にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    これから世界市場はどうなるか?  (2010/05/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    原油価格を最大の根拠としての予想です。

    ◯国際原油価格(WTI)
    :40-54ドル

    前回の記事でも書きましたが、現在の国際原油価格はまだまだ高いと思います。
    50ドル以下にはなると思ってます。
    根拠はビックマック指数

    ◯ダウ平均株価指数
    :8000ドル前後

    原油価格からの逆算値。
    あと、金融機関の規制が本格化すると想定すると、投資銀行の株価が参考になる。

    ゴールドマン・サックス(GS)
    EPSの推移は、
     :2001~2004で、4~8ドル付近
     :2005~2007で、11→24ドル
     :2008は赤字、2009で、22ドル
    2007と2009で大儲けしてるわけですが、これが2000年前半の収益に戻れば、
    EPSが4~8ドル付近に、PER10として、株価は40~80ドル。
    2010/5/25時点株価、142.56ドル。

    モルガン・スタンレー(MS)、シティーグループ(C)などは、
    収益の悪化が著しく、株価も2007~2008の高値よりもかなり下落している。
    特にシティーグループの株価は最高値の1/10以下(57→3.78)。

    なので、ゴールドマン・サックスの株価をベンチマークにしようと思います。

    ◯為替
    :豪ドル 60~70円 付近

    原油価格からの逆算値。
    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 ダウ平均株価 原油価格 ビックマック指数 GS

    日本人にとってチャンス到来か?  (2010/05/25)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    久々にチャンス到来の時期がやってきたと思いますな。

    今、現金を保有している人はもうちょっと我慢。

    おそらく中国あたりが暴落開始するでしょうし、
    為替もさらなる円高に振れると思います、個人的に。

    原油なんかも、中長期的に見て需要減退は見えてますからね。
    原油が1バレル70~80ドルとかに最近慣れてますが、
    2003年以前は40ドルを超えたことが無いわけで、
    米ドルが国際的にいくら弱くなっているとはいえ、
    ビックマック指数でみると、
    2003年のビックマックが、2.65ドルで今が3.57ドル。
    約1.35倍ですから、当時の原油価格30~40ドルを基準にすれば、
    1バレル40.5~54ドルっていうのが適正なんじゃないかと。

    エネルギー分野では一層の石油離れが起きるでしょうからね。
    最近の情勢として、
    :天然ガス埋蔵量の増加、価格の低下による一層の利用促進
    :原子力関係の大幅な増加見込み
    :電気自動車等の普及によるガソリン需要の大幅低下
    :自然エネルギー技術の向上による利用促進
    :石油化学製品も植物由来製品に置き換わりつつあります
    20~30年後の状況を想像すれば、石油の利用用途はかなり狭まると。

    原油価格が今回の金融調整期のベンチマークとして最適かもと思うんですよね。

    100万円を1億円にできるチャンスは近いです。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 原油価格 ビックマック指数

    中国株は好調、その他は軟調。あと、不動産系について  (2009/07/07)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、中国株はほんと絶好調ですな。上海総合指数が3124ポイントにまで上昇、直近の営業日20日間でまともに陰線をつけたのはたった1日だけですよ。6月15日付近で2750ポイント前後でしたから、約14%の上昇です。対して、日経平均株価指数はその間約4%の下落。ほんと逆行していますね~。

    為替、原油価格ともに2009/7/6は、結構下げましたな。アメリカダウ平均株価指数は、この記事を書いている時点では多少上昇に転じています。

    ま、為替・株価(日・欧米)・原油価格ともに正の相関を維持していますから、まだまだ踏ん張っている証拠かと。バルチック指数も最近は正の相関ですよね。

    とにかく、世界市場の動きに逆行して上昇している中国株のパワーが、その他市場に波及するのを待つ感じですかな。

    ■ 日本市場の不動産関係は強力に上昇中


    はい、日経がそれなりに大きく下げたにもかかわらず、不動産関係の株は好調でしたね。アーネストも飯田産業もファースト住建も大きく上げました。

    上記銘柄以外にも個人的に追跡している銘柄が他にもあります。
    直近のBPS(一株純資産)を載せておきますね。

    :フジ住宅(8860) ¥446(現株価¥265:PBR0.59)
    :ゴールドクレスト(8871) ¥2708(現株価¥2390:PBR0.88)
    :タクトホーム(8915) ¥59241(現株価¥42900:PBR0.72)


    これらはそれなりの業績を保ちつつ(前期が赤字ではない)、未だPBRは1.0以下の銘柄です。でもまあ、ここ数ヶ月で結構上昇していますから、あまりおいしくはないかもしれません、短期的には。

    ただ、まだまだ割高と言えるほど上昇していませんから、当分は上昇傾向が続くと勝手に予想しています。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 中国 不動産

    バリ島に旅行に行ってました  (2009/07/05)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、6/27~7/5の間、バリ島に遊びに行ってました。今回で2回目、いや~バリは良いですな。

    バリ島って、日本人に大人気の場所なんですが、今回はほんと、日本人が少なかったですね~。不景気&新型インフルの影響ですかね。帰りの飛行機なんてガラガラでしたよ。

    対して、オーストラリア人がほんと多かったですわ。今、オーストラリアは冬なんで、バリシーズン真っ盛りなんですが、それにしても多かった。噂どおり、オーストラリアは不況の影響が少ないのかな?

    この前行ったのが2007年7月、円安がかなり進んでいた時期で、1円当たり75ルピアくらいだったのが、今回は1円当たり100ルピアくらいになってました。ちょっと得した気分だったけども、その分物価自体がちょっと上がってて、結局同じくらいだった気がしますな。

    今回の旅行で気づいた事は、走ってる車はほとんど日本車で、トヨタがほとんど。ついでスズキ、以外にダイハツも多い。三菱がちらほら、ホンダとニッサンはほぼ無しという感じです。スズキもダイハツも、日本では出していないか流行ってない車種でしたね。スズキはAPVとかいう車で意外にかっこよかったですよ。インドネシア全体ではどうなんですかね?

    あと、私は愛煙家なんですが、こっちのタバコで有名なのが、「 ガラム 」。これもなかなかなんですが、一押しが、「 SAMPOERNA 」って銘柄。甘いんですよね、こっちのタバコは。で、このSAMPOERNAはちょうどいい甘さと味わいで、日本のタバコには無い感覚があってお勧めです。バリでは10500ルピアで売ってました(16本入り)。

    ■ 最近の株価&為替の動き確認


    旅行中は一切株価も為替も見なかったんですが本日確認してみると、欧米&日本の株価と為替はあんまり動きがなかったようですな。原油価格が少し下落したくらいですか。対して、中国本土株は上方に少しブレークしたみたいですな。上海B株指数はここ最近、185ポイント前後をうろうろしていた訳ですが、200ポイント付近にまで上昇ですか。中国株は、欧米&日本に対して先行して上昇する傾向がありますからな。どうなることやら。

    後、アーネストワン&飯田産業、一気に上昇しましたな。PBRが1.0を超えてきましたね。ファースト住建はまだまだ、PBRが0.6台です。戸建て分譲系の不動産株が堅調なのは2003年の株価上昇時期に似ています。業績回復株の典型的な値動きですが、中間決算が見ものです。ここで裏切ると、恐ろしい事に繋がりそうですが、実際市場での動きはそれなりに順調なようですよ。

    :3銘柄の年初来安値からの暴騰率

    アーネストワン(8895) ¥77 → ¥428 558% PBR1.09
    飯田産業(8880) ¥241 → ¥1240 514% PBR1.15
    ファースト住建(8917) ¥130 → ¥495 380% PBR0.63


    アーネスト、飯田は売買代金が億円台なんであれですが、ファーストはかなり売買代金が少なく手が出しづらい。ただ、相対的に安いので100万円くらいは買ってもいいと思いますが、数日に分けて買わないといけなさそうですな。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 不動産 アーネストワン 飯田産業 中国 パワービルダー

    為替 ダウ平均株価 原油価格 の相関追跡  (2009/06/26)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、いずれも強いですね。踏みとどまっています。相場は完全に過剰流動性相場です、いつまで続く事やら。

    最近の流れとして、3指標とも未だ正の相関関係にあります。お互いの強弱関係は、

    1:為替の方がダウ平均株価よりも強い AUD/JPY(オーストラリアドル)で見た場合、比率0.91付近をキープ。一時0.92まで上昇しました。

    2:為替と原油価格では、原油価格のほうが強い AUD/JPYが以前¥77.40付近で推移していた時の原油価格は、$68.00~68.80付近でしたが、今現在、$70.50付近で推移。


    これらの推移を見ている理由として、ダウ平均と為替の相関関係が逆になる時期を探っていると言ったところです。もちろん、過去のケースとは関係なく、正相関のままお互いが上昇・下落を当分継続する可能性も大いに有ります。

    とりあえず、正の相関が続く限りこの相場は当分続くんじゃないかな?と考えているんですよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX オーストラリア 相場観 ダウ平均株価 原油価格

    直近の個人的相場観について 特に原油・為替  (2009/06/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、原油価格の高騰が気になる今日この頃ですが、各国政府の景気底打ち宣言のような発言が目立ちますよね。ですが、まだまだ不透明感もぬぐいきれないのが現状です。

    とにかく、原油価格の高騰が激しくニュースで取り上げられだすまでは、この情勢が継続するのではないかと思うのですな。激しく反発、再暴落をどうしても意識してしまうのですが、おそらく、その逆に動くんでしょうな。

    為替では、特にAUDに注目しています。これが、遂に80円台に突入しましたよね。いったん跳ね返されたように思われましたが、かなり踏ん張っています。マック指数的にも今現在が適正価格帯ですので、割高ともいえません。

    とりあえず、個人的な短期的な高値のサインとして、

    1:原油価格が、90ドルを超えてくる

    これを重視したいと思います。

    あともう1つは、

    2:アーネストワン(8895)がPBR1.0を超えてくる(これは情勢が変わった事もあり、更に上値を狙う展開のようですな。PBR1.2~1.3:理由は飯田産業の件)

    特に1が達成された場合、

    AUDは、約90円
    アメリカダウ平均株価は、9782~9890ドル(これは逆相関の可能性あり)


    先々の事は全く分かりませんが、8月頃までにはそんな情勢になっているような気がします。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX 原油価格 オーストラリア 相場観

    原油価格に注目  (2009/06/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、株式市場、かなり踏ん張っていますね。為替は米ドル安の圧力がほんと強力で、オーストラリアドル(AUD)は、ついに80円を突破しちゃいました。アメリカダウ平均との比率は、0.91前後にまで上昇しています。

    で、原油価格の話しです。これがほんと強力な上昇指向を維持しており、もう既に72ドル台に突入していますよ。アメリカ・ダウ平均株価が9,000ドル台になるのが、以前の私個人的なターニングポイントの目安でしたが、原油価格が90~100ドル台に迫る地点を次の目安にしようかと。

    はっきり言って価格帯に根拠はありません。ただ、今現在の世界経済の状況下での原油等、資源価格の上昇は投機マネーの流入以外の何者でもない事はあきらか。さらに、労働市場が冷え切っている今、物価の上昇は最悪のシナリオを人々に想起させます。で、各国政府がインフレを意識しだして、金融引き締めに動き出してしまう恐れが出てきますよね。既にそういった動きが有りますし。

    世界経済は、かなり難しい状況に陥っていると思いますよ。財政出動しなければ救えない企業・地域があり、そうやって金融緩和策を拡大し続けると、過剰流動性による投機が誘発され商品価格が上昇しインフレ圧力が掛かる。更に、政府紙幣の増刷による国債価格の下落にともなう金利上昇が一般市民や企業の債務負担を増大させてしまう。

    ほんとに厄介な事この上ないですな。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:原油価格 相場観

    ジム・ロジャーズ氏の予言 通貨危機を懸念  (2009/06/10)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    バルチック海運指数がここのところ下落していますね。対して、原油価格は上昇を継続、ついに1バレル・70ドル台にまで上昇していますよ。

    原油価格が70ドル台になってもあまり騒がれないのは、昨年に147ドル台まで上昇したからで、過去を振り返れば、2003年以前は50ドルを超えたことが無いんですよね。70ドルでも十分に高い水準なわけですよ。

    株式市場・為替市場も一旦調整か?という雰囲気を醸し出していましたが、かなり踏ん張りが利いていますし、さらなる上昇を開始していますよね。

    日本市場では、特に不動産系の上昇が目立ちますよ。以前取り上げた、アーネストワン、飯田産業等は、かなりの上昇を見せ、アーネストワンは遂に目標価格の300円に到達しました。売っちゃいましたけどね。

    もう1つ注目しているケネディクス(4321)に至っては、底値5030円(2009/2/23)から、43,700円(2009/6/10)まで、実に約9倍にまで上昇しています。それでもまあ、上場来高値が40万円台ですから、90%下落した状態なんですけどね。

    ■ 有名投資家、ジム・ロジャーズ氏の予言


    近頃再び楽観的観測が飛び交っていますが、ジム・ロジャース氏が最近アメリカのニュース番組のインタビューに答えたところによると、

    「株式市場はベアラリー(弱気相場での一時的上昇)の真っ只中にあり、株価の上昇が続いているが、幾分、その勢いは弱まってきている」
    「現在、私は空売りのポジションをもっていない」
    「ドルには何かが起こっている」
    「米政府はお金を刷り過ぎている」
    「米ドルはひどい流出に襲われる公算」
    「米債券価格は劇的な下落に見舞われるだろう」
    「かなりのインフレを伴った痛みが長期にわたり続く」
    「今年か、来年までに起こると予想している通貨危機を懸念している」
    「通貨危機は株式相場にも影響をあたえる」


    :参照元 Yahoo ファイナンス

    と言う事らしいですわ。

    「債券価格が劇的な下落に見舞われる」っていう件、これは起きそうですな。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バルチック指数 原油価格 ジムロジャーズ 不動産 相場観 楽観的

    バルチック指数の上昇が止まらない。そして原油価格も  (2009/06/02)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、株式市場、為替市場の動きに加速度が増してきましたね。みんな、乗り遅れまいと必至です。

    それにしても、バルチック海運指数の上昇が止まりません。これも、金融商品の1つと化していますので一概には言えませんが、貿易量の増大・回復と受け取っても良いのかな?
    原油相場も活況を呈していますよね。1バレル67ドル台にまで達していますよ。またまたガソリン代が高くなりますよね。その他商品も結構上昇しています。

    :バルチック海運指数チャート(2009/3~6)

    Baltic_2009_6.jpg

    ■ 企業業績と株価等の回復では、どちらが先か?


    実経済の回復と株価等・資産価値の回復では、どちらが先か?という問題に関して、個人的には後者の回復が先と考えています。理由は、マネーが世の中を操っている事が明白だからです。

    実経済の中でも回復する順番があって、基本的に金融・不動産系の回復が先。次に新興系、そして大企業系。これは、2003~2008年のケースにも当てはまります。

    あと、最近思い出したジム・ロジャーズの周期説によれば、一桁が8の付く年は絶好の買い場だということ。あと、4年周期説、これは恐らくアメリカ大統領選挙と関係が有ります。意外とこの周期説は当たっていますよ(かなりの長期で)。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 バルチック指数 原油価格 ジムロジャーズ

    そろそろ方向性を確定させる時が来たか?  (2009/05/31)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、2009/4/12の記事で米・ダウ平均が9000ドルを一旦目指す展開と予測し、その後、5/45/105/12の記事では上値の重さから弱気な予測を出していました。これはやっぱり「 100年に一度の暴落=恐慌 」 というセリフが脳裏に焼き付き、再暴落をどうしても意識していたからでしょう。しかしここに来て、為替・商品等が上方にブレークした訳です。

    「 マネーを生み出す怪物 」
    によると、経済の不況・好況の波は、中央銀行という仕組みが存在する限り無くならないと言う事です。つまり、不況の後には必ず好況が来ると言う事。金持ちが金持ちで居続ける為の仕組みです!

    短期の値動きに一喜一憂していては相場の本流に乗り損なってしまいます。株価の上昇速度は今後鈍る可能性は有りますが、以下のトレンドはすでに始まっているようです。

    1:米ドルの大量放出により米ドル安のトレンド
    2:株価よりも先に、まずは為替が動き出す


    1は、かつて無いほどの財政支出を行っている訳ですから、必然でしょう。しかも政府は金融引き締めにかなり慎重なはずです。

    2は、アジア通貨危機後の値動きからして、おそらく妥当だと思います。2003年から株価が反転する前の2000年から為替は反転しています。米・ダウ平均株価とAUDの比率が、現在の0.9前後の水準からさらに上昇する可能性も大いに有りそうです。

    あと、不動産がすでに動き出しています。これも、2003年当時の動きと似たものです。

    そもそも今回の金融危機で世の中から 「 物 」 がなくなった訳ではなく、物とマネーの関係の見直しが行われているだけですからね。

    再暴落を待ちわびていると危ない、そんな感じです。ただまあ、調整相場は何回もやってくるでしょうから、レバレッジはほどほどに、慎重にやって行きたいと思います。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 為替 FX ダウ平均株価

    日本企業で長期投資銘柄を選定中  (2009/05/23)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、各種市場には確かに利益確定の圧力がかかっています。ただ、それを跳ね返す勢力も結構いるようですな。

    2009/5/21、22の夕方頃までは、米ドル全面安の展開が継続していましたが、ここにきて今までの展開である米ドル安&円安=他通貨高に戻ってきましたね。こうなると、株価の上昇が各種通貨に対する円安に直結しやすくなりますよね。

    しかも、最近のニュースが若干楽観的観測の後退を示しています。これは良い傾向ですな。あと、バルチック指数が2786まで上昇しています。前回の高値は2009/3/10の2298、ここから下落を開始し、逆に株価は上昇を開始しました。2009/4/09からはバルチック指数・株価ともに上昇。そんなに強い相関関係は無いようですが、気にはなります。

    ■ 今のところ為替(AUD)に投資、今後、長期投資銘柄に資金を移行していこうと思案中


    私はもっぱらAUDの取引で利益を今のところ出していますが、買い一辺倒ではなく売り建てからも利益を確保しています。売ったり買ったり、バフェット氏みたいな長期投資とは程遠いですわ。アーネストワンも売っちゃいましたしね(その後上昇、いやはや。)

    で、最近は、日本企業で海外にこれから本格的に進出して規模を大きく拡大できそうな所を探しています。今のところ4つほどピックアップしましたが、まだまだ自信がないため調査中です。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 バルチック指数 為替 FX

    アーネストワン、またまた売却  (2009/05/21)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、アーネストワン(8895)ネタは、私の直近の相場観を測る意味でアップしています。

    いや~、なんやかんやで前回、目標値¥300とか書いてましたが、思わず¥220で売却しちゃいましたよ。また買う可能性は大いに有りますが。

    不動産市況は、一旦底を打っていることは間違え無いです。知り合いの不動産業者も言っています。ただ、激安物件が出回っている事による需要ですから、この先順調に新規需要が発生するかは不透明なんですよね。

    まあ、不動産会社の収益性がどの程度回復するのか、ここら辺が分かりにくい。安売り合戦に陥って低収益、こう言う状況も大いに考えられます。

    しかし、金融機関が融資基準を緩和してきている事は事実。直近の底は打っているようです。

    まあ、今のところ、最近の値上がり分の利益確定に投資家は傾きやすいと考えています。注目は、失業率の推移ですね。FRBは、9%後半が最大値だと想定していますが、どうなることやら。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:不動産 アーネストワン 相場観 失業率 パワービルダー

    株価と為替の値上がり益を意識しだしたか?  (2009/05/15)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、株式・為替ともに非常に微妙な情勢ですが、底値圏から投資を開始した投資家は、利益確定をかなり意識していると思うんですよね。

    で、今現在、楽観的な観測を伝えるニュースと、現実問題まだまだ厳しい経済状況を示すニュースとが交錯しています。かな~り、不透明感が強まってきている訳ですよね。

    こうなった場合、ある程度の含み益を早急に現金化したいと言う動機が働き、楽観的ニュースに誘われた買い手が存在する今、急速にその動きが始動してもおかしくない訳です。

    ■ AUD は、底値から¥21 も上昇している


    常々私が注目しているオーストラリアドル(AUD)ですが、底値¥55 から高値¥76 まで、¥21 上昇してきた訳です。これが、上記理由から急激に動き出せば、¥10 程度の下落は十分に起こりえると思うんですよね。アメリカ・ダウ平均株価との比率も若干低下傾向です。( 過去記事参照 )

    さて、どうなることやら。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX オーストラリア 相場観

    株式市場・底値圏で買った人は、今どういう気持ちか?  (2009/05/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、少し調整気味の株式市場ですが、ここから上に行くのか下に行くのか、悩みどころですよね。

    そこで、もし私・貴方が2009/3/10前後の底値圏で株式を購入していたとしましょう。
    例えば、オリックス(8591)。3/10時点での終値が¥2,045、2009/5/12終値が¥6,010。なんとまあ2ヶ月あまりで約3倍の株価にまでなっていますよね。長期保有を前提にするなら売らないと言う選択肢もありますが、いかんせん先行き不透明です。利益確定の時期は近いと考えるのが普通でしょう。

    今現在オリックスを保有していない人は、最近の上げ相場でガンガンオリックスが上昇しているのを指をくわえて見ていた訳で、楽観的ニュースが流れる中、PBR的にはまだまだ安値に見えるオリックスを買いたくて買いたくてしょうがないと考えている事でしょう。

    まあ、買い手と売り手に心理状況の差が有るからこそ売買が成立する訳ですから、上記事柄は普通の事ですよね。

    でもまあ、楽観的ニュースが流れ出してから動き出した買い手の後に続く存在がいるのか?ここがポイントですよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:投資の基本 楽観的 相場観

    次の暴落の引き金が引かれるタイミングを探る時期か?  (2009/05/10)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、先日の記事の通り、今のところ楽観的色合いが濃い市場環境ですが、いずれ暴落の引き金が引かれると思うんですよね。

    そこで、以前からチェックしているアメリカ・ダウ平均株価と為替(AUD)の比率の推移が1つのヒントになるかなと言う事で、注目しています。(過去記事参照

    2008/11月初旬からの0.70~0.75の水準が、2009/2/20頃から変化しだして0.90前後へと。今現在、約0.88ですので状況は変わりません。

    どう動くかはっきりとは分かりませんが、なんとなく為替の方が先に動き出すかなと。予想としては、株価の上昇もしくは停滞を傍目に為替の下落(円高)が始まる。

    でもまあ、そう予測する人が多そうですので逆の現象が暫く続くとも考えられますよね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 暴落 為替 FX ダウ平均株価 相場観

    本当に100年に一度の恐慌なのか?  (2009/05/09)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、最近、投資環境が好転しすこぶる順調に上げてきていますよね。いや~、ここまで楽観的な雰囲気が蔓延すると逆に再度の暴落を警戒しちゃいますよね。

    5/8(金)のアメリカ・ダウ平均株価は、前日の下落を帳消しにし、8574ドルまで上昇。中国、欧州株も軒並み上昇中。為替も、対ドル以外は大体円安方向に。私が注目しているオーストラリアドル(AUD)は、目標価格の下限¥76.5に接近しつつありますよ。

    少し前まで、100年に一度の大暴落、世界恐慌時を上回る状況に陥るかもと、メディア関係は連日報道していましたよね。今は嘘の様にそういった情報をニュースで目にする事が少なくなりました。最近は、新インフルエンザ関係の報道ばっかりですわ。

    基本的に国家や大企業の動きは、世界の支配者層を有利な方向へ導く為の動きですから、「 100年に一度の大暴落・・・ 」というセリフ自体、世間一般を恐怖の底に陥れて資産のたたき売りをさせる目的があると、最近思うんですよね。ですから、このセリフを嫌と言うほど聞かされた一般人にとって、今の上げ相場も傍観せざるを得ないという状況ではないでしょうか。

    で、まだまだ危ないと思っているとぐんぐん上がって、「 お、これはもうすでに最悪期を脱したかも! 」とようやく重い腰を上げた瞬間、ガツ~ン!と大きな下げが起きるパターンでしょうか。

    ですので、もう一発、楽観的雰囲気が漂った時が危ないかと。微妙に危ないなと思う今現在の状況をどう乗り切るか。短期的に見て、ここが勝負どころですな。


    因みに、当ブログに来てくださった皆さんが、検索時に使用したキーワードの内容にかなりの変化が見られますよ。「 暴落 」 というキーワードでの到達が極端に減っているんですね、明らかに。面白いですね~。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 暴落 相場観

    株式市場等に、楽観的観測が浮上する時  (2009/05/04)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、ここ最近、またまた株式・為替市場等に上昇気流が発生していますよね。

    クライスラーの破綻による方向性の暗示、液晶パネルの増産発表、政治家・アナリスト等の景気底値圏の形成に関する発言・・・、多少楽観的なニュース・発言が目立ってきましたな。

    そこでこの、「 楽観的 」、と言うキーワードをこれから追跡していきたいと思います。あくまでも個人的にそう思えるかどうかで判断し、楽観的な風潮が目立つと思った時にブログにアップしていきたいと思います。

    楽観的 というキーワードで過去ログを検索できるようにして、そのブログ記事投稿後に実際どういう経緯を辿ったかを確認したいからなんですね。

    因みに、前回 「 楽観的 」 というキーワードを入れた記事をUPしたのが、2009/1/08 の事です。

    ■ 基本的に 楽観的になってきたところが天井


    まあ、楽観的にもレベルがありますから、2009/5/4時点での楽観的な度合いは比較的低いと思いますが、楽観的な感情が芽生えてきている事は間違えないでしょうな。

    ただ、この楽観的観測の裏に、「 いや、まだまだ油断は禁物だ。今の状況は暴落前の小休止に過ぎないぞ。 」 って思考が働いているような気がします。私も含めて。これは逆に上値を追いかけるべきサインかもしれませんね。

    :直近の楽観的観測ニュース
    米プライム住宅ローン需要が増加、07年4月以来(2009/5/5)
    米株市場は大幅続伸、銀行資本不足は対処可能との見方(2009/5/5)
    バフェット氏がストレステストを批判、Wファーゴ株など買い増す意向(2009/5/4)
    3月米住宅販売保留指数、予想外の上昇=NAR(20095/5)

    さてさて、どうなることやら。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 相場観

    株式市場、どっちに転ぶか分からない情勢  (2009/04/22)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、短期的にみてどっちに転ぶか全く分かりませんね。

    アメリカ・ダウがもう少し強い勢いで上昇するかと思っていたのですが・・・。あと、為替が急激に円高の方向に動いたのが不安感を募らせる最大要因。短期的な押し目なのか、再度の大幅下落のスタートラインなのか・・・。

    アメリカ・ダウ平均株価指数とAUD/JPYの比率を見ているんですが(下記グラフ参照)、2月初旬頃から株価と為替の連動水準に変化が現れ、為替がまず円安方向にブレーク。続いて3月初旬に株価が上方向にブレーク、ただ為替の円安スピードの方が勝っており、その比率は上昇、当初の0.70~0.75の水準からグラフ上のAUD_D)、0.90前後の水準へと一気に変化しました。

    dau_aud_2009_4_21.jpg


    ここは為替の動きに注目ですな。特に世界情勢に変化が見られない訳ですからね。
    急激に動くなら為替の方でしょうね。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ダウ平均株価 為替 FX 相場観

    現在の投資基本方針(短期)  (2009/04/12)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    短期的な投資方針についてまとめてみましたよ。

    前提条件1:
    アメリカ・ダウ平均株価指数が2009年3月初旬に一旦底を打って反発中であり、その反発による上昇の高値圏を9000ドルと予測。もしくは2009年5月初旬を決済確定期日とする。

    投資対象 1:
    FX取引 AUDクロス円の買い建て ターゲット価格76.5~81円台
    (ターゲット価格帯の根拠は、アメリカ・ダウ平均株価指数の100分の1の0.85~0.90掛け)

    投資対象 2:
    日本国内株式個別銘柄投資 アーネストワン(8895)ターゲット価格240円台


    今現在の相場環境は不確定要素が多い中の反発相場である可能性が高いと個人的には思っています。なので、今後1~2年の相場観としてはダウントレンドを辿ると思っているんですよね。で、そのダウントレンド中の投資対象としては、金・銀の先物を考えています。

    もちろん、長期投資対象も物色中&保有中です。とりあえず、中国株は外せないですな。

    さあ、どうなることやら。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観

    株式市場の急反発はいつまで続く?  (2009/04/03)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    はい、最近、非常に好調な世界の株式市場。為替も円・米ドル供に安くなってきていますな。

    私は、日経平均株価と豪ドルの関係をずっと見ていますが(過去記事参照)、この比率に変化が現れだし、そしてその後、株価の上昇が開始されました。今現在、株価上昇の方が円安スピードを上回っていますので、これらの比率が元に戻ろうとしています。

    そして、上記動きに反して、金・銀の動きが弱含みです。今現在、逆相関の関係にありますね。これからは、どうなっていくのでしょうか?考えてみたいと思います。

    ■ 1929年~1932年の相場を再び比較


    以前の記事で世界恐慌時と現在の株価を比較してみました、再考したいと思います。

    1929年に始まった株価大暴落のときは、1929年11月から1930年4~5月に掛けて株価が急激に反発した訳ですが、今回の状況はというと以下の通りです。

    かつてとは違って、2009年は年初から3月初旬まで株価は暴落、ダウ平均株価は9000ドルから6440ドルへと下落、3月9日でようやく底を打って今現在急反発中です。かつてとは反発の時期に4ヶ月ほどのズレが有ります。でも、前年の9月からの下落率でみると、11500ドルから6440ドルへと44%ダウン、1929年9月の380ドル付近から同年11月の200ドルまで48%ダウンと、下落率ではよく似た感じになっていますよね。

    かつては、1929年11月の200ドル付近から1930年4~5月頃の290ドル付近まで145%に上昇しました。今回のケースをかつてに当てはめると、6440ドルの145%は、9338ドルとなります。まあ、9000ドル前後と考えていいでしょう。この辺が目安になりそうですな。

    今現在、8000ドル付近ですから、短期的にはまだまだ伸びしろが残っているように見えます。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:暴落 ダウ平均株価 世界恐慌 アメリカ 相場観

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。