にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    フォルクスワーゲン(Volkswagen AG)2011年度も絶好調  (2011/04/08)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    日本メーカーを差し置いてフォルクスワーゲンは絶好調


    2008年の4月にフォルクスワーゲンに関するブログ記事を書きました。
    なんとな~く久々に取り上げたいと思います。

    フォルクスワーゲンは2003~2005年度の絶不調期をを乗り越え復活を遂げたわけですが、リーマンショックに始まる世界不況の波には勝てず2009年度は大きく業績を落としました。
    しかし、日本の自動車メーカーを横目にして2010年度は最高益を叩き出すほどに再復活、2011年度の滑り出しも好調のようです。

    ◯2008-2010年度業績推移
     *単位はミリオンユーロ。左から2008年度

    revenue (売上高)
     113,808、105,187、126,875
    Operating income ( 営業利益)
     5,413、775、7,638
    Net income (純利益)
     4,753、960、6,835

    Total Common Equity(株主資本)
     37,388、37,430、48,712

    2010年度は正に絶好調で、特に新興国の売上が伸びたことが大きく貢献しているようです。
    ユーロ安に振れた事で為替益も出ているのかと言うと、実は大したことがないですね。
    もともと販売シェアの50%前後がユーロ圏なので大して影響しないのでしょう。

    ◯地域別販売台数2010年度(カッコ内対前年比伸び率)

     :全世界 720万台(13.7%)
      :EU圏  360万台(3.1%)
      :中国  200万台(37.4%)
      :南米  90万台(9.9%)
      :北米  36万台(20.9%)

    日本市場でも輸入自動車シェア1位のフォルクスワーゲン。
    ただ、フォルクスワーゲンからすれば日本市場は小さな市場に過ぎません。

    今一番伸びているのはやはり中国。
    2000年に上海に行ったとき、市内にフォルクスワーゲンの車が溢れかえっていたことを思い出します。

    日本車とフォルクスワーゲン等の欧州車との大きな違いは、

    :欧州ではクリーンディーゼル車が主流である
     日本市場はハイブリッドか軽自動車
    :欧州車は動力性能を追求している
     DSG、TSIなどの技術で省燃費・ハイパワーを追求
      参考車種 VW Golf.
    15.jpg

    という訳で、自動車に対する姿勢が全く異なるんですね。

    2011年度の滑り出しも好調なようです


    VOLKSWAGEN GROUP REMAINS ON TRACK FOR PROFITABLE GROWTH AFTER RECORD YEAR IN 2010
    フォルクスワーゲン グループ、2010年決算は販売台数、売上高、利益ともに過去最高・2011年も引き続き好調にスタート
    *両方とも同じ内容です。

    この記事によると、2011年度の最初の2ヶ月間で120万台の販売数達成で前期比17.5%増、今期も最高益更新は間違えないと言うことです。

    ◯フォルクスワーゲンに関する参考資料
    Volkswagen Group(Wiki)
    Bloomberg Businessweek(VOW:Xetra):財務関係

    自動車に関する英単語


    (auto) car;自動車
     automobile, vehicle
    next-generation vehicles;次世代車
    clean diesel;クリーンディーゼル
    used car;中古車
    fuel-cell car;燃料電池車
    sport-utility vehicle;SUV
    emission control;排ガス規制
     emission regulations
    carbon dioxide;二酸化炭素
    hydrogen;水素
     酸素は oxygen

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:フォルクスワーゲン ドイツ 海外自動車メーカー

    シトロエン C3 カッコいいけど、Aピラーを無くしてくれ  (2010/06/17)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    シトロエン C3、特徴的なフロントガラス形状でなかなかカッコいいな~。
    でもね、個人的要望として、Aピラーを無くして欲しい。

    Aピラーとは、フロントガラスの左右の枠のこと。
    車体構造上、無くせない事はないハズ。
    オープンカーが有りなんですから。

    :シトロエン C3
    photo01.jpg

    :シトロエン C3 (Aピラー無し)
    photo012.jpg
    Aピラー、これほんと、視界的に邪魔なんすよね。
    これが無かったら、ほんと、ワイドスクリーンで事故も減る。
    特に左折時の巻き込み事故ね。

    あと、夜間に交差点で左折するとき、
    街灯のない道って、ほんと歩道側見えないですよね。
    これも、左側を照らすライトを付けて欲しい。
    サイドミラーに内蔵させるとか。

    まだまだハイテク抜きでも自動車は改善点があるな~。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:シトロエン 海外自動車メーカー

    フィアット・グループ(FIATY:ADR)について  (2009/05/05)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    最近なにかと話題のイタリア・フィアットグループ、少し内容を見てみましょう。

    企業の生い立ちなどは Wikipedia でどうぞ。

    財務内容については、MSN.money で詳細を確認できます。

    売上高はおおかた500億ユーロで推移していましたが、2007,2008年と570億ユーロ台に増加しています。
    純利益に関しては、2001~2004年が赤字で、2005年度から黒字化、2008年度が16億ユーロの黒字を確保するまでに急回復しています。

    株価については、ここ数ヶ月で底値から2倍にまで回復していますね。

    :MSN.moneyより 直近3ヶ月の株価チャート

    Fiat_2009_5.gif


    クライスラーとの提携がほぼ確定し、GMのヨーロッパ部門の買収にも動いていますよね。一気に世界規模の自動車メーカーグループを形成する構えです。

    面白くなってきましたね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:フィアット 海外自動車メーカー

    ダイムラー社(Daimler AG:NYSE DAI)のPBR等  (2008/04/24)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    言わずと知れたドイツの高級自動車メーカーです。メルセデス・ベンツで有名ですね。
    1998年に米クライスラー社と合併、2007年に合併を解消、現在に至ります。長期の財務内容を比較しようと思いましたが、クライスラー社の部分がどのくらい絡んでいるのかが分かりませんので、2007年度単年のみの指標を掲載したいと思います。ニューヨーク市場(NYSE)に上場されています。

    ■ 2007年度実績値

    純資産: 36,718 millions EUR
    純利益: 3,979 millions EUR(特別損失 870 millions EUR を控除済み)
    ROE: 10.8%
    BPS: 36.718 EUR
    PBR: 1.35(4/24時点株価 78.18US$(EUR レート 1.58換算で49.48EUR)

    やはり、いたって平均的な指標を示していますね。過去のBPSも34~36EURの範囲に収まっています。

    ■ ダイムラー社の長期チャート


    Daimler_chart.jpg


    しかし、株価に関しては、30US$(2003年)~110US$(2007年)と大きく動いています。2001年と2003年度に赤字決算を行っているのと、その当時の株式市場の低迷の影響で株価が低下していたのでしょう。

    過去の株価の推移、純資産の成長率等からPBRは1.0前後が買い付け対象値でしょうか。


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:海外自動車メーカー トヨタ

    フォルクスワーゲン(Volkswagen AG)のPBR、ROE 紹介  (2008/04/19)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(Volkswagen AG)。ダイムラー社が高級車専門なら、こちらは大衆車専門のドイツの自動車メーカーと言えるでしょう。ナチスドイツのヒットラーが梃入れして設立した事でも有名ですね。

    ■ フォルクスワーゲンの過去のPBR、ROEの推移

    フォルクスワーゲン2

    様々な紆余曲折を経ているような株価の値動きと経済指標を示していますよね。さらに、近年、株価が高騰している事にも注目です。現在の株価は185ユーロ前後を行き来しています。

    ■ ユーロ高の影響

    EUR-USDJPY-1000-0-0-11-2452641-2454575.png

    2003年から現在までの間に、ユーロに対する円の価値は80%米ドルは67%に低下しています。

    これだけユーロ高が進んで来ますと、輸出産業としては大打撃を蒙っていそうなもんですが、そういう訳でもなさそうです。販売台数の半数をヨーロッパ圏内(ユーロ経済圏:全体の約45%。今問題のアメリカ市場は約8%に過ぎない<2007年決算>)で捌けているからでしょうか?それよりも、原材料の輸入価格の低下に関するメリットの方が大きいのかもしれません。

    以前の記事、トヨタ(7203) 比較!ホンダ、スズキ、現代、タタのPBRとROEの中でご紹介しました現代自動車・トヨタ等の地域別売上分布の表と比較すればよく分かりますが、現代もトヨタも自国通貨圏の売上分布が25%以下です。為替リスクの点では、フォルクスワーゲンの方に分があるのかもしれません。

    ■ 株価水準は多少割高か?

    今現在のPBRは、ROEからして多少割高な感じがしますが非常識なレベルではありません。あと、過去の業績悪化によるPBRの低下等は、他の自動車メーカーの株価の行方を考察する上で、とても参考になると思います。

    次回以降、欧州勢の他のメーカー(ダイムラー、PSA<プジョー・シトロエン>、ルノー等)との比較を行って行きたいと思います。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:海外自動車メーカー トヨタ フォルクスワーゲン ドイツ

    トヨタ(7203) 比較!ホンダ、スズキ、現代、タタのPBRとROE  (2008/04/13)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ■ 2008/3月期の予想値で、PBR(2008/4/11時点の株価)とROE比較

    トヨタ(7203)
    :PBR 1.39
    :ROE 13.3%


    ホンダ(7267)

    :PBR 1.07
    :ROE 14.0%


    スズキ(7269)
    :PBR 1.43
    :ROE 10.3%

    *注意事項があります。当記事最下段に記載あり。

    ■ 現代自動車とタタモーターズのPBRとROE

    現代自動車(Hyundai Motor Company 韓国企業)
    :M-cap 171,504 billion(78,600W - 2008/4/11 last trade)
    :BPS 39,294W
    :PBR 2.08(2008/4/11株価 82,000W)
    :ROE 9.2%(2007年度実績、2003、2004は、14.5%、13.3%)


    タタモーターズ(米国ADR:TTM インド企業)

    :BPS 6.16US$(2008年度予想)
    :PBR 2.46(2008/4/11株価 15.17US$)
    :ROE 18~23%


    直感的に気にかかる点は、
    1: 現代自動車のROEのここ数年の低下要因が何なのか
    2: スズキ(7269)のROEの低さ(これは近年だけでなく、過去をさかのぼっても一貫して低い)理由


    1:の理由として韓国ウォンの通貨高が上げられています。たしかに米国での売上が年々減っています。しかし、これだけが理由とは思えませんね~。ユーロに対しては、かなり安くなっていますから。

    :2002~2008 KRW to USD - EUR - Rupee - Chinese チャート
    韓国ウォンチャート


    因みに現代自動車の地域別売上のグラフを以下に掲載します。Hyundai Report からの抜粋。
    HMCというのが現代自動車のことです。このグラフを見るとホンダが一番アメリカ市場の影響を受ける体質である事が分かりますね。さらに面白いのは、現代自動車がライバル視しているのは、日本のメーカーである事がこのグラフからはっきりと分かる事です。

    :画像をクリックすると大きくなりますよ。

    Hyundai_地域別売上


    あとは、トヨタ(7203)、ホンダ(7269)ともに、ROEは結構高い数値なんですが、それに対してPBRが割と低めな感じがしますね。特にホンダが PBR 1.07 というのはかなり低い気がしますが、上記グラフを見るとなんとなくうなずける気もしますね。アメリカ市場に頼りすぎていますからね。

    タタモーターズに関しては、ROE、PBRともに適正な感じがします。が、もう少しPBRが低下する可能性もあるでしょう。買い付け希望ゾーンとしては、PBR2.0以下を指定したいところです。

    ■ 今回の記事のまとめ

    1: トヨタ、ホンダともに現株価水準(PBR)は過去に比べて低くなっている。
    2: ホンダのPBRは特に低く過去8年間で最低水準の可能性が高い。ただ、売上のアメリカ市場偏向度合いが際立っている。
    3: スズキ、現代自動車はROEが低い。
    4: タタモーターズは成長企業のROE水準である。PBR2.0以下での投資を希望。

    2008/4/15追記

    ■ スズキ(7269)の株主資本について

    1: 関連会社で保有している自己株式の総額が2006年3月期決算時から約2000億円増加している。これは、株主資本から控除されている。その分、期末発行株式数も減少している。

    2: 少数株主持ち株分が、純資産に組み込まれており、これが各期約1200~1400億円ある。これは、株主資本から控除すべき額である。


    上記項目を考慮した場合の当該企業のBPSは、

    :2008-3 1726円
    :2007-3 1644円
    :2006-3 1397円


    となる。





    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:タタモーターズ 現代自動車 ホンダ データ スズキ トヨタ 海外自動車メーカー

    タタモーターズ(米国ADR:TTM)の概要  (2008/04/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    インド国内自動車メーカーで最大手のタタモーターズはニューヨーク証券取引所にてADR(米預託証券)として上場されていますので、私達日本人も簡単に保有する事ができるインド株銘柄の一つです。今回は大雑把に会社の数字を見てみましょう。

    ■ バランスシート及び各種指標

    US MSN のサイトからの転記です。通貨単位は Millions Rupee です。
    現在の為替レートが 1Rupee 約2.5円です。

    tata_motors_balance.jpg


    2007年度の売上(sales)が 324,481 Millions Rupeeですから、日本円に直せば約8000億円。トヨタ(7203)のH20決算期の予想売上高が約25兆円、その規模は1/30に過ぎません。まだまだ小さな会社です。しかし、成長の度合いはすごいですね。2002年の売上が75,000 M-Rupeeですから5年間で4倍以上の成長を見せています。年率で直せば、34%の成長率です。

    ROEを見てみましょう。
    :2007 19.8%
    :2006 18.5%
    :2005 23.5%
    :2004 23.8%
    :2003 13.2%


    やはり、結構高いですね。2002年は赤字です。2003年は世界的な不景気の影響でしょう。それでもROE13.2%をたたき出していますからすごいですね。トヨタ(7203)のROEが各期大体13%ですから、その高成長ぶりが伺えます。

    BPS(一株あたり純資産)に関しては、2003年から2007年にかけて実質3.6倍に増加しています。2007年度決算のBPSが5.5US$、2006から2007にかけての純資産成長率が12%なので、2008年度決算時の予想BPSは6.16US$。現在の株価15.68US$(2007/4/9時点)なのでPBRが現時点で2.54だと考えられます。

    ■ 各種指標まとめ

    BPS: 6.16US$(2008年度予想)
    ROE: 18~23%
    配当性向: 約30%
    純資産成長率: 10~20%




    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:タタモーターズ インド株 トヨタ 海外自動車メーカー

    GM(NYSE:GM) 風前の灯のGMもかつては・・・  (2008/04/02)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ■ GMは11%、フォードはかつて年率20%の複利効果

    ビックスリーともてはやされた時代は遠い過去になってしまったGM(ゼネラルモータース)・フォードですが、かつては相当の複利効果をもたらす優良銘柄でした。

    1977年から1999年、2000年の高値までの複利は、GMで年率11.5%フォードは20%もありました。平均してこれだけ株価を押し上げていたんですね。

    :GM長期チャート1962~
    GM_1962_2008_adj_close_char.jpg


    :フォード長期チャート1977~
    ford_1977_2008_adj_close_ch.jpg


    トヨタ(7203)は1986年からのデータしか手元に無いのでそこからの複利を見てみますと、年率約9%です。まあ、だいたいGMとよく似た数値を示しています。

    ■ これからの世界の自動車産業・業界は買いか?

    自動車産業の歴史を見てみますと、最初は自動車後進国に先進国の外資系メーカーが乗り込んできて初期開拓をしますが、やがて自国内メーカーが成長すると言う流れに今までのところなっているようです。やはり、国民心理的に自国メーカーの車に乗りたくなる、贔屓したくなる、また、自国メーカーならではの自国の文化面を反映させた車を登場させる事が出来るというのが理由でしょうか。

    このことからして、トヨタを中心とする日系メーカーのアジアでの躍進もいつかは終焉を迎える事でしょう。その時、アジアでは何処のメーカーが勃興しているんでしょうか?インドを例に挙げればタタモータースなんでしょうか?
    やはり、アドバンテージを取ったメーカーは強いと思いますので、今のうちに押さえておくのが良いかと思われますね。その時はPBRに気をつけましょう。

    日本国内に住んでいると自動車産業・業界はすでに飽和状態な感が否めませんが、世界的にはそうではありません。日本は乗用車を人口1000人当たり330台所有していますが、中国はたったの2.4台です(1999年統計)。まだまだ自動車産業は発展の余地が大きいです。


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ビックスリー トヨタ 海外自動車メーカー

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。