にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    ライフプラン:高校一年生から始める  (2011/04/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ライフプランの設計は早ければ早いほど良い


    *かなり有名な方法論なのでご存じの方も多いかもしれません。

    遊び盛りの高校一年生、こんな時期からライフプラン?いや、なんでも早ければ早いほど良いのです。
    当時の私はそんなことこれっぽっちも考えていませんでしたが、今思えばしっかりと考えておけば良かったなと思うわけですよ。

    人それぞれ様々な生活環境で育つわけですから高校一年生と一口にいっても一様ではありません。
    ただ、その時の状態で思いつくことを文面化・イメージ化してみること自体が大切だと思うわけです。

    ライフキャッシュ・フロープランの制作


    自分の一生でどういったお金が必要なのかを思いつくままに書き出します。

    年表を作って、年代ごとに大きなイベントを書き込み、それを達成するにはどれくらいのお金が必要かを書き込んでいきます。

    まずはじめに、20代、30代、40代、50代と大きなくくりでイベント(またはその時の状態)を書き出します。
    個人的には、30代、40代の働き盛りの年代をまずイメージしてみるのが良いと思います。

    例1)
    30代~40代:大企業に席を置き、海外を飛び回る敏腕ビジネスマン
     :収入 35歳で年収1500万円
          45歳で年収3000万円


    こう書き出したとします。

    すると、

    :具体的な職種は何かな?
    :俺はどんな事を仕事としてやりたいのかな?
    :その仕事は収入として目標を達成できる仕事なのかな?
    :どうやったらその仕事に就くことができるのかな?

    など、様々な疑問が湧いてきますよね。

    この年表をどんどん具体的に事細かくしていくことで、自分は今何をすれば良いのか?が見えてくるわけです。

    もちろん高校生の発想なんで突拍子も無いことを目標にするかもしれません。
    ただ、それを独りよがりで考えるのではなく、親や周りの大人、友達、先生、書籍、インターネットを駆使して具体的にイメージ化することでどんどん現実味を帯びていきます。

    大きな用紙とカラーペンを複数用意し、マインドマップの要領で進めていけば良いと思います。

    そしてその用紙を自分の部屋の壁に貼っておきましょう。

    PDCAサイクルを実践する


    PDCAサイクルとは、

    P:Plan(計画)
    D:Do(実行)
    C:Check(点検・評価)
    A:Act(改善)

    という一連の流れを継続することで、自分の目標を達成するという一つの考え方です。

    ライフキャッシュ・フロープランを作る段階からこれを意識し、そして実行に移してからもこれを意識することが大切です。

    とくに、Check が大切で 「 これはこうだろう! 」 という思い込み・思いつきはご法度で必ず客観的なデータに基づいた検証を行い、自分だけでは判断できない場合は他人の力を借りる事で解決していくことが大切です。
    人生には 「 師匠 」 が必要です。
    コーチングという職業が成り立つくらいですから、本当に大切な事なんですよね。

    もちろん、イマジネーションも大事なので、「 他人がどう言おうと俺はこう思う!」 のであれば突き進んでいけばいいと思います。


    このブログを高校生が見てくれているとは思いませんが、もし見てくれていたなら是非実践してみてください。
    もちろん、中学からでも小学校からでもかまいませし、大人になってからもこのスキームは使えますよ。

      
    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ライフプラン 投資の基本

    ライフプラン:住宅購入編 大前研一氏バージョン  (2011/04/07)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    大前研一氏のライフプランに従って考えてみた住宅購入シュミレーション


    前回のブログでご紹介しました大前研一氏のライフプランに従って住宅購入を考えた場合、

    :日本での住宅購入(所有)はリスクが高い
     値下がりリスク、移動・職業の選択の自由が奪われるリスク
    :所有と投資(子供の教育費含む)の合計は可処分所得の50%までが最大
     投資=>所有(住宅、車等) 所有より投資を重視

    という前提条件で判断することになります。

    住宅を収益物件として捉えるとプランを立てやすくなります
    つまり、引っ越した時にその物件を賃貸に出した場合の家賃収入と借入金返済のバランスを見るわけです。
    投資として考えた場合、木造住宅の中古物件(築10~20年)となれば投資回収期間は10~15年程度と考えるのが妥当だと思われます。
    例えば、年間家賃が100万円の物件の場合、物件価格1000万円だと10年で投資額の回収が可能ということですね。
    この場合、この物件は表面利回り10%の物件と表現できます。
    ただ、基本的に自宅として購入するわけですから、利回り8%以上あれば最低OKだと思います。

    それではシュミレーションしてみましょう。

    住宅購入の具体的プラン


    :物件予想収益 100万円/年
    :実質利回り8%(表面利回りに諸経費を考慮した利回り)
    :物件総価格 1,250万円(100/0.08)
     :物件単体価格 1,157万円(上記価格から概算諸経費8%を控除した金額)
    :融資条件
     :元利均等払い固定金利2.5%-20年
     :頭金 300万円
     :融資額 950万円(1,250-300)
     :毎月の返済額 50,340円
    :物件維持費(概算)
     :地震保険 年間1.5万円=1,250円/月
     :固定資産税 10万円/年=8,300円/月
     :修理維持積立 2.5万/月(10年毎に300万円として)
     :住宅減税 毎年融資残高の10%で、約9万円/年×10年=90万円/20年/12ヶ月=-3,750円
     :合計 1,250+8,300+25,000-3,750=30,800円/月
    :返済額+維持費
     :81,140円(50,340+30,800)
     :年間 973,680円(年間家賃100万円なので収支プラス)
    :必要な可処分所得
     :住宅+投資/可処分所得比率50%(住宅/住宅+投資比率50%)
     :324,560円(81,140/50%/50%)

    上記の計算には入れていないファクターとして、

    :プラスファクター
     :敷金や礼金の発生
     :家賃の値上げ(物価連動させるとして)
     :繰上返済(貯蓄を返済に回す)
     :減価償却費
    :マイナスファクター
     :住宅購入時のリフォーム代
     :空室リスク
     :家賃の値下がり
     :仲介手数料(家賃の1ヶ月分)
     :物件管理費(不動産屋に任せた場合:相場は家賃の5~10%)
     :所得税(家賃収入は所得ですからね。あと、住宅ローンの元本返済は経費になりません)

    見逃している項目も有るかもしれませんが大体こんな感じになると思います。

    という訳で、年間家賃相場100万円の物件を購入するには可処分所得が最低324,560円必要だということですね。
    でもこれだとぎりぎりの50%リミットなんで、もう少し余裕のあるプランを立てるか、可処分所得が増えてからのほうが良いでしょう。

    住宅に関する英単語


    house;住宅(建物)
     home は家(土地も含む), housing
    premises;敷地(建物を含めた)
     site, property (所有している・不動産<資産>)
    new house;新築
     newly-built house
    existing home;中古住宅
     old house, resale housing
    home mortgage;住宅ローン
     home loan
    rent;家賃
    commission;仲介手数料
     agent's (broker's) commission (charge)
    purchase and sale agreement;売買契約書
    equal payment method;元利均等払い方式

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 ライフプラン 大前研一 投資の基本

    日本経済の現状は末期的なのだ  (2011/04/06)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    大前研一氏の動画・日本経済メルトダウンの危機!家計と個人消費の現状




    結構長い動画ですが色々勉強になります。
    メルトダウン寸前の日本経済――自分の将来をどう守るか
    要約はこちらのサイトで見れます。

    投資に興味が有る方ならここで大前氏が話している内容に興味を持たざるをえないと思います。

    :家計の力がすべての世代で弱っている
     家計の最終消費支出変化率(1990年との比較)
      日本:117%
      アメリカ:260%
      フランス:180%
     資産(流動資産+不動産:1990年を100とした2009年との比較)
      日本:55
      アメリカ:242
      フランス:303
     住宅ローンと教育に関する支出が可処分所得の50%を超えた
     業界の収入格差が大きすぎる
      職業の流動性が欧米に比べて低すぎる

    :ものを所有することのリスクが高い
     住宅価格(新築)が所得に比べて高すぎる
      住宅価格の下落率が激しい
       上物の評価が低い:耐用年数が短い(木造、日本:27年 アメリカ:63年 イギリス:84年)
       ロケーションを整える仕組みが無い(町の景観・機能設計能力が無い)
     自動車も同様
      新車購入後の価格の下落率が高い(日本:半年で50% 豪州:10年後30~40%に緩やかな下落)

    :日本人はライフプランの設計を間違っている
     所有(家を買う・車を買う)→子供の教育→投資(資産運用、自己研鑽)が一般的だがこれは逆。
      自分への投資(キャリアアップに繋がる投資)→配偶者への投資(パートじゃなく資格系職種に就けるよう)→子どもの教育→所有のリスクを踏まえた上で所有するのか使用するのかの計画をたてる

    などなど、具体的なデータをもとに解説されています。
    改めて日本の現状が根本的に危ないということが分かりますよ。

    投資、使用、所有プランを日々考える、見直す、実行することの大切さを改めて認識できますね。

    ライフプランに関する英単語


    life plan;ライフプラン
    budget;家計
    disposable income;可処分所得
    real estate;不動産
    useful life;耐用年数
     service life とも言う
    education;教育
     training (実践的能力向上)
    investment;投資
    income;所得
    spending;支出
     expense とも言う

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:日本 投資の基本 Youtube 大前研一 ライフプラン

    配当還元モデル:企業価値を割り出す方法  (2010/06/11)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    過去記事からの再掲です。
    過去記事は、ウォーレン・バフェット氏語録 価値に関する原則 (2008/11/18)


    ウォーレン・バフェット氏語録 財務に関する原則の続きです。この部分が一番重要だとバフェットは言ってますな。

    ■ 価値に関する原則


    11. 企業の価値はどれぐらいか

    バフェットは、ジョン・バー・ウィリアムが提唱した、「 配当還元モデル 」 が証券の価値を算定する最良の方法だと言っています。

    簡単に説明すると、

    「 当該企業が将来生み出すキャッシュフロー(FCF)の総額を適切な利率で現在価値に還元する 」

    と言う事です。

    ここに出てくる用語で、キャッシュフロー(FCF)については、
    ウォーレン・バフェット氏語録 財務に関する原則のオーナー収益の部分を見てね。
    「 適切な利率で現在価値に還元する 」 の部分は以下に説明します。

    「 3年後に100万円を払うので、投資してください 」

    貴方は友人から上記の申し出を受けました。貴方なら、いくら投資しますか?前提としてこの申し出の成功確率は100%だとします。このケースでの貴方の適正な投資額は、「 還元率(ディスカウントレート)」 によって決まります。この還元率は通常、ゼロリスクレートを使用します。ゼロリスクレートとは、事実上ゼロリスク(債務不履行の可能性がほぼゼロ)の債券で、いわゆる国債の利率のことです。これが今、年率10%だとします。すると、現在の100万円は、1年後110万円になります(100*1.1)。2年後は121万円になります(110*1.1)。

    上記の例を逆に考えた物が、「 現在価値 」 という考え方で、

    「 将来のお金をディスカウントレートで割り戻した額 」

    という事になります。つまり、2年後の121万円を1.1で2回割ると、100万円になりますよね。

    「 2年後の121万円の現在価値は、ディスカウントレート10%で割り引けば、100万円になる 」

    では、友人の申し出に対して貴方が現在払っても良い金額を計算してみましょう。100万円を1.1で3回割ればいいわけです。結果、約75万円が今貴方が友人に対して払える最大の金額と言う事になる訳です。

    「 貴方が今、2000万円の税金を国に納めてくれれば、国が貴方の子孫末裔に至るまで毎年100万円をお支払いします。」 

    と言う申し出を貴方は受けました。これは良い話なのでしょうか?これも将来に貰えるお金を現在価値に置き換えることで答えを導き出せます。利率10%で考えますね。
    1年後の100万円は90.9万円(100/1.1)、2年後の100万円は82.6万円(100/1.1/1.1)、3年後の100万円は75.1万円(100/1.1/1.1/1.1)4年後は・・・、つまり段々と時が経つに連れてお金の価値が減少していくわけです。最終的には限りなく 0 に近づく訳ですね。そして、それら未来のお金の現在価値の総額を簡単に導き出す方法が有ります。毎年貰えるお金を利率で割る事によって割り出せます。100万円/0.1(10%)、つまり、1000万円です。ここから上記の国による申し出は貴方にとって損な話だということが分かる訳です。この考え方を 「 永久還元 」 と言います。


    MBA2 VALUATION
     参照



    説明が長くなりましたが、バフェットが提唱する企業価値の算出方法は、上記考え方を元にしている訳ですね。

    「 当該企業が将来生み出すキャッシュフロー(FCF)の総額を適切な利率で現在価値に還元する 」

    ここで重要なのが、

    1:将来のキャッシュフローを正確に導き出す事
    2:還元率をどうするか?


    1は、成長期と安定期に2段階に分けて考える方法を取っています。例として、最初の10年間はFCF成長率15%、以降5%など。
    2は、その当時の長期国債レートを使用するケースがほとんどです。ですが、レートが低い場合、10%前後を使用するケースが多いようです。

    まあ、私個人的に思うのは、あまり深く考えても将来のFCFを正確に導き出せる訳もなく、ここで重要なのは将来の企業価値を現在価値として数値化して捉える事ができると言う点ですかな。

    この2段階モデルを簡単にシュミレートできるサイトが有りますのでご参考までに。

    ここで詳しく解説されています。企業価値はどのように評価されるか?

    12. 価値に対して割安な価格で買えるか

    11のルールに従って算出した企業価値の現在価値より如何に安い時価総額で投資出来るかが重要だと言う事ですね。ですから、市場全体の暴落時にこそチャンスが有ると言う事ですわ。


    ◯具体的な企業価値計算例
     :トヨタと任天堂のフリーキャッシュフロー (2008/11/20)
     :オペレーティング・リース資産?(トヨタ) (2008/11/22)

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 株・会計用語

    自分の株式投資の歴史を振り返る Part 2   (2010/05/03)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    過去の投資で最も成功した案件は主に3つ。

    :アーネストワン
     2003年から2004年にかけて。
    分割前株価で900円前後から注目、切っ掛けは単純なスクリーニングだ。
    好業績に関わらず異常に低いPBRとPERが目についた。

    :アーバンコーポレーション
     2004年から2006年にかけて
    アーネストワンの成功により、不動産業全体に目が向いたことで発見。
    不動産流動化事業の躍進を目の当たりにした。

    :三菱商事
     2004年から2007年にかけて
    商品市況の活況による収益力の向上に着目。
    ここも将来予測される収益が株価に全く反映されていなかった。

    いずれの銘柄も、将来の収益見通しに対して割安な株価に放置された後、
    爆発的に上昇
    していった。

    だが、上記銘柄の現状を見ると明らかなように、
    企業の収益は非常に不安定でPER等の指標は一瞬にして役に立たなくなる

    上記3銘柄の中で特にアーバンコーポレーションがいい例だ。
    株価最高値時、PERはおよそ40倍程度であったが、
    会社発表の内容から、まだまだ収益力の成長が見込まれると思われた。
    だが蓋を開けてみれば、バブル崩壊の足音が既に聞こえてきており、
    株価は急落、業績も急落。
    そして、市場から消えて行った。

    だからと言って、収益の急激な落ち込みを絶妙なタイミングで予測するのは難しい。

    ただ、会社発表資料が強気で、直近の業績に陰りが見え始めた時が、
    ターニングポイントの目安
    だと言える。

    アーネストワンや飯田産業の過去の決算資料からもその辺りがよく分かる。
     :参考 飯田産業 過去のPER推移(2004~2009)
    逆の見方をすれば、業績絶好調で会社発表資料が弱気であるなら、
    まだまだ株価が上がる可能性が高いと言えるだろう。

    このような見方は、特に市況関連企業に当てはまる
    不動産、建設、鉄鋼、海運などがその代表格である。
    逆に、革新的なサービス・商品を提供するような企業は、
    一概に上記のような見方ができない。
    過去に無い物を提供しているのだから、予測出来る範囲が狭いわけだ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 アーネストワン アーバンコーポレーション 三菱商事

    自分の株式投資の歴史を振り返る  (2010/05/01)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    今もう一度、私自身の株式投資の歴史を振り返ってみたいと思う。

    株を始めたきっかけ
     株式投資をブームで終わらせない。Part 1~6

    これらの記事の中で、私が株式投資を始めるに至った経緯を記した。
    読み返してみると、なかなかおもしろい。

    記事は、2003年初頭の株式市場が再び動き出すところで終わっている。

    あれから様々な出来事があった訳だが、その中で何を学んだのだろう?

    :テーマの無い投資は成功しない
    :バブルは必ずはじける


    細かな物を除いたら、この2つに集約されるだろう。

    2008年のリーマンショックに端を発した金融危機を経験し、
    今まで知識に過ぎなかったバブル崩壊を肌身で感じたのが大きい。

    過去数百年の歴史上、数限りなく繰り返されるバブル崩壊。
    これを前提にした投資を考えなければならない。
     :暴落についての記事

    人は必ず狂気の沙汰に心踊らせ、そして、奈落の底へ落ちて行く

    教訓は全く活かされていない

    こういった状況下で成果を出す方法は自ずと見えてくる。

    誰もが怖気付いた状況下で些細な変化に敏感に反応し勇気を持って動く

    これしか無いだろう。
    あとはバブル崩壊前に売り抜けるのみだ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本

    ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)  (2010/03/16)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    時と共に考え(私の)は移ろいやすいものですが、今のところ以下のような要素が投資において重要だと思いますね。この記事はこれからも随時更新していきます。

    初回記事:2008/07/21
    追加記事:2010/03/16 アーネストワン関係



    ■ 投資の勉強・計画


    ここが一番重要です。何も分からないままの状態で、虎の子のお金を危険がいっぱいの荒野に放つのは、自殺行為以外の何者でもありませんよ!

    :超長期で見れば、株式市場(世界経済)の規模は必ず発展・拡大する。
    :歴史は繰り返される。株価暴落の歴史を知る。
    :短期的な株価は人々の心理状態の現れである。

     関連リンク
    暴落:過去何百年間に起きた大暴落の歴史等を知ろう。
    防衛的投資家とは?(ローリスク・長期投資) :投資と投機の違い、更に防衛的な投資についての定義
    投資の基本:投資に関しての心構えや、資金計画について書いてます
    投資計画:特に資金計画に関して。投資する理由など
    株・会計用語:株式投資・会計等に関する用語を紹介してます。



    ■ 個別銘柄の分析


    :PBR、ROE、PERの関係を知る。個別企業の株価の水準考察法と、他企業・他業種との株価水準比較の方法を知る。

     関連リンク
    PER と PBR の ROE との関係
    任天堂とコマツを比較する
    ウォーレン・バフェット氏語録:氏の投資対象選定に関する12項目について
    アーネストワン個別銘柄、業界のビジネス環境の変化をいち早く察知することの重要性を知る(2010/03/16)



    :過去に長期の実績がある優良企業を選ぶ。

     関連リンク
    配当金:主に自動車メーカーの比較記事。配当政策で見えるものがあります。
    長期投資における優良企業とは?



    :業務内容・業績にバブルの要素が無いかを知る。

     関連リンク
    不動産業界は投資対象として適格か?
    8868:アーバンコーポレーションを知っていますか?


    ■ 世界経済の趨勢を知る



    世界経済の発展の中心地は移り変わるって事ですね。

    :発展する要素の高い地域=内需拡大の要素が高い地域を選ぶ。

     関連リンク
    中国元の切り上げ
    プラザ合意
    中国 電力業界・企業特集 電力業界は買いか?


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 株・会計用語

    株式市場・底値圏で買った人は、今どういう気持ちか?  (2009/05/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、少し調整気味の株式市場ですが、ここから上に行くのか下に行くのか、悩みどころですよね。

    そこで、もし私・貴方が2009/3/10前後の底値圏で株式を購入していたとしましょう。
    例えば、オリックス(8591)。3/10時点での終値が¥2,045、2009/5/12終値が¥6,010。なんとまあ2ヶ月あまりで約3倍の株価にまでなっていますよね。長期保有を前提にするなら売らないと言う選択肢もありますが、いかんせん先行き不透明です。利益確定の時期は近いと考えるのが普通でしょう。

    今現在オリックスを保有していない人は、最近の上げ相場でガンガンオリックスが上昇しているのを指をくわえて見ていた訳で、楽観的ニュースが流れる中、PBR的にはまだまだ安値に見えるオリックスを買いたくて買いたくてしょうがないと考えている事でしょう。

    まあ、買い手と売り手に心理状況の差が有るからこそ売買が成立する訳ですから、上記事柄は普通の事ですよね。

    でもまあ、楽観的ニュースが流れ出してから動き出した買い手の後に続く存在がいるのか?ここがポイントですよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 楽観的 相場観

    投資の利益に対する税金(特にFX)  (2009/04/14)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、確定申告が終わったばっかりですが来年に備えて。
    税金というコストは馬鹿にできませんよ。

    株式等(現物・信用・投資信託・ETF など)の譲渡利益は申告分離課税で、税率は原則20%(ただし平成21,22年度内の500万円以下に関しては10%)ですよね。これは、外国株式にも当てはまります。

    ■ 問題は、FX(外国為替証拠金取引)に関する利益に対しての税金


    FXには2種類あって、店頭取引(我々にとって一般的な、証券会社独自の物)と、取引所取引(いわゆる 「 クリック365 」ってやつ)、これらは同じものを取り扱っているにも関わらず課税方法が異なるんですね。

    店頭取引に関して生じた譲渡利益に関しては、総合課税方式の雑所得に分類され、給与所得等と合算した上での累進課税方式の対象になる訳。総所得(給与所得+雑所得(FX)等)が330万円以下で20%(国+地方)、330万円を超えると30%以上になる訳。詳しくはこちらのリンクをどうぞ。

    取引所取引に関しては、申告分離課税方式で、FXの利益には一律20%(国税+地方)課税される。

    課税総所得が330万円を超える人にとっては、無条件で取引所取引=クリック365が有利だと思います。ただ、クリック365での取引には取引毎に手数料(片道・1取引単位当たり約200円前後)が発生します。でもね、スプレッドが店頭取引より狭いのでその分でチャラになっちゃうんですよね。

    結論は、FXやるなら断然 クリック365 の方が有利
    さらに、損失を向う3年間繰り越して利益と相殺できる点が取引所取引のみの特権です。日経先物等も取引所取引の場合、一律20%の税金で済むため、この前お勧めした CFD はイマイチかも。

    税金、ほんとうっとおしい存在ですが、国家権力には今のところ逆らえませんので、出来るだけ有利な方法で対処するしかありませんわ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 税金 投資の基本

    中央銀行の仕組み2 不況は誰かの利益になる  (2009/01/29)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    世界中で政府による金融機関救済の為、公的資金の注入が行われていますな。
    これで、景気回復が望めるのでしょうか?

    短期的結論からして、否です。

    まず、何故不景気になったのか?
    それは、「 金融機関が金融引き締めを行ったから 」です。

    まず、お金の仕組みを知る必要があります。

    ■ お金はどうやって生み出されるのか?


    まず、現在のお金には本来的な意味での裏づけが有りません。政府に委任された中央銀行が印刷して、それを政府が法貨として定めているだけです。そして、法貨というのは受け取りを拒否できない通貨な訳で、強制的にお金の価値を持たされているんですね。

    最初の通貨発行時に、政府が国債を発行して引き渡します。受け取った中央銀行は、その国債を裏づけに商業銀行等へ貸付を行います。そして、商業銀行はその貸付(現金)を裏づけにして企業等へ貸付を行います。こうやって、世の中にお金が流通する訳なんですが、段階を踏む内にどんどんお金が増えていくんです。何故か?

    それは、準備金制度という仕組みを利用しているんですね。その仕組みは、総貸付高の何パーセントを現金等価物で保有しなければならない、逆に言うと、現金の数倍のお金を貸し付ける事が出来るって事です。はっきり言って、お金のやり取りは帳簿上、口座上の数字のやり取りに過ぎません。ですんで、現金は必要ないんですね。更に、借金は銀行の債権として売買され、それがまた、新たな借金の元手となる準備金となる。一般市民から現預金を出来るだけかき集める、一般市民に多額の消費性ローンを組ませる。これらも準備金になる訳です。

    つまり、企業・個人・政府の借金が増えれば増えるほど、世の中に流通するお金が増える、マネーサプライが増えるという事です。そして、景気が良くなる、金回りが良くなる。
    これで分かりましたよね。不況へ導く方法が。
    借金を回収しだす、新たな貸し出しを制限する、それだけです。かなりのレバレッジが効いていますから、一旦借金を回収しだすとマネーの流通量が一気に減少、世の中の金回りが悪くなる、不景気になる訳です。

    じゃあ、なんで不景気になるような借金回収を銀行が行うのか?

    それは、世の中の物の値段を一旦暴落させて買いあさる為なんです。

    ここで言う銀行とは、国際的に大きな力を持つ金融集団の事です。一見、金融機関に見えないような集団もあります。ただ、それらは綿密に連携して金儲けを企てているんですね。

    支配する者と支配される者。この関係が無くなった事は歴史上一度も有りません。ただ、支配する方法が変わっただけです。武力の時代から経済の時代へと。


    上記内容は、「 マネーを生み出す怪物 」の要約です。私個人的な考えでは有りません。ただ、結構真実性は高いと思いますな。
    因みに、この事はかの有名な ロバート・キヨサキ氏 も語っていますな。Yahoo Financeの記事で取り上げられていますよ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:暴落 中央銀行 マネーを生み出す怪物 投資の基本

    投資の成果をいつ使う?  (2009/01/05)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    投資によって増えたお金、これをいつ使用しますか?

    いつ使えるようになるの?

    これ、結構重要だと思うんですね。

    そもそも投資の目的は、フリーキャッシュフローを増加させる事。企業活動も同じですよね。
    フリーキャッシュフローとは、まさに自由に使用できるお金の事。投資に割り当てられたままですと、フリーキャッシュフローとは言えません。

    例えば、2003年から続いた上昇相場で5000万円の資産を築いたとします。でも、去年の暴落で2000万円に減少した。これじゃあ、意味ないですよね?

    つまり、投資の成果は一旦現金化して分離しないといけないという事ですよ。

    複利効果を意識しすぎて、いつまでも資産が増え続けると思い込む。これじゃあ、いつまでたってもそのキャッシュを使う事ができません。

    これを、「 複利効果の無限ループ 」 と名付けました。

    これに嵌ったらあきませんわ。使って何ぼのキャッシュ・現金。
    ですから、投資口座の資金を、ある程度の頻度で現実に使える口座に割り当てる習慣を持つ事が重要だと思うんですよ。

    これ、今年の重要テーマとします。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 投資計画

    中央銀行という仕組み、恐るべし!  (2009/01/02)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、最近、「 マネーを生み出す怪物 」という書籍を読んでいます。この本は、アメリカの連邦準備制度(FRS)について書かれた本で、まだサラサラっとしか読んでませんが、ま、一言で言って、世の中恐ろしいですな!!

    中央銀行、日本で言えば日本銀行、アメリカではFRS(よく出てくるFRBってのはこれを統制するトップ機関のこと)の事です。この仕組みは19世紀にイギリスで本格始動しています。

    結論から言いますと、

    「 中央銀行とは、政府と大銀行家の為に、無からお金を作り出す装置の事である 」

    この本には、通貨の起源、銀行の歴史等も掲載されており面白いですよ。金・Goldについての知識も得られます。
    さらに、ロスチャイルド家の事、戦争との関係、世の中を支配する事を目的に作られた秘密結社の存在等にも詳しく触れられています。小説の様にサクサク読める内容になっていますよ。

    この本を読むと、銀行が何回も何回も不良債権を抱え込む行為を繰り返す事が、実は計算済みであることが分かります。今回の金融危機も当然予想されていたことでありまして、それが何時起こるのかが当事者にも分からないだけです。

    政治家が言う、財政再建等々、あれらの言葉はただのサイン、彼らにとってはどうでもいいことが分かります。

    まだ、最後まで読んでませんので今回はこのくらいにしときますね。
    それにしても、やっぱり世の中は一部の人間の利益を優先する仕組みで成り立っているって事ですな~。怖い怖い。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 株・会計用語 中央銀行 マネーを生み出す怪物

    フリーキャッシュフロー(FCF)とは?  (2008/12/02)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    企業が本業を営む上で、実際の売上(現金収入)から、必ず必要・もしくは拘束される現金を差し引いた残り。ストック以外で新たに営業以外に自由に使えるお金の量

    いろいろ本を読んだり、ネットで調べた結果、こう言う風に考えています。

    算出式は、

    FCF=NOPAT+償却費-設備投資-増加運転資本

     :NOPAT=EBIT[経常利益-受取利息+支払利息]x(1-実効税率)
     *EBITは、営業利益を当てても問題ないということです。



    はい、こんな感じ。まあ、専門用語が沢山出てきますね。一つずつ見てみましょ。

    :NOPAT(Net Operating Profit After Tax)
    税引き後営業利益

    :EBIT(Earnings Interests and Tax)
    ほぼ営業利益と同じと考えて問題ないそうです。

    :償却費
     減価償却費。設備・建物等、大きな金額の資産を数年にわたって費用化する会計手法。つまり、設備を購入した時点で現金は支払っているが、それを1年目で一括費用計上するのではなく、複数年に振り分けて少しずつ費用として計上していく。なので、減価償却費は現金の支出を伴わない架空の費用なのである。

    :設備投資
     有形固定資産(機械・建物等)、無形固定資産(ソフトウェア等)を購入した金額。これが実際、1会計年度内に企業が支出した現金の総額。これを一括費用化せずに減価償却していく訳。

    :増加運転資本
     {売上債権(売掛金等)+在庫(棚卸資産)}-{支払債務} 。運転資本とは、日々の業務を回していく上で、入金と支払のズレによって生じる手元に確保しておかなければならない現金の量を示しています。そして、前年分よりも運転資本が増加したという事は、キャッシュフローを悪化させていると言う風に考えられます。詳しくは、運転資本とは?をどうぞ。

    ■ 営業以外に使える自由なお金


    これがフリーキャッシュフロー(FCF)だと言う訳で、これを原資にして企業は、債権者への返済、株主への配当金の支払、自社株買い等が行える訳ですよね。ですから、株主にとってこの FCF が一番重要だと言う訳ですわ。

    そんで、この FCF を将来に向かって試算、現在価値に置き換え、企業価値を計ろうとする訳ですね。この辺は、ウォーレン・バフェット氏語録 価値に関する原則に書きましたが、勉強不足でイマイチ不完全だった(今も不完全かも)な~と思って、今回の記事をまとめてみました。まあ、もう少ししっかりと勉強したいと思いますな。

    細かい事は、株式投資帝国>DCF法とは? こちらでどうぞ。詳しく解説されていますよ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 株・会計用語

    ウォーレン・バフェット氏語録 まとめ記事1  (2008/11/18)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    前4回分の各項目をまとめてみましょうか。

    :::事業に関する原則
    1:事業は簡明で理解しやすいか
    2:安定した業績を残しているか
    3:長期的に明るい展望はあるか

    :::経営に関する原則
    4:合理的に経営されているか
    5:株主に率直であるか
    6:横並びの強制力に負けていないか

    :::財務に関する原則
    7:株主資本利益率はどうか
    8:オーナー収益はどうか
    9:売上高利益率はどうか
    10:留保利益1ドル当たり1ドル以上の市場価値を生み出しているか

    :::価値に関する原則

    11:企業価値はどれくらいか
    12:価値に対して割安な価格で買えるか

    計12項目ですな。
    まあ、はっきり言ってどの項目も一朝一夕では埒が明かないのは明白。ですけど、自分なりに企業を分析して投資するって行動をおろそかにしちゃダメよ、って事ですな。

    最後に、最低5~10年は売らない覚悟で買い付ける自信が無ければ買うな!ってバフェット氏は言ってましたわ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ウォーレン・バフェット 投資の基本

    ウォーレン・バフェット氏語録 価値に関する原則  (2008/11/18)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    前回の続きです。この部分が一番重要だとバフェットは言ってますな。

    ■ 価値に関する原則


    11. 企業の価値はどれぐらいか

    バフェットは、ジョン・バー・ウィリアムが提唱した、「 配当還元モデル 」 が証券の価値を算定する最良の方法だと言っています。

    簡単に説明すると、「 当該企業が将来生み出すキャッシュフロー(FCF)の総額を適切な利率で現在価値に還元する 」 と言う事です。

    ここに出てくる用語で、キャッシュフロー(FCF)については、ウォーレン・バフェット氏語録 財務に関する原則のオーナー収益の部分を見てね。「 適切な利率で現在価値に還元する 」 の部分は以下に説明します。

    「 3年後に100万円を払うので、投資してください 」

    貴方は友人から上記の申し出を受けました。貴方なら、いくら投資しますか?前提としてこの申し出の成功確率は100%だとします。このケースでの貴方の適正な投資額は、「 還元率(ディスカウントレート)」 によって決まります。この還元率は通常、ゼロリスクレートを使用します。ゼロリスクレートとは、事実上ゼロリスク(債務不履行の可能性がほぼゼロ)の債券で、いわゆる国債の利率のことです。これが今、年率10%だとします。すると、現在の100万円は、1年後110万円になります(100*1.1)。2年後は121万円になります(110*1.1)。

    上記の例を逆に考えた物が、「 現在価値 」 という考え方で、

    「 将来のお金をディスカウントレートで割り戻した額 」

    という事になります。つまり、2年後の121万円を1.1で2回割ると、100万円になりますよね。

    「 2年後の121万円の現在価値は、ディスカウントレート10%で割り引けば、100万円になる 」

    では、友人の申し出に対して貴方が現在払っても良い金額を計算してみましょう。100万円を1.1で3回割ればいいわけです。結果、約75万円が今貴方が友人に対して払える最大の金額と言う事になる訳です。

    「 貴方が今、2000万円の税金を国に納めてくれれば、国が貴方の子孫末裔に至るまで毎年100万円をお支払いします。」 

    と言う申し出を貴方は受けました。これは良い話なのでしょうか?これも将来に貰えるお金を現在価値に置き換えることで答えを導き出せます。利率10%で考えますね。
    1年後の100万円は90.9万円(100/1.1)、2年後の100万円は82.6万円(100/1.1/1.1)、3年後の100万円は75.1万円(100/1.1/1.1/1.1)4年後は・・・、つまり段々と時が経つに連れてお金の価値が減少していくわけです。最終的には限りなく 0 に近づく訳ですね。そして、それら未来のお金の現在価値の総額を簡単に導き出す方法が有ります。毎年貰えるお金を利率で割る事によって割り出せます。100万円/0.1(10%)、つまり、1000万円です。ここから上記の国による申し出は貴方にとって損な話だということが分かる訳です。この考え方を 「 永久還元 」 と言います。


    MBA2 VALUATION
     参照



    説明が長くなりましたが、バフェットが提唱する企業価値の算出方法は、上記考え方を元にしている訳ですね。

    「 当該企業が将来生み出すキャッシュフロー(FCF)の総額を適切な利率で現在価値に還元する 」

    ここで重要なのが、

    1:将来のキャッシュフローを正確に導き出す事
    2:還元率をどうするか?


    1は、成長期と安定期に2段階に分けて考える方法を取っています。例として、最初の10年間はFCF成長率15%、以降5%など。
    2は、その当時の長期国債レートを使用するケースがほとんどです。ですが、レートが低い場合、10%前後を使用するケースが多いようです。

    まあ、私個人的に思うのは、あまり深く考えても将来のFCFを正確に導き出せる訳もなく、ここで重要なのは将来の企業価値を現在価値として数値化して捉える事ができると言う点ですかな。

    この2段階モデルを簡単にシュミレートできるサイトが有りますのでご参考までに。

    ここで詳しく解説されています。企業価値はどのように評価されるか?

    12. 価値に対して割安な価格で買えるか

    これは、上記11のルールに従って算出した企業価値の現在価値より如何に安い時価総額で証券を手に入れられるかが重要だと言う事ですね。ですから、市場全体の暴落時にこそチャンスが有ると言う事ですわ。
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ウォーレン・バフェット 投資の基本 企業価値

    ウォーレン・バフェット氏語録 財務に関する原則  (2008/11/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    前回の続きです。

    ■ 財務に関する原則


    7. 株主資本利益率はどうか

    ROEですね。これが、全産業・同業種との比較上、高い数値を維持できているかどうか?それも突発的でなく長期間(10年以上)維持できているか?が重要ですよね。

    少なくとも、10年前のROEをここ3年くらいの平均が上回っている必要があるみたいです。でなければ、この10年間何やってたのこの会社は?って事ですから。

    8. オーナー収益はどうか


    オーナー収益とは、

    [純利益+減価償却費]-[設備投資+運転資金]=[キャッシュの純増額]-[設備投資額]
    と言う事らしいです。

    いわゆるフリーキャッシュフロー(FCF)の事ですよね。厳密には違うかもしれませんが、大体同じような物だということです。

    FCFは、

    営業キャッシュフロー(営業CF)+投資キャッシュフロー(投資CF)


    これがまず簡便な算出方で、

    FCF=NOPAT+償却費-設備投資-増加運転資本
     :NOPAT=EBIT[経常利益-受取利息+支払利息]x(1-実効税率)

    *EBITは、営業利益に置き換えても大きな問題は無いと言う事です。

    これが本格的な算出方です。

    FCFは+であることが基本的に望ましく、株主への還元、債権者への返済等に充てられます。FCFがマイナスですと、間接・直接金融での資金調達が必要だと言う事ですね。成長企業とかですと、設備投資先行でFCFがマイナスになる事が通常です。

    FCFについては、キャッシュ・フロー計算書の構造(2)フリー・キャッシュ・フローの概念:ITproや、フリーキャッシュフローの計算を参照。



    自動車メーカーの財務諸表を見てみると、FCFはマイナスで、借り入れで補っています。
    これは、自動車の販売がローン販売の占める部分が大きいので、金融子会社(ローンを取り扱う会社)のキャッシュフローがインよりアウトの方が上回る状況からきています。

    金融子会社(オートローン会社)については、自動車ローンの現状と課題

    ですので、このオーナー収益を算出するに当たって、金融子会社のキャッシュフローを分離して考えないと、本業のキャッシュフローが見えてこないような感じですね。

    あと任天堂なんかを見てみると、FCFは結構有り、外部からの資金調達無しでやってきている事が分かります。

    このFCFを算出するに当たっての注意事項は、連結決算の数字だと、本業のFCFが見えにくいと言う事かな~。自動車産業のキャッシュフローを見てそう思いました。

    9. 売上高利益率はどうか

    まあ、これも高ければそりゃ良いですよね。
    例えば、自動車産業内でトヨタとホンダは、売上高利益率が5%前後有るけれども、マツダやスズキは、2%とか3%しかない。

    10. 留保利益1ドル当たり1ドル以上の市場価値を生み出しているか

    純利益の企業内に留保した額(配当しなかった純利益)以上に、少なくとも株式時価総額を押し上げているかどうか?と言うところを見るということです。

    企業内に留保した純利益 = 株主資本 ですから、当然それは有効に活用されると経営者が判断し留保した訳ですよ。もしこれが、マイナスであれば利益を留保した意味が無い訳です。ですので、これを過去にさかのぼってみてみると、経営者の実力と株主に対する誠実さが垣間見れる訳ですね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ウォーレン・バフェット 投資の基本

    ウォーレン・バフェット氏語録 経営に関する原則   (2008/11/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    前回の続きです。

    ■ 経営に関する原則


    4. 合理的に経営されているか

    経営者の最大の仕事は、「 資本の適正配分 」 とバフェットは言ってます。つまり、株主資本を利益率の高い案件に投資する事、利益の内部保留率(逆に言えば配当性向)を適切にする事。

    例えば、本業が絶好調でまだまだ成長見込みがあるにも関わらず、多角化を試みたりする事、むやみに新規案件を立ち上げる等。つまり、儲かっている分野以外に投資するとこは合理的ではないという事ですね。

    あと、マーケットがある程度成熟しており、利益を内部保留してまで投資する必要性が低下している。こういった場合は、配当金と言う形で投資家に直接還元するか、自己株取得に内部保留分を回すといった合理性が働かなくてはおかしいと言ってます。

    5. 株主に対して率直であるか

    これはIRの質・量など、株主が知りたいであろう情報をいち早く知らせているか?決算内容を粉飾していないか?過去の失敗等も率直に語っているか?等、経営者の株主への誠実な態度が重要だと、バフェットは言ってます。

    6. 横並びの強制力に負けていないか

    横並びの強制力っていうのは、

    1:路線変更に抵抗する
    2:時間や資金を無駄に使い切る(多悪化)
    3:トップが入れ込んでいる事業は正当化される
    4:同業他社を何でもまねする


    等らしいです。まあ、これは項目4と同じ意味でしょうな。なんしか、利益追求が第一義でっから、それに反した判断を下したり、分かっているけどなかなか行動に移せないなんていう事かな。

    例えば、ソニーがテレビ事業で後塵を拝した原因に、「 ブラウン管の時代はまだまだ続く、液晶・プラズマに経営の軸足を移すにはまだ早い 」と言う判断を下したってのがあります。他社は、早々に薄型テレビに軸足を移していたにも関わらずですよ。

    あと、iPODが流行りだして、各メーカーが似たり寄ったりの製品を大量に商品化している事など、利益を本気で追求しているとは思えませんもんね。

    前々から思っていることですけども、特に日本の家電メーカーにこの辺の節がよく現れていると思うんですよ。もうね、良く似た商品を出し過ぎ。あらゆるメーカーが商品化していますよね。傍目からして、絶対に主流にならないようなメーカーもそれに追従している事実。

    パナソニックの三洋買収がきっかけとなって、一気に業界再編話が色んな方面で持ち上がると勝手に予測しています。でないと、世界で生き残れないんとちゃいますかね?国内で小競り合いしている場合じゃないんとちゃいますか?日本の家電メーカーは2社体制くらいで良いと勝手に思ってます。

    次の大型合併案件は、 「 パナソニックとシャープ 」 、もう、日本企業はそれくらいやって世界市場に本格的に殴りこみをかけてほしいですわ!

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ウォーレン・バフェット 投資の基本 松下電器産業 パナソニック

    ウォーレン・バフェット氏語録 事業に関する原則  (2008/11/03)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    かの有名投資家、ウォーレン・バフェット氏。彼の著書は多数販売され、目にされた方も多いと思いますけども、そこで紹介されていたキーワードを、これから数回にわたって検証したいと思います。

    バフェットの法則(参考:『株で富を築くバフェットの法則』)を参考にしてます。

    ■ 事業に関する原則


    1. 事業は簡明で理解しやすいか

    例えばトヨタ自動車。車を製造・販売している会社。たしかに理解しやすいですね。逆に理解しにくい業種ってなんでしょう?これ、意外とすぐには思いつかないんですよね。一つだけ思いつくのがソフトバンク。まあ、ソフトバンクは投資会社みたいなもんだと勝手に思ってますが、どうなんでしょうね?
    ですんで、この問いを素直に捉えると、「どんな会社でも理解しやすい」って事になると思うんですよ。

    質問の性質を少し変えて、「何をしている会社か?」ではなく、「どういうビジネスモデルを持っているか?」と言う風に問い直してみると、どうでしょう?意外と即答できない。「利益を生み出すビジネスモデルを構築していて、それを客観的に理解できる企業か?」

    バフェットは、「 自分の得意分野 」にだけ投資するようにしていると語っています。ですんで、広く浅く知識を広げるのではなく、ある分野に意識を集中して研究する必要性を説いています。

    2. 安定した業績を残しているか

    これは過去、長年に渡って売上・利益供に右肩上がりである、って事でしょうか?まあ、景気によって思いっきり左右される業種か、そうでないか。なにか特定の要素によって浮き沈みが起きない業種かどうか。まあ、とりあえず、過去に長期の実績を残している企業が良いと言う事でしょうね。

    3. 長期的に明るい展望があるか

    A:その企業が属する業界・国自体が成長・拡大中であり、当分継続する見込み。
    B:強力なブランド力を持っている。他社との比較優位性を持っている。


    この B の部分が重要でしょうね。A の部分は、いずれ衰えが見えてきます。そこからが本当の企業価値が問われる部分で、命運を左右する訳ですよね。

    日本の自動車産業も戦後100社以上がひしめき合っていた訳で、最終的には大企業数社に集約されていった訳ですよ。その集約されていった原因の一つが B の部分な訳。

    B は、バフェットの言葉で言うところの、「 独特の事業基盤 」= ブランド力で、企業の製品・サービスが、

    :顧客から必要とされている、求められている
    :容易に代替できない
    :規制の枠にはめられていない


    という事らしいです。いわゆる汎用品をつくる企業ではないということですね。まあ、当然と言えば当然ですが、産業が立ち上がったばかりの時期にはそういった汎用品を作っている企業でもやっていけるわけですが、最終的には 「 独特な事業基盤 」を持つ企業しか生き残れない。

    ですので、既にそういった物をもっている企業に投資しましょう、って事ですね。

    でもね、この汎用品っていうのが意外と世の中には多い訳ですよ。例えば、

    :NECと富士通が作ったパソコンに、明確な違いを見つけることができますか?
    :トヨタのビッツとホンダのフィットに明確な違いを見つけることができますか?


    なかなか難しい問題ですよね。まあはっきり言ってパソコンを自作している私にとって、NECと富士通の差なんて無いに等しい訳です。デルはどうでしょうか?あそこが急速に伸びたのは、通販とカスタマイズでしょう。このビジネスモデルがNECと富士通に対して独特で消費者の心を掴んだ、これが日本勢がシェアを落とした一つの原因ですわ。でもね、デルもすでにビジネスモデルに独自性を保てなくなってきている訳で、汎用品化してきている、長期に独特な事業基盤を築くって事は相当難しい事だと思いますね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ウォーレン・バフェット 投資の基本

    最良の買い付けタイミング  (2008/10/14)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    そもそも、最良の買い付けタイミングを狙い定める事は実現可能だと思いまっか?

    ■ 全員がお金持ちになっちゃいますな


    例えば今回の暴落相場を見て、以前から保有している人が、

    「 いや~、こんなに安くなるとは思いもしなかった。」

    って言うのが正直な意見だと思うんですわ。
    買い付けた時期が2004~2006であったならば、売上・利益ともに、順調に推移する事を見込んでいたと思います。

    ただ、それは見込みに過ぎないと言う事。将来を楽観視しようが悲観視しようが、それはどちらにしても確定要素ではない、不確実なんです。

    言いたい事は一つ、すべては不確定要素の塊で、どうなるか分からない。

    これは銘柄選定に関してもいえます。
    成長企業を選び出そうとする行為自体、かなり不確実。そんなことが可能であるならばほとんどの人は大金持ちです。

    つまり、タイミングを計ったり、成長企業をピンポイントで選び出そうとする行為はギャンブルだと言う事。何故なら、将来はどうなるか分からないからです。世界経済はカオスなんで、あまりにも複雑すぎて、何が何に影響を及ぼすのか因果関係を突き止めることがそもそも不可能だからです。

    ■ 投資は千差万別、だから面白い


    ですので、ぶっちゃけ、「 これが私にとっての優良企業 」 という思い込みで投資するしかない。そして後は、リスクを覚悟して、長期間にわたり分散(時期・投資対象)投資を行う。

    これが素人が選び得る最良の選択肢だと思うんですね。

    ただ、その思い込みに関して、個人的な嗜好や考え方が無いとなると、普通預金に預けてた方がましですんで、そこは自分との戦い、色々考えをめぐらして、後は長期での結果を望む、そんな体勢で今後も投資に取り組んで行きたいと思いますな。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 投資計画

    株式投資における銘柄選定の方法  (2008/09/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    前回の記事、投資する理由2でも書きましたが、投資する理由が 自分の「 夢 」 の実現の為ならば、株式投資における銘柄選定の基準として、

    その企業の事業内容に 「 夢 = 喜び 」 を感じることが出来るか?

    というのも、一つの基準になると思いますねんな。

    ■ 一番好感が持てる企業をまずは探す


    まあ、ほぼ全ての銘柄に 「 夢 」 を感じ取る事は可能です。なぜなら、その企業を立ち上げた人々は全て、「 夢 」 を持ってその企業を立ち上げた訳ですから。
    我々投資家は、その夢に優先順位をつけて銘柄を選定する訳ですな。

    例えば、

    :自動車産業
    :ゲーム産業
    :エネルギー産業


    等の産業別区分でどの分野に一番 「 夢 」 を感じるか?フィーリングが合うか。やはり、フィーリングが合えば将来像も想像しやすいと思いますねんな。全然、興味の湧かない分野に関してはそうじゃないと。

    どの分野が儲かりそうか、ではなく、どの分野に一番好感を持てるか?で、投資対象選定のスタートを切るのも良いと思いますで。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 投資計画

    投資をする理由2  (2008/09/25)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ■ 夢を実現する為


    そう思うんですわ。じゃあ、夢って何?

    具体的な形は色々有ると思いまっけど、簡単に言えば、

    「 心の高ぶり、幸せな気分、安心感、達成感、充実感 」 等の様々なポジティブな感情を味わう事だと思うんですね。
    そう、結局は感情が最終的な目的なわけですよ。そういった感情を味わう為に色々な事を考え、それが明確になったものが、「 夢 」 なんでしょう。

    色々想像してみて、「 ドキドキ、ワクワクする! 」それが夢。

    夢を追い求めた時それを現実の物とする為に、様々な投資をする。お金、時間、行動・・。だから、まずは「夢」を具体化することが重要なんだと思うんですな。

    私は、「 夢 」をノートに書き出して、それを実現するにはどうすればいいか、なんていうのを考えるのが好きです。

    「 夢 」 あっての投資、お金は夢を実現する為の道具に過ぎません!

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ: 投資の基本 投資計画

    投資資金計画2  (2008/09/06)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    投資に関する資金計画に関して、過去に何回も取り上げてますけど、ここでもう一度おさらいしましょか。

    ■ 本業の稼ぎは、何千万、何億の元本を投資した結果と同じ価値なんです


    まずね、本業でいったいいくら稼いでまっか?例えば、年収が税込みで600万円やとしますな。これをね、投資で得ようとするといくらの元本が必要になると思います?年利が10%の投資でも、元本6000万円が必要なんでっせ!もうね、投資利回りが年率で10%ってあんま魅力的やないな~、なんて思ってる人多いと思いますけど、600万円を投資で得ようと思ったらそんだけの元本が必要なんですわ。てことは、年収600万円の人は6000万円の元本を回してるとも考えられる訳ね。

    だからまず、投資に回そうとしてる本業でコツコツ稼いだお金は、ほんまそんだけの価値があるんやでってことを肝に銘じて、大切にしましょうな。

    お金っちゅうもんは、そんだけ苦労せな得られません。もうね、株買ったらものすごく儲かるとか安易に考えて投資しようと思ってたら失敗の元ですからな。

    前回の記事でも書きましたけど、口をすっぱくして言いたいのは、投資に回そうとするお金は、ほんま大切にせなあきまへん。投資する前に、よくよく計画を立てんとあきませんよ。

    ■ 投資する目的は?


    これですわ、大切なんわ。まあ、いろいろ考えられますな。

    1:老後の生活資金
    2:一発大逆転狙い
    3:早期リタイヤを目指す


    いずれにしても、なるべく早い時期にスタートする事が重要ですわ。スタートって言っても、いきなり何かに虎の子の現金を投入するって意味ではないですよ。投資する準備を整えるって事。まあ、勉強ですわ。

    そんでね、現実的にまずは目標とする額と時期を設定する訳ですな。今回は、3について考えてみましょか。

    ■ 早期リタイヤを目指す


    22歳から始めるとしましょ。早期リタイヤの時期を45歳と設定、その時の目標額を2億円やとしますな。そんで、投資開始時の初期資金0、毎月給料の20%を投資に回すと仮定しましょ。まあ、給料は段々と上がっていく物として平均12万円やとしますな。投資期間は23年。さあ、どんくらいの平均年利回りの投資を実行せんとあかんとおもいまっか?

    目標を達成する為に必要な年平均利回りは、12.8% です。

    はい、これで投資計画の第一歩を踏み出しました。つまり、この場合、期待収益率年平均12.8%のポートフォリオを構築する必要があるっちゅう訳です。

    この利回り計算を簡単にシュミレーション出来るサイトがあります。
    金融電卓(By モーニングスター)
    一回使ってみてくださいね。



    はは~、じゃあ具体的にどうすればいいの?って話でっけど、これはね、過去のデータを見るしかありません。

    まあ、どんな投資対象にしても平均の期待収益率(リターン)とリスクの関係っていうもんが有る訳です。例えば、日本株の過去50年の平均は期待収益率15.5%でリスクは30.2%やったんやね。ここで言うリスクってのは、平均をどんだけブレル可能性があるかって事で、良い時は15.5+30.2=45.7%、悪い時は15.5-30.2=-14.7ってな結果になる事もあるっちゅう事。だから、銘柄にしても投資時期にしても、一点に集中しすぎると良くも悪くも相当なブレが生じてしまう。だから、それをいかにコントロールするかに長期的な結果がかかってくるんですな。

    いずれにしても、年平均利回りを12.8%にするには、普通の貯金や債券(国債)ではおっつかないですから、株式等のリスクの高い投資対象を中心に選ぶしか道はないっちゅう事が分かる訳です。

    これね、はっきり言って結構至難の業なんですね。スペシャル頭の良い集団が運用してるファンドですら12.8%っていう平均利回りをたたき出す事に四苦八苦してますさかいな。

    ちなみに、年金運用の目標期待収益率は2.5%です。

    投資で早期リタイヤするには、むちゃくちゃ勉強せんとあかんちゅう事。まあ、お互い頑張りましょな!

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 投資計画

    投資資金計画1  (2008/09/01)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    お金も貯まったし投資でも始めるか~、なんて考えてる方、資金計画は立ててまっか?

    ■ 投資資金が用意できたのは、長い貯蓄生活の積み重ねでっしゃろ?


    例えば、今1000万円の現金が手元にあるとしますな。それ、何年かかって出来たお金でっか?
    10年かかったとしましょ。もしね、それをね、一気に同じ時期に投資しようと思ってるのなら、よ~く考えた方が良いでっせ。

    もしね、資金投入時期が市場の高値圏であったりしたら、もうね、普通預金に貯金してた方が良かったわ!って事になりかねませんからな。10年かかったもんを、一瞬にして投資する、これはリスク高いでっせ。

    ですから、よ~く考えましょ。今、投資に向けようとしているお金は長い長い貯金生活があったからと言う事を。そんで後、これからの月々の収入量を考えて、さらに投資する資金がどんくらいの期間で、どんくらいの量を用意できるようになるかを。

    一気にドン!は、要注意でっせ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 投資計画

    投資をする理由1  (2008/08/28)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    これね、一般人からすれば、

    「 そんなん、お金が欲しいからに決まってるやん! 」

    ってことになるんですけども、金持ちからしてみたらこれは理由にならんでしょうな。何故なら、

    既に莫大な資産を築いて保有しているから

    では、何故、お金持ちは投資を続けるのでしょう?

    ■ お金持ちが投資をする理由


    お金持ちには2種類あります。

    1:生まれついての金持ち
    2:頑張って金持ち


    1と2ではお金に対する考え方が違うと思いますね。ま、1について考えましょか

    最初から金持ちな訳ですから、それもものすごく金持ちね。私はそうじゃないからなかなか想像しにくい部分もありまっけど、まあ、普通の教育は受けてないはずですわな。つまり、我々が受けた労働者になる為の教育ってやつですわ。

    って事は、どんな教育受けてるの?これは、人を動かす方法(ビジネスの作り方)と、投資についての教育ですわ。金持ちは幼少時から投資の特訓を受けてるわけですな。じゃ、なんでビジネスと、投資の勉強をするのか?もちろん、金の為ではないですわな。

    色々あると思いますが、恐らく、

    :未実現の事象・物への欲( 夢 )

    こんなところから発生してきてるんちゃうか思うんです。
    つまり、タイムマシンが作りたいとか、ターミネーターみたいなロボットが作りたいとか、他人がやった事の無い事を俺が実現させてやる!っていう思いから、ビジネスや投資に心血を注ぐんやと思います。

    もちろん、これだけ投資したらこんだけのリターンがあるとかも考えてますよ。でもそれは、

    :リターンを追及しなければ次の夢に進めないから
    :リターンを追求しなければ雇われてる側が頑張らないから


    ですわ。つまり、金持ち自身がリターンを欲しい訳じゃないんですわ。もう、あほみたいにお金持ってますさかいな。

    ■ 俺達は?


    たま~に、

    「 俺は金の為に働いてる訳やないで! 」

    って人いますけど、まあ、嘘とはいわんけど、完全に本心でも無いですわな。なんでって、働かなかっても生活できるんですか?出来ませんわな。だから、ある程度は金の為に働いてる訳です。

    ここが重要やと思うんですわ。

    金持ちは金の為に投資をしてる訳や無い。俺達は金の為に働いてる・投資してる


    根本が違う。

    俺達も投資に対しての意識改革をする必要がどうもあるようですよ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ: 投資の基本 投資計画

    防衛的投資家とは?(ローリスク・長期投資)  (2008/07/27)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    この防衛的投資家っちゅう言葉は、超有名投資家であるウォーレン・バフェット氏の師匠である、ベンジャミン・グレアム氏著の「 賢明なる投資家 」に出てきたもんなんやけども、まずは、グレアム氏が言う投資の定義について書こうかな。

    ■ 投資とは?

    1:投資とは詳細な分析に基づいて行う物であり、元本を保全して、適切なリターンを上げる事。この条件を満たさない物を投機と呼ぶ。

    2:将来のことはわからないのだから、投資家は手元資金をすべてひとつのバスケットに入れてはならない。その安全で堅実な範囲を超えて冒険に挑んだ人々は、精神的に大きな困難を背負う事になる。

    3:投資家と投機家の相違は、その人が相場変動に対して、どのような態度で挑むかと言う点である。投機家の関心事は、株価の変動を予測して利益を得る事であり、投資家の関心事は、適切な証券を適切な価格で取得して保有する事である。



    上記3点が、グレアム氏が基本的な指針としているもんなんやけども、激しく同意しますな~。私も、テクニカルな手法で相場を追っかけてた事がおましたが、そりゃもうドキドキの連続でしたわ。まあ、寝る間も惜しんでPC張り付き体制のセミプロみたいになったら話は別かもしれまへんけど、そういう事は私には出来ませんし、それで儲かるとも思えませんからな。

    そんでもって、上記の基本を踏まえたうえで投資家はさらに、「 防衛型 」と 「 積極型 」に分類されるっちゅう訳ですわ。

    ■ 防衛的とは?

    簡単に言うと、「 ローリスク・ローリターン型 」 っちゅう事ですな。

    皆さんは、株式投資に対してどれくらいのリターンを期待してはりますか?1年で2倍とか、いや1ヶ月で2倍やで!って人もいはるでしょう。でもな、それは過去の歴史からして、それを達成できた人はごく僅かやってことは証明されてる訳ですわ。しかも、短期的に2倍とかもっと上の100倍とかのリターンを得たとしても、ドドーンと大きな損害を次に出して結局は元本割れに終わったなんてしょっちゅう有った訳ですわ。

    過去の記事、株式市場プレミアム (長期投資・ローリスク)にも書きましたけど、全体で見たら株式投資によって期待できるリターンはゼロリスク投資(国債)+5~7%(年利)なんですな。この基準がおおよそ 「 防衛的 」な基準になります。

    あとは、その不確実性は増すけどもリターン(期待収益率)も上記基準より増すと考えられる投資を、「 積極型 」って呼ぶ訳ですな。でも、これもグレアム氏の1~3の指針にそって行わないと、投機って事になる訳です。

    まあ、私がグレアム氏の言葉の中で一番大事やと思うのは、 「 元本を保全しつつ 」ってとこですな。保全する方法なくして投資とは呼べん、じゃあ、保全する方法は何?って事ですけど、それはもう、過去の歴史からの経験を生かすしかありません。それが株式市場プレミアムの考えであり、分散投資であり、銘柄を選択する基準なんですわ。あとは、市場の暴騰と暴落は何回も繰り返されるって事を知っとく事ですな。

    まあ、そういうわけですから防衛的投資家が選ぶ銘柄っちゅうもんはおのずと絞られてくる訳ですな。ここ(リンク先の説明文に書いてます)でも一つ紹介してますんでまあ、一回見てみて下さい。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:賢明なる投資家 投資の基本

    投資計画を立てる2  (2007/12/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    お金は結局、自分が何かをするための道具ですよね。


    そして、お金はその目的のバロメーターだと思うんです。

    ですので、目的 = お金の量 が違えば、方法も変わってくると言う事ですね。

    例えば、月給30万円の人が、3億の豪邸を建てようと思えば、今の仕事を続けているだけでは不可能です。方法を変えなければいけません。

    株式投資も同じで、

    :自分がいったいどれくらいのお金を必要としているのか
    :そのお金の使い道は何なのか


    これらを明確にするのとしないのとでは、株式投資の方法・成績に大きな違いが生じると思うのです。


    具体的に株式投資に当てはめると

    :高級車(1000万円)を2年以内に株式投資の利益で購入する
    :老後の生活資金を60歳までに株式投資で1億円以上生み出す
    :毎年2回、家族5人で海外旅行(200万円相当)に行くための資金を生み出す
    :理想のマイホーム(例えば1億)を購入するために5年以内に資金を作り出す


    こんな感じで、具体的な 資金量 と 期間 を設定するんですね。

    そして、その目的と達成期日をターゲットにした投資方法は、どんなものが最適か?


    を考える訳です。

    投資対象を株式投資に限って話を進めていきます。

    まず、毎年安定した収益を株式の売買で得る事は難しいと考えます。株価は割りと急激に動きますので、ある一定の期間は全く動かない事があるんですね。そして、忘れた頃に動き出す。そういった特性が有るので、短期間で収益を得ようとすると、どうしても狭い株価レンジでの値幅取りに陥ってしまい、冷静な判断が下せなくなってしまいます。

    ですので、株式投資はあくまでも長い目で見る必要のある投資だと思います。
    割安な時期に投資を行い、市場心理が良くなって割高な価格になるのを待つ。株式投資を成功させるには2回待つ必要が有ると言う事ですね。

    :割安になるまで待つ(買い時)
    :割高になるまで待つ(売り時)

    それを焦って、周りが株式投資に注目しだして株価が割高になったときに買ってしまう。それでは成功する可能性が低くなってしまいます。かならず、2回待ってください。

    結論から述べますと、先に述べたような、

    :高級車(1000万円)を2年以内に株式投資の利益で購入する
    :毎年2回、家族5人で海外旅行(200万円相当)に行くための資金を生み出す
    :理想のマイホーム(例えば1億)を購入するために5年以内に資金を作り出す


    こういった投資には向きません。期間を短期間に設定する事が難しい投資なんですね。
    なので、割と突然訪れるボーナスのように考えるのが妥当だと思います。かりに、割安なときに投資したとしても、その後いつになったら売却の時期(割高)になるのかは明確に設定する事は出来ません。
    とは言っても、過去のデータからは、だいたい4年か10年周期でその時期は訪れているように見えます。なので、おおよそ4年後もしくは10年後に結果が出ると思っていてもあながち間違いではないでしょう。

    ここで一つの例を示すと、
    トヨタ 7203 を市場心理が最悪だったH14年の11月に¥2800で購入し、4年後の市場心理が最高潮に達していたH18年2月の¥8200で売却したとしますと、年率で30%の複利効果があったことになります。銀行預金が1%前後の日本でこの高金利はばかにできません。
    これは、底値で買って高値で売るという極端な例を示していますが、かりにもう少しレンジを狭めたとしても15~20%の複利効果は得られた時期だと思います。

    ですので、株式投資がトヨタのような優良企業級でも、年率15~20%は得る事ができた、と言う事です。もう少しリスクを得て、違う投資対象にすればもっと高い利回りが期待できたでしょう。ただし、利回りを追求するあまり、リスクがあまりにも高くなってしまうのは本末転倒です。あくまでもローリスクで目的を達成する事が先決です。

    :利回りは15~20%(年率)

    後は、最初に投入できる資金量で結果が決まってきます。
    この初期投資分は、

    :確実に得られる収入から貯蓄する事によって作り出す

    普通のサラリーマンの方ならこの方法を取る方が一番多い事でしょう。
    あとは、副業をしてあくまでも労働に対する対価としてのお金を貯蓄していく。
    もちろん、ビジネスを立ち上げてお金を増やすと言う考えも有りますが、なかなか
    そこまで踏み出せる方も少ないと思います。

    まあ、賭けをすることなく着実に貯めたお金を投資することになると思います。
    ですので、

    :貯蓄計画をしっかりと立てる
    :4~10年周期でやってくる、年率15~20%の投資対象に投資する


    こういった流れになると思います。

    かりに、Aさんが30歳の時に、株式市場が割安な時期に突入し、その時500万円貯めていたとします。そうすると、

    :4年後、利回り15%の場合、500万円が870万円になる
    :4年後、利回り20%の場合、500万円が1036万円になる



    そして、Aさんが38歳の時にまた株式市場が割安な時期に突入しました。その時の貯蓄は先の870~1036 + 毎年の積み立てが100万*4 = 400万円あったとして、1270~1436万円です。

    :さらに4年後、利回り15%~20%の場合、資金が2221~2977万円になる

    結局、Aさんは30歳の時に株式投資を始めてから42歳になるまでに自己資金900万円を2200万円から3000万円に増やす事に成功した訳ですね。
    12年間での複利効果は、

    :2200万円で 年率8%
    :3000万円で 年率10%


    これを低いと見るか高いと見るかはその人によると思いますが、あくまでも日本の銀行金利は年率1%だと言う事を忘れないでください。さらに、株式には配当金と言うものがあります。これは株価の2%くらいありますので、配当も加えると複利効果はさらにUPしていると言う事です。
    そしてさらに、株式を割高な時期に売却してから割安な時期に突入するまでの間、他のローリスク投資対象(例えば、定期預金・国債など)で運用しておけば、年率1~2%程度の複利を得る事ができます。

    私個人としての株式投資に対する、期待値と期間に対する考えの簡単なまとめ



    :年率13%前後の複利効果
    :長ければ長いほど複利なので効果が高くなる、長期投資


    達成期間と目標額を設定した場合、

    :達成期間を10年、目標額を5000万円とすれば、初期投資1500万円が必要
    :投資期間を20年に延長した場合、資金は1億7000万円になります


    こういった感じで現実的な投資計画を立てることが出来るようになります。


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:複利 配当金 投資の基本 投資計画

    投資計画を立てる1  (2007/11/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    株式投資にしろなんにしろ、実行するまでにある一定の流れを踏む必要がある。

    1:事実を把握する
     株式市場というものはどういったものなのか。
     過去を振り返って、どういった事が繰り返されてきたのか。
     
    2:自分の望む結果を明確にする
     利益を求めるのか。それはいったいどの程度の利益なのか。
     趣味として、楽しめればいいのか。

    3:方法について考える
     投資資金の準備の仕方
     個別株、オプション取引、投資信託、国内、国外
     長期投資、デイトレード
     信用取引を利用して、売りでも利益を取りに行く。
     ファンダメンタルの分析、 テクニカル分析
     
    4:長所と短所を検討する
     3の方法それぞれの長所・短所を検討する。

    5:リスクを評価する
     自分の負えるリスクの範囲を考える。

    6:他人の意見も聞く

     自分を過信せずに他人(特に成功者)の意見を聞く
     失敗して、株なんか止めた方がいい という人の意見も聞く(反面教師)

    7:遅滞無く実行する
     ここまできたら実行するのみ。
     理論だけでは、望む結果は永遠にやってこない。


     3 についてはこういった方法も考えられる。
     ブローカー:証券会社は手数料を得るという方法で株式市場から利益を得ている
     投資顧問:投資情報の提供と言う方法で利益を得ている
     起業家:株式を上場(IPO)すると言う方法で利益を得ている

    極端な話、これらも方法の一つである。


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:長期投資戦略 投資の基本 投資計画

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。