FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

イギリス増税決定、やばいね~  (2010/12/09)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


:初投稿 2010/6/23
:追加  2010/12/08



最近は、中国の人民元切り上げで話題持ちきりですが、
イギリスも負けてませんよ!

イギリス、2011年1月より消費税20%に


英「消費税」20%に引き上げへ 緊急予算案を発表

いや~、明日は我が身の日本国民から見ても、

「 あ~、イギリスかわいそう~ 」

ってな気持ちにさせられるニュースです。

消費税が17.5%から20%に、株式譲渡税が18%から28%に増税。
そのほか政府の歳出削減策も盛りだくさん!

法人税は段階的に下げるということですが、これが一般市民に影響するかは微妙なわけです。

「 なんしか、節約&増税でいきまっせ~! 」

そんな感じのイギリス。

スペイン、ポルトガルなんかも追従必至。
アメリカさんも人事では居られまい。

2008年から続いた大規模財政出動の反動が遂にやってきましたよ

増税・・果たしてイギリス国民の税負担は高いのか?そして日本は?


:2010/12/08追加分

こちらのサイトに良い資料が載っています。
国民負担率と国際比較

このデータは2004年時点のものですので今現在もそうなのかは調べていませんが、概ね変わっていないと思います。

このデータ上、イギリスは北欧諸国はもとよりドイツ・フランスよりも租税・社会保障料の負担がまだまだ低い方なんですよね。

日本・アメリカにいたってはかなり低い。
日本とアメリカは個人主義的な社会構造、欧州は福祉国家的な社会構造を目指しているのが一目瞭然ですね。

金融大国であるイギリス、社会構造的にはアメリカに近いと思っていましたが、そういう訳でもなさそうです。

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:イギリス 増税

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン