にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    自動車のAピラーを無くしてくれ  (2009/10/27)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    最近は、エコ・ハイブリッド・電気自動車が、この業界のトレンド。このネタしか無いと言っても過言ではないですよね。

    でもね、はっきり言って、「 省燃費でガソリン代が浮きそう 」 くらいが、消費者・利用者の受ける恩恵であって、「 自動車の進化 」 という点で見た場合、そんな大した進化じゃないと思うんですよね。

    更に、電気自動車が本格普及する頃には、電気代が見直されていることでしょう。もしくは、環境税が本格的に導入され、ガソリン車→電気自動車になったことによる、燃料費のコストダウン分は相殺されているに違いありません。じゃないと、国家収入が大幅ダウンしますからね。

    ま、そんな訳で、私個人としましては、電気自動車は大したサプライズではないんですね。ま~、モーターの加速感を知らないので、もしかしたらスポーツモデルの車で、ものすごく良い感じの物が出てくれば、考えが変わるかもしれませんが。

    で、私が個人的に自動車業界に望むこと、車の進化の方向性に期待する事は、1:安全装置・2:自動運転・3:交通システムの見直し、この3点です。

    ■ 1:安全装置


    はい、色んな要素が有りますが、2点ほど。
    1つ目は、視界の改善。具体的には 「 Aピラーの排除。もしくは透明化 」
    Aピラーとは、フロントガラスの両サイドにある支柱の事です。皆さん、これが邪魔して歩行者とか見えにくかった事ないですか?私は大いに有りますよ。なんであれ、透明にしないんですかね?もしくは無くして欲しい。オープンカーが存在するからには、強度的な問題であれを金属製にする必要は無いはず。プラスチック製でもルーフ(屋根)は支えられるはず。ついでに、「 Bピラー 」 も無くして欲しい。フロントドアとリアの間の支柱の事。出来るだけ薄く作る努力くらいはして欲しい。

    まあ、デザイン的に今までの雰囲気に慣れている為、これらピラーを無くすと、売れないんじゃないか?という、メーカー側の意見、あとは、恐らく国の自動車設計に対する決まり事に、ピラーを備える事、なんて物が有るんでしょうね。

    2つ目は、右直事故防止用センサー。
    はい、これは私がバイク乗りなので思うことかもしれません。バイクと車、右直事故が多いんですよ。バイクが直進で車が右折のパターン。車から見たバイクは、ものすごく遠くに見えるんですね。ですんで、もうほんと直ぐそこにまでバイクが接近しているにもかかわらず、右折開始するんですよ!いや、私、これで3回はねられました。最高に痛かったです。
    これは、早急に一般的な価格で車に装着して欲しい。ま、高級車についているような、ミリ波による前方の車との距離を測って、自動的に速度を落とす装置の価格なんかを見ると、物凄く高くて全車に搭載なんて不可能に思えますが。
    ま、周囲の状況を人間が判断できる限界点をすでに現代社会は超えているわけですよ。もう、いろんな障害物やら、なんやらが溢れ返っている。電子装置でサポートしてください。メーカーさん、日本国さん、ほんとお願いします。

    はい、今日は疲れたので、2、3の項目については後日ということで。それではまた。

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:電気自動車 自動車関連用語

    用語 売上構成差(モデルミックス悪化)とは?  (2008/04/16)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    決算報告書の中で、利益増加・減少の要因として、
    「売上構成差(モデルミックス悪化)」
    という言葉が度々出てきます。いったいこれはどういう意味なんでしょうか?

    ■ 売上が同じでも利益率の低い売上が多い場合

    この場合に、「モデルミックスの悪化が要因で利益が減った」と表現されているようです。
    例えば、レクサス1台の売上500万に対して、軽自動車5台分の500万円を比べた場合、
    車体原価、販売経費、その他もろもろの費用が、軽自動車の方がかさむので、売上は同じでも、利益に大きな差が出ると言う事です。

    販売計画の車種構成の読み違えにより大きな損失を蒙る可能性もあります。ここ数年の、米ビックスリーなどがいい例です。SUVに比重を置きすぎ、全く売れない状態が続いてしまった訳です。そして、在庫を抱えないために、高いインセンティブ(ディーラーに対する成果報酬)を払わないと売りさばけなかったんですね。

    さらに同じ車種でも、ノーマル仕様と特別車仕様では、特別車のほうが利益率が高い。そういった積み重ねが、利益率に大きな差を生んでいるようです。

    ■ スバル(7270)の社長のコメント

    スバル(7270:富士重工業)の過去の決算に関する社長のコメントとして、こんな記事が掲載されていました。

    当初は通期の売上構成差を+107億円と見込んでいたが,実際には-208億円になりそうだ。これで既に315億円も違う。販売に関しては,R2でもう少し頑張れるのではないかと見ていたが,そうではなかった。海外でもモデルチェンジから時間が経つと販売が急激に落ち込む現象が見られるようになってきた。Legacyは高級路線にシフトし過ぎたという反省がある。B9 Tribecaに関しては,原油高騰でSUVそのものが敬遠された。これらの車種をインセンティブの追加によって売らざるを得なかったのが大きい。



    読み違えるにもほどがあるというもんです。仮に同じ車を作っていてもモデルミックス戦略の差で利益を上げる事も下げる事もできると言う事なのでしょう。



    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:自動車関連用語 スバル トヨタ

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。