にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    ジム・ロジャーズ氏の予言 通貨危機を懸念  (2009/06/10)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    バルチック海運指数がここのところ下落していますね。対して、原油価格は上昇を継続、ついに1バレル・70ドル台にまで上昇していますよ。

    原油価格が70ドル台になってもあまり騒がれないのは、昨年に147ドル台まで上昇したからで、過去を振り返れば、2003年以前は50ドルを超えたことが無いんですよね。70ドルでも十分に高い水準なわけですよ。

    株式市場・為替市場も一旦調整か?という雰囲気を醸し出していましたが、かなり踏ん張りが利いていますし、さらなる上昇を開始していますよね。

    日本市場では、特に不動産系の上昇が目立ちますよ。以前取り上げた、アーネストワン、飯田産業等は、かなりの上昇を見せ、アーネストワンは遂に目標価格の300円に到達しました。売っちゃいましたけどね。

    もう1つ注目しているケネディクス(4321)に至っては、底値5030円(2009/2/23)から、43,700円(2009/6/10)まで、実に約9倍にまで上昇しています。それでもまあ、上場来高値が40万円台ですから、90%下落した状態なんですけどね。

    ■ 有名投資家、ジム・ロジャーズ氏の予言


    近頃再び楽観的観測が飛び交っていますが、ジム・ロジャース氏が最近アメリカのニュース番組のインタビューに答えたところによると、

    「株式市場はベアラリー(弱気相場での一時的上昇)の真っ只中にあり、株価の上昇が続いているが、幾分、その勢いは弱まってきている」
    「現在、私は空売りのポジションをもっていない」
    「ドルには何かが起こっている」
    「米政府はお金を刷り過ぎている」
    「米ドルはひどい流出に襲われる公算」
    「米債券価格は劇的な下落に見舞われるだろう」
    「かなりのインフレを伴った痛みが長期にわたり続く」
    「今年か、来年までに起こると予想している通貨危機を懸念している」
    「通貨危機は株式相場にも影響をあたえる」


    :参照元 Yahoo ファイナンス

    と言う事らしいですわ。

    「債券価格が劇的な下落に見舞われる」っていう件、これは起きそうですな。

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バルチック指数 原油価格 ジムロジャーズ 不動産 相場観 楽観的

    株式市場・底値圏で買った人は、今どういう気持ちか?  (2009/05/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、少し調整気味の株式市場ですが、ここから上に行くのか下に行くのか、悩みどころですよね。

    そこで、もし私・貴方が2009/3/10前後の底値圏で株式を購入していたとしましょう。
    例えば、オリックス(8591)。3/10時点での終値が¥2,045、2009/5/12終値が¥6,010。なんとまあ2ヶ月あまりで約3倍の株価にまでなっていますよね。長期保有を前提にするなら売らないと言う選択肢もありますが、いかんせん先行き不透明です。利益確定の時期は近いと考えるのが普通でしょう。

    今現在オリックスを保有していない人は、最近の上げ相場でガンガンオリックスが上昇しているのを指をくわえて見ていた訳で、楽観的ニュースが流れる中、PBR的にはまだまだ安値に見えるオリックスを買いたくて買いたくてしょうがないと考えている事でしょう。

    まあ、買い手と売り手に心理状況の差が有るからこそ売買が成立する訳ですから、上記事柄は普通の事ですよね。

    でもまあ、楽観的ニュースが流れ出してから動き出した買い手の後に続く存在がいるのか?ここがポイントですよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 楽観的 相場観

    次の暴落の引き金が引かれるタイミングを探る時期か?  (2009/05/10)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、先日の記事の通り、今のところ楽観的色合いが濃い市場環境ですが、いずれ暴落の引き金が引かれると思うんですよね。

    そこで、以前からチェックしているアメリカ・ダウ平均株価と為替(AUD)の比率の推移が1つのヒントになるかなと言う事で、注目しています。(過去記事参照

    2008/11月初旬からの0.70~0.75の水準が、2009/2/20頃から変化しだして0.90前後へと。今現在、約0.88ですので状況は変わりません。

    どう動くかはっきりとは分かりませんが、なんとなく為替の方が先に動き出すかなと。予想としては、株価の上昇もしくは停滞を傍目に為替の下落(円高)が始まる。

    でもまあ、そう予測する人が多そうですので逆の現象が暫く続くとも考えられますよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 暴落 為替 FX ダウ平均株価 相場観

    本当に100年に一度の恐慌なのか?  (2009/05/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、最近、投資環境が好転しすこぶる順調に上げてきていますよね。いや~、ここまで楽観的な雰囲気が蔓延すると逆に再度の暴落を警戒しちゃいますよね。

    5/8(金)のアメリカ・ダウ平均株価は、前日の下落を帳消しにし、8574ドルまで上昇。中国、欧州株も軒並み上昇中。為替も、対ドル以外は大体円安方向に。私が注目しているオーストラリアドル(AUD)は、目標価格の下限¥76.5に接近しつつありますよ。

    少し前まで、100年に一度の大暴落、世界恐慌時を上回る状況に陥るかもと、メディア関係は連日報道していましたよね。今は嘘の様にそういった情報をニュースで目にする事が少なくなりました。最近は、新インフルエンザ関係の報道ばっかりですわ。

    基本的に国家や大企業の動きは、世界の支配者層を有利な方向へ導く為の動きですから、「 100年に一度の大暴落・・・ 」というセリフ自体、世間一般を恐怖の底に陥れて資産のたたき売りをさせる目的があると、最近思うんですよね。ですから、このセリフを嫌と言うほど聞かされた一般人にとって、今の上げ相場も傍観せざるを得ないという状況ではないでしょうか。

    で、まだまだ危ないと思っているとぐんぐん上がって、「 お、これはもうすでに最悪期を脱したかも! 」とようやく重い腰を上げた瞬間、ガツ~ン!と大きな下げが起きるパターンでしょうか。

    ですので、もう一発、楽観的雰囲気が漂った時が危ないかと。微妙に危ないなと思う今現在の状況をどう乗り切るか。短期的に見て、ここが勝負どころですな。


    因みに、当ブログに来てくださった皆さんが、検索時に使用したキーワードの内容にかなりの変化が見られますよ。「 暴落 」 というキーワードでの到達が極端に減っているんですね、明らかに。面白いですね~。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 暴落 相場観

    株式市場等に、楽観的観測が浮上する時  (2009/05/04)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、ここ最近、またまた株式・為替市場等に上昇気流が発生していますよね。

    クライスラーの破綻による方向性の暗示、液晶パネルの増産発表、政治家・アナリスト等の景気底値圏の形成に関する発言・・・、多少楽観的なニュース・発言が目立ってきましたな。

    そこでこの、「 楽観的 」、と言うキーワードをこれから追跡していきたいと思います。あくまでも個人的にそう思えるかどうかで判断し、楽観的な風潮が目立つと思った時にブログにアップしていきたいと思います。

    楽観的 というキーワードで過去ログを検索できるようにして、そのブログ記事投稿後に実際どういう経緯を辿ったかを確認したいからなんですね。

    因みに、前回 「 楽観的 」 というキーワードを入れた記事をUPしたのが、2009/1/08 の事です。

    ■ 基本的に 楽観的になってきたところが天井


    まあ、楽観的にもレベルがありますから、2009/5/4時点での楽観的な度合いは比較的低いと思いますが、楽観的な感情が芽生えてきている事は間違えないでしょうな。

    ただ、この楽観的観測の裏に、「 いや、まだまだ油断は禁物だ。今の状況は暴落前の小休止に過ぎないぞ。 」 って思考が働いているような気がします。私も含めて。これは逆に上値を追いかけるべきサインかもしれませんね。

    :直近の楽観的観測ニュース
    米プライム住宅ローン需要が増加、07年4月以来(2009/5/5)
    米株市場は大幅続伸、銀行資本不足は対処可能との見方(2009/5/5)
    バフェット氏がストレステストを批判、Wファーゴ株など買い増す意向(2009/5/4)
    3月米住宅販売保留指数、予想外の上昇=NAR(20095/5)

    さてさて、どうなることやら。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 相場観

    自動車メーカーのジレンマ  (2009/01/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、前回に続いて自動車業界について。
    急激な不況に突入しつつありますが、メーカーは躊躇し出しているんじゃないでしょうか。

    株式市場が直近、実に堅調です。世の中不況不況と言ってるけど、いずれ回復するでしょ?なんて、少し楽観的になってきているような。少しの株価の上昇で、乗り遅れるな!的な心理状況が発生しつつあると思われますが、危ないですね~(個人的感想、私も最近気持ちがぐらついたんで)。

    同じ心理状況が、企業経営者にも若干表れている可能性があると思います。
    日本メーカーが打ち出しつつある、小型車・エコカーへの完全シフトへの迷い。

    「 また大型車の需要が増す時がすぐにくるんじゃないか?
    中古車市場のマーケットが発展途上国であり、そういった国にエコカーが流通可能なのか?インフラをそういった国は急激に整えられるのか? 」

    つまり、金融危機のショックがあまりにも大きかったので、一時は、

    「 早く戦略を転換しなければ! 」

    と思ったものの、

    「 いや、まてよ。早とちりではないのか? 」

    という疑問が必ず湧いてきている頃だと思うんです。
    この迷い度合いが勝負の分かれ目です。

    「 これからはこうだ! 」



    という考えも少し時間が経つと、

    「 ほんとにそうかな? 自信が薄れてきたな~ 」


    なんて事に。でも、大体、最初の思いが正しいです。そんだけの危機だと思います。

    迷っている企業がどこかを探し当てる。当分の間、各自動車メーカーが発表するニュースに注目ですな。

    :電気自動車関係のニュース
    コスモ石油、電気自動車の充電器をガソリンスタンドに設置、09年度中
    アリババ、エコ自動車に関する意識調査結果を発表
    電気自動車、50%が購入意向、希望の価格は「200万円未満」が過半数
    ゼロ・エミッションの電気自動車、国内各社が実用化目前
    富士重、電気自動車でもトヨタと連携 社長が表明
    米電気自動車にしわ寄せ?

    あと、一つ電気自動車が普及するに当たって最大の難関が立ちはだかっている事を忘れてはならない。それは、自動車関連の税金だ。詳しくは過去記事、自動車がエコになると税収が減る件 をどうぞ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:車社会 電気自動車 楽観的

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。