FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

次の第46回衆議院選挙で誰に投票をするかを決定する方法  (2012/12/13)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


党を選ぶのではなく人を選ぶ


:売国政治家を見抜き、排除する。それが日本の重要な一歩になる(DARKNESS)

「 党を選ぶのではなく人を選ぶ 」、これを徹底しようという主張が上記サイトである。
ごもっとも、インターネットで被選挙人の情報を結構調べられる。

以下調べ方抜き出し、

:今回の解散決定直後に民主党離脱を決めた人々のリスト。
選挙に勝つ事しか考えていない、主義主張が無い、国・国民の事なんか考えていない可能性が高い。

小泉俊明
富岡芳忠
石関貴史
山崎 誠
小沢鋭仁
川口 浩
初鹿明博
橋本 勉
今井雅人
水野智彦
小林興起
熊田篤嗣
長尾 敬
辻  恵
中川 治
阪口直人
山田正彦
松野頼久
福田衣里子

:選挙に向けての今の発言を見るのではなく「 過去の行い 」を見る。
選挙に当選したいが為になんとでも耳障りの良い事を言うのは当たり前、しかし、過去の行いは消せない。

外国人参政権
パチンコ
暴力団
口利き
斡旋
裁判
原発
TPP
消費税

上記キーワードと政治家名で検索、その政治家の発言内容を見るのではなく行動を調べる。
色々思いつく事を調べよう。

我が選挙区・大阪第14区の立候補者の顔ぶれ


:候補者の氏名及び候補者届出政党の名称 [PDF]

あ〜、誰も選びたく無い・・・・。
そういう場合どうすればいいのか・・・困るな。

スポンサーサイト
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済 -タグ:政治 政治家

日本の道州制、一極主義から多極主義へ  (2009/03/05)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、今日はですね、またまたケーブルテレビの朝日ニュースターっていうチャンネルで 「 ニュースの深層 」って言うのを見ていたんですが、題材として道州制について取り上げていたんですね。

道州制とは簡単に言うと、中央集権国家を辞めることなんですね。

超強力な中央政府が地方にお達しをするっていうのが今の日本の形なんですが、これだと日本全国画一的な計画にならざるを得ず、とても非効率だという事です。

例えば、日本全国の小学校の教室は南向きに建てなければいけないと中央政府が決めているんですが、これだと沖縄の小学校では夏に暑くなりすぎて生徒が熱中症にかかるケースも有ると言う事らしい。

道路に関しても、国道と県道の整備がばらばらなんで、一体的な道路計画が立てにくい。河川にしても国が管轄する部分と地方が管轄する部分に分かれていて、これも一体的な整備が出来ていないという事です。

小さい地方空港がいっぱいあるのも、経済性を無視した国会議員のお国へのお土産主義で、これも中央集権の弊害です。私は関西在住なんですが、伊丹空港、関西空港、神戸空港が狭い地域に併存している事自体、不思議でなりません。はっきり言って無駄の極致ですよね。

そして、最大の問題は、地方に主権が無い為に地方だけでは何も行えない、画一的な計画を中央が主導・財源を握っている為、地方による特色も生まれにくい、なのでどうしても東京一極主義になってしまう。

これを是正しなければ日本を元気にする事は難しいと言っていました。

折りしも世界の情勢がアメリカ一極主義から多極主義へ移行しようとしています。これはアメリカ一極主義の成熟期が訪れた証ですね。どんな事でもある程度の成熟期を迎えてしまうと、いままでのやり方では成長が止まってしまう。筋トレに例えるならば、同じ重さのウェートでず~っとトレーニングしても筋力は強化されません。重さを変えないといけない訳です。

日本も客観的に見ても明らかに、成熟期を迎えています。更に今の政治のごたごたを見るにつけて、ほんと中央集権国家の末路を見ているかのようです。

自民党に期待できないとして、民主党はどうか?残念ながら民主党も道州制をマニュフェストに掲げていません。ですから、政権が民主党に変わっても中央集権を辞めるつもりは有りません。2000年のマニュフェストには掲げていたらしいですが。

いずれにしても、道州制が日本を変える一つの方法だって事を、「 ニュースの深層 」で知ったことが今日の収穫です。是非実現していただきたいと思いますが、支配者層からすればこれは一大事、早々簡単には事は運びそうにありません。どうしたらいいんでしょうかね?

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:政治 日本 道州制 地方自治

福田首相が総理職を辞任  (2008/09/01)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


最初、なにしとんねん!意味あんのか?って思ったけども、なるほど、そういうことか。

■ 内部からの自民党つぶしで一気に政権交代を狙った作戦か


このタイミングで福田総理が辞任を発表する事によって引き起こされる事と言えば、これしかないでっしゃろ?任期中、もう色々な不祥事が表ざたになり、世界情勢もおちおちしてられへんし、日本経済も下降線を辿っている今、「 これは自民党のままではあかん!」 って福田さんは思ったんじゃなかろうか?

もうね、日本の未来を考えたら色んな膿を出し切って、本当の改革をしなけりゃならんと思うんですわ。もうね、無理やりにでもせなあかんから、最後の手段、 「 自民党はあかんわ! 」 って、国民に思わせて政権交代を断行。自動的に民主党が政権を握る訳ですけど、もうね、しょうも無い事できへんと思いますで。本気で政治をするんとちゃいますかね?

あ~、おそらく今日はここ最近の日本での出来事で最重要日として振り返られると思いますわ。

■ どうも、ちゃうみたいですわ


上記の書き込みが福田総理の辞任理由かと勝手に思ってましたけど、どうもちゃうみたいですな。

最近の政治情勢に無頓着でしたさかい、勘違いしてましたけど、どうも民主党の支持率がここ最近低下してたんやね。そんで、福田総理含め自民党首脳陣が起死回生を掛ける為に、総裁選挙で自民党に注目を集め、国民に人気ありそうな人を総理にしてから衆院選挙を戦うって作戦を仕組んだみたい。

まあ、この作戦、なるほどとは思いますが、姑息やね、自民党。

私個人の考えでは、多少は自民党に風を呼び込めるかもしれませんが、姑息さが目立ちますさかい、民主党にもまだまだチャンスありますな。

でもね、はっきり言って、もう、ただの勢力争いは懲り懲りですわ!

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:政治

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン