にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    バイク:HONDA のCSR活動、これじゃ駄目だ  (2011/05/20)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    CSR活動は結果を伴うものでなければならない


    146_0912_05_z+new_bikes_2010+honda_CBR600RR_CBR1000RR.jpg
    上の写真は HONDA CBR600RR

    CSR(WIKI) という言葉が示す意味には色々ある訳ですが、一言で言えば 「 企業の社会的責任のあり方・取り組み 」 と言うことです。
    ただ、CSR に関する世界的権威のマイケル・ポーター氏が最新の論文で以下のような内容を発表しています。

    CSRの呪縛から脱却し、「社会と共有できる価値」の創出を

    上記内容を一言で言えば、「 従来のCSRは役に立たなかった 」 と言うことです。
    ポーター氏は、あらたに CSV という言葉を用いてこれからのCSRについて説明しています。

    「 社会に対する働きかけを事業戦略として組み込み、結果を出さなければならない 」 
    「 自社の得意とする分野に集中し、その分野で社会に働きかけ変化をもたらし、自社の利益にも繋げなければならない。」

    上記を踏まえた上で、ホンダのCSR活動を見てみるとはやり従来のどこにでもありそうな結果測定が難しい活動で占められていることが分かります。

    ホンダのもっとも重要なCSR活動が抜けているのです。

    「 日本のモータリゼーションに関する問題の改善に関する取り組み 」

    ホンダが一番に取り組まなければならない活動が抜けている、意味が分かりません。
    バイクに関して言えば以下のような問題です。

    :原付1種の時速30km制限に関する取り組み
     これは誰しもが疑問に感じる法制度であり、これを撤廃させる活動を行わなけれなならない
    :125ccクラスのバイクに関する取り組み
     世界では100~150ccクラスがシティーコミューターのメインでありこれを日本でも普及させるよう活動しなければならない
    :バイク用駐車場問題に関する取り組み
     2006年度より強化された駐車違反の取締によって明らかになったバイク用駐車場不足問題、これの解決に取り組まなければならない
    :バイクの高速道路料金に関する問題
     バイクは軽自動車と同じ料金なのだが、占有度、路面に対する負荷からしてバイク料金を設定しなければならない

    その他多数あるわけですが、ホンダが真っ先にCSRとして取り組まなければならない問題をHP上に掲載していないのは問題です。
    因みにヤマハのCSR活動も上記のような内容は未掲載。

    上記取り組みは、正にホンダが得意とする分野に関する社会的取り組みであり、ホンダの利益にも繋がる。
    逆に言えば、「 こういった活動を行わなければ自社の利益を最大化することは出来ない 」ということ、CSR活動は企業活動のオマケ的存在ではないのです。

    ホンダに限らず、ヤマハ、スズキ、カワサキも真っ先にCSRのメインテーマとして取り上げなければならないのです。
    バイクメーカーの本気を見せてください、頑張ってくれ!

    因みに当ブログで具体的な施策を書いていますので、シリーズ:道路行政 も見てくださいね!

    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バイク ホンダ 道路行政 CSR

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。