FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

日本企業の外国人持ち株比率  (2007/12/20)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


持ち合い株解消の記事でも書きましたが、今現在、日本企業の外国人持ち株比率が以前と比べ高まっています。

2003年度から2007年度の外国法人所有割合の変化を見てみます。

:東日本旅客鉄道(JR東)9020
 23% → 33%
:日本電信電話(NTT)9432
 14% → 22%
:任天堂 7974
 30% → 46%
:東京ガス 9531
 21% → 33%
:大阪ガス 9532
 9% → 22%
:KDDI 9433
 18% → 31%
:東京電力 9501
 10% → 19%

任天堂以外は、日本国内のインフラ系の大企業です。軒並み外人保有比率が高まっています。この変化が株価形成に影響しない訳がありません。欧米並みの経営を求められる、利益追求型経営を求められると言う事ですね。

法人設立を考えた時に節税対策を考えない人はいないでしょう。オーナー(株主であり経営者)の立場で考えた場合、出来れば利益はあまり計上したくないはずです。なぜなら、利益を計上すれば法人税として現金を国に持っていかれるからです。
しかし、純粋な出資者(株主)の立場で考えた場合、株主の利益の源泉は利益です。利益を計上しなければ配当もありませんし、株主資本の積み上げも起こりません。それでは何のために出資したのか分かりませんよね。

今までの日本企業はまさに前者であり、経営者=株主 の立場での経営であり、利益を多く計上しないように会計操作をしていた訳です。しかし、株主構成の変化によって利益を計上しなければ、株主総会で取締役更迭もありえる情勢になってしまいました。つまり、売り上げが上がらなくても、会計処理の仕方次第で利益を増大させる事が出来る余力(リストラ、減価償却費の削減、経費の節減)がもともとあった訳です。

ここに目を付けた外国人が、持ち合い株解消のトレンドを造り、そして作戦が成功したと言う訳です。

私達、日本人としても株主の立場での経営をしてくれた方が投資対象としては魅力です。しかし、企業と言うのは投資対象ということだけで存在している訳ではありません。生活の基盤としても機能しています。なので、利益を追求するあまり、日本国内の生活観を破壊してしまう可能性があり、現にそれは現実となっています。



   
スポンサーサイト
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:外国法人所有割合 データ 任天堂

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン