FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

為替と原油価格  (2008/06/08)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


今回の記事には特に結論のようなものはありません。ですが、今一番熱い問題でしょう。

■ 原油価格の高騰

原油価格が今、高騰していますね。新聞などで公表される原油価格は基本的に、ニューヨーク商業取引所に上場されているWTI原油先物価格です。この指標は米ドル建てとなっています。この価格が1バレルあたり史上最高値を更新中で、130ドル台に突入中なんですね。

原油価格は確かに高騰しています。しかし、過去に起きたオイルショック時と比べて、あまり大騒ぎになっていない事に何かしっくりきません。

このあたりの解説を行っているサイトがここ
なるほど。

あと、田中宇の国際ニュース解説原油価格の2重価格に関する記述がありますが、なるほど、おもしろい。
たしかに、原油を採掘するコストはしれているので、こういったことも十分にあり得ますよね。

原油価格長期チャートを3種類掲載します。
oil_chart.gif
oil_shock.gif
oil_yen_us_1984.gif


2000年当時、20ドル以下だった事を考えると恐ろしい事になっています。
1984年からの実質的な価格を見ると、プラザ合意による円の切り上げ効果が垣間見られます。

■ ドル安

近年の為替の動向からして、ユーロが世界的に強くなり、ドルが弱くなっています。ユーロは、2000年を基準にして150%の価値となっています。つまり、ユーロ建てであれば、ドル建ての原油価格の高騰分を2/3に抑えられていると言う事ですね

円建てに関しては、円がほぼドルと同じ動きをしているため、ドル建て原油価格の高騰は直に影響しています。円もユーロに対して150%の円安になっています。

あと、中国元は着実に上昇しています。ドルとの完全ペッグを止めてから、20%上昇しています。

:円の対ドル、対ユーロ、対中国元為替レートチャート
US_EUR_CHINSE.png


■ アイスランド 自然エネルギーの国

あと、面白いのがアイスランドと言う国。この国はエネルギー源として、80%を水力と地熱でまかなっています。もちろん自動車はガソリンで動いていますのでその分は影響しているでしょうが、電力に関しては、全くと言って良いほど影響を受けていません。この国は、水素エネルギーの実用化に向けて、国家として本格的に取り組んでいる事でも有名です。

■ 全ては2003年を起点にして始まっている

あと、株式相場にしても、為替レートにしても、商品価格に関しても、2003年を起点にしてほぼ上昇しているというのが面白いですね。超低金利政策による過剰流動性相場ってやつなんでしょうか。

スポンサーサイト
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 原油価格 2003年 プラザ合意 田中宇の国際ニュース解説 データ

株式投資をブームで終わらせない。Part 5  (2007/11/23)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


 そんな不況感が漂う外部環境の中 ( 2001~2003 )、
仕事の関係上インターネットが完全に私の日常の道具となっていた。

 この頃になると、

ブロードバンド
ADSL
Yahoo
2P2 ( ナップスター等 )
薄型テレビ
モバイル


 日常生活の中に、ハイテク製品 が普及しだしていた。
そして、人々の情報源が、新聞などからインターネットへと移行しつつあり、
自分が求める情報へのアクセスが過去に比べて非常に簡単になっていたのである。

 そして株式取引に関して、過去と決定的な違いを生む

ネット証券

 が誕生していた。これによって一気に株式取引が一般人にとって身近になっていくのである。ただ、この頃(2001~2003)はまだ、その口座数が爆発的に増加していくと言った状況ではなく、知る人のみぞ知る といった状況であった。

E-trade 口座数推移
etrade_kouza1.gif



 それら新興証券会社がネット上で提供する株式に関する情報は、過去に無いほど多彩であり、本格的な分析をするのにも十分( 過去に比べて )なツールを提供していた。

 そしてさらに、

掲示板
メーリングリスト
メールマガジン


 等の、情報アクセス手段が普及しだし、他人の株式への取り組み方を知ったり、興味度合いを測ることが出来るようになっていた。


 そんな中私は、なにげなくある株式関係のメーリングリストに登録していたのだが、
当時( 2001~2003初頭 )、全くと言ってよいほどメールのやり取りは無く、閑散としていた。

 だが、2003年初頭を過ぎた頃、そのメーリングリストでのやり取りが、急に活発化してきたのである。


・・続く





はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ナップスター ネット証券 2003年 データ

株式投資をブームで終わらせない。Part 1  (2007/11/22)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。



当シリーズは、これから株式投資・もしくは何らかの投資を実践して行こうとお考えの方、
すでに実践しているが行き詰まっている方に向けての内容になっています。基本的に、過去の私の株式投資に関する回顧録的な内容です。
 目的は、ブームでは終わらせない。資産形成としての投資を身に着ける為の物となっております。私自身、まだまだ未熟者ですので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!




 私が本格的に株式投資に興味を持ち始めたのは1999年。ITバブルのころ。
そして本格的に始めたのは、2003年の5月

 なぜ1999年に興味を持ったのかと言うと、
以前から(1997年ごろから)仕事の関係上
日経新聞の商品先物のページを見ていたからだ。

 その当時興味があったのは、大豆やとうもろこし、の相場。
当時(1997年ごろ)会社の上司が、

「 金融ビックバンが起きている!
    これからは中国の発展で商品先物市場が高騰する! 」


と言っていた。今思えば完全に当たっている。
しかし、その当時私に知識が無かったため、

 「 そんなもんなのかな~? 」

くらいにしか思っていなかった。
実際当時の商品先物市場は高騰の兆しが見られなかった。
大豆97
シカゴ取引所 大豆 1997~

コーン97
シカゴ取引所 コーン 97~

 そして、時が経ち、会社を辞めた。
未練がましく、家で商品先物のページを見る癖だけが残っていた。



・・・・・続く はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:大豆 ITバブル 2003年 金融ビックバン 中国 商品先物 1999年

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン