FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ベンチャー企業を生み出す仕組み  (2011/06/17)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


2010/5/24:初投稿
2011/6/17:再掲・追加



ベンチャーを生み出す仕組みと要素


前回の記事の続きです。

大阪都構想の基本戦略を、ベンチャー企業を育成する町 としました。

そこで、ベンチャーといえばアメリカ。
アメリカが何故ベンチャー企業の育成で比較的上手く行っているのか?
良い資料が有りましたよ。

2007年02月04日(日) ポール・グレアム「ベンチャーがアメリカに集中する理由」

英文の翻訳文なので分かりにくい箇所もありますが、大筋は把握出来ます。

なるほどね~。

内容を要約すると以下のようになります。

ベンチャーが集まる環境を整えるためにするべきことをは、一流大学、 住みごこちのいい街、 市民の自由、 柔軟な雇用法、 賢い人々が入国可能な移民政策、 成長を促進する税法。



大阪、前途多難ですわ!でも、面白そうだよね!

ベンチャー育成に対する日本とアメリカの差は大きい


アメリカでベンチャー企業が星の数ほど生まれる背景には、上記の事項以外に、

:防衛産業の存在
:コミュニケーション能力の違い
:行動力の違い(楽観的・リスクを楽しむ姿勢)

が挙げられます。

防衛産業というのはある意味コスト度外視で新技術を開発できる分野であり、宇宙分野もしかり。
この分野が巨大なアメリカはベンチャー企業に資金が提供される確率が日本よりも圧倒的に高い。

コミュニケーション能力、人と人の繋がり、人脈を重視する社会がアメリカであり、階級社会の名残でもある。
成功者の道を歩むには上流階級の人脈が必要であり、そういった機会を得るためのスキルを磨いている。
そしてそういった場を提供する側も常に目を光らせ新しい優秀な人間を探し求めている。

最近は、ネット上でのスタートアップ資金をマッチングするサービス(クラウドファンディングサービス:代表企業は、Kickstarater)なども活況を呈しており、日本とは比べものにならないくらいの資金が動いている。

さらに株式市場も日本と比べ圧倒的に上場基準が緩い市場(米国ピンクシート)が存在し、取引も活発である。

スポンサーサイト
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:地方自治 大阪 ベンチャー アメリカ

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン