にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    海外バイクメーカーが日本市場で価格下げで攻勢をかけてきている  (2012/03/23)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    2012/03/16 初投稿
    2012/03/23 追加投稿


    ユーロ安で一気に攻勢をかけてきている


    超円高が鳴り止まない日本、過去記事でさんざんバイク価格の内外価格差を訴えてきた訳だがここにきて一気に動きが出てきている。(参考記事:米バイク市場:超円高でバイク価格が大変なことに (2011/08/29)

    バイクの本場はヨーロッパ、各社とも魅力的なバイクを生産している。

    BMWは既にS1000Rの初期投入時に戦略的価格を設定、一気に攻め込んできている。
    そこに更に、aprilia、ktm等が値下げで日本市場に攻勢をかけてきているのだ。
    以下全て税込み価格。

    :bmw S1000R
    BMW_S1000RR.jpg
    169万円(プレミアライン 199万円)
    ※ドイツ現地価格15,500ユーロ(税抜き:13,000ユーロ)、+915 Euro (ABS) , + 1220 Euro (ABS + Trak­ti­ons­kon­trolle DTC)、ドイツの消費税は19%
    ※国内価格161万(税抜き)は換算レート124円/ユーロ(13,000ユーロに対して)

    :ktm RC8R
    KTM_RC8R.jpg
    240万円→約208万円
    ※参考価格:フランス 13,871ユーロ(税抜き)
    ※日本国内価格198万(税抜き)は換算レート142円/ユーロ(13,871ユーロに対して)

    :aprilia RSV4R APRC
    Aprilia_RSV4R.jpg
    164万円(factory 208万円)
    ※参考価格:フランス 12,540ユーロ(factory 15,885ユーロ、両方税抜き)
    ※過去の価格は不明だがおおよそ200~240万円
    ※日本国内価格156万(税抜き)は換算レート124円/ユーロ(12,540ユーロに対して)


    対して日本勢の価格は

    :kawasaki ZX-10R
    kawasaki_ZX10R_2011.jpg
    159万円(正規輸入代理店BRIGHT)

    と、既に同レベルに近づきつつ有る。
    いままでは高価で手が出なかった海外メーカー製バイクが手の届く範囲に、恐るべし円高パワー。


    ただし、実は海外メーカーのバイク価格は現地でも値下げの傾向でもともとの価格が下がっているという事実が有る。
    日本国内価格の為替換算レートは、BMWとapriliaは約124円/ユーロ、 KTMは142円/ユーロ と割高だ。
    2012/03/23 追加投稿分



    バイクに乗らない方はこの価格でも高いと思われるかもしれないが、はっきり言ってバイクの性能は4輪を凌駕しており、この価格帯でフェラーリやポルシェ並みのマシンが手に入るのだ。

    そして海外メーカーは日本勢よりも有利な点が有る。
    それは各ディーラーでほぼ試乗が可能な事、おかしな事に日本車はそれが可能な場所が限られている。
    スペックに関しても日本車よりも豪華なパーツを使用していたり、先進のテクノロジーを搭載していたりする。
    なによりも日本メーカーが日本市場を捨てているため国内仕様で魅力的なモデルが皆無。
    今後、海外メーカー製バイクに縮小した国内市場を更に荒らされる事は間違えなし。

    低価格帯のシティーコミューターもほぼ海外生産品だし今後は直接海外メーカーの攻勢を余儀なくされる可能性もある。
    いずれにしろ、日本メーカーは日本市場を完全に捨てているのでお構いなしの可能性もある。
    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バイク 為替 FX ユーロ 円高 ヨーロッパ 欧州

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。