FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

大阪都構想始動:橋下徹氏は日本をデフレから脱却できるのか?  (2012/08/14)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


:2011/12/25 初投稿
:2012/03/11 追加投稿
:2012/03/14 追加投稿
:2012/07/05 追加投稿
:2012/07/08 追加投稿
:2012/07/11 追加投稿
:2012/07/25 追加投稿
:2012/08/14 追加投稿


デフレ下の経済で消費税増税を行っても全体としての税収は増えない(2012/08/14 追加投稿分)


:一般税収と消費税収の推移
消費税と一般税収

上記図を見れば一目瞭然、今回の消費税増税は全く以て国の税収を増やす効果を見込めない。

「 消費税増税やむなし! 」と思っている方へ。以下の状況を把握しよう。

「 社会保障費の不足分を補うため 」という理由でやむなしと思わされてしまっているんだと思いますが、まず重大な問題が有る事に気付いているのでしょうか?

「 デフレ不況時に増税をしても税収は増えない 」

税収っていのは簡単に言うと、 名目GDP×税率 なんですよね。GDPっていうのは簡単に言えば企業の利益や我々庶民の給料を足し合わせたもの。そのGDPに変化が無ければ増税で税収増えます。しかし、消費税増税によって景気が更に悪くなってGDPが減れば増税しても税収は増えない訳ですよ。

簡単な話なんです。

じゃ、なぜ日本は景気が悪いのか?デフレってなんですか?という方へ。

簡単に言えばお金不足の状態、世の中を巡り巡っているお金の量が少なくなって物が売れなくなる。物が売れなくなると値下げする、値下げすると会社が儲からなくなる、給料が減る、物が更に売れなくなる。

こういう事です。

この状況は日本の運命でどうしようもない事だと思ってる方いませんか?

例えば、日本は少子高齢化社会に突入したからしょうがないとか、中国や韓国の台頭で日本の競争力が低下したからしょうがないとか。

これ全部間違ってます、真の原因は何か?

「 日本銀行がお金の供給量を増やさないから 」

え?と思った方、まずお金について知りましょう。

世界各国の紙幣はその国の中央銀行(日本は日本銀行と呼ばれている)が発行しているんですね。各国の中央銀行は世の中の状態を見てお金の量を調整できる力を持っているんです。

お金は無から作れる物ということを知りましょう。

お金自体には何の価値も無いのです。ただの紙切れです。これを法律によって受け取りを拒否できないようにすることで無理やり価値を生み出しているのです。

そもそもお金というのは経済を円滑に回す為の道具なんですね、お金自体にはなんの価値も無いという事を知りましょう。

この辺の仕組みが詳しく知りたい方は 「 マネーの怪物 」 という書籍をお読みになる事をお勧めします。

結論、

「 日本銀行がお金の流通量を増やすとデフレが止まる 」

そう言う事なんです。円高も同じ、止まります。

ただ、今の世の中民間の銀行にいくらお金を回してもリスクを取りたがらないので、国が国債を発行して資金を日銀から得て震災復興や原発問題、ニューエネルギー問題、国防、その他様々な分野へ投資する事が最も望ましいと思います。

じゃなぜそんな簡単な事が実行できていないのか?

これには様々な説が有りますが、おそらく外国勢力と大資本家勢力による圧力が大きく影響していると思います。

つまり、日本が駄目になる事で得をする国が沢山いる事と、既にお大金持ちの人にとっては円高万歳である事。

みなさん、目覚めましょう!!ほんとに、目覚めましょう!!



日本の公共投資額を把握する(2012/07/25 追加投稿分)


:公共事業費とは何か

上記リンク先で「 公共投資 」にも様々な定義が有る事が分かる。
その中で、総務省が発表している「 行政投資 」と内閣府が発表している「 公的固定資本形成 」というのが大まかな規模が把握でき、国際比較も可能な指標のようだ。

:平成21年度行政投資実績の概要

上記を見れば年々公共投資が削減されている事が分かる。

:OECD各国の公的固定資本形成額の対GDP比較の表
OECD公共投資比較

あと「 軍事費 」も大きな公共事業費の分類に入る事を忘れてはならない、もちろん上記とは別枠だ。

:2010年各国軍事費対GDP比の表
2010年各国軍事費対GDP比表

大阪維新の会は駄目だ、勢いに押されるところだった反省(2012/07/11 追加投稿分)


大阪維新の会、もしくは橋下徹氏が政界に登場した時、その明瞭な口調にかなり期待した。
しかし、色んな意見を聞いた上で出た結論は、

大阪維新の会の政策では日本は復活できない、駄目になる可能性すら高い。

という事だ。

橋下氏の行動が全て間違っていると言っているのではない、特に教育問題に関する姿勢は賛同できる。
ただ、国政レベルの話ではほぼ全て賛同できない。
橋下氏にはリーダーシップが有る。今からでも遅くは無い、今までの政策を抜本的に転換してデフレ脱却の為の正しい政策を掲げて欲しい物だ。

いかの動画を見て頂ければ大体分かると思う。

:藤井聡氏 講演 12月18日






上記動画の趣旨を簡単にまとめると、

:日本の最優先課題
1、大震災対策(今後発生すると言われている首都直下型地震など)
2、デフレ対策
3、世界の市場原理主義に対する対策

これらに立ち向かっていく為には「強靭な中央集権国家体制を構築しなければならない」。


大阪維新の会が押し進めようとしている 道州制の導入(財源を含めた地方分権の推進)、TPP参加、などは正に国家の力を弱めるばかりで日本の最優先課題1〜3に対処できないのだ。

参議院でも答弁が行われている。



道州制の最大の問題は通貨と財政の分離(2012/07/08 追加分)


大阪維新の会の最大の主張は「道州制の導入」である。
この制度、実はかなり危ない側面を持っていてそこの解決策がないと非常に危険な状況を生み出してしまう。

道州制の要は、直接地方で財源を確保する事、中央からの地方交付税を廃止し消費税の地方税化等で賄う、というのが大阪維新の会の主張だ。

日本の財政が危ないと昨今言われているが、「 日本国債は自国通貨建てでありデフォルト(債務不履行)を起こす事はない。何故なら中央政府には通貨発行権が有るからだ。 」

しかしこれが地方政府が独自に財源を確保しなければならなくなると、「 通貨発行権のない地方政府の地方債はデフォルトの可能性がある。 」という事になる。

これは今EUが直面している問題と同じだ。ギリシャ危機が発生した理由は「通貨と財政の分離」から起きた訳である。つまり、ギリシャは独自に国債を発行できるが通貨発行権を持たないが故にデフォルトの危機に直面したのだ。

なのでEUは財政の統合を計ろうという道を選ばざるを得なくなった、EU共通債の発行を事実上決めた事がそうだ。EUは正に中央集権化を進めていると行っても過言ではない。

こういったタイムリーな情勢下であるにもかかわらず日本が道州制をその「通貨と財政の問題」を議論する事なく進めようとしている事自体がかなり危険なのである。道州制推進の狙いは中央政府(中央省庁)からの権力の奪取であるが、財政基盤が整っていなければ所詮絵に描いた餅になってしまう。

最も重大な事項:大阪維新の会の財政金融政策、みんなの党と同じだと考えると(2012/03/14追加分、2012/07/05修正)


:大阪維新の会「増税容認」報道の怪。ミスリードする増税勢力の世論工作に騙されるな

上記記事はみんなの党の党首渡辺氏の談。
以下抜粋、

今は財政金融一体政策が求められているのだ。1930年代の日本で高橋是清蔵相がやった政策だ。高橋蔵相は、金融緩和として国債の直接引受け、円安政策として金本位制をやった。要は金融緩和・円安政策をとるのがよい。

 いかにして消費を高めるかという政策論点については、今後、維新の会と勉強会をやりながら調整をしてアジェンダを詰めていく。



日銀の国債引き受けに言及している。

後はそれを具体的に政府支出を増やす、公共投資を爆発的に増やすという事に言及できるか?公に発言、全ての政策に優先してこれを掲げられるか?もっとの重大な事である。その他の事は二の次なのだ。(2012/07/05追加文)


以下の動画ではデフレの恐ろしさ、デフレ脱却には何が必要なのかを垣間みる事が出来る。



大阪維新の会 船中八策(2012/03/11追加分)


大阪都構想で躍進する橋下氏率いる大阪維新の会。
はやくも次期衆院選で戦うべくマニュフェストの概要を発表した。

今の日本の置かれた状況は既に可及的速やかに変革を必要としている。
橋下氏のタイムスケジュール通りの行動なのか、時期尚早ながら動かざるを得なかったのか。

以下、まずは概要

統治機構の再構築
:地方分権の推進
:多様な大都市制度の創設
:首相公選制の導入
:道州制の導入
:地方交付税の廃止

行財政改革
:プライマリーバランスの黒字化

教育改革
:教育関連条例案の法制化
:教育委員会の設置に選択制導入

公務員制度改革
:職員基本条例案の法制化

社会保障制度改革
:積み立て型、掛け捨て型年金制度の導入
:ベーシックインカムの導入検討
:税と社会保障の共通番号制の導入検討

経済政策・税制改革
:所得税率カット、資産課税と消費税増税
 (資産課税の項目は、相続税課税強化に置き換えられる公算が有る)
:TPP参加

外交・安全保障
:日米同盟を堅持し、豪州との関係も強化
:沖縄の基地負担軽減
:憲法第9条の改憲の是非を国民投票で問う

憲法改正
:参院を廃止し、首長の代表機関に
:改正発議要件衆参両院の過半数に緩和


上記内容にはかなり既得権者達にとって衝撃的な内容も含まれる。
まだ完全に煮詰めきられていないが方向性は垣間みられるし、既存政党が打ち出してきたものとは一線を画す。

以下補足

資産課税という項目に問題が有る。
(相続税課税強化、全額没収という提案がある)

憲法改正が先の事項なのにそれを阻止する勢力(参議院議員)を敵に回す事項を挙げてしまっている。
官僚の上層部を味方につける勢力・人材がいまだ見えない。

大前健一氏も言及していたが、「 橋下氏は要らない敵を作り過ぎ。道州制実現一本に集中すべき。 」と。

憲法第9条に対する見解
:国民投票で第9条の改正の是非を問うという姿勢。
:維新の会としてのスタンスは改正有りだと思う。

少子化対策
:ベーシックインカム制度が少子化対策?



日本にとって激動の10年が遂に始まった(2011/12/25投稿分)


日本の政治・統治機構の根本にメスを入れる大手術が始まった。
大阪都構想とは名ばかりに、これは日本改造構想そのものだろう。

戦いは始まったばかり、敵も相当の抵抗を示すだろうが恐らく勝敗は決している。
以下は、橋本氏と東京都知事石原慎太郎氏の対談の記事からの抜粋。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111225/lcl11122512190001-n1.htm

橋下:僕は義務教育での学校選択制を大阪市で挑戦したいと思っているんです。小中は完全に固定制度で、学校を選ばせない。

橋下:そうなんです。学力調査テストも文科省は市町村別の成績は出さない。成績を公表すると教員に責任がかぶせられるから、都道府県単位で公表するというバカなことをやった。大阪府は小中学校が全国で45番目か46番目だった。「橋下何やってんだ、なんとかしろ」という声も来るが、小中学校に対し、今の制度では知事は直接言えず、教育現場を動かすことができない。

橋下:もうどうしようもない状態です。永田町や霞が関で物事が決まらない。決められる仕組み、統治機構に変えるということを示す思いが大大阪構想、大阪都構想です。

橋下:命をあやめるのが今のルール上難しいなら、公務員の絶対的身分保障をなくしたい。

橋下:警察や消防、自衛隊は別としても、通常の公務員は役所で仕事をしているだけですから、絶対的身分保障を外したい。今回の職員基本条例案も処分や分限免職をもっと活用するというもの。楽で安定した仕事をしたいんなら民間へ、つらくて不安定でも公の仕事をしたいなら公務員に、という価値観にしなければならない。公務員の世界と大戦争になると思いますが。

橋下:やはりそれは組織の問題だったり、行き着くところ仕組みの問題があったりする。僕は石原知事が言われる一貫性と継続性という、いわゆる連続性を変えて、「不連続」に挑戦するのが政治だと思います。日本全体で連続性を絶たないと沈没すると思っているんです。


教育、行政・統治機構の改革、それも抜本的な改革をする決意が感じ取れます。

更に別記事で電力事情についても言及、大阪市は関西電力の筆頭株主なのです。

来年6月の関西電力の株主総会で株主提案権を行使し、原子力発電所への依存度の低下と発電部門と送電部門を分ける「発送電分離」を提案する方針に絡み、橋下市長は関西電力の株主である神戸市や京都市にも共同提案を呼びかけるよう環境局に指示した。



私がここまで橋下氏に入れ込んでいる、半ば確信に近いものを持つに至った理由・原因は、まさに橋下氏の生い立ちに有る。
wikipedia:橋下徹を見ればなるほどと感じて頂けると思う。

この記事は随時更新していく予定です。

日本の現状:参考資料色々


医療:日本は諸外国に比べて特別医療費が多くはないし費用自体も高くない。

:医療費の推移の図(~2008)
watch_item10.gif

医療制度の国際比較(1) 医療費 (2007年7月3日記載)
様々な角度から医療費の国際比較が行われている記事です。

税収:アメリカ型で対GDP比で低い部類に入る

税収の国際比較(2007年)
税収動向の国際比較
スポンサーサイト
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




地震後の日本の政策を考える  (2011/03/23)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


今回の地震は予想を超える大きな被害を日本に及ぼした。
人的被害もさることながら経済的ダメージも大きかった。

今後の大きな課題をいくつか考えてみる。

1:復興予算の問題 日銀による国債の引き受け


20兆円はかかるといわれるこの巨大な復興予算をどこから絞り出すのか?

くしくも日本円は過去最高値をつけたくらい円高である。
そして日本経済は長期のデフレに襲われているという状況であり、実は復興予算の捻出は簡単であると思われる。

その方法とは、日銀による国債の引き受け である。

当ブログの中央銀行シリーズにも書いたが、中央銀行は無から金を作りだせる機関である。
輪転機を回したり、電子的な操作で世の中に新しい金を生み出せるわけだ。
日銀による国債の引き受けとは、国が発行する国債を日銀が無から生み出した金で買い取るという事。
すでに行われている事であとは規模と流通経路の問題だ。

世の中に出回る金を増やすと、既に出回っているお金の価値が下がる、だからむやみにお金を増やせない訳だが、現在は世界的に円高である。
つまり、日本円は世界的に人気で総量が少ないから円高になっているわけで、その総量を増やしたことによってある程度の円安になる事はかえって好都合なのである。

更に、国内は超デフレで需要がどんどん縮小する悪循環に陥っており、金利も異常に低い状況だ。

こういったお膳立てが整った状況で、現在の予算内で物事を考えたり、増税を指向したりする事はナンセンスである。
今まさに、今まで躊躇していた政策を一気に、しかも大規模に行える状況なのだ。

【東日本大震災】10兆円規模「復興国債」発行へ 全額日銀が引き受け(3/18)

という話だが、10兆円程度ではダメだ。
どの程度の規模を実施すればよいかという具体的な事は分からないが、日本の名目GDPの推移からして、第1弾として50~100兆円、あとは市場の金利・為替相場を考慮しつつ追加実施するかを見極めればよいと考える。

永久債の日銀引受け(経済コラムマガジン)
問題は分配ではない(経済コラムマガジン)
 このサイトに日銀の国債引き受けが詳しく載っている。

2:生み出した金を何に使うか


使い道はいくらでもあるが出来るだけ国内に還流するようにする事が重要で、やはり公共事業が中心となる。

当然まず、地震による直接的被害地を復興するために使う。
原発問題からエネルギーセキュリティーの問題が認識された今、リニューアブルエネルギー分野を一気に推進する。
災害に強い都市開発。
高速道路や関空などの巨大公共事業の借金を返済する。
リニア開通を前倒し。
電気自動車推進のため電気充電スタンドを一気に普及させる。

上記の大型公共事業で国内の景気が活況を呈している間(約10年)に教育の高度化、育児・保育・介護などの分野の民間事業育成、最先端科学分野の発展を推進する制度の構築、医療・年金問題の抜本的解決、ベンチャー育成環境の構築、地方分権、もろもろの諸制度の見直しなどの長期的な土台を築き上げる。

何も難しい事を考える必要は有りません。

仕事が無いから景気が悪くなる、だから新しい仕事を作って給料を払って所得を増やして消費を増やす、それだけのことです。

私個人的に今現在の日本の状況は、劇的に復活できる可能性が高い状況だと考える。
世界的著名投資家のジム・ロジャーズ、ウォーレン・バフェットもこの事に言及していますからね。
ほぼ間違えないと思います。

しかし・・・


金持ちからすれば今の円高、超低金利は非常に強力な武器になっているので上記政策に非常に消極的であると思われる。
すでに、そうした層は国内市場を完全に見限っており、海外新興市場に投資することで利益を得ることにのみ注目していると思われる。
そして政治家と言うのはそういった層の代表であるという事を考えれば・・・である。

金持ちの発想は正直わからない訳だが、

:超円高、超低金利な円で海外資産を買う、買えるだけ買う
:日本の経常収支悪化、最終兵器のリフレ政策の発動
:海外資産を売って投資を回収する


こういう流れになるのかな?分かりません!

その投資を回収するには今が絶好のチャンスだと思うのです。
だから、円の供給を一気に増やして円安に誘導しその金を国内に投資、再び海外に投資する機会を伺えばいいと思うのですよ。
何事も循環させてなんぼなわけです。

政府が何故、円高は困ると言いながら円の供給を増やすのに躊躇しているのか理解できません。
更に、デフレ真っ盛りの日本で何故増税を行おうとしているのか、現政府は日本を崩壊させようとしているとしか思えませんね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:中央銀行 国債 為替 FX 日本

中央銀行の仕組み2 不況は誰かの利益になる  (2009/01/29)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


世界中で政府による金融機関救済の為、公的資金の注入が行われていますな。
これで、景気回復が望めるのでしょうか?

短期的結論からして、否です。

まず、何故不景気になったのか?
それは、「 金融機関が金融引き締めを行ったから 」です。

まず、お金の仕組みを知る必要があります。

■ お金はどうやって生み出されるのか?


まず、現在のお金には本来的な意味での裏づけが有りません。政府に委任された中央銀行が印刷して、それを政府が法貨として定めているだけです。そして、法貨というのは受け取りを拒否できない通貨な訳で、強制的にお金の価値を持たされているんですね。

最初の通貨発行時に、政府が国債を発行して引き渡します。受け取った中央銀行は、その国債を裏づけに商業銀行等へ貸付を行います。そして、商業銀行はその貸付(現金)を裏づけにして企業等へ貸付を行います。こうやって、世の中にお金が流通する訳なんですが、段階を踏む内にどんどんお金が増えていくんです。何故か?

それは、準備金制度という仕組みを利用しているんですね。その仕組みは、総貸付高の何パーセントを現金等価物で保有しなければならない、逆に言うと、現金の数倍のお金を貸し付ける事が出来るって事です。はっきり言って、お金のやり取りは帳簿上、口座上の数字のやり取りに過ぎません。ですんで、現金は必要ないんですね。更に、借金は銀行の債権として売買され、それがまた、新たな借金の元手となる準備金となる。一般市民から現預金を出来るだけかき集める、一般市民に多額の消費性ローンを組ませる。これらも準備金になる訳です。

つまり、企業・個人・政府の借金が増えれば増えるほど、世の中に流通するお金が増える、マネーサプライが増えるという事です。そして、景気が良くなる、金回りが良くなる。
これで分かりましたよね。不況へ導く方法が。
借金を回収しだす、新たな貸し出しを制限する、それだけです。かなりのレバレッジが効いていますから、一旦借金を回収しだすとマネーの流通量が一気に減少、世の中の金回りが悪くなる、不景気になる訳です。

じゃあ、なんで不景気になるような借金回収を銀行が行うのか?

それは、世の中の物の値段を一旦暴落させて買いあさる為なんです。

ここで言う銀行とは、国際的に大きな力を持つ金融集団の事です。一見、金融機関に見えないような集団もあります。ただ、それらは綿密に連携して金儲けを企てているんですね。

支配する者と支配される者。この関係が無くなった事は歴史上一度も有りません。ただ、支配する方法が変わっただけです。武力の時代から経済の時代へと。


上記内容は、「 マネーを生み出す怪物 」の要約です。私個人的な考えでは有りません。ただ、結構真実性は高いと思いますな。
因みに、この事はかの有名な ロバート・キヨサキ氏 も語っていますな。Yahoo Financeの記事で取り上げられていますよ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:暴落 中央銀行 マネーを生み出す怪物 投資の基本

中央銀行という仕組み、恐るべし!  (2009/01/02)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、最近、「 マネーを生み出す怪物 」という書籍を読んでいます。この本は、アメリカの連邦準備制度(FRS)について書かれた本で、まだサラサラっとしか読んでませんが、ま、一言で言って、世の中恐ろしいですな!!

中央銀行、日本で言えば日本銀行、アメリカではFRS(よく出てくるFRBってのはこれを統制するトップ機関のこと)の事です。この仕組みは19世紀にイギリスで本格始動しています。

結論から言いますと、

「 中央銀行とは、政府と大銀行家の為に、無からお金を作り出す装置の事である 」

この本には、通貨の起源、銀行の歴史等も掲載されており面白いですよ。金・Goldについての知識も得られます。
さらに、ロスチャイルド家の事、戦争との関係、世の中を支配する事を目的に作られた秘密結社の存在等にも詳しく触れられています。小説の様にサクサク読める内容になっていますよ。

この本を読むと、銀行が何回も何回も不良債権を抱え込む行為を繰り返す事が、実は計算済みであることが分かります。今回の金融危機も当然予想されていたことでありまして、それが何時起こるのかが当事者にも分からないだけです。

政治家が言う、財政再建等々、あれらの言葉はただのサイン、彼らにとってはどうでもいいことが分かります。

まだ、最後まで読んでませんので今回はこのくらいにしときますね。
それにしても、やっぱり世の中は一部の人間の利益を優先する仕組みで成り立っているって事ですな~。怖い怖い。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 株・会計用語 中央銀行 マネーを生み出す怪物

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン