にファースト住建やタクトホームが発表している決算内容からして、そうなる可能性が高いと思われます。

    飯田産業:営業利益率が若干悪化、第4四半期は震災の影響が


    飯田産業(8880)IR内 2011年度第3四半期決算

    〇2011年度第3四半期単期決算
     *単位 百万円 カッコ内は利益率、第3四半期単独の内容

    :売上高  23,250
    :営業利益 2,333(10.03%)*前期 12.67%
    :純利益  1,747(7.51%)
     :売上高/在庫比率 0.61(前期 0.82)
     :期末在庫  48,417(前期 38,045)

    飯田産業は、営業利益率が若干低下、純利益率はそれなりを確保しました。
    第4四半期に向けての在庫の積み増し分が若干多めになっています。

    〇2011年度通期決算予想

    :売上高  122,162
    :営業利益 13,521(11.07%)
    :純利益  8,123(6.65%)
     :EPS  136.57円

    震災の影響があまり無いと予想した場合上記の成績が予想されますが不透明感は拭えません。

    東栄住宅、飯田産業を含め震災後のパワービルダーの業績の行方はかなり不透明な部分が多く、これに関してはまた別の記事で書きたいと思います。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 東栄住宅 飯田産業

    タクトホームが2011年第3四半期決算発表  (2011/04/11)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    在庫増と営業利益率が若干低下


    タクトホーム(8915)IR内 2011年第3四半期決算短信

    〇2011年度第3四半期単期決算
     *単位 百万円 カッコ内は利益率、第3四半期単独の内容

    :売上高  12,998
    :営業利益 1,661(12.78%)
    :純利益  1,279(7.35%)
     :売上高/在庫比率 0.57(前期 0.70)
     :期末在庫  29,793(前期 22,810)

    ファースト住建、一建設の決算から予め予想されていたわけですが、タクトホームもやはり利益率の低下と在庫増(回転率の低下)が起きています。
    それでも高い利益率なのですが目先の見通しが増益基調でなくなったことの影響は大きいです。

    そして今後は震災の影響が業績に反映される事から先行きは更に不透明になりました。

    〇2011年度5月期通期予想
     
    :売上高  62,451
    :営業利益 8,181(13.10%)
    :純利益  4,581(7.33%)
     :EPS 19,884円

    震災の影響は軽微だと想定した場合、上記の予測程度になると思われますが、恐らくそうはならない可能性が高いと思います。

    ただ、その後の震災復興需要が期待されている面も有りますのでなんとも言えない情勢です。

    4/11現在の株価 74,200円 で PER3.73 です。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー タクトホーム

    一建設 2011年度期末決算発表  (2011/03/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    今期決算は予想通り、来期は減益予想


    一建設(3268) IR内2011年度期末決算
    *単位 百万円 カッコ内は利益率、第4四半期単独の内容

    :売上高  55,128
    :営業利益 5,869(10.65%)
    :純利益  4,101(7.44%)
     :売上高/在庫比率 0.82
     :期末在庫 71,573

    ◯2011年1月期通期決算

    :売上高  209,758
    :営業利益 23,874(11.38%)
    :純利益  13,884(6.62%)
     :EPS 486.13円

    今期決算は予想通りの着地に終わりました。
    売上高予想は若干下回りましたが、高い純利益率でカバーした形になってます。

    ◯2012年1月期決算予想(会社予想)

    :売上高  230,500
    :営業利益 20,500(8.89%)
    :純利益  11,600(5.03%)
     :EPS  406円

    ただ、2012年度の会社発表内容が減益を予想しています。
    パワービルダー業界の競争激化により販売価格の低下が収益を圧迫しているとのこと。
    その傾向は前回のファースト住建の決算内容に既に現れています。

    更に、在庫が嫌な形で積み上がっている感じです(売上高/在庫比率の低下)。
    かつて(2006年以降)のパワービルダー業績低迷気にも在庫がいやに積み上がって最終的に減損処分という流れがありましたからね。

    ピークは過ぎた可能性が高そうです。
    ただ、PERは割高ではないので大幅に株価が低下する可能性も低いと思います。

    因みに野村証券が以下のようなコメントを出しています。

    パワービルダー株が下げ止まりの気配を示している。きのう9日は業界最大手、一建設 <3268.OS> の12年1月期2ケタ減益見通しが嫌気され、同社株の急落とともに売りが波及。東証1部値下がり率上位には、タクトホーム <8915.T> 、東栄住宅 <8875.T> 、アーネストワン <8895.T> 、飯田産業 <8880.T> が名を連ね、総崩れ状態だったが、早くも押し目買いの動きが表面化しつつある。
     野村証券は9日付のリポートで、一建設の減益計画に対し、土地の仕入れ価格の上昇を前提に作成されているためのようだが、現在仕入れている物件ではそのようなことはおきていないようだと指摘。パワービルダー各社は期初計画で慎重なコスト前提を用いる傾向があり、期中で何度も上方修正を行ってきた実績もあるため、特に懸念する必要はないと見ている。なかで、アーネスト、タクトホームへの強気スタンスに変更はないとしている。


    これはファースト住建の2011年第1四半期の内容を無視した内容ですよね。
    無責任なコメントだといえます。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 一建設

    ファースト住建 2011年度第1四半期決算  (2011/03/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    利益率が低下している


    ファースト住建(8917)IR内 2011年10月期第1四半期決算

    ◯2011年10月期第1四半期
     *単位 百万円 カッコ内は利益率
    :売上高  7,785
    :営業利益 629(8.08%)
    :純利益  353(4.53%)
    :純益進捗 14.12%
     :売上高/在庫比率 0.88(前期0.92)
     :期末在庫 10,465

    予想よりあまり良い状態ではないようです。
    営業利益率が前期の10%台に比べて2%程低下していますし、売上高/在庫比率も若干低下しています。
    期末在庫は前期以上に積み上げていますので販売が第2四半期にずれ込んだ可能性もあります。

    ただ、利益率の低下は見逃せません。
    決算書内の記述によると、競争激化の為販売価格の低下が起きているとのこと。

    パワービルダー業界の美味しい季節も終焉に向かいつつ有るのかもしれません。

    前期成績と今期予想を再チェック


    ◯2010年10月期決算
    :売上高  36,826
    :営業利益 4,010(10.89%)
    :純利益  2,301(6.25%)
     :EPS  136.16円

    ◯2011年10月期決算予想
    :売上高  41,200
    :営業利益 4,420(10.73%)
    :純利益  2,500(6.07%)
     :EPS  147.94円

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー ファースト住建

    アーネストワン 2011年第3四半期決算発表  (2011/02/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    営業利益率が高い


    :アーネストワン(8895)IR内 2011年第3四半期決算短信
    *単位 百万円 カッコ内は利益率、第3四半期単独の内容

    :売上高  43,065
    :営業利益 6,366(14.78%)
    :純利益  3,742(8.69%)
     :売上高/在庫比率 0.99(前期1.08)
     :期末在庫 50,596

    売上高/在庫比率は若干予想よりも低かったですが、その分営業利益率が高くなかなかの内容だと思います。
    パワービルダーは第4四半期に多めの売上高を計上する傾向ですから、期末在庫からして最終決算の内容は上方修正されると思います。

    ◯2011年3月期通期予想
    :売上高  162,006
    :営業利益 21,943(13.54%)
    :純利益  12,968(8.01%)
     :EPS 197.43円

    上記予想値は第4四半期が、売上高 53,125(売上高/在庫比率 1.05)、営業利益率 12.50%、純利益率 7.39%としての数値。

    2/15現在の株価¥1,053で、PER 5.33 です。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン

    タクトホームが2011年第2四半期決算発表  (2011/01/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    想定内だが、依然利益率が高い


    タクトホーム(8915)IR内 2011年第2四半期決算短信

    〇2011年度第2四半期単期決算
     *単位 百万円 カッコ内は利益率
    :売上高  15,171
    :営業利益 2,294(15.12%)
    :純利益  1,279(8.43%)
     :売上高/在庫比率 0.70(前期 0.73)
     :期末在庫  22,810

    全体的に想定内の数字ですが、利益率が高いですね。
    会社予想の通期営業利益率は11.93%ですが、このまま行けばかなり上振れるでしょう。

    〇2011年度通期予想
     *単位 百万円 カッコ内は利益率
    :売上高  64,124
    :営業利益 8,656(13.50%)
    :純利益  4,847(7.56%)
     :EPS 21,040円
     :配当 4,000円(配当性向20%として)

    第3四半期は抑えめの売上高(売上高/在庫比率0.65)で第4四半期に大きな売上高(同0.90)を計上してくるのがパワービルダーの傾向ですから、上記の数字は達成してくるのではないでしょうか。

    営業利益率を13.50%と想定していますが、既にそれを超えていますので多少売上高が予想より低くなっても帳尻が合うのではないでしょうか。

    1/12現在の株価が¥100,300 EPS ¥21,000 でPER 4.77

    景気が悪い悪いと叫ばれる中、パワービルダー業界は活況を呈しているようです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー タクトホーム

    飯田産業 2011年第2四半期決算  (2010/12/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    想定内の内容、通期では多少の上ぶれか?


    飯田産業(8880)IR内2011年度第2四半期決算

    〇2011年度第2四半期単期決算(カッコ内は利益率)
    :売上高  33,788
    :営業利益 4,280(12.67%)
    :純利益  2,467(7.30%)
     :売上高/在庫比率 0.82
     :期末在庫 38,045

    だいたい想定内の内容に落ち着いたようです。
    利益率は想定よりも高かったですね。
    売上高/在庫比率もなかなか優秀です。
    在庫に関してはあまり積み増してこなかったですね。

    前期は、在庫に関しては各四半期平均で約43,000をキープ、売上高在庫比率は 0.55→0.64→0.58→0.87 という推移でした。
    今期は在庫に関しては前期よりも多少抑え気味ですが、売上高在庫比率が0.70→0.82と高水準で推移していますので、第3四半期以降の予測として0.70→0.95あたりはキープしてくると見られます。

    〇2011年度通期予想
    (第3第4四半期の利益率が営業で11.50%、純利益で6.51%、第3四半期末の在庫を41,000と想定)
    :売上高  125,760
    :営業利益 14,857(11.81%)
    :純利益  8,453(6.72%)
     :EPS ¥142.11

    これくらいを最低水準として見ておけば良いかなと考えています。
    通期予想EPS¥142.11として、現在の株価が¥855、PER6.36です。

    やはりパワービルダーは全体的に好調をキープしているようです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 飯田産業

    一建設 2011年度第3四半期決算   (2010/12/11)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    想定内の内容、期末に向けて在庫積み増し


    一建設(3268) IR内2011年度第3四半期決算
    〇2011年度第3四半期単期決算(カッコ内は利益率)
    :売上高  50,762
    :営業利益 5,980(11.78%)
    :純利益  3,253(6.41%)
     :売上高/在庫比率 0.88
     :期末在庫 67,154

    全体的になかなか良いと思います。
    営業利益率が想定より少し高いですね。
    在庫をかなり積み増してきたので、第4四半期も期待できそうです。
    第4四半期はパワービルダー業界の慣わしとして売上高が一番高くなる傾向にあります。
    売上高/在庫比率の推移が今期、1.09 → 0.89 → 0.88 と来ていますので、恐らく第4四半期は 1.0 前後で落ち着くと思います。

    〇2011年度通期予想
    (第4四半期の業績を売上高/在庫比率 1.0、営業利益率11.2%、純利益率6.09%と想定)
    :売上高  221,784
    :営業利益 25,526(11.51%)
    :純利益  13,874(6.26%)
     :EPS ¥485.80

    通期予想EPS¥485.80として、
    現在の株価が¥2,720、PER 5.60 となります。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 一建設

    東栄住宅 2011年度第3四半期決算  (2010/12/06)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    売上高の増額はサプライズだが、ほぼ想定内


    東栄住宅(8875) IR内2011年度第3四半期決算

    ◯2011年度第3四半期単独決算(カッコ内は利益率)
    :売上高  22,245
    :営業利益 2,366(10.64%)
    :純利益  1,805
     :売上高/在庫比率 0.59
     :期末在庫 41,677(前四半期 37,557)

    全体的に予想通りの内容となりました。
    営業利益率が少し高くなったことが好印象です。

    今回会社側が業績の上方修正を発表しましたが、売上高の増額はサプライズです。
    この第3四半期で在庫を41,677と積み上げてきましたので、例年通りの売上高/在庫比率0.70以上を達成できれば目標達成も難しくありません。

    〇2011年通期予想
    (第4四半期の売上高/在庫比率 0.70~0.80、営業利益率10.00%、純利益率5.60%と想定)
    :売上高  91,009 ~ 95,177
    :営業利益 9,126 ~ 9,543
    :純利益  5,110 ~ 5,344
     :EPS 189.83 ~ 198.50

    今期の純利益は前々期の赤字の関係で法人税が減額され正確な数字ではありません。
    なので、上記予想値が妥当な数字になります。

    通期予想EPS 189~198 として、現在の株価が1,313円、PERは、6.61~6.91 です。

    パワービルダーの株価も段々と適正値に近づきつつありますが、まだまだ安いです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 東栄住宅

    アーネストワン 2011年3月期中間決算発表  (2010/10/29)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    当初予想より良い内容です


    アーネストワン(8895)IR内 2011年3月期中間決算短信
     *単位 百万円 カッコ内は利益率、第2四半期単独の内容
    :売上高  36,497
    :営業利益 5,016(13.74%)
    :純利益  2,966(8.13%)
     :売上高/在庫比率 1.08(前期1.01)
     :期末在庫 43,507

    なかなか良い決算内容だと思います。
    売上高/在庫比率も例年並みに近い比率で、何よりも利益率が優秀です。
    在庫も強気に積みましていますから、売上高/在庫比率が1.05前後を維持できれば、EPS 185円 前後は達成できるのでは?といった情勢です。

    10/29終値¥851で、PER 4.6、本来の相場なら割安なレベルだと思います。
    配当利回りも約3.5%、配当性向は20%以上を目標としているので、EPS 185円の場合、通期で35~37円程度に増配してくるかもしれません。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン

    タクトホームが2011年第1四半期決算発表  (2010/10/16)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    売上高はいまいちだが、利益率が高い


    タクトホーム(8915)IR内 2011年第1四半期決算短信
     *単位 百万円 カッコ内は利益率
    :売上高  13,427
    :営業利益 1,963(14.62%)
    :純利益  1,094(8.15%)
     :売上高/在庫比率 0.73(前期 0.97)
     :期末在庫  21,694

    という訳で、売上高在庫比率が割と低かったため売上高は伸びませんでしたが、利益率は結構優秀だと思います。
    在庫が積み上がりましたので、次期の売上高/在庫比率がポイントとなりそうです。
    会社発表の予想売上高の達成は微妙な感じですが、利益に関しては上回りそうです。
    この調子で行けば、EPS 16,000 は行きそうです。

    10/15時点の株価 ¥64,500、予想EPS 16,000 で PER 4.03
    配当利回りも予想で4.65%と、高配当です。

    パワービルダー全体が未だ絶好調な状態を維持しているようです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー タクトホーム

    東栄住宅 2011年度第2四半期決算  (2010/09/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    :東栄住宅(8875) IR内2011年度第2四半期決算

    ◯2011年度第2四半期単独決算(カッコ内は利益率)
    :売上高  23,720
    :営業利益 2,307(9.73%)
    :純利益  2,034
     :売上高/在庫比率 0.70
     :期末在庫 37,557(前四半期 34,090)

    という訳で、予想より少し良い内容かと。
    売上高/在庫比率が 0.70 とこれが良いです。
    前四半期で在庫を積み上げたことも相まって売上高が伸びてます。
    営業利益率も悪く無いです。
    純利益は過去の赤字の影響で度外視。

    今四半期も在庫を 37,557 と積み上げてきました。
    第3四半期は、売上高/在庫比率が下がる傾向にあるので、0.58 付近と予想。
    第3四半期末の在庫が今四半期と同レベルで、
    第4四半期の売上高/在庫比率 0.70 を想定し、
    営業利益率9.5%とした場合の通期予想は以下のように予想されます。

    ◯2011年1月期通期予想
    :売上高  87,663 
    :営業利益 8,328(9.50%)
    :純利益 4,996(営業利益の60%)
     :EPS 185.6円

    多少の上ブレも期待できると思います。
    EPS 190円 くらいはあり得るかも。

    通期予想EPS 185~190 として、
    現在の株価が 823円、PERは、4.33~4.44 です。

    パワービルダー全体が、PER4~6 という状況です。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 東栄住宅

    ファースト住建 2010年10月期第3四半期決算  (2010/09/06)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ファースト住建(8917)IR内 2010年10月期第3四半期決算

    ◯2010年10月期第3四半期単独決算(カッコ内は利益率)
    :売上高  9,280
    :営業利益 1,036(11.16%)
    :純利益  596(6.42%)
     :売上高/在庫比率 1.08
     :期末在庫 8,716

    想定内の結果ですね。
    売上高/在庫比率、利益率ともに上々です。
    期末在庫が 8,716 ですので、
    第4四半期の売上高は、売上高/在庫比率 1.10~1.15 と想定すると、
    9,587~10,023 となり、営業利益率が 11% だとすれば、
    通期のEPSは 137円前後 が予想されます。

    パワービルダー業界の業績は未だ好調を保っているようです。

    上記のEPS137円を採用した場合、
    現在の株価 612円 で、PER 4.46 となります。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー ファースト住建

    気になる銘柄、武富士など・・・  (2010/08/17)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ◯パワービルダー(廉価な戸建住宅供給業者)
    アーネストワン、飯田産業、東栄住宅・・・その中でもタクトホーム(8915)の株価が特に冴えませんよね。
    予想 EPS が約14,226円ですから、8/17終値 56,600円 ですと、PERが既に4を切ってます。配当利回りは 5.3% に。
    今までの経緯からすれば、結構安い水準にまで下がってきたなと言う印象です。

    パワービルダーの現在の相場は、PER 6 付近ですので、タクトホームは相当人気がないのか。
    配当利回り的にもそれなりの割安感があると思います。

    あと、最近の円高は住宅業界にとってメリットではないかと思うんですよね。
    建材はほとんどが輸入でしょうから、その効果は大きいような気がします。

    ただ、この絶好調な状況が長期的に継続するかは別問題です。

    ◯消費者金融
    プロミス、アコム、武富士・・・特に武富士(8564)が冴えません。
    2009年4月を起点に株価を見てみると、プロミス、アコムが下落率40~50%に対して、武富士は62%。この下落率は少し前までは武富士の方が低かったんですよね。それが逆転しています。
    業績的には各社ともにかなり厳しい状況。先行きは全く不透明。倒産の可能性が見え隠れしています。
    武富士に関しては、PBR が遂に 0.2 を切りました。株価も遂に200円割れ。
    以前の記事(武富士:8564 消費者金融に未来はあるか?)で、100円台になって初めて買い妙見が出ると書きましたが、遂にその段階に突入しています。ま、ここはもう少し待って、100円台前半にまで下がったらちょっとだけ買っても良いかなと思ってます。
    今、法律事務所のテレビCMがゴールデンタイムでも放映されていますよね。あれは過払い金返還請求を促す内容ですが、あの一連のCMが沈静化した時が一つの目安かなと。電車の中の中吊り広告も注意。

    因みに武富士の営業貸付金残高は順調に減っていて、2011年第一四半期時点で 510,112百万円。前年同期が 798,449百万円ですので、約36%ダウン。個人的に想定していた規模を既に大幅に下回っております。

    対して、過払い金返還請求の請求件数が減少してきているというニュースもあります。
    7月の利息返還請求件数は大幅下落。(シティグループ証券)
    消費者金融株が軒並み高、アコムの利息返還請求件数は6月で8カ月連続減少に

    ◯鉄鋼
    この業界も冴えませんが、特に中堅以下の企業。
    国内需要に依存している割合が高いからでしょうが、PBR が概ね 0.3 付近です。
    中山製鋼所、合同製鐵、東京鐵鋼など。軒並み安いですが、まだまだ下げる余地はあると思ってます。

    ◯その他
    ラウンドワン(4680)、レジャー産業の一翼を担っているボーリングメインのレジャー総合施設を運営。一時はCMのイメージ刷新で、「 なかなか面白いな~ 」 と思っていましたが、業績は追いつかず。PBR 0.29 です。
    かつては EPS 150円以上でしたからね。今期予想は20円台、相当厳しいようです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:パワービルダー 消費者金融 鉄鋼 タクトホーム 武富士 ラウンドワン 気になる銘柄

    アーネストワン 2011年3月期第1四半期決算  (2010/07/30)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    アーネストワン(8895) IR内 2011年3月期第1四半期決算

    ◯2011年3月期第1四半期決算
    :売上高  29,319
    :営業利益 3,921(13.37%)
    :純利益  2,317(7.9%)
    :売上高/在庫比率 1.01
    :期末在庫 33,790

    という訳で、そこそこ無難な結果に落ち着いたようです。

    売上高/在庫比率が前期の数字に比べて若干弱いですが、想定内でしょう。
    期末在庫が 33,790 ですので、次の四半期の売上高は、
    比率 1.0~1.2 として、33,790~40,548 位と予想。
    在庫の推移によりますが、会社予想の 155,000 の通期売上高の達成は微妙。

    ただ、営業利益率は相変わらず高いです。
    このままの率を維持できれば、会社発表の通期純利益、10,000 は十分達成可能かと。
    上ブレる可能性は第2四半期を見てみないと分かりません。

    という訳で、通期のEPS予想は、150円前後と以前と変わらずです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン

    タクトホーム 10年5月期決算発表  (2010/07/16)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    タクトホーム(8915)IR内 10年5月期決算短信

    ◯2010年5月期第4四半期決算内容
    売上高  16,670
    営業利益 2,659(15.95%)
    純利益  1,582(9.49%)
    売上高/在庫比率 0.97

    ◯2010年5月期通期決算内容
    売上高  46,784
    営業利益 5,380(11.50%)
    純利益  3,135(6.70%)
    EPS  13,040円
    期末在庫 18,374

    という結果です。
    なかなか良い結果だと思います。

    まず、売上高/在庫比率が上昇しています。
    今期は、0.86→0.82→0.64→0.97 という推移でした。
    第4四半期で率が最高値に達しています。これは他社にも言える傾向です。
    これは、第3四半期の売上を期末期に繰り延べているとも見れますが。

    特に営業利益率が高いことが特筆すべき点です。
    今期の推移は、7.31→10.34→10.60→15.95 です。
    この第4四半期の数字は、同業他社と比べてもかなり優秀です。
    一番優秀なアーネストワンを上回っています。(13.89%)

    という訳で、パワービルダーの業績は未だ好調だと言えます。

    ◯2011年5月期会社見通し
    売上高  60,000
    営業利益 6,080(10.13%)
    純利益  3,420(5.70%)
    EPS  14,226円

    来期見通しはこうなっています。
    期末の在庫(18,374)からして、第1四半期の売上高は比率0.85を採用した場合、
    15,617 となりそうです。
    今期のスタート時の在庫が15,965 で、通期売上高が46,784ですので、
    その倍率は約2.93。
    これを強引に根拠にして来期売上高を試算すると、
    18,374 × 2.9~3.0 = 53,843~55,122
    という結果に。60,000という数字は結構強気です。
    ただ、今期の第2・3四半期の在庫水準が低かった(10,093、12,901)ので、
    狙えないことも無いと思います。
    利益率の見通しは妥当なところでしょう。

    ここもPER5~6、株価で71,130~85,356が現在のレンジ。
    PER10の142,260円が最大目標となりそうです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー タクトホーム

    東栄住宅が上方修正を発表したが・・  (2010/07/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    東栄住宅(8875)IR内 業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ

    ◯2011年1月期予想決算(カッコ内は前回発表の数値)
    売上高  85,440(83,460)
    営業利益 6,880(5,880)
    純利益  5,710(4,040)

    という内容を7/9に発表。
    この内容は特にサプライズではないと思います。

    当社の過去の業績、他社の業績等から、
    営業利益率は9~11%が妥当な水準。
    売上高が85,440を予想するのであれば、営業利益は7,689~9,398が適正。
    これを下回る営業利益6,880を発表している時点でイマイチな訳です。

    更に、純利益の面では前前期の赤字がまだ残っているので、
    そのぶん法人税が控除される事を忘れてはなりません。
    ですので、5,880と言う数字は、4,128と読み替えないといけない。

    ですから、今回の発表内容に従えば、
    EPS 160 程度であると言うことです。

    ですので今回の発表内容は、前回の記事の予想値を上方修正する様なものではないと思われます。

    ただ、同業他社のファースト住建の第2四半期決算の内容がなかなか良く、
    パワービルダー全体の状況はまだまだ好調だと思われます。
    なので、東栄住宅も予測値を下回る可能性は低いと見ます。

    EPS 166

    が個人的な予想値ですので、
    PER5~6、株価830~996円が基本トレンドで、
    そこからPER10、1660円にブレークするのかしないのか?が今後の見所ですね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 東栄住宅

    日本の住宅業界の今後は闇?  (2010/06/30)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    度々パワービルダー(格安戸建分譲住宅販売業者)の記事を書いていますが、
    日本の住宅関係の未来はやはり暗いと言わざるを得ないでしょうね。

    5月の住宅着工、前年比4.6%減 持ち家は増加基調

    と言うわけで依然、住宅全体としては過去最低の記録をたたき出しています。

    今後世界経済が立て直されたとしても、この傾向はそうそう変わらないでしょう。

    絶好調のパワービルダーが対象とする顧客は一次取得者層といわれる人々。
    簡単にいえば、20代後半から40代前半の初めて住宅を取得する人々。
    この世代の人口は、60歳前後の世代人口に匹敵するんですが、
    それ以下の世代は、急激に減少しているわけですよ。

    ◯日本の人口ピラミッド・2010年
    日本の人口ピラミッド

    この図を見れば明らかですが、
    次の一次取得者候補群(15~25歳)は現在の規模の約半分ですよ。

    今、パワービルダーは政府の住宅関連減税等の恩恵を受けて絶好調ですが、
    必然的に10年後の業績が推し量れますよね。

    こう考えると、現在の株価は妥当な可能性も大いに有ります。
    現在PER5倍台と割安に見えますが、10年後を考えるとそうでもないと。

    ただ、株価が10年後までを見据えるのか?という疑問もありますから、
    現在の低いPER水準が2003~2004年当時のPER10倍台に接近する可能性も排除できず、
    現段階では保有の方針です。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー

    飯田産業 2010年度4月決算発表  (2010/06/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    飯田産業:8880 IR
     :飯田産業 IR内 2010年4月期本決算短信

    ◯2010年4月期第4四半期決算内容(単位百万円)
    :売上高  38,121
    :営業利益 3,659(9.60%)
    :純利益  1,867(4.90%)
     :売上/在庫比率  0.87(1期:0.55→2期:0.64→3期:0.58)
      *売上高を前四半期末の在庫(販売用不動産+仕掛け不動産)で割った比率

    ◯2010年4月期通期決算
    :売上高  114,162
    :営業利益 10,872(9.52%)
    :純利益  5,949(5.21%)
     :EPS 200円
    :期末在庫 37,676


    ちゅうわけで、なかなか良い内容です。

    :売上高が個人予想よりも伸びた。
     売上高/在庫比率が予想(0.58~0.65)よりも高かった。
    :利益率は予想より低かった。
     営業利益率予想10~11%→実際9.6%

    とりあえず、EPS 200円 は良い内容です。
     *会社発表のEPS197.31は自己株消却前の株式数で計算している

    ◯2011年4月決算会社予想
    :売上高  134,600(+17.9%)
    :営業利益 11,350(8.43%)
    :純利益  6,163(4.57%)
     :EPS 103.62円(1:2の株式分割を実施)

    というわけで、

    :売上高で大幅増の計画
     +17.9%。アーネストワンより若干強気(+14.9%)
    :利益率は若干弱気
     営業利益率 8.43%。アーネストワンは、10.99%
     従来より、アーネストワンよりも低い傾向にある。

    パワービルダー全体がちょっと強き予想を出す傾向が見られます。
     
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 飯田産業

    東栄住宅 2011年度第一四半期決算  (2010/06/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    2011年1月期第一四半期 東栄住宅IR内

    ◯2011年度第一四半期決算(単位百万円)
    :売上高  15,871
    :営業利益 1,536(9.68%)
    :純利益  1,410
     :EPS  52.37円
     :売上高/在庫比率 0.57(前四半期 0.73)
    :期末在庫 34,090


    と言うわけで、まあ無難といえば無難な内容。
    営業利益率は想定内。
    純利益は前々期の赤字が残っているため参考にならない。
    売上高/在庫比率もまあ無難か?
     :参考値 前期第一四半期から 0.49→0.65→0.52→0.73→0.57

    今期末の販売用不動産在庫が、34,090 なので、
    売上高/在庫比率 0.60 を適用すると、
    第二四半期の売上高は、20,454 となる。

    ◯通期予想
    :売上高  77,233~80,301
    :営業利益 6,950~7,468
    :純利益  4,170~4,480(法人税を考慮した数字)
     :EPS  154~166円

    これくらいに収まるんではないでしょうか。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー 東栄住宅

    ファースト住建 2010年度第二四半期決算  (2010/06/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    2010年10月期第二四半期 ファースト住建IR内

    ◯2010年第二四半期単独決算(単位百万円)
    :売上高  10,459(
    :営業利益 1,172(11.21%)
    :純利益  673(6.43%)
     :EPS  39.82円
     :売上高/在庫比率 1.12(前四半期 0.92)
     :期末在庫 8,610

    と言うわけで、この決算は良いですね。
    売上高/在庫比率が伸びています。頑張ってますね。
    利益率もなかなか良いです。

    中間決算としては、純利益で 1,071、EPS 63.43円。
    会社発表の通期予想のEPSが、106.51円ですから、
    進捗率で 59.5%、良いですね。

    ただ、

    第2四半期時点の不動産在庫が、8,610 なので、
    第3四半期の売上はあまり大きくは望めないでしょう。

    それでも、このままの調子で行けば通期で EPS 130円 は十分ありえます

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー ファースト住建

    アーネストワン 2010年3月期決算発表  (2010/05/14)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    アーネストワン IR

    ◯2010年第4四半期(カッコ内は利益率)
    :売上高  37,477
    :営業利益 4,660(12.43%)
    :純利益  3,077(8.21%)
    :売上/在庫比率 1.14(37,477/32,605)

    ◯2010年3月期通期内容
    :売上高  135,306
    :営業利益 15,825
    :純利益  14,423

    前々から言っているように、
    上記純利益は前期の赤字決算の関係で法人税が殆どかかってません。
    なので、通常なら 9,500 くらいになります。
    第4四半期の売上/在庫比率は1.14と依然高水準を維持出来ていますね。
    営業利益率も高水準です。

    ◯2011年3月期会社予測
    :売上高  155,460
    :営業利益 17,100
    :純利益  10,000
    :EPS  152.38円
    :期末在庫 29,134

    と言うわけで、予想通りの見通しを発表。

    一建設が発表した今期予想が、概ね前期プラス5%に対して、
    売上高で14.9%、営業利益で8.06%プラスを想定。
    若干、強気な感もあります。

    来期は在庫29,134でのスタートとなり、若干スロースタートか?
    ま、無難な内容だとは思いますね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン

    アーネストワン 2010年3月期上方修正  (2010/04/30)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ◯会社発表内容
    :売上高  135,000
    :営業利益 15,400
    :純利益  14,200

    大体予想通りの数字を発表してきましたね。
    上ブレもせず、下ブレもせずといった感じです。

    第3四半期までは、前期の赤字(12,047の赤字)の影響で課税されていませんでしたが、
    第4四半期で利益が赤字額を超えてきましたので、法人税が発生、
    結果、純利益が 14,200 に落ち着くと言う事ですね。

    ま、いずれにしろ、
    課税を前提にした純利益をベースに株価を見ないといけませんので、
    特に問題は有りません。

    概算で、
    15,500 × 0.6 = 9,300 が本来の純利益
    EPS で 約143円

    現在の株価970円で見た場合、PER 約6.8
    まだまだ割安だと思いますよ。
    第一次パワービルダーブーム(2003~2006)の時は、
    PER 10~13(最高17付近)で株価は推移
    していましたからね。

    当時との違いは売上高の成長率。
    当時は恐ろしいほどの成長を見せていました。
    ROEも恐ろしいほど高かった。

    今後どの程度業績を拡大できるかの期待値によって、
    株価水準は変化すると思います。
    一建設の前回の決算時に発表した今期予想値が概ね5%増しなので、
    アーネストワン:8895もその辺を意識してくると思います。

    :純利益9,300 × 1.05 = 9,765
    :EPS 約150円
    PER 8~10 で株価は、1,200~1,500円

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:アーネストワン 不動産 パワービルダー

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。