にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    天然ガス価格が下がっているね   (2012/04/29)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    :2010/05/03 初投稿
    :2011/04/03 追加
    :2012/01/18 追加
    :2012/02/06 追
    :2012/03/02 追加
    :2012/04/15 追加
    :2012/04/16 追加
    :2012/04/25 追加
    :2012/04/29 追加


    シェールガスの暗部(2012/04/29追加分)


    :原発不要になるか? 新エネルギーのゆくえ(3) シェールガスと地震(YOUTUBE)


    上記映像中にあるようにガス田の半径1km以内の住宅の井戸はもはや使えない。
    こういった状況が多数見られるという。
    更に水圧破砕で使用される大量の水には一定割合の化学薬品が含まれておりこれらは企業秘密という事で公表されていない場合も多く、環境破壊を引き起こしている可能性が指摘されている。

    さらに地震を誘発しているというデータもある。

    :続・化学物質の垂れ流し -シェールガス革命と環境破壊-

    上記リンクからの抜粋、

    Finance GreenWatchより”フランスがシェールガス抽出技術の環境影響を重視した初の禁止法制定へ(FT)”のFT記事によると、フランスが水圧破砕法(フラッキング)を禁止する初めての国になるそうです
    もっとましな採掘方法が取られるのかもしれませんが、今までのエネルギー業界の常識からすると、あくまで採算が優先された上で環境破壊をより低くするに過ぎないでしょう。


    こういった観点から環境破壊を抑えるように対処した場合、シェールガスの採掘コストは採算が取れないレベルになる可能性が指摘されている。

    アルゼンチン、シェールガス埋蔵量世界3位(2012/04/25追加分)


    :アルゼンチンのシェールガス資源、メジャーも無視できず(ロイター)

    上記からの抜粋、

    米エネルギー省によると、アルゼンチンのシェールガス埋蔵量は774兆立方フィートと、欧州全体の埋蔵量を上回る。推定埋蔵量は何度も上方修正され、今では中国、米国に次ぐ世界第3位だ。


    アルゼンチンはかつて国家的債務不履行をおこし国際信用度は非常に低い。そのため欧米諸国をさしおいて中国が積極投資を行っており中国の南米投資における40%がアルゼンチンのエネルギー関係に振り向けられている。

    メタンハイドレート(2012/04/16追加分)


    :メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム

    詳細は上記リンクを参照、現在フェーズ2の段階で本格商業生産まではまだまだのようだ。
    メタンハイドレートは日本にとって生命線にもなり得る大変重要なエネルギー源であり開発が急がれる。

    :メタンハイドレート

    上記記事からの抜粋

    メタンハイドレートの産出コストは原油1バレル換算で50ドル以上と試算されており、実用化は困難とされてきました。しかし、原油高が続く現状では、低コストでの大量生産手法を確立すれば、実用は可能との見方が強まっています。


    現状原油価格は1バレル100ドルを超えている、採算が取れるのではないか?

    アメリカの電力卸売価格が34%ダウン(2012/04/15追加分


    :豊富な天然ガスで業界変容 石炭不動の地位から転落

    上記からの抜粋

    最大の勝利者は電力需要家だ。ボストンの公益事業会社NSTARは2月、経済界の顧客に対して、電気料金を今春、1キロワット時(KWH)当たり8.5セントから5.5セントに34%引き下げると伝えた。5月には家庭向け料金の引き下げも発表すると見られる。



    輸入LNG価格の石油価格連動方式について(2012/03/02追加分)


    LNG調達で日本「一人負け」 3ドルで購入したLNGを12ドルで販売し、利ざやからの抜粋

    世界のLNG購入がスポット市場連動方式に移行する中、日本の場合にはLNGプロジェクトの計画段階から、電力企業が関わり、S字カーブ契約と呼ばれるような原油価格連動のLNG値決め方式をとっている。これは、エネルギーの安定調達を保証するために、割高な原油価格にリンクする形でLNGの買い取り価格を保証し、その見返りとしてLNG輸出国からの安定供給を約束してもらうものだ。これは、LNGの需給緩和が進んだ場合には、完全に時代錯誤の契約形態だ。


    ドイツ・メルケル首相 石油連動方式に拠らないガス価格決定を支持
    上記記事からもシェールガス革命に拠る需要側の価格決定プロセスへの強気介入の姿勢が見られる。

    日本の天然ガス輸入価格は世界で最も割高な価格(2012/02/06投稿分)


    シェールガス増産で米LNG安価に、日本の輸入価格引き下げ急務(ロイター)

    以下上記記事からの抜粋。

    :米国向け需要をあてにしてLNG増産を進めてきたカタール産LNGの輸入が事実上不要となった。当初、カタール産LNGの受け入れ拠点を目指していたルイジアナ州サビーヌパスの輸入基地は、米国産ガスの輸出拠点に転換され、韓国ガス公社と契約した。契約価格は米国の市場価格に連動し、100万BTU(英国熱量単位)当たり4─5ドルと日本の3分の1程度とみられる。

    :これに対し、日本のLNG輸入価格は100万BTU当たり16ドル前後と世界で最も割高な水準だ。かつて原油価格が安かったことと、日本には指標となる天然ガスの市場がなかったことなどから、日本では値決め基準に原油の輸入価格連動方式を採用してきた。現在のように原油価格が中東情勢の緊迫で高止まりしていると、世界的な天然ガス価格の需給緩和による価格下落の恩恵を享受できない。



    天然ガスの価格下落が止まらない(2012/01/18投稿分)


    天然ガス先物2012

    原油価格の高騰とは裏腹に国際天然ガス価格は下落トレンドを継続中である。
    当面の理由は、アメリカの暖冬・気象問題だと言う事だが、根本的に天然ガスの供給量が飛躍的に増している。
    シェールガスの開発により飛躍的に増した天然ガスが今、行き先を探している。

    アメリカの天然ガス生産量の18%を海外に輸出するよう米政府に申請しているようだ。

    今回の震災で天然ガス需要が見直されるか?(2011/04/03 投稿分)


    2011/3/11発生の日本の地震で、世界的な原子力見直し機運が高まっている。
    その代替燃料として現実的な選択肢は火力発電であり、その主なエネルギーはシェールガスの開発が進んでいる天然ガスだ。

    アメリカに始まったシェールガス革命、これで天然ガスの可採掘量が一気に増加し相場が下落、中国にも大きな埋蔵量が確認されており2015年頃から本格的な採掘が開始される予定だ。
     :15年めどシェールガス開発 中国、外資と協力拡大へ

    ◯天然ガス国際価格チャート2010/11-2011/4
    ee4d52d1cf15b514724ecc6e6ce9137a.png
    震災発生後、にわかに上昇を開始しているが他の化石燃料に比べて動きは緩やかだ。

    ただ、シェールガスにも暗部があり、採掘場周辺の環境破壊が激しいという問題だ。
    昔テレビで見た記憶があるが、カナダのサスカチュワン州の話で、とんでもない公害を撒き散らかしているが賛成派に押し切られどう仕様も無いと嘆いていた。

    こういう問題は闇に葬られてしまいがちで、今回の原発事故みたいに表沙汰にならない限り、誰も気にしない。
    一部の人の犠牲の上に成り立っている事は世の中にはいっぱいある。

    原油、金価格ともに上昇中だが、天然ガス価格は下落している(2010/05/03 投稿分)


    ◯天然ガス国際価格チャート1985-2010
    :参照データ barchart-natural gas
    natural_gas1986_2010.png

    その理由は、
     世界のLNG市場に価格破壊 米国発「シェールガス革命」の衝撃

    全米で「シェールガス」という新型の天然ガスが大増産され、その余波が世界中に及んでいるのだ。日本の総合商社もこの地殻変動に商機を見出し、参戦を始めた。

     シェールガスとは、泥土が堆積して固まった岩の層に閉じ込められているガス。米国では膨大な量が埋蔵されていたが採掘が難しく、放置されていた。ところが「硬い地層からガスを取り出す技術が確立されたことで、数年前から開発が一気に進んだ」(石油天然ガス・金属鉱物資源機構の市原路子主任研究員)。

    「シェールガス革命」と称されるこの大増産は、米国のガス戦略を根底から覆した。米国エネルギー省の2004年版長期エネルギー見通しで、25年の輸入依存度は28%と試算されていたが、最新の09年版では30年の依存度でもわずか3%と、前代未聞の大幅見直しがなされたのだ。実際、米国で確認された天然ガスの埋蔵量はわずか3年で2割以上も増えた。


    ということが理由のようです。
    現在の天然ガスの国際価格は2003年時の価格帯になっています。
    でもまあ、それにしても、天然ガスの価格チャートは起伏が激しいですね。

    なんか最近、東京瓦斯の株価が堅調だな~と思っていたら、この事が多少は関係しているのかな?

    いや~、勉強不足ですな。
    金や原油の価格は日常的に追っかけていますが、天然ガスはたまにしか見ないので、
    気がついていませんでしたね。

    この事は他の天然資源にも言えることで、例えば原油。
    これもたしかオイルサンドオイルシェールといった通常の原油よりも、
    採掘コストがかかることで敬遠されていたがにわかに注目を浴びていますよね。
    これも、技術革新で一気に主役の座を奪う可能性が有り、
    埋蔵量も通常原油の2倍以上と見込まれていますので、本格的な採掘が始まればインパクト大です。

    あと、上記内容とは少し趣旨が異なりますが、
    豪州政府が資源開発会社に対して高率の課税を検討しているとのこと。

    オーストラリア政府が鉱物資源会社に対して大型課税を導入する可能性が出てきたと豪州紙が報じている。報道によると、豪州内の全鉱物と陸上でのガス開発事業利益に最大40%の税金を課すというもの。現政権が目指す医療改革の資金確保が狙いで、資源大手BHPビリトン、英豪リオ・ティントなどの税負担額は年合計50億豪ドル(約4300億円)に達するという。
     豪州は石炭、鉄鉱石、金、原油、液化天然ガス(LNG)、アルミニウム、ウラン、レアメタルなど世界有数の資源産出国。オーストラリア政府統計局(ABS)によると、日本は豪州最大の輸出相手国で、同国輸出金額の22%(08年)を占める。日本が豪州から輸入している品目は大半が資源だが、鉄鉱石、石炭などは日本が輸入する分の半分以上は豪州産が占める。
     豪州で資源企業に対し大掛かりな課税が実施されると、資源価格に影響するのは必至。BHPビリトンやリオ・ティントが価格に増税分を上乗せしてくる可能性は高い。鉄鉱石、アルミニウムは鉄鋼会社、自動車会社などに、石炭・ウラン・天然ガスは電力会社、さらに産業全般のコスト増を招く。

    ロイター記事よりの抜粋 2010/4/26


    これは、前々から噂されていたことらしいのですが、
    遂に実現されるようです。
     豪政府、「資源超過利潤税」を導入へ 2010/05/03
    豪州以外の国も追従することでしょうし、影響度大ですね。

    ガスに関する英単語


    natural gas;天然ガス
    shale gas;シェールガス
    liquefied (liquid) natural gas(LNG);液化天然ガス
    liquefied (liquid) petroleum gas(LPG);液化石油ガス
    gas field;ガス田
    pipeline;パイプライン
    water heater;給湯器
    gas explosion;ガス爆発
    gas poisoning;ガス中毒
    gas equipment;ガス機器
    gas leak;ガス漏れ
    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:エネルギー 商品先物 原油価格 天然ガス オーストラリア アメリカ 中国 データ メタンハイドレート

    商品先物:中には価格高騰が起きていない商品もある  (2011/04/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    原油、金などが値上がりしている中、何故?


    価格の形成要因は基本的に需給関係です。
    以下の商品群は需給関係がタイトではないから値段が上がっていないと思われますが、天然ガスを除いてその理由は分かりません(調べてません!)。

    以下すべて、index mundi から参照(現物スポット価格:2001~2011年データ、サイト上で切り替えて見れます)

    Oranges Monthly Price
    Shrimp Monthly Price
    Olive Oil, extra virgin Monthly Price
    Hides Monthly Price(皮革)
    Soft Logs Monthly Price(米松の丸太材)
    Soft Sawnwood Monthly Price(挽きたて材)
    Natural Gas Monthly Price
    Russian Natural Gas Monthly Price

     天然ガスに関しては、シェールガスの商品化が影響しているわけですが、ロシア産天然ガス価格は上昇していますので一概に価格上昇が起きていないとは言えません。

    日本の原発事故で豪LNG開発ブームに拍車=Wマッケンジー(REUTERS)
     こういう話もあります。

     その他に関しても言えることだと思います。
    木材も北米産以外は価格上昇が起きているかもしれません。

    商品先物に関する英単語


    demand;需要
    supply;供給
    mine;鉱山
    food crisis;食糧危機
    speculator;投機家
    speculative money(funds);投機資金
    grain;穀物
     cereal
    agriculture;農業
    fertilizer;肥料(化学)
     manure 有機肥料

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 天然ガス

    商品先物:金と原油がとまんねぇ!  (2011/04/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    国際商品価格の高騰が止まらない


    金や原油、その他商品価格の高騰が止まりません。
    米ドル建てで、金は最高値更新中、原油も2008年ぶりに110ドル超えてきた。

    :Gold June 2011 (GCM11)
    e21b29d7ed01e1968deca4fc85b8a851.png
    :Crude Oil WTI May 2011 (CLK11)
    cbbcc516385102033cc3a1984e15be0d.png

    世界的に金融緩和策が継続中なわけだが、インフレ懸念で利上げに踏み切る国も出てきている。

    ECB利上げ、正常化への「小さな一歩」オーストリア中銀=報道‎
    中国の利上げ、インフレ圧力や日本の震災も影響との見方も‎
    米FRB、年内利上げも=リッチモンド連銀総裁‎

    しかも中東情勢が最悪で、ジャスミン革命旋風が吹き荒れ、時の独裁政権が倒されていっている。
    サウジに飛び火すればどうなるのか?石油利権集団の最後の悪あがきにしか見えない。

    サウジ元石油相「王政動揺なら1バレル300ドルに」

    た~だ、天然ガスだけは上がんねぇな。
    ちょっとは上がってるけど他のと比べると全然で、やはり、シェールガスの埋蔵量は莫大なようだな。

    天然ガス価格が下がっているね (2011/04/03)

    事の発端はやっぱりアメリカの金融緩和策からのドル安だ。

    米FRB当局者、国債買い入れは縮小すべきでないとの見解相次ぐ

    :U.S. Dollar Index Cash (DXY00)
    93e327422da10170c3bfd19b9161c7f9.png

    底値圏に突入しつつ有る。

    商品価格を調べるのに使える優良サイト


    index Mundi

    こちらのサイトは、商品価格だけではなく国家別の色々な統計情報が見れてとても面白いです。

    商品価格に関しては、一般的な 金、原油など以外にも様々な商品の価格や概要を知ることが出来ます。

    商品先物に関する英単語


    commodity futures;商品先物
    noble metal;貴金属
     precious metal
    agricultural commodity;農産物
     farm produce (products)
    resources;資源
     stock, energy
    resource-rich country;資源国
    futures market;先物市場
    speculative funds (money);投機資金
    hedge fund;ヘッジファンド
    spot deal;現物取引
     spot trades (trading)

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 原油価格 アメリカ 米ドル データ

    太陽光発電関連ETF(TAN)を確認  (2011/03/14)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    被災者の方々、どうか頑張ってください!


    まず、今回の大地震によって被災された方々に心よりお悔やみを申し上げます。
    まだまだ気を許せない状況が続きますが、どうか御心を強くお持ち下さい。

    日本でも本格的に太陽光発電を推進する時が来た


    今回の地震では様々な事が起きたわけだが、日本のエネルギー政策において一大事件が発生した。
    原子力発電所の放射能漏れ、そして電力供給の大幅減少の問題だ。

    日本の原子力依存度は高く、約30%だ。
    更にこれを高めていく方向で政府は動いていたわけだが、方向性を見直さざるを得ない。
    ポイントは大きく3点ある。

    1:災害時の放射性物質に因る汚染事故の問題
    2:原子力発電所は復興に特に時間がかかる問題
    3:遠隔地発電による災害時の電力供給の問題

    これらの問題から、

    :クリーンエネルギーに因る分散型発電の推進

    を真剣に推し進める必要性が高まった。
    日本は地震大国であり、今後も今回と同規模の災害に襲われる可能性がある。
    この事から特に太陽光発電の普及が急がれる。

    太陽光発電ETFのTAN、ついでに風力発電ETFのFANについて


    :Guggenheim Solar ETF (NYSEArca: TAN )
    TAN summary(Yahoo finance US)
    TAN 詳細
    太陽光発電企業群(Wikipedia US:List of photovoltaics companies)
     個別企業の決算内容を確認したら、リーマンショックから既に収益の回復が見られる企業も多く、PERもこれからの成長を見込めば高くはない(リーマン・ショック前の高PERな状態からかなり下落している)と思われる。TAN のPER(TTM)は約16(2011/03/15時点)

    :First Trust ISE Global Wind Ene (NYSEArca: FAN )
    FAN summary(Yahoo finance US)
    FAN 詳細

    クリーンエネルギーの一翼として風力発電もある。
    ただ、災害時にはこれらも遠隔地集中発電のため問題が有り日本には向かないと思われる。

    しかし世界の潮流としては風力が主力であり太陽光に対してコストも安く、スペインなどでは電力シェアの約20%を風力でまかなっている。

    上記2銘柄をクリーンエネルギー関係の一つの指標として注目していきたいと思います。
    更に、原油市場の動向が今後益々不透明であるのと、シェールガスの件で一気に埋蔵量が増した天然ガスの利用促進が見込まれる状況も注視する必要があると思われます。

    太陽光発電関連のニュース


    Solar photovoltaic industry earns $82bn worldwide

    :上記記事の要約
    2009年から2010年にかけての太陽電池市場
     発電量で18.2ギガワット(前年比139%)
     市場規模で$82ビリオン(前年比105%)

    ソーラーセル市場
     9.86ギガワットから20.5ギガワットに成長
     中国と台湾での生産が全体の59%のシェア
     トップ3企業は、Suntech Power、JA Solar、First Solar

    今までの主力市場はヨーロッパであったが、北米・アジア市場の成長が著しい。
    2010年に最も成長した地域は北米である。


    ただ、これらは分散型住宅タイプではなく、集中型大型発電所タイプがその殆どを占めると思われる。
    このタイプだと災害時のバックアップにならないし、日本においては大型施設の立地確保も難しい。

    太陽光発電の最大の弱点はコスト高


    20110201_zu25.gif

    太陽光発電のコスト高の原因は、太陽光パネルの価格が高いこと です。
    その一つの原因として、原材料としての 「 」の存在があげられます。

    2010/09/30
    ㈱グローバル インフォメーションは、米国の調査会社NanoMarketsが発行した報告書「Silver in Photovoltaics: 2010 (太陽光発電における銀:2010年)」の販売を開始しました。

    同調査レポートによると、太陽光発電業界は2009年に一旦減速したものの、この業界における銀の消費量は引き続き高い水準を維持する見通しであり、売上高は今後数年間にわたり毎年およそ10億ドルで推移するといいます。またNanoMarketsでは、太陽光発電業界における銀の売上高について、全体として横ばい状態が続くものの、一部成長の期待できる分野があるとの見方も示しています。

    NanoMarketsは、太陽光発電業界が銀の有望な市場になっていると指摘したうえで、従来の結晶シリコン太陽電池だけではなく、薄膜シリコンやCdTe(カドミウムテルル)、CIGS(銅、インジウム、ガリウム、セレンの化合物)、有機吸収素材などをベースにした太陽電池も紹介しています。また、価格変動の影響や太陽光発電業界のトレンド、銀を使用した導電性インクなどについても論じているほか、太陽電池で銀に代わる素材が使用された場合のシナリオを検討し、この市場で銀が直面する課題を素材の面から詳細に分析しています。

    同調査レポートは、結晶シリコン太陽電池などで使用されている「フィンガー」と呼ばれるフロント面の電極に使用可能な銀の代替素材を見つけ出すのは難しく、薄膜太陽電池や有機太陽電池のフロント面にある透明な電極に使用されることのある微細なグリッドに関しても同様であると指摘しています。このため銀インクは、フィンガーやグリッドを製造するための主な素材として今後も使われ続ける可能性が高く、フロント電極用に販売される銀の売上高は、2015年までに50%以上増加して、4億5,000万ドル近くに達する見通しです。

    このほか、銀インクのメーカーが、一般的なスクリーン印刷用のペーストから、太陽電池の大量生産に対応するフレキソ/グラビアインクや薄型太陽電池基板に対応するナノシルバーインクジェットインク、太陽光発電パネルの効率を高めるための高導電性透明コーティング剤などの高付加価値製品に移行する可能性も示唆しています。こうしたことから、この市場における銀の売上高は、2015年までに1億6,500万ドルに達する可能性が高いと思われます。


    :参照元 太陽光発電業界における銀の消費量は今後も高水準を維持
    :太陽光パネルの主要部材 Photovoltaic Materials

    みなさんご存知のように今、世界的な商品相場の高騰 が繰り広げられています。
    「 銀 」はその中でも投機性の高い商品として有名なんですね。

    その銀を使用している事からコスト増に繋がるという面があるようです。

    銀に代わる材料の研究も行われているようですがなかなか難しいという事で当分は主要材料としての地位は不動のようです。

    ただ、太陽光パネルは半導体と同様に大量生産によるコスト減が見込まれるので、銀価格がどの程度のネガティブ要因になるのかは不明です。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:エネルギー 太陽光発電 風力発電 ETF 商品先物

    商品先物 ウランとリチウムをチェック  (2011/02/22)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    エネルギーの主役は原子力と蓄電池:リチウム


    >UX(UxC Uranium U308 Swap Futures)
    ニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)に上場されているウラン先物指標。

    :参考資料
    UXの解説
    UX:限月一覧(Yahoo Finance USA)
    ウランを取り巻く最近の動向

    :UXG11(ウランU308 2007-2011 チャート)
    74e8ef75f49d9d73426937cccad102df.png

    >LIT(Global X Lithium ETF)
    グローバルX社が提供するリチウム関連企業のETF

    :参考資料
    LITの解説
    価格サマリー(Yahoo Finance USA)

    2つともここ最近上場されたもので、長期チャートは見られませんが、チェックしています。
    どちらの資源も今後需要が更に増すことが確実です。

    今後さらに詳しく調べたいと思います。

    因みにリチウムと言えばリチウムイオンバッテリー。
    既に携帯電話などの小型のものは一般的に普及していますよね。
    電気自動車や電動バイク用としてもどんどん進化しているようですが、一番重要なのは価格。

    価格の指標として 1Wh当たりの電池価格があり、

    :日本製 100~150円
    :中国製 25~30円

    と圧倒的に中国製が安いので日本製のシェアはどんどん奪われていくと思われます。
    ただ、バッテリーの構成要素である部材は日本が圧倒的に高いシェアを握っているらしいです。
     :参考資料 リチウムイオン電池進化のカギ 原料加工とナノテク技術

    いつも話題にしている電動バイクの特に原2スクーターの場合、理想的な最低航続距離を確保できる電池容量として、4kwh というのが目安になります。
    これは現状、日本製だと60万円、中国製だと10万円ということで、中国製であっても原2スクーターのエンジンタイプの価格25万に対してまだまだ高いです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 エネルギー データ ETF 原子力 バッテリー

    ジム・ロジャーズなど・・・備忘録  (2009/11/22)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    〇 ジムロジャーズ

    :日経ベリタスに、ジム・ロジャーズの記事が連載中
     :やはり、ほんとの投資家というのは凄いですね
     :世界中を飛び回っています
     :世界一周旅行に2回も。しかも、バイクと自動車で
      :行動力が並ではありません!
      :アフリカとかにも投資してます
     :娘二人とシンガポールで生活しています
      :1歳と6歳くらいだったと
       :娘が中国語を日常的に話せるようにと言う事でシンガポール
       :思い切り過ぎますな
        :スペイン語も教えてるらしい
    :ジム的に、「 これからは商品の時代 」 という定番の論説を張っています
     :まあ、人口増加と所得層の変化からして、そうかもね
     :アジアの中間所得層増加が激しいです
      :ベリタスの記事で、アジアの中間所得層の変化率が掲載されていた
       :$5000~35000/年を中間所得層と定義
        :2000年で2億人あまりだったのが、今や9億人に増加
         :それにしても、日本の伸び率の低さは、ふ~
      :前の会社の時に(1997年ごろ)「 中国が世界の中心になる 」って言ってた
      :中間所得層がこれだけ増えているからには、商品への需要は増加
       :物には限りがあるから値段は上がるわな
       :ただ、米ドルベースで判断している現状を考慮する必要あり
        :日本も1985年以前、当時の為替水準で見た場合、金価格は4000円以上だった
         :今は3000円台(ドルベースでは史上最高値更新中)
        :アジア各国は、米ドルに自国通貨をペッグさせているのが現状
         :これが解除された時、購買力は格段に増す
         :米ドルベースの商品価格は益々高騰するでしょうな
          :後は、日本円とアジア諸通貨との関係が問題になってくる
       :為替が絡むので、難しそうだな
       :まあ、賃金の伸び以上に商品価格が伸びる状況で初めて成功
        :賃金の伸び=企業収益の向上
         :ま、最近はリストラ、海外への雇用流出等で分からん部分も有るが
    :学生に何か話す時、「 これからは農業だよ! 」 って力説しているらしい
    :商品って言っても、「 鉱物 」と 「 農産物 」 に大きく分かれるよね
     :現状の技術レベルが大きく変化しない限り、商品価格が上がる(ドルベース)事は想像に難しくない 
      :その技術革新が起きた場合、どうなるか?
      :農産物であれば、単位面積当たりの収穫量の飛躍的アップ
      :鉱物であれば、リサイクル技術。人工的生成技術
       :まあ、一朝一夕には難しいだろうけども
      :あと、自動車の電気化で、鋼材需要が減少すると見るが
       :モーターはエンジンほど発熱しないので、外装のプラスチック化が計れる
       :艦船などもその方向性あり。ガスタービンからモーターへ
        :潜水艦等には既に燃料電池が搭載されている
      :鋼材の減少をプラスチックが補う構図
       :プラスチックの生成に、脱石油の方向性が顕著
        :電気自動車で石油(ガソリン)需要低下
        :発電も脱石油の流れは顕著(原子力、LNG、石炭)
        :日本の石油事情 
      :ま、色んな要素が絡み合って、予想は困難ですわ!

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:日記 - ジャンル:日記 -タグ:ジムロジャーズ 商品先物 備忘録

    金相場について  (2008/11/28)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    私が良く見ているサイト 「 田中宇の国際ニュース解説 」に以前書いてあった、「 操作される金相場 」にも在るように、金先物市場の動きが結構怪しいらしいんですわ。

    最近のニュースで、
    COLUMN-〔インサイト〕金市場で目立つ個人の買い、始まったドル信認の揺らぎ=Mストラテジィ 亀井氏

    っちゅうのを見て、現物の金(金貨)が相当買われているらしいので、金先物価格が高騰していない事が不思議に思えるわけです。

    ただですね、今までの相場の上昇原因の一つが過剰流動性であったわけで、あらゆる相場が行き過ぎていた、なんで、現物の金に買いが集まっても、過剰流動性の巻き戻しの影響を上回る事はない。そんな感じなんでしょうかね。

    :金価格チャート
    GOLD_weekly_2008_11.png

    こんな感じです。
    でもちょっと、ここ数ヶ月の動きは上昇傾向とちゃいますか?

    :原油価格チャート
    oil_weekly2_2008_11.png

    原油価格のチャートはこんな感じですから、金相場は相対的に強いと思いますな。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 データ 原油価格

    ガソリン小売価格と原油国際価格の関係  (2008/10/24)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    いや~、最近原油先物価格が暴落してますね。

    一時147ドルとかになってましたが、今日現在63ドル台にまで下落してます。でもなんか、ガソリンスタンドでの小売価格が最近の下落相場の割には下がってないですよね。この辺を見てみたいと思います。

    ■ 過去の値上がり分が転嫁できていなかっただけか?


    :国内ガソリン小売価格と国際原油先物価格との比較チャート
    gas_jp_kokusai.jpg

    上記データは、国内ガソリン価格は、四半期ごとの国内平均価格から揮発油税53.8円を差し引いた物、国際原油価格は ICE Brent Crude Oil 、左記価格を1999年6月の価格を100として指数化したもんです。

    これを見ると一目瞭然で、原油先物相場の変動をガソリン価格に素早くは転嫁できていないんですね。まあ、原油の輸入に関しては、企業でヘッジングや、長期契約によるある程度の価格安定化が行われていると思いますけど、まあ、恐らく販売量の低迷を予測して企業側で原料価格の値上がり分を負担していたという側面が強そうです。

    そして、さらに原油は輸入物資でっから、為替相場も見逃せません。

    :1999~2008年の間のドル・円の為替相場
    Jp_Us_1999_2008.png

    1999年初頭が1ドル120円前後、円安方向は132円付近、円高方向では100円付近を行ったり来たりでっから、為替に関しては平均すればそんなに日本にとって不利な状況ではなかったようです。

    まあ、上記データから分かる事は、企業が原材料を仕入れて販売するに当たって、その値上がり分を小売価格にダイレクトに反映させる事が難しいと言う事でしょうか。

    ■ 急激な市場の動きに耐えられる会社だけが生き残った


    まあたしかに、近年、ガソリンスタンドが急激に減りましたし、セルフ給油のスタンドが増えた事実から察しても、ガソリンを扱う企業は経営的においしくなかったんでしょうな。

    そんでもって、最近急激に原油先物価格が下落しだした割りに小売価格が下がっていないのは、今まで企業側で負担していた分を取り返す為に、値下げ率を調整してるんでしょう。

    まあ、長期的に見れば、価格は結局、平準化されていくんですな。ですんで、商品相場を気にしすぎてもしょうがない。ただし、こういった急激な動きに耐えられるだけの経営資源を持ち合わせた企業でないと、損失を取り返す段階が再び訪れる前に市場からの退出を迫られてしまう。

    ですんで、あらゆる業種に関して言える事ですが、

    :短期的な市場の混乱に対して余裕を持って持ちこたえられる資本を持っていること

    これはとっても大事な事だって事が改めて確認できた次第です。
    この事実は企業に関してだけではなくて、個人の事柄に対しても大いに当てはまりますよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 原油価格 データ

    商品先物市場の10年間の価格推移  (2008/10/11)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    最近の世界的暴落で、商品先物市場にも嵐が吹き荒れてますな。
    ですけどね、はっきり言ってまだまだ高値圏であることに間違いは無いですよ。

    まあ、一回、商品先物市場に上場されている各種商品の長期チャートを確認してみましょ。

    :原油 (ICE Brent Crude Oil (CBX8))
    oil_10y.gif

    :金 (Gold (GCZ8))
    gold_10y.gif

    :銅 (High Grade Copper (HGZ8))
    copper_10y.gif

    :とうもろこし (Corn (E) (ZCZ8))
    corn_10y.gif

    いや~、どれもこれもここ数年で一気に上昇、そして下降。過剰流動性相場ってやつですね。まだまだ、10年前と比べるといずれの商品も高すぎます。これでは、価格が下落して当然って感じですわ。

    これらのチャートは、barchart.com からの転載です。当サイトでは各種商品先物価格の長期チャートが見れますよ。

    直近の価格は、Future sourceの方が見やすいので、一回見てみてください。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 データ

    短期間で資金繰りに行き詰る取引 (FX・商品先物)  (2008/08/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    最近流行のFX(外国為替証拠金取引)、これを見てみましょうかね。

    まあ、昔は先物取引の電話がかかってきたら、「 悪魔のささやき 」 なみに恐れられてたもんでっけど、はっきり言って、今流行のFXも、 「 悪魔のささやき 」 並にリスク高いんでっせ。

    要は、両方とも 「 証拠金取引 」 な訳ですわ。
    簡単に説明すると、少ない元手で大きな取引が出来る、レバレッジ取引なんですな。

    ■ とうもろこし・商品先物市場


    例えばね、商品先物取引の一つの銘柄 「 とうもろこし 」。
    日本の場合、主に、東京穀物商品取引所に上場されてましてな、

    :表示価格は1,000kg単位
    :取引単位は50,000kg
    :単位あたりの最低保証金は¥75,000
    :表示価格¥35,640(08/11月限の08/8/26終値)



    これ、¥35,640ってのは1,000kgあたりの価格でっから、最低取引単位の50,000kgになると、50倍、¥35,640×50=¥1,782,000の取引をたった、¥75,000で始められるっちゅうことなんですわな。保証金維持率にして4%、つまり、価格が4%動いたら、預けたお金は 「 パー(無くなっちゃう) 」 っちゅう訳。数日で4%の値動きなんかしょっちゅうでっからな。

    でっから、有り金全部を最低保証金としてつぎ込むことはそりゃもう危ない事で、資金繰りにすぐ行き詰る訳ですわ。

    ■ FXも基本的にとうもろこしと同じ


    FXも同じですわ。保証金維持率を低く設定できる会社が増えてきてますから、その辺分からんと取引スタートするとえらい事になりますさかい、気を付けてや。

    後ね、なんで商品先物市場とか、外国為替取引市場が存在してるかって言うと、

    「 値動きが激しいから、短期間の値動きが全く読めないから 」 
    なんですよ。

    例えばね、とうもろこしを原料として取り扱う会社なんかは、将来の取引値を確定する為に商品先物市場を利用する訳ですわ。具体的に説明すると、今、とうもろこしの価格が¥30,000やとしますな。この価格帯で会社の望む利益が確保できるとして、先々のとうもろこしをこの価格で商品先物市場で買い付ける訳ですわ。そんで、3ヵ月後、とうもろこしの市場価格が¥35,000になったとしましょ。そうすると、実際のとうもろこしの仕入れは¥35,000な訳で、会社としては¥5,000分、利益を圧縮される訳でっけど、先物市場で¥5,000分儲かりまっから、実際の取引(現物取引)と先物取引が相殺されて、もともと会社が計画していた利益水準を確保できるって訳ですわ。

    これが、先物市場の本来の存在理由なんですな。いわゆる 「 リスクヘッジ機能 」 ってやつですわ。

    でも、とうもろこしを実際仕入れない人がなんで先物市場で取引するかっていうと、それは、「 値幅取り 」、つまり激しく動く価格帯の値幅で利益を取ろうとする投機行為を行うからですわな。

    まあ、保証金維持率を低くしすぎる(レバレッジを効かせ過ぎる)とすぐに資金繰りに行き詰りますさかい、やるにしても十分な余裕をもって取引を行うべきなんでっけど、まあ、将来のビジョンが普通の人に描ける可能性は低いでっから、まあ、株よりも難しいですわ。

    もうね、FXのスワップとかに惑わされたらあきませんで!

    関連リンク:東京穀物商品取引所

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 FX

    株式投資をブームで終わらせない。Part 1  (2007/11/22)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。



    当シリーズは、これから株式投資・もしくは何らかの投資を実践して行こうとお考えの方、
    すでに実践しているが行き詰まっている方に向けての内容になっています。基本的に、過去の私の株式投資に関する回顧録的な内容です。
     目的は、ブームでは終わらせない。資産形成としての投資を身に着ける為の物となっております。私自身、まだまだ未熟者ですので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!




     私が本格的に株式投資に興味を持ち始めたのは1999年。ITバブルのころ。
    そして本格的に始めたのは、2003年の5月

     なぜ1999年に興味を持ったのかと言うと、
    以前から(1997年ごろから)仕事の関係上
    日経新聞の商品先物のページを見ていたからだ。

     その当時興味があったのは、大豆やとうもろこし、の相場。
    当時(1997年ごろ)会社の上司が、

    「 金融ビックバンが起きている!
        これからは中国の発展で商品先物市場が高騰する! 」


    と言っていた。今思えば完全に当たっている。
    しかし、その当時私に知識が無かったため、

     「 そんなもんなのかな~? 」

    くらいにしか思っていなかった。
    実際当時の商品先物市場は高騰の兆しが見られなかった。
    大豆97
    シカゴ取引所 大豆 1997~

    コーン97
    シカゴ取引所 コーン 97~

     そして、時が経ち、会社を辞めた。
    未練がましく、家で商品先物のページを見る癖だけが残っていた。



    ・・・・・続く はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:大豆 ITバブル 2003年 金融ビックバン 中国 商品先物 1999年

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。