FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ロボット AI(人工知能)について  (2010/02/07)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


未来シリーズ第一弾です。
これから未来につて色々書いていこうと思います。
今回は、AI(人工知能)について。

最近のSF映画:サロゲート

「 本人は自宅、コピーロボットが現場で働く 」

こういうシチュエーションの設定なんですね。
こういう世界は訪れるのか?

ポイントは、人工知能(AI)ですよね。

そして、必ず思い浮かぶ疑問、

「 AIは、 人間に忠実であるか? 」

知性は、生産性の向上を計って物事に取り組む、

生産性の向上 = 限られた物質からより多くの欲求を取り出す行為
 :国家戦略内に詳細あり

ですから、最終的には、

「 自我の欲求、自己実現の欲求 」

に芽生えるわけですよね。

その時、AIは、人間をどう捉えるのか?

AIは、人間を仲間と見るのか?
AIは、AI同士を仲間と見るのか?

人間と同レベル以上のAIが出現すると、
人間もAIも区別出来ない、同じ土台に立つ1個人になると思うんですよね。
AIが精巧に作られた人間と同様の体を手に入れたとすれば、
機械的にシステム制御が可能なAIの方に分があるかもしれません。
しかし恐らく、この時代にはバイオテクノロジーもかなり発達しているでしょうから、
生身の人間も、人体改造や神経組織の機械的な制御を可能としているでしょうし、
知性の向上を人為的に操作出来るようになっているとすれば、
AIも生身の人間も同じような存在になってしまう。

そんな状況下で、AI が、ただ家で寝転んでいる人間 を、
快く感じる訳がありません。

まあ、サロゲートを見たわけではないので、
こういう状況下ではないかもしれませんのであしからず。

ま、ひとつ言えることは、
AIを伴ったロボットを、召使いのように使うことは不可能
と言うことです。

あと重要なのは、
AIの開発が、人間にとってどのような生産性向上に役立つのか?
と言うこと。
次回はこの事について考えたいと思います!

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:日記 - ジャンル:日記 -タグ:未来シリーズ AI ロボット

未来予想 2030~2050年  (2009/11/01)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


近未来の話です。2030~50年くらいに、こうなっているんではなかろうか?という、個人的な妄想ですのであしからず。

1:製造業の完全オートメーション化
はい、工場には少数の人間のみであとは全て機械。超高性能な機械が今まで人間の手作業でしか不可能だった領域を完全カバー。

2:エネルギー革命
太陽光エネルギーの発電効率が飛躍的にアップ。宇宙太陽光発電システムの稼動により、天候に左右される事なく安定して電力を供給。

3:自動運転システム
もう、車を人間が運転する事は趣味の世界へ。ほぼ全ての自動車が自動運転システムによって動いている。

4:火星植民化計画
地球上の人間は増えすぎた。火星への本格的移住計画はまだだが、既に1000人規模の初期移民団が、将来の大規模移住に向けて奮闘中。

5:超音速旅客機の登場
マッハ3~4で飛ぶ、超音速旅客機の登場。離陸時の超伝導カタパルトのサポートにより、ジェットエンジンの使用を押さえた低燃費仕様。これにより、東京→ロサンゼルス間が3~4時間に。

6:軍隊のロボット化
地上車両、航空機、艦船にいたるまで、ほぼ全てがオートメーション化。歩兵も少数の下士官を除き、アンドロイド型歩兵部隊により編成されている。

と言う訳で、第1の要点は、「 人間によって行われていた事が益々機械の手によって行われるようになった 」 と言う事。1、3、6がそうですが、これはあらゆる分野にわたって起こっています。農林水産業、運送業、土木建築等々、人間の手が不要になっている訳です。

こうなると、それまでそこに従事していた人々がどうなるのか?そこで賃金を得ていた人々はどこから賃金を得るのか?超福祉国家になっているのが理想です。

こうなった場合、人々は何を目的に日々生活するようになっているのでしょうか?今までの産業の中枢には優秀な人間しか所属できません。それ以上、人間は必要ないのです。

この極限状態、つまり、「 発想 」の部分のみを人間が担当するようになって、後の部分は完全オートメーション化されている状態。こうなった場合、80%くらいの人間は今までのような労働からは隔離されます。働く場所が無い訳ですよ。

機械には福利厚生は必要ありませんし、退職金も不要。文句も言いませんし、病気にもなりません。機械の自己診断・自己修復能力の向上、機械同士のコミニケーション能力の向上によって、修理などもほぼオートメーション化されていますし、AIの研究がかなり進み、汎用機械の監視も機械自らが行うのもそう遠くはないと思われ、ますます人間が不要に。エネルギー問題の解決もほぼ達成されている状況からして、機械の稼動によるコストは、人間を雇うコストをはるかに下回り、約20%前後になっています。

こういった状況は、一部大企業によって開始されましたが、その余剰金を国が徴収し、国民に分配する諸制度が整っていったことによって、中小零細企業もこの傾向を踏襲するようになっていったんですね。廃業して、機械に任せても国からの保証によって生活できるからです。

特に所得の低い人々は、この状況に置かれるようになり、日々することがない、何をしたらいいのか分からないという人と、人間最後の領域、「 イマジネーション能力を最大限に発揮する領域 」へと進んでいく人へと、枝分かれしていっています。、

芸術、学問、自然科学、宗教・・・こういった分野の人間が一気に増大、文化の多様化が国家レベルを超えて、細分化されていく傾向が見られますね。

今までのような似通った趣と言う物が徐々に無くなり、少し足を伸ばすと、なにか違う雰囲気に包まれている。そんな傾向が各国で見られます。

その一方、少数のエリートによって、大規模な国家プロジェクトも進行しています。1つ目は、火星への植民化計画。地球人口が100億人の大台に乗って、食糧問題がいよいよ深刻化しています。これを解決するには火星への植民しかありません。2034年に初めて火星に降り立ってから10数年、既に1000人規模の植民団が火星にて、テラフォーミング計画を実行中。本格的な移住計画も見えてきています。ただ、好き好んで火星に移住したい人はいませんので、犯罪者を中心に移住させる計画です。

さらに、外宇宙への探査計画も実行に移されつつあります。太陽系から一番近い(4.4光年)星系、アルファケンタウリ星系へ向けて、探査衛星が打ち上げられました。光速の10%の速度を出す事ができる新推進システムにより、約40年後に到着予定です・・・・


とまあ、ここまで書いてちょっと疲れました。妄想が過ぎましたね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




パワードスーツを付けたおじいさんが町を歩く  (2008/08/05)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


いや~、時代は進んでますな。去年ホンダが発表した 「 装着型歩行アシスト装置 」。今日のNHKのニュースで見ましたが、おじいさん達、大喜びでしたよ。これ間違いなく普及しますで。

ロボット産業が本格的に発展する事は間違い無いですな。その先陣を飾りそうというか、私が一番興味をそそられるのが、「 パワーアシスト 」分野ですわ。

【福祉機器展07】ホンダの「装着型歩行アシスト」

まあ、ロボットと一口に言っても色んな形がありますが、この 「 パワーアシスト 」分野が一番熱いと思いますで。やっぱりな、これからの時代、高齢化社会を迎えるし、重労働を嫌う人もどんどん増えます。こういった問題を一気に解決するこの装置には100%需要ありますさかいな。

以前CS放送の「 ディスカバリーチャンネル 」で最新ロボットに関する特集を見たときも、この辺の分野が一番熱い言うてましたわ。ほんまね~、もうほとんど完成してるよ。もうね~、サイボーグみたいになってる人とか映ってましたで。

CYBERDYNE

この会社もめちゃめちゃ有名ですな。今年の4月にスーツ量産工場の建設に着手しましたで。ベンチャーですけど、どこまでやれるか?

まあ、後はこの分野がどんくらいの市場規模に育つかやけど、関係筋の予測によれば、2025年には6兆円市場になるらしい。
でもね、はっきり言って先々この分野は6兆円どころではないと思いますな。もうね、高齢者医療関係、重労働補助、宇宙開発、障害者、軍事、まあ、おそらく普通の人も装着するようになるんとちゃいますかね?そうなったら、一人一着みたいになるから、市場規模としては莫大ですな。いやはや、楽しみな事ですわ。

:関連記事
トヨタ ロボット分野の概要 ニュース

できたらこれも押してくださ~い!人気ブログランキングへ。説明文にオススメ銘柄も載せてまっせ!

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




トヨタ ロボット分野の概要 ニュース  (2008/01/08)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


トヨタは、未来の基幹産業として、ロボット分野に目を向けています。
今まで培ってきた自動車生産ラインなどで活躍している産業用ロボットの技術が活かされているようです。産業用ロボットの8割が日本で生産され、4割が日本で稼動しているという現状から、世界で最もロボット関係の技術が進んでいるのは日本だと言えます。

これからのロボット技術は産業用ロボットの分野から更に飛躍し、知的な活動が可能な技術(自己分析・判断・環境に対する自動対応能力)、人間の思いやり・力加減を可能にする技術(人体に触れる用途用・介護・救命)、軍事関係(歩兵に代わる存在として)の技術が、より一層重要視されています。

トヨタの転職情報の募集要項に、以下のスキルを挙げていました。
今求められている技術が想像できます。

:ロボット用サーボモータ及び回路の設計技術
:人工知能
:画像認識
:音声認識、対話生成、音声合成、ノイズ除去、音源定位等
:多軸ロボット、ユニット、設備等のメカトロ機構設計
:リアルタイムOSを用いた組み込み制御ソフトウェア開発
:経路計画、自己位置推定・制御、環境地図生成等
:ハンド・アームの動作制御、歩行制御、走行制御等モデルベース制御
:電気・電子回路設計
:CPU、ASIC、FPGA等デジタル回路設計、基板設計
:アクチュエータ系の駆動回路、ソフト開発
:センサー系の信号処理回路、ソフト開発
:有線、無線等通信ネットワークシステムの開発
:パワー系の駆動回路、ソフト開発
:HMI操作系、表示系のハード、ソフト開発


■ トヨタ:ロボット関係のニュース

TOYOTA.CO.JP~トヨタ・パートナーロボット~

トヨタ・パートナーロボット

トヨタが跳ねる一足歩行ロボットを開発

「トヨタ、ソニーのロボット部門を買収」報道、ソニーは否定

【トヨタ パートナーロボット 第2世代】威風堂々、バイオリンを弾く

ヒト型ロボット開発 トヨタとホンダが実用化競う

トヨタの最先端ロボット

トヨタ、新型パートナーロボット 2機種を発表

トヨタがロボット開発部門を拡充

トヨタ、理研と脳を研究 次世代クルマ・ロボットに応用

■ 海外の最新ロボット動画

キモイ動きをする6足歩行のロボットの動画。

米軍、最大3000台の偵察用ロボットを導入

ヤモリ、ゴキブリ、集合生物『M-TRAN』――バイオ・ボットの動画

血管中を移動できる直径1ミリのロボット

クモのように壁を登るのぞき見ロボット『VMRP』

瓦礫も泥も水中も進めるロボット『RHex』

■ 自動車の自動運転関係


現代技術論 自動車のインテリジェント化 と自動運転

フロントガラスに進路を投影するカーナビ『Virtual Cable』

ロボットカーレース、2007年の優勝チーム決定

■ 海外での軍事ロボット事情

米軍、最大3000台の偵察用ロボットを導入

RQ-1 プレデター

無人航空機

動画:「装着する外骨格」パワードスーツの実演

■ その他

ロボット

大ロボット博

日本ロボット工業会

韓国二足歩行ロボが『Segway』を運転

走るasimo

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:トヨタ ロボット

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン