にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    ドル安について考える この先インフレになるの?  (2010/10/14)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    景気が悪い、そういう時はインフレを起こそうとするのが常


    通貨関係の事を考えるとき真っ先に思いつくのがインフレだ。

    Wikipediaで インフレ を見る。
    中程の項目に、日本のインフレーション という項目がある。

    この内容は面白い。教科書でも習った記憶がある。
    いまいちわからない部分もあるが、注目点は基本インフレを起こしているのは政府だということ。
    時の権力者の都合でインフレを発生させられている。
    その手法もなかなか詐欺チックなのだ。

    次に、ニクソンショック を見る。
    これも政府の意図により引き起こされたわけだが、今とは状況が逆のようだ。
    イマイチよくわからない部分もあるが結局痛い目にあったのは庶民。

    そして、 世界恐慌。これは今とは比べものにならないくらい恐ろしい状況を世界中に生んだわけだが、似ているのは デフレからの脱却が目的 だったと言うこと。
    :1910~2000年頃のアメリカのインフレ(デフレ)レート
    imgcexciteco.jpg
    これを見ると世界恐慌の時、毎年約10%のデフレに襲われていた
    で、それを解決するためにインフレ誘導を行ったようで、結局戦争という最強のインフレ誘導策に至ったわけだ。

    なんにしろ、かなり昔から景気が悪くなったらインフレ誘導策を取るっていうのが常識な訳だ。江戸時代の人もそうしていた。

    今回もそうなんだろう。
    問題は俺たち日本人はどういった防衛策、もしくは攻めの体制を取ればいいのか?だ。
    次回に続く。

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX 米ドル 金融危機 インフレ デフレ 世界恐慌

    ドル安について考える 金相場が大変だ!  (2010/10/11)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    今まさに国際金価格が高騰中、そして米ドル暴落中


    いったいどこまで行くのでしょうか?

    ◯Gold先物 1986~2010 長期チャート
    Gold_1986_2010.jpg
    ◯US-dollar-index 1986~2010 長期チャート
     *米ドルの対ユーロ、ポンド、円、カナダドル、スウェーデンクローナ、スイスフラン相場の加重平均値
    Us$index.jpg

    まず金の価格が上がる最大の理由は?貨幣の価値に疑問を感じたからですよね。

    今の貨幣は金の代わりに米ドル=アメリカ政府の信用という裏付けで成り立っている。
    その米ドルの信用が何らかの理由で崩壊し通貨価値が大幅に切り下げられるんじゃないか?
    と考える人が増えたと。

    だから、大金持ちの人たちはそうなったときに備えて金を買う、ちゅうわけですわな。
    円を買ってるのもユーロを買っているのも同じ理由。

    実際過去にそういう事が何回か起きています。
    世界恐慌の時、ニクソンショックの時、金本位制をやめています。
    そして米ドルの切り下げを実行しているわけです。
    そして金が高騰しました。

    ジムロジャーズも、

    「 貨幣は全般的に信用できません。今信用できるのは商品だけです。」

    とか言ってますからね、だいぶ前から。

    でもまあ、今回また米ドルの大幅切り下げが実施されるほどの状況なのか?
    ユーロもポンドも爆弾抱えてるだろ?円だって安心はできん。
    米ドル切り下げなんて無茶な行為を国際的に認めるのか?

    ドルは切り下げられるのか、否か?


    この問題は今、一番熱い。

    アメリカ中間選挙(11/2)も近づきますます目が離せません。
    今後シリーズ化でその瞬間までを追っていき、結果が出る前になんらかの結論を導き出したいと思っております!


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ: 為替 FX 米ドル 金融危機

    トヨタの減配は過去60年間で初めて  (2008/12/20)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    トヨタ、上場来初の減配へ 円高、販売減で連結赤字も

    上記記事によれば、トヨタが東証に上場した昭和24年以来初めてのことだと言う事です。やはり今回の金融危機はただ事じゃすみませんな。

    トヨタは1949年以来、約60年間も配当金を減らしたことがなかったんですね。これはこれで凄いですが、ついにストップせざるを得ないほど 「 ヤバイ!」 と経営陣が判断したと言う事ですね。

    過去にも、オイルショックやら、プラザ合意による急激な円高(1ドル¥235が1年後に¥120に!)や、1989年のバブル崩壊が有ったにも関わらず減配しなかった訳ですからね。

    この記事を見るまでも無く、今回の金融危機が「 危険度大 」だと思っている人は多いと思いますけど、私個人的に印象に残る記事でしたわ。

    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:トヨタ 金融危機 配当金

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。