にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    主要なパワービルダーを改めて確認する  (2012/03/05)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    :2012/01/27 初投稿
    :2012/03/05 追加投稿


    主要パワービルダー各社業績推移を確認(2012/03/05投稿分)


    :一建設(クリックで関連記事へ)
    第3四半期終了時点で営業利益率9.40%、純利益率5.39%
    会社発表の業績予想を若干上回っているが好調期に比べると物足りない。

    :東栄住宅(クリックで関連記事へ)
    第3四半期終了時点で営業利益率7.16%、純利益率4.01%
    会社発表の業績予想を下回る成績、かなり物足りない。

    :アーネストワン(クリックで関連記事へ)
    第3四半期終了時点で営業利益率11.79%、純利益率6.95%
    会社発表の業績予想とほぼ同等、過去の成績から見てもそこそこ良い。

    全体的に在庫水準が高まりつつ有る。震災復興特需に拠る上振れ感はまだ見えず。

    デフレで躍進するパワービルダー(2012/01/27投稿分)


    パワービルダーとは、「 廉価な戸建て建て売り住宅を大量に販売する住宅企業 」のこと。
    実際の内容については、以下のリンクを参照してください。

    アーネストワンなどの評判や建売住宅の真相は!?

    飯田一男氏が創業した「 飯田建設工業株式会社(現一建設) 」がその走りと言えます。

    一建設:wikipedia

    そしてパワービルダーのほとんどが飯田グループと言っても過言では有りません。
    元支店などが独立して現在に至っており、その経営手法はほとんど同じです。

    以下に代表的な上場企業を紹介します。

    一建設(3268):1月決算
    東栄住宅(8875):1月決算
    アーネストワン(8895):3月決算
    飯田産業(8880):4月決算
    タクトホーム(8915):5月決算
    ファースト住建(8917):10月決算

    各企業とも決算期がずれていますので業界全体の業績の推移をタイムリーに確認できます。

    現在の日本の状況、デフレ・超低金利・円高はパワービルダーにとって絶好の状況です。
    現在日本の株式市場が低調なため株価収益率(PER)も非常に低く(4~5倍)、逆に配当利回りは4~5%と非常に高いです。

    業績を見る上で気をつけておく点は、「 在庫回転率 」。
    在庫と売上高の比率で、2009年頃のパワービルダー危機の際はこれが非常に悪化し不良在庫を抱えて大幅な赤字決算に陥りました。
    『 売上高/前期在庫 = 1前後 」であれば好調だと言えます。

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:アーネストワン 不動産 パワービルダー 一建設 飯田産業 タクトホーム ファースト住建

    ファースト住建 2011年度第1四半期決算  (2011/03/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    利益率が低下している


    ファースト住建(8917)IR内 2011年10月期第1四半期決算

    ◯2011年10月期第1四半期
     *単位 百万円 カッコ内は利益率
    :売上高  7,785
    :営業利益 629(8.08%)
    :純利益  353(4.53%)
    :純益進捗 14.12%
     :売上高/在庫比率 0.88(前期0.92)
     :期末在庫 10,465

    予想よりあまり良い状態ではないようです。
    営業利益率が前期の10%台に比べて2%程低下していますし、売上高/在庫比率も若干低下しています。
    期末在庫は前期以上に積み上げていますので販売が第2四半期にずれ込んだ可能性もあります。

    ただ、利益率の低下は見逃せません。
    決算書内の記述によると、競争激化の為販売価格の低下が起きているとのこと。

    パワービルダー業界の美味しい季節も終焉に向かいつつ有るのかもしれません。

    前期成績と今期予想を再チェック


    ◯2010年10月期決算
    :売上高  36,826
    :営業利益 4,010(10.89%)
    :純利益  2,301(6.25%)
     :EPS  136.16円

    ◯2011年10月期決算予想
    :売上高  41,200
    :営業利益 4,420(10.73%)
    :純利益  2,500(6.07%)
     :EPS  147.94円

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー ファースト住建

    ファースト住建 2010年10月期第3四半期決算  (2010/09/06)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ファースト住建(8917)IR内 2010年10月期第3四半期決算

    ◯2010年10月期第3四半期単独決算(カッコ内は利益率)
    :売上高  9,280
    :営業利益 1,036(11.16%)
    :純利益  596(6.42%)
     :売上高/在庫比率 1.08
     :期末在庫 8,716

    想定内の結果ですね。
    売上高/在庫比率、利益率ともに上々です。
    期末在庫が 8,716 ですので、
    第4四半期の売上高は、売上高/在庫比率 1.10~1.15 と想定すると、
    9,587~10,023 となり、営業利益率が 11% だとすれば、
    通期のEPSは 137円前後 が予想されます。

    パワービルダー業界の業績は未だ好調を保っているようです。

    上記のEPS137円を採用した場合、
    現在の株価 612円 で、PER 4.46 となります。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー ファースト住建

    ファースト住建 2010年度第二四半期決算  (2010/06/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    2010年10月期第二四半期 ファースト住建IR内

    ◯2010年第二四半期単独決算(単位百万円)
    :売上高  10,459(
    :営業利益 1,172(11.21%)
    :純利益  673(6.43%)
     :EPS  39.82円
     :売上高/在庫比率 1.12(前四半期 0.92)
     :期末在庫 8,610

    と言うわけで、この決算は良いですね。
    売上高/在庫比率が伸びています。頑張ってますね。
    利益率もなかなか良いです。

    中間決算としては、純利益で 1,071、EPS 63.43円。
    会社発表の通期予想のEPSが、106.51円ですから、
    進捗率で 59.5%、良いですね。

    ただ、

    第2四半期時点の不動産在庫が、8,610 なので、
    第3四半期の売上はあまり大きくは望めないでしょう。

    それでも、このままの調子で行けば通期で EPS 130円 は十分ありえます

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー ファースト住建

    パワービルダーの株価比較   (2010/04/20)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    :初投稿 2010/3/15
    :追加1 2010/4/20


    飯田産業:8880が、3/12に発表した今期第3四半期決算の数字は予想通りの内容。
    私としては、業績の大幅な上ブレ期待が後退したとみて、
    週明けの株価が下がると思っていたら、逆の動き。
    ほんと、分かりませんナ~。

    大幅な上ブレ余地が無いという事がほぼ確定したわけですが、
    下ブレ余地の無いことも確定したという事での反応か。

    日々の値動きに真相とかは無い、人間の心理状況が決めてますから。
     :話はズレますが、
      今日、ミスト って映画を見たんですが、
      なかなかオモロかった。最後がイマイチですが。
       その中で、人間の心理状況の変化が描かれていまして、
      「 通常なら信じ得ない話も、環境の変化で真実味を増す 」
      っていうのがよく分かります。
      怖いですね~。

    目標株価はあくまでもPER10倍台ですが、
    そこらあたりは誰もが意識しているはず。

    ◯業界全体の課題
     :販売在庫をいかに多く確保するか(競争激化で取得原価UPの可能性)
      :売上高と原価率のバランス
       (多少原価が高くとも、販売数で利益増が見込めるのであれば取得する)
       例)100売って利益率10 = 10の利益
         200売って利益率6 = 12の利益

    ■ パワービルダー格付け


    個人的な格付けですが、
     (数字はEPS、2010/3/15時点株価とPER)
    1:ファースト住建
     118円 (今期予想)574円 4.86
    2:東栄住宅
     160円(来期予想)795円 4.96
    3:アーネストワン
     141~145円 (今期予想)857円 6.07~5.91
    4:タクトホーム
     10000円 (今期予想) 68400円 6.84
    5:飯田産業
     184~193円 (今期予想) 1488円 8.08~7.7
     

    :追加1
      自己株式の消却で消却前の4.32%分が減少。
      EPSで見た場合、184→192.3(193→201.7)になる。

    飯田産業 IR内 自己株式の償却に関するお知らせ


    6:一建設
     374円 (来期予想) 3160円 8.46

    こんな感じですわ。 はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 パワービルダー アーネストワン 飯田産業 東栄住宅 一建設 タクトホーム ファースト住建

    ファースト住建 2010年度第一四半期決算発表  (2010/03/06)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


     :ファースト住建:8917 IR
      :2010年10月期第一四半期 ファースト住建IR内

    ◯2010年第一四半期決算(単位百万円)
    :売上高 6,994
    :営業利益 698(9.98%)
    :純利益  398(5.69%)
     :EPS  23.56円
     :売上高/在庫比率 0.92(6,994/7,608)

    と言うわけで、前回の記事 パワービルダーの在庫と売上高の関係 で、
    ご紹介した内容よりも売上高が低い結果となりました。
    利益率的には想定内です。

    在庫に対する売上高の比率が 0.92 と、
    前期第4四半期の 1.16 よりも低下。
    思いのほか売れなかった。

    住宅版エコポイントが3月8日より開始される事による影響も多少はあるのでしょうか

    ■ファースト住建の次の四半期以降の成績予測


    第1四半期末の在庫(販売用+仕掛け不動産)が、
     :9,333百万円

    です。
    今までの経緯から、次期四半期の売上高は、上記在庫の0.9~1.0掛け間が想定されます。
     :8,399~9,333

    これくらいに収まれば、上々かと。

    各四半期の在庫レベルが 9,333以上を確保できれば、
    通期(2010年10月期)で
     :売上高 35,000 前後
     :営業利益 3,356 前後
     :純利益 1,993 前後
     :EPS  118円 前後

    くらいに落ち着くのではないでしょう。
    前回の予測値よりも若干下回る成績になりますが、
    会社発表よりは良い数字となります(会社発表 EPS 105.93)

    第2四半期移行に期待しましょう。

    ■ 東栄住宅は絶好調


    同日、8875:東栄住宅が発表した2010年1月期業績予想修正が、
    :第4四半期
     売上高 19,826 営業利益 2,542(12.82%)
    と好調な結果になりそう。
    販売時期がファースト住建の2010年第一四半期と同じですので、
    関東方面の戸建分譲は絶好調なんでしょう。

    近々飯田産業:8880も第3四半期決算を発表します。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 ファースト住建 パワービルダー 東栄住宅

    パワービルダーの在庫と売上高の関係  (2010/02/19)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    同じパワービルダー(比較的廉価な戸建て住宅を大量に供給する建築会社)でも、
    在庫と売上高の関係には違いがあり、業績に反映されます。

    2009年3月以降の業績で、各社見てみましょう。
    見る内容は、
    前四半期の在庫(販売用不動産+仕掛け不動産)を分母に、
    四半期ごとの売上高を分子に取った割合
    です。

    ◯売上高/在庫比率
    :飯田産業:8880
     0.55→0.64
    :アーネストワン:8895
     0.78→1.20→1.19
    :タクトホーム:8915
     0.86→0.82
    :ファースト住建:8917
     0.98→1.16

    ■ ファースト住建のH22年度第1四半期決算予測


    前の決算時の在庫が約7,600(百万円)、
    前期の売上高/在庫の割合、1.16を適用した場合、
    売上高が、8,825

    営業利益率が前四半期と同等として約10%、営業利益・883

    ポイントは、
     1:売上高/在庫比率
     2:営業利益率
     3:期末在庫(次四半期に影響)

    パワービルダーがここ最近、急激に業績を回復させた1要因として、
    売れなくなったマンション用地を安値で仕入れることができた、
    という点が見逃せません。
    そういった用地が減少し、仕入れが順調に進まない恐れもあります。

    1~3をチェック、順調かどうかを判断します。

    ファースト住建の決算発表は、3/16頃の予定です。
    その少し前、3/12頃に、飯田産業:8880の第3四半期決算発表があります。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 ファースト住建 アーネストワン 飯田産業 タクトホーム パワービルダー

    ファースト住建:8917 過去の業績(2003~2009)  (2010/01/22)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    :ファースト住建 2003~2009業績
    8917.jpg

    2008年度のみ抜けています。

    まあ、だいたい飯田産業と同じような感じですね。
     :飯田産業 過去のPER推移(2004~2009)
    2004年にピークを迎え、その後は下落。

    2003~2006年頃のパフォーマンスを、
    前期(2009年10月期)第4四半期は達成しつつ有ります。

    今の状況からして、PER12前後(¥1,584)が適正かと思います
    あと、3~5月あたりに株価のピークを迎える傾向のようです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 ファースト住建 パワービルダー

    ファースト住建 2009年本決算発表  (2009/12/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、2009/12/14に、
    ファースト住建(8917)が決算発表をしましたね。
     :ファースト住建 IR
      :2009年10月期決算短信 ファースト住建IR内

    ◯2009年10月期決算(単位百万円)
    :売上高 34,993
    :営業利益 1,654
    :純利益 1,067

    前回の記事(ファースト住建が業績上方修正)でご紹介した内容を若干上回った感じです。

    今期は、
    第1第2四半期で、1.2億円
    第3四半期で、3億円
    第4四半期で、6.4億円

    と、期を追うごとに利益が増加
    不良在庫の償却と、
    仕入コストの減少で、
    大きく利益を伸ばすことができました。

    ◯2010年10月期予想
    :売上高 38,800
    :営業利益 3,100
    :純利益 1,800

    と言うわけで、会社発表は控えめな数字。
    恐らく、第4四半期の内容からして、
    2010年度の純利益は、
    2,200~2,400は、かたいと思われます。
    となると、EPS130~142円
    目標株価をPER10とした場合、
    1300円~1420円は狙えると言うことですな。

    ■ ROE を見てみる


    ROE を見てみましょう。
    アーネストワン(8895)もついでに。

    ◯ファースト住建(8917)
    :2010年10月期末のROE(予想)
     (BPS 840。今期確定額を使用)
     12.6%(会社予想 EPS 106)
     15.4~16.8%(個人予想 EPS 130~142)

    ◯アーネストワン(8895)
    :2010年3月期末のROE(予想)
     23~24%(EPS 145~156、BPS 612~636)
    :H19 22%(以下、各期の確定純資産で計算)
    :H18 28%
    :H17 33%
    :H16 48%
    :H15 42%
    :H14 36%

    恐るべしアーネストワン。
    資金効率の良さはファースト住建を遥かに凌いでいます。
    過去の成績も驚異的です。
    今期、来期の成績が特に高収益と言うわけでは無い
    という事ですな。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 ファースト住建 アーネストワン パワービルダー

    ファースト住建が業績上方修正  (2009/09/07)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、最近不動産系のネタばかりですが、それだけ今この業種が熱いということです。

    9/4にファースト住建(8917)が、2009年度・第3四半期の業績を発表しました。
    内容としては、

    第3四半期累積純利益:4.3億円
    本決算での予想純利益を7.7億円に上方修正


    こんな感じです。

    前期からの業績回復は明白です。

    あと、第2四半期からの伸びが顕著です。第1・第2四半期の累積純利益が1.2億円ですから、第3四半期だけで3億円の純利益をたたき出したと言う事。

    おそらく、他の同業他社(アーネストワン等)の動向からして、第4四半期の純利益は会社発表よりも上ぶれる可能性がありますよね。4~5億円レベルになれば、最終決算で8.3~9.3億円の純利益になり、一株当たり純利益としては、48~54円と言う事に。

    まあ、ぶっちゃけPER的に見て、このレベルでは現在の株価が割安に見えないですが、来期(2010年10月期)を見据えれば、来期・第1~第4四半期にかけて各5億円レベルの純利益を確保できると予想される可能性が出てくる為、一株あたりの利益が、116円も視野に入ってくる訳ですよ。そうなると、目標をPER10とした場合、株価は1160円となります。

    9/14前後に、同じような形態の飯田産業が第1四半期決算を発表しますので、そのあたりでまた不動産市況の現況確認ができると思います。

    とりあえず、戸建て分譲系の不動産会社は、今、熱いです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 ファースト住建 パワービルダー

    不動産関連銘柄が熱い  (2009/08/13)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    みなさん、お久しぶりです。諸事情でブログ更新が出来ませんでしたけども、これからも宜しくお願いします。

    いや~、それにしても、株式市場が活況を呈していますね。特に、不動産関連が。

    前々から取り上げさせてもらってます、アーネストワン、飯田産業、ファースト住建がほんと堅調ですな。その中でもアーネストワンが爆上げ、ふ~。

    これらは典型的な業績回復銘柄と言えるでしょうな。飯田産業の来期強気決算予測に始まり、7/30にアーネストワンが発表した2010年第一四半期決算の内容が驚くべき物で、ほんと恐ろしいほど株価が上がってます。

    アーネストワンが発表した内容によると、2010年第一四半期の純利益が約37億円。これは特別利益等が有るわけではなく、本業の収益力の回復を完全に示しています。過去の最高利益が約81億円ですから、それをはるかに上回る好決算な訳ですよ。単純に37億円を4倍すれば148億円ですからね。なんですかこれは。

    飯田産業、ファースト住建等もアーネストワンによく似た形態の不動産関係の企業ですから、これら企業にも利益の上ブレが十分に予測されれる訳です。

    低価格戸建て分譲住宅販売の会社が、ここにきて業績を伸ばしている訳ですが、住宅市場にも価格破壊の波が押し寄せているんでしょうな。それに、記録的な低金利と住宅優遇税制の後押しも予想以上に効いているんでしょう。

    ですけども、ある程度疑心暗鬼の状況にもある訳で、日々の株価の動向に目を奪われる事なく冷静に、今後の各社決算内容をチェックしていく体制で挑みたいと思います。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 アーネストワン 飯田産業 ファースト住建 パワービルダー

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。