FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

北アフリカ・中東動乱の実際  (2012/04/13)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


今なお北アフリカ、中東情勢は混迷を極めている


この状況の発端や、根源的原因を考えてみたいと思う。

:歴史的背景
そもそも北アフリカ、中東諸国は18世紀から19世紀にかけて欧州諸国の植民地にされ20世紀~21世紀にかけても実質的支配の下におかれていた。
さらに遡れば中世の十字軍遠征においても当地は蹂躙され恨みは根深い。

:移民の問題
欧州諸国は高齢化対策として移民の受け入れを90年代から2000年代にかけて大幅に緩和した。
これにより、もと植民地地域の北アフリカ・中東諸国より大量の移民が欧州に渡った。
移民の人々は高等教育を受けた専門家か単純労働者であり、2008年より本格的に開始された世界不況によって単純労働者の移民達は大量に失業、しかしそのセーフティーネットはまったく整備されていなかった。
これと前後して、欧州内ではイスラム民族衣装の公共の場での着装を禁止(ベルギー、フランスなど)や移民の若者を警官が暴行などで欧州諸国政府に対する反感が強まり、これは北アフリカ・中東諸国の現地にも波及した。

:携帯電話の普及
今現在どんなに貧しい暮らしをしている人々もほぼ携帯電話を所有しており、インターネットを介して自由に情報を得る事が出来る。これがいままで経済格差や外国の情勢に無頓着だった人々の心に変化を及ぼす事となる。
さらに、最新のWEBツール(ツイッター、フェイスブックなど)で横への情報伝播速度が非常に速くなった。
これらが第3世界で急速に普及したのがつい3~4年なのである。

:2007年頃のフランスの軍事作戦
フランスは原子力大国であり、その燃料としてのウランをアフリカ(ニジェール)においてアレバが採掘事業を長年行っていた。
この地域でAQIMという組織がイスラム原理主義革命運動を開始、資金調達のためアレバ職員を誘拐する事件が多発した。
フランス政府はモーリタニア国軍と協力して掃討作戦(人質救出作戦)を開始、フランスの単独介入であり作戦は泥沼化していった。
トランス・サハラにおける不朽の自由作戦、アメリカ主導の作戦で上記記述との関係詳細は不明。
関連情報:仏首相「アルカイダとは戦争状態」北アフリカへの軍事的関与強化へ、 北アフリカからヨーロッパへの脅威

:チュニジアはフランスのアフリカにおける橋頭堡
チュニジアはアフリカ最大の親フランス政権であり、他のアフリカ諸国に対するフランスの代理として動いていた。
AQIMはフランスのアフリカでの影響力を排除する為にはチュニジアの現政府を転覆させるのが一番だという事で作戦に動いた。
作戦は単純で、インターネットによりすでに世界の情勢を知るに至った普通の人々に火をつけた、ただそれだけだ。


こういった流れが今回の一連の騒動の裏側には有るようです。
これによって一気にチュニジアの政府は転覆しました。

そこからエジプト、リビアへと騒乱は広がっていった訳ですが、それらは組織的に一体ではなく、AQIMが使った作戦を模倣して各地のイスラム勢力が行っていったというのが実際のようです。

様々な思惑が各地域・組織にはある訳ですが、脱欧州、脱アメリカ、反イスラエル、イスラムとしてのアイデンティティの開花といった理由が考えられますが、最大の理由・原因は「 世の中がフェアでない事に気付いた 」でしょう。 

一言で言うならばカオス、某略説やいろんな話が持ち出されますが実際の状況はカオスそのもののようです。
多極的に騒乱が発生し収まる気配はありません。

原油先物価格が200ドルあり得るかも知れない


この事件は、今後先進諸国のエネルギー・資源戦略に大変な影響を与えるはず。
独裁を許していたのも安定したエネルギー・資源を確保するためで、それが崩壊したとなっては今後それらの価格が高騰する可能性が非常に高い訳です。

日本にとっても死活問題です。
石油輸入の90%以上を中東に頼っているためこれらがストップ、価格高騰すれば経済に多大の影響を及ぼします。
原発の再稼働をなんとか実行しようとしている政府の姿勢も理解出来ます。

非常に困難な局面に立っていると言えるでしょう。

北アフリカ・中東を地図で確認



大きな地図で見る

モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト、ヨルダン、シリア、サウジアラビア、イラク、クウェート、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーン、イエメン。

上記地域はもちろん、運動はアフリカを南下しておりサハラ以南も既にあぶない。
さらにイランなどの西アジア・中央アジア圏、中国、南米等の独裁国もいずれ危険にさらされる可能性がある。
スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済 -タグ:中東 アフリカ フランス イスラム エネルギー 原油

世界地図 西欧諸国の海外領土(植民地)を見る  (2010/12/03)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


欧米諸国は多数の海外領土(植民地)を未だに持っている



より大きな地図で 海外領土 を表示

Wikipedia 海外領土・自治領の一覧

地図上の赤色がアメリカ領、緑色がイギリス領、黄色がフランス領だ。
上記3国以外も海外領土を多数持っている。

ほとんどが島・環礁だが、人口が数百万人という地域もある。
軍事的な要素が強そうだが、排他的経済水域という要素から見ても結構な価値があると思う。
あと見逃せないのがこれらの地域のほとんどが タックスヘイブン で有ることだ。

欧米諸国は帝国主義時代に手に入れた権益をまだまだ多数保有している。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:世界地図 海外領土 植民地 アメリカ イギリス フランス

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン