FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

オーストラリアドルが急上昇中  (2009/05/29)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、ここ数日で急激に円安が進みましたね。ま、円安と言うよりも米ドル安ですが。

原因はなんなんでしょうか?株価の上昇は緩やかです。前々から計測している米・ダウ平均株価とオーストラリアドル(AUD)の比率が再び0.9を超えてきました。これは、為替変動のほうが株価の上昇よりも急角度で進行中だということです。

為替以外も、特に原油相場が急激に上昇中ですよね。1バレル66ドルを超えてきています。2009/5/01から約27%の上昇を見せていますよ。

あと、バルチック指数もあいかわらず上昇を続けています。2009/5/28時点で3298ポイントになっています。5月頭が約1800ポイントでしたから、83%も上昇しています。

あと、気になるのが米国長期金利の上昇(債券価格の下落)を支える為に、FRBが国債の買い入れ量を増やす公算が高まったというニュース。つまり、さらなる金融緩和策が打たれるということですから、世の中にお金が更にばら撒かれると言う事。これが一番の原因だろうと思われますな。

お金が増えれば何かを買うしかないですからね。

しっかしほんと、世の中、お金に支配されている事が明白ですな。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 オーストラリア バルチック指数 原油価格

日本企業で長期投資銘柄を選定中  (2009/05/23)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、各種市場には確かに利益確定の圧力がかかっています。ただ、それを跳ね返す勢力も結構いるようですな。

2009/5/21、22の夕方頃までは、米ドル全面安の展開が継続していましたが、ここにきて今までの展開である米ドル安&円安=他通貨高に戻ってきましたね。こうなると、株価の上昇が各種通貨に対する円安に直結しやすくなりますよね。

しかも、最近のニュースが若干楽観的観測の後退を示しています。これは良い傾向ですな。あと、バルチック指数が2786まで上昇しています。前回の高値は2009/3/10の2298、ここから下落を開始し、逆に株価は上昇を開始しました。2009/4/09からはバルチック指数・株価ともに上昇。そんなに強い相関関係は無いようですが、気にはなります。

■ 今のところ為替(AUD)に投資、今後、長期投資銘柄に資金を移行していこうと思案中


私はもっぱらAUDの取引で利益を今のところ出していますが、買い一辺倒ではなく売り建てからも利益を確保しています。売ったり買ったり、バフェット氏みたいな長期投資とは程遠いですわ。アーネストワンも売っちゃいましたしね(その後上昇、いやはや。)

で、最近は、日本企業で海外にこれから本格的に進出して規模を大きく拡大できそうな所を探しています。今のところ4つほどピックアップしましたが、まだまだ自信がないため調査中です。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:相場観 バルチック指数 為替 FX

株価と為替の値上がり益を意識しだしたか?  (2009/05/15)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、株式・為替ともに非常に微妙な情勢ですが、底値圏から投資を開始した投資家は、利益確定をかなり意識していると思うんですよね。

で、今現在、楽観的な観測を伝えるニュースと、現実問題まだまだ厳しい経済状況を示すニュースとが交錯しています。かな~り、不透明感が強まってきている訳ですよね。

こうなった場合、ある程度の含み益を早急に現金化したいと言う動機が働き、楽観的ニュースに誘われた買い手が存在する今、急速にその動きが始動してもおかしくない訳です。

■ AUD は、底値から¥21 も上昇している


常々私が注目しているオーストラリアドル(AUD)ですが、底値¥55 から高値¥76 まで、¥21 上昇してきた訳です。これが、上記理由から急激に動き出せば、¥10 程度の下落は十分に起こりえると思うんですよね。アメリカ・ダウ平均株価との比率も若干低下傾向です。( 過去記事参照 )

さて、どうなることやら。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX オーストラリア 相場観

次の暴落の引き金が引かれるタイミングを探る時期か?  (2009/05/10)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、先日の記事の通り、今のところ楽観的色合いが濃い市場環境ですが、いずれ暴落の引き金が引かれると思うんですよね。

そこで、以前からチェックしているアメリカ・ダウ平均株価と為替(AUD)の比率の推移が1つのヒントになるかなと言う事で、注目しています。(過去記事参照

2008/11月初旬からの0.70~0.75の水準が、2009/2/20頃から変化しだして0.90前後へと。今現在、約0.88ですので状況は変わりません。

どう動くかはっきりとは分かりませんが、なんとなく為替の方が先に動き出すかなと。予想としては、株価の上昇もしくは停滞を傍目に為替の下落(円高)が始まる。

でもまあ、そう予測する人が多そうですので逆の現象が暫く続くとも考えられますよね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:楽観的 暴落 為替 FX ダウ平均株価 相場観

クライスラーの破産回避報道で・・・  (2009/04/30)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、為替が一気に動き出しましたね。私は基本的にAUD/JPYで見ていますが、直近高値の73.49円から(4/14)、66.81円まで下落(4/28)、約7円の値幅はここ最近の動きとしては結構冷や汗物だった訳ですよね。

ところが急激に切り返してきたところで、ビック3の一角・クライスラーの債務削減が暫定合意に至り、とりあえず破産は回避という報道が。

ここで一気に円安方向へ加速、今現在(2009/4/30、0:41)70.42円まで上昇していますね。米・ダウ平均株価指数も今のところ順調に上昇、8170ドル付近をウロウロしています。

クライスラーの一件が暗示するところは、連鎖倒産の回避、CDS等の仕組み破綻回避あたりに有ると思うのです。更に、住宅関係の底打ち感が出てきている事も確かで、私の周辺でも、「 お前が住宅ローン通るんか?それやったら誰でも通るんちゃうの? 」みたいな現象が発生しています。確かに住宅ローン金利もめちゃくちゃ低くなってますし、物件価格も良い感じに下がってますから、購買意欲は一気に回復していると思われますよ。

う~ん、今後1~2年はダウントレンドかと思っていましたが、既にお金持ちさんたちの仕込が終了しているのかもしれませんね。

1つ言える確かなことは、1929年~の世界恐慌時よりも物事の進行スピードが格段に速くなっているということ。

ほんと目まぐるしいですよね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX クライスラー

株式市場、どっちに転ぶか分からない情勢  (2009/04/22)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、短期的にみてどっちに転ぶか全く分かりませんね。

アメリカ・ダウがもう少し強い勢いで上昇するかと思っていたのですが・・・。あと、為替が急激に円高の方向に動いたのが不安感を募らせる最大要因。短期的な押し目なのか、再度の大幅下落のスタートラインなのか・・・。

アメリカ・ダウ平均株価指数とAUD/JPYの比率を見ているんですが(下記グラフ参照)、2月初旬頃から株価と為替の連動水準に変化が現れ、為替がまず円安方向にブレーク。続いて3月初旬に株価が上方向にブレーク、ただ為替の円安スピードの方が勝っており、その比率は上昇、当初の0.70~0.75の水準からグラフ上のAUD_D)、0.90前後の水準へと一気に変化しました。

dau_aud_2009_4_21.jpg


ここは為替の動きに注目ですな。特に世界情勢に変化が見られない訳ですからね。
急激に動くなら為替の方でしょうね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ダウ平均株価 為替 FX 相場観

投資の利益に対する税金(特にFX)  (2009/04/14)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、確定申告が終わったばっかりですが来年に備えて。
税金というコストは馬鹿にできませんよ。

株式等(現物・信用・投資信託・ETF など)の譲渡利益は申告分離課税で、税率は原則20%(ただし平成21,22年度内の500万円以下に関しては10%)ですよね。これは、外国株式にも当てはまります。

■ 問題は、FX(外国為替証拠金取引)に関する利益に対しての税金


FXには2種類あって、店頭取引(我々にとって一般的な、証券会社独自の物)と、取引所取引(いわゆる 「 クリック365 」ってやつ)、これらは同じものを取り扱っているにも関わらず課税方法が異なるんですね。

店頭取引に関して生じた譲渡利益に関しては、総合課税方式の雑所得に分類され、給与所得等と合算した上での累進課税方式の対象になる訳。総所得(給与所得+雑所得(FX)等)が330万円以下で20%(国+地方)、330万円を超えると30%以上になる訳。詳しくはこちらのリンクをどうぞ。

取引所取引に関しては、申告分離課税方式で、FXの利益には一律20%(国税+地方)課税される。

課税総所得が330万円を超える人にとっては、無条件で取引所取引=クリック365が有利だと思います。ただ、クリック365での取引には取引毎に手数料(片道・1取引単位当たり約200円前後)が発生します。でもね、スプレッドが店頭取引より狭いのでその分でチャラになっちゃうんですよね。

結論は、FXやるなら断然 クリック365 の方が有利
さらに、損失を向う3年間繰り越して利益と相殺できる点が取引所取引のみの特権です。日経先物等も取引所取引の場合、一律20%の税金で済むため、この前お勧めした CFD はイマイチかも。

税金、ほんとうっとおしい存在ですが、国家権力には今のところ逆らえませんので、出来るだけ有利な方法で対処するしかありませんわ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 税金 投資の基本

為替相場と株価との相関関係2  (2009/02/20)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


以前の記事、為替相場と株価との相関関係 で取り上げた、オーストラリアドルと日経平均株価の相関関係に変化の兆しが感じられますよ。

AUD$と日経平均はほぼ連動していまして、AUD$と日経平均の比率が大体 0.70~0.75 の間なんですね(2008/9月以降のデータ)。
これが、2009/2/20:20:42 現在のAUD$/円相場 60.21円と、2/20の日経平均終値7416/100を下に算出しますと、0.81 となり、上限に近い数値となっております。

2008/9月以降で 0.80 を上回ったのは7日だけで、終値で0.85を上回った事は有りません。

今までの傾向に従えば、為替相場が円高に向かうか、株価が上昇するかのどちらかに振れ易いという事です。

最近の為替の動向は、
1:米ドル相場が、各国所通貨に対して上昇傾向(米ドル高)、もしくは停滞気味
2:1の傾向が、円がその他の通貨よりも高い比率で進行している


と言った感じですよね。

2007年7月に日経平均株価が高値18000台を付けたときのAUD$が106円付近でしたので、当時の比率は約0.59。そこから日経平均株価は下落を開始した訳ですが、AUD$の方は、2008年7月まで100円付近をキープ、その時の比率は約0.73。そこから、同じような比率でお互いが下落していき、今回再び、転換点が訪れていると言う事でしょうか。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:オーストラリア FX 為替

為替相場と株価の相関関係  (2009/01/21)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、以前に日経平均株価とオーストラリアドル/日本円相場の相関関係を見ましたね。相関関係はかなり高いという結果でした。1/20までの期間をチェックしたところ、その相関関係は全く崩れていないですわ。

:日経平均、AUD/JPY、ダウ平均株価複合チャート(2008/9/1~)
Nikkei_AUD_Dau_2009_1_20.jpg

で、今回は米ダウ工業株価指数との関係も指数化してみました。当然のごとく、日経の数字と同じような結果になる訳ですが、ここで注目したいのは、AUD/JPYとダウ平均株価との比率(チャート上のAUD_D)に関しての数字です。

2008/9/1からの数字ですが、段々とその比率が低下傾向にあるという結果であります。2008/9/1~10/24頃までは、0.75~0.80の間で推移、それ以降0.70~0.75の間で推移するようになって来てますからな。
日経平均株価とAUD/JPYの比率はだいたい0.70~0.75で安定してますから、JPY/US$の円高効果でしょうな。

上記の事を踏まえて、もし日経平均株価がさらに低下し、5000円付近にまで低下したとします。その時、上記比率が0.70~0.75のままだとすると、AUD/JPYは、35~37.5円という事になりますね。オーストラリアでビックマックが約100円で買える水準ですわ。

■ 今後の展望は?


今後、株価・為替共々、どこまで下落していくのかは、信用収縮がどこで止まるのか次第です。過去の暴落の歴史からして、今回の金融危機のダメージは相当な物があると思われますので、1929~1932年の世界恐慌時クラスだとすれば、まだまだ下落する可能性が高く、かつての高値まで回復するのに10~20年掛かることになりますな。
しかし、世界恐慌クラスって、たしかアメリカのGDP(GNP?)が恐慌前の45%ダウン世界恐慌:Wikipedia 参照)とかのレベルですから、今回はそこまで強烈な展開があるのかは全く分かりません。

「 マネーを生み出す怪物 」を読む限り、今現在世界的に行われている政府による大企業・金融界救済は、最終需要を一気に回復させる効果を目指しているというより、それらの企業を単に救済する、大金持ち達を助ける為に行われているという側面が強いとの事です。

ただ何度も言ってますが、下がり続ける相場は無いという事。どこかで必ず反転しますから、基本戦略を持って、挑みましょうね!

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 ダウ平均株価 オーストラリア データ 暴落 マネーを生み出す怪物

今後の為替相場の動き  (2009/01/01)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


2002年から始まった世界的米ドル安相場が一旦終焉を迎えましたね。
しかし、12月に入って一旦底入れ、反発しておりますな。

:対米ドル為替相場 2002~2008
US_jp_eur_aud_nz_2002_2008.png

:対日本円為替相場 2002~2008
JPY_us_eur_aud_nz_2002_2008.png

上記2つのチャートを見て分かるのは、対米ドル相場で見た場合と、対円相場で見た場合とで様相が異なると言う事。対米ドルでは、まだ底割れしていません。特にユーロに関してはまだまだ強気な事が伺えますな。

ここ数年の円は対ドルに対しても弱かったので、米ドル相場のマイナス20~40%の水準で諸外国通貨に対して円安が進行していました。しかし、ここに来て米ドルに対しての弱さが解消され、他通貨に対する動きが同じようになってきています。

勝手な予想によれば、円対米ドル相場は90円前後で推移、その他に関しては円安方向に動くかと。あくまでも短期での話です。その先は分かりません。

とりあえず、4月頃まではこの方針で行こうと思いますよ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX データ

実質実効為替レートで見た円の水準  (2008/12/22)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


円を実質実効為替レートでみれば、大した円高水準でもないみたいですよ。

:世界の実質実効為替レート

実効為替レート

■ 実はそんなに円高ではないんですな


実質実効為替レートっちゅうのは、主要貿易国通貨に対する為替変動の加重平均値のことで、つまり、米ドルに対して円高であっても、ユーロに対して円安であれば、その貿易量に見合った平均値で円の国際的水準が決まるっちゅう事です。

その対象国は、米ドル、中国元、ユーロ、韓国ウォン、新台湾ドル、香港ドル、タイバーツ、シンガポールドル、英ポンド、マレーシアリンギット、オーストラリアドル、インドネシアルピア、フィリピンペソ、カナダドル、メキシコペソです。これは、数年毎に見直されているみたいですね。

この国際貿易量による加重平均値にさらに各国の物価変動を加味した物が実質実効為替レートなんですわ。

物価変動に関しての例として、中国で2000年当時の肉まんが1個1元で対円相場が13円だったとします。で、2006年当時中国の肉まんが1個2元で対円レートが13円になった。名目の為替レートでは両期間とも13円でっけども、中国での1元の価値が半減しているんで、1元の対円実質レートは、26円、っちゅう事になる訳ですわ。

詳しくは、「実効為替レート(名目・実質)」の解説(日本銀行HP)

ちょっと難しい解説ですね~。

実効為替レート(名目・実質)エキセルファイル
ここに1970年以降の実質実効為替レートが掲載されています。数値が高い方が円高なんで、気をつけてくださいね。

この数字だけを見れば、過去に比べて、危機的な円高状況では無いように見えます。

ですんで、ここ数年の日本輸出系企業の好業績は、1980年代前半(プラザ合意前)の水準にまで下落していた円に助けられていた面が大きかったのかもしれません。

ん~、これからどうなるんでしょうかね?全くわかりませんわ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX

本格的ドル安スタートか?  (2008/12/12)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、本日は劇的な為替相場の動きが見られましたね。ドル円が88円台
で、ドル以外の他通貨の対円相場と比べてみると、対ドルの動きが加速してきているようですな。

金融危機による投機マネーの巻き戻しによって、対ドルに対して歴史的高値になっていたユーロやオーストラリアドル、ニュージーランドドル等の通貨が一気に暴落していたのですが、12月頭より、ドル安の動きに再び戻ったような気がしますな。

ドル円は、ここ数年の最高値を本日更新した訳ですが、ユーロ、オーストラリアドル等は、更新されていません。

:米ドル・ユーロ・AUD・NZ の対円相場、直近91日間チャート
jpy_us_ero_aud_nz_2008_12_12.png

はい、ドル以外の動きが逆方向ですね。

:ドル・ユーロ 183日間チャート
us_eur_2008_12_12.png

はい、明らかに直近の値動きにドル安の動きが見られますね。

本日、ビック3の救済法案が協議決裂、これが本日の値動きの原因とされていますが、実は既に以前からドル安の動きは再開していた事が分かりますな。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 ドル安 FX

オーストラリアドルで占う金融危機の行方  (2008/12/05)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


いや~、またまた為替が円高方向に加速してきましたね。以前の記事(オーストラリア関係)で色々書きましたが、オーストラリアドルに関しては、過去の底値が55円付近、これを下回った事は無いんですよ。歴史的瞬間が見られるか?

■ オーストラリアではビックマック1個 約200円なり


以前の記事 ビックマック指数 で取り上げた 世界のビックマックの値段。オーストラリアでは 3.45AUD$ らしいので、現在の対円為替相場の約59円で計算すると約203円ですな。これは、安いですよ!日本で、¥280~320(地域によって異なる。田舎は安いんです)でっからな。

ここから考えて、まあ、対円相場で30円とか有り得ますかね?もしそうなったら、ビックマックが約100円で買えちゃうんですから!

一人当たりGDPの比率で同じような比率を示す日本とオーストラリアでっから、物価の安い中国とかタイとかのビックマックの値段とは話がちゃいまっからな。

でもね、相場って物は行き過ぎるときが多々有りますさかい、そんときは、オーストラリアに豪遊にでも行きますわ!

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:オーストラリア FX 為替 ビックマック指数

アジア通貨・インドネシアルピーの下落が激しい  (2008/11/27)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


金融危機の影響で、ドル安に拍車を掛けていた投機資金の逆流が起きていますよね。普通に考えて、米国経済の崩壊が起こればドル安が起きそうな気がしますが、今現在はその逆の現象が起きています。

そんな中、インドネシアの通貨ルピー、韓国ウォンの下落が目立ちます。
特に直近3ヶ月間の下落幅では他通貨を凌ぐ勢いですわ。

:直近91日間 韓国・インドネシア・マレーシア・フィリピン・タイ 対米ドル為替チャート
US_ASIA4_2008.png

:上記通貨の1998年からの長期チャート(1998年を基準にした指数)
US_ASIA4_1998.png

長期的に見ると、韓国ウォンはここ数年のウォン高が打ち消されつつある状況、インドネシアルピーはアジア通貨危機時の安値圏に突入しつつあるようです。

理由は全く分かりません。ただ、インドネシアは貿易黒字国で資源も豊富ですから、実経済への直撃度合いは低いように思いますが、海外投資家から見れば通貨安はかなりのマイナス材料ですよね。しかもこのペース、何かあるんでしょうか?

まあ、日本経済についても素人レベルの私ですが、他のアジア諸国に関してはほんと無知ですわ。ですんで、最近特に気になります。インドネシアはバリ島しか行った事ないですが、物価はたしかに安かったですよ。観光客価格でも日本の1/3以下でしたね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 インドネシア FX データ

日本円と東南アジア通貨の関係  (2008/11/13)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


最近の円高、東南アジア諸国通貨に対しても良い感じで進行してますわ。海外旅行にはうってつけの時期に突入してますよ。

■ タイ、ベトナム、インドネシア通貨


:タイ・バーツ2000年~チャート
THB-JPY.png

:ベトナム・ドン2000年~チャート
VND-JPY.png

:インドネシア・ルピー2000年~チャート
IDR-JPY.png

:3カ国通貨の対日本円2000年~チャート
JPY-IDRTHBVND-1000-0-0-11-2451545-2454781.png

こう見ると、インドネシアが一番下落してますな。2000年当時から比べて60%の価値しか有りませんわ。バリ島でも行こうかな!

あと余談になりますが、ベトナムのコーヒーは格別旨いですよ!なんかね~、チョコレート風味っていうか、とにかく旨い。一回試してみる事をお勧めします!

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 データ

NIKKEI225 と オーストラリアドル  (2008/11/10)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


株価と為替の動きがほぼ連動している昨今、日経平均株価とオーストラリアドル(対日本円レート)のチャートを作ってみましたよ。

:NIKKEI225 と AUD チャート(2008/9/1~11/7)
NIKKEI_AUD.jpg
*日経平均株価はAUDと比較する為に、100で割って指数化しています。

まあ、ほぼ同じ様な動きをしてますわ。2008/9/1時点から、NIKKEIが66.8%、AUDが71.1%の価値に低下してます。

2008/9/1時点での AUD/日経 の比率が 0.73、それが、11/7時点では 0.77になってます。それでもほとんど同じような動きをしていると言えるんじゃないでしょうか。

今後も同じような動きが予想されます。今回言いたい事は、どっちに投資してもパフォーマンスはほぼ同じ、って事ですわ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:日経平均株価 オーストラリア FX 為替 データ

中国元の気になる動き  (2008/11/10)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


最近の円高相場で、改めて注目した、「 中国元の米ドルペッグ制 」。まあ、見事なほどに中国元と米ドルのレートはリンクしてますよ。

中国政府は、2005年から徐々にドルに対する元高を容認、米ドルに対して約20%ほど上昇してきました。しかし、今回の金融危機に際して、日本円を除く各国通貨が軒並み米ドルに対して安く推移しているさなか、ほぼドルと連動するように為替介入をしているようですわ。

:直近の中国元 対 米ドルチャート
us_dolar_2008.png

はい、完璧に連動してます。
これは、どういう意味を表しているんでしょうかね?

まず、中国元は今の状況下で、日本円の様に、上昇する方の立場なのか、ユーロの様に下落する方の立場なのか、どっちなんでしょう?

いずれにしろ、中国政府はあきらかに今回の危機時に為替介入を行って相場を安定させようとしています。


11月15日のG20会議(ブレトンウッズ2)は、覇権多極化による世界安定化の流れの始まりとなりうる。CFR(米外交戦略決定の奥の院的な組織)の幹部は、ウォーリストリート・ジャーナルに「ブレトンウッズ2を成功させるには、中国に対し、IMFなど国際社会での発言権を増大させてやる代わりに、人民元を切り上げさせる必要がある。(米国が1944年のブレトンウッズ会議で英国から覇権を移譲されたように)今回の第2会議では、米国が世界で果たしていた役割(覇権)を中国に委譲できるかどうか、中国にその気(覇権国になる気)があるかどうかが重要だ」と書いている。

田中宇の国際ニュース解説より抜粋



これが、この為替介入に関係しているんでしょうか?

あと、話は変わりますが田中宇さんのHPの、「 操作される金相場 」と言う記事。なかなか面白いですね。気になりますわ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:中国元の切り上げ データ 田中宇の国際ニュース解説 中国 FX 為替

オーストラリアと言う国  (2008/11/01)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


オーストラリア、最近の急激な為替変動によりここ20年で対日本円に対する為替レートが最安値圏に突入していますな。前回の記事でも取り上げました。

■ オーストラリアはどんな国?


1:オーストラリア検索エンジンリンク集

物価とか、出生率とか色々見れます。物価は、現状の為替レート(65円前後)で見ると、日本よりかなり割安ですな。少し前の100円前後だったら、日本とほぼ同じくらいですわ。

2:オーストラリアの産業
このサイトにはNo7までオーストラリアの情報が記事が紹介されています。

3:オーストラリアの経済(1998年)
昔も為替が高騰したようですな。
GDP(市場為替レートベース)は、1994年の3119億米ドル→2007年の6924億米ドルに成長してますな。

4:ボーキサイト
アルミの原材料。これの生産量で世界一。

■ オーストラリアの資源に関わる図


:オーストラリアの石炭と鉄鉱石
オーストラリア_石炭・鉄鉱石

:オーストラリアの資源系輸出産品の比率
オーストラリア_輸出産品の比率

:オーストラリア_種類ごとの輸出金額
オーストラリア_資源3
:オーストラリア_ウラン
オーストラリア_ウラン

:オーストラリア_石炭
オーストラリア_石炭

:オーストラリア_金
オーストラリア_金

:オーストラリア_天然ガス
天然ガス

:世界の資源埋蔵量
世界の資源埋蔵量


ザーっと見てみると、やっぱり昔からオーストラリアは資源国で、世界の主要鉱物生産地という位置づけがされているっちゅう事ですわな。でも、GDPでみると農業・鉱業などの一次産業は約8%に過ぎず、製造業がGDPの10.5%、不動産関係ビジネスなどの第3次産業の割合が約80%を占めてます。まさに、先進国タイプの産業構造なんですわ。

■ 為替レートは、資源輸出による通貨高とその他輸出企業の採算性との兼ね合い


で、その鉱物の輸出によってオーストラリアドルの高騰を招き、国内の輸出産業がダメージを受け、そして経済停滞期に突入、為替も安くなっていく。と言う、過去があるみたいですわ。どうもこれは、周期的に繰り返される現象な気がしますね。

まあ、結構、資源以外の輸出産品もあるみたいなんで、オーストラリアドルが高くなりすぎると経済が悪化するみたいですわ。なんでもバランスが大事ですからね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:オーストラリア FX 為替 地下資源

豪ドルレートが対日本円で最安値圏  (2008/10/29)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


最近の円高で各国諸通貨は、過去20年間でも最安値圏に突入してますな。

■ オーストラリアドル(AUD) 対日本円


:豪ドルレート1990~2008チャート
AUD-JPY-1000-0-0-11-2447893-2454768.png

:豪ドルレート直近91日間チャート
AUD-JPY-0000-0-0-11-2454678-2454768.png

直近の為替レートが、2000年につけた最安値を更新してます。まあ、普通に考えてオーストラリアのGDP成長率は日本の+1.0%前後有りますし、金利の差からして底値圏だと思いますがいかがなものでしょう?

:オーストラリアの金利水準1998~2007
オーストラリアの金利水準

過去10年間の金利水準は、先進国中でも高い水準を維持してきました。ただ、2008-11-4に豪中央銀行が政策金利を5.25%に利下げ、過去2ヶ月で2%の利下げ幅は1990年以来で最大、来年にかけて更なる利下げが見込まれてますな。4%を切るようだ過去10年来の最低水準になると言う訳ですわ。まあ、世界中が金融危機な訳で、とりわけオーストラリア通貨に不利な条件ではないと思いますけどな。

まあ、オーストラリアは資源国ですから、底力はあると思うんですけど、資源国通貨の強さを証明する根拠を持ってるわけではないんで、あしからず。

後、楽天証券レポート 「 石原順 FX外為レポート 外為市場アウトルック 」 で、1980年からの日本とオーストラリアの為替と政策金利差の図が見れます。ここの記事で改めてリスクコントロールは大事だな~って思いましたわ。

:オーストラリアと日本の政策金利差(月足)1980年~2008年
JPY_AUD_1980_2008.gif


1000万円の元本(証拠金)を3%で10年間<複利運用>すれば、343万9164円の金利収益が得られる。したがって、大雑把にいうと1000万円のポジションを10年間維持できれば343万円の損失(為替差損)は許容範囲となる。できるだけ元本を確保しようとするなら、金利収入を取りうるリスクとして運用計画を作らなければならない。金利収入にウエイトをかけた運用をやる場合、為替差損から金利収入を得るためのポジションがなくなってしまってはどうしようもない。金利を取るためのポジションを適量維持し堅実な運用をするには、レバレッジを低く抑えておくことが必須となる。

上記リンクからの抜粋記事



ただ、今iPodを買うならオーストラリア、豪「iPod指数」や、ビックマック指数で為替レートを探るから考えて、下値は限られていると思うんですけどね~。

■ ロシア・ルーブル 対日本円


資源国という意味では、ロシアのルーブルにも関心がありますね~。

:ロシア・ルーブルの対日本円チャート1997~
RUB-JPY_1997.png
1998年辺りがえらいことになってますな。これがいわゆるロシア通貨危機って奴ですわ。怖い怖い!こんなことが起きてしまうんですね~。因みに危機後のレート推移は、

:ロシア・ルーブルの対日本円チャート1999~2008
RUB-JPY-1999.png
こんな感じ。やっぱりここ数年で結構上昇してまんな。ただ、ここ数ヶ月で3.6円付近に下落してます。まあ、主要通貨に対しては例外なく円高ですわ。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 オーストラリア ロシア データ

ビックマック指数で為替レートを探る  (2008/10/28)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


世界中で販売されているマクドナルドのビックマック。その価格を元に各国の為替水準を計ろうとするのが、ビックマック指数なんですな。

まあ、ビックマック自体が国によって価値観が違うと思いますんで、この指数の使い方にも一工夫必要かと思いますね。

■ 各国のビックマックの価値観の違い


FXBigMac - World economics based on the hamburger standard

このサイトの価格情報と為替レートを元に、各国の一人当たりGDPからビックマックの価値観を見てみましょか。左から、国、ビックマック価格(現地通貨)、一人当たりGDP(現地通貨・2007年度)、価値観となってます。

ビックマック指数1


ここで言う 「 価値観 」 とは、「 ビックマック価格 / ( 国民一人当たりGDP  / 365日 ) 」 です。ビックマックの価格が、「 GDP/365日 」の何パーセント占めるかを見ることが出来ます。

ざっと見てまず、ブラジル人にとってビックマックは贅沢な商品だと言えますな。一日あたりのGDPの17%を占めるんですから。高いですわ。

ブラジル以外は、2.5~4.6%ですんで、いわゆる先進国のビックマックの価値観が垣間見れます。

ビックマックの価値観の違いを考慮すれば、ビックマック指数のみで適正な為替レートがはじき出せない事は明白ですが、価値観の近い国同士であれば、目安程度に算出できるんではなかろうかと思います。

ニュージーランドと韓国で見てみましょう。現在1Nz$が約800ウォンですんで、韓国のビックマック価格3200ウォンは、4Nz$、ニュージーランドのビックマック価格が4.9Nz$ですから、1Nz$ = 約653ウォンとなります。実際より約19%韓国ウォンの価値が低く見られていると言う訳です。

■ 対日本円で見るビックマック指数


:米ドル 78.43円
:オーストラリア$ 81.15円
:英ポンド 122.27円
:ユーロ 83.08円
:ニュージーランド$ 57.14円
:韓国ウォン 0.087円


上記がビックマック指数からの適正レートです。
上記に対して現状の為替レートはどうかと言うと、

:米ドル、英ポンド、ユーロ、は円安
:韓国ウォン、ニュージーランドドルは適正レベル
:オーストラリアドルは、円高

と言う状態ですね。

:ニュージーランドドルとオーストラリアドルの対円レート 2000~2008
NZ_AUD_2000_2008.png

でもね、2000年を基準にした場合、常にニュージーランドドルがオーストラリアドルより円に対して高い比率で上昇。まあ、金利の差もあるしなんとも言えませんが、ビックマック指数は目安にさえなるか微妙ですかね?

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:FX 為替 ビックマック指数 オーストラリア

ニュージーランドドルの行方 (為替・FX)  (2008/09/11)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、最近為替にも大きな動きが出てきましたな。
ドル、ユーロ、オーストラリアドル、そしてニュージーランドドル。

9/11にニュージーランドの中央銀行が利下げを発表。大方の予想に反して、0.5%の利下げ。これに反応してか、2年ぶりの安値に突入してるみたいやね。

でもね、はっきりいってこれくらいの動きは驚くに値しませんで。

■ アジア通貨危機のとき


1990年からのニュージーランドドル対円相場チャート
NZD-JPY-1990_2008.png


もうね、1997年に発生したアジア通貨危機の時。一気に急降下してますな。1ドル80円後半から45円付近まで3年間掛けて下落してますわ。まあ、こういうことも起きるって事ですわ。

やっぱりね、為替取引にもかなりの投機資金が入り込んでますさかいな、理不尽な下げが発生する事もしばしば。気をつけましょうね。

やはりね、長期間上げ相場が続くと、それが常識みたいな感覚になりますさかい、それが落とし穴になって、ナンピンとかしてまうんですわ。

まあ、今回の相場がどういう結末を迎えるか分かりませんけど、あほみたいに下がっても耐えれる体制を整えてからじゃないと、相場に参加する事自体が、自殺行為になりかねませんで。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX アジア通貨危機 データ

為替・FXの値動き  (2008/09/07)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


これは英・ポンドとUSドルの1971年からの長期チャートです。どんな感想を持ちまっか?

us_po_1971_2008.png

ぶっちゃけ、えらい上下幅があるな~って感じですよね。つまり、為替っちゅうのは、平気にこんだけ動く可能性を秘めてるっちゅう事ですわ。

1971年の2.6ポイントから、1985年の1.1ポイントへ。そっから1990年の1.9ポイント。そんで1993年に1.4ポイントへ下がって、また2007年2.1ポイントへ上昇。

こんだけ動くんですわ。しかもチャートの角度が急でっしゃろ?ほんの数ヶ月くらいで20~30%の値動きが発生する事も過去には有ったんですな。

よ~く覚えときましょね。

例えばね、1.8でポンド保有して1.1まで予想外に下落した場合に、損きりを行わずにポジションを維持するには、どれだけのレバレッジでどれだけの保証金を用意する必要があるかを考え抜いた上でポジションを建てましょうね。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:為替 FX データ

短期間で資金繰りに行き詰る取引 (FX・商品先物)  (2008/08/26)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


最近流行のFX(外国為替証拠金取引)、これを見てみましょうかね。

まあ、昔は先物取引の電話がかかってきたら、「 悪魔のささやき 」 なみに恐れられてたもんでっけど、はっきり言って、今流行のFXも、 「 悪魔のささやき 」 並にリスク高いんでっせ。

要は、両方とも 「 証拠金取引 」 な訳ですわ。
簡単に説明すると、少ない元手で大きな取引が出来る、レバレッジ取引なんですな。

■ とうもろこし・商品先物市場


例えばね、商品先物取引の一つの銘柄 「 とうもろこし 」。
日本の場合、主に、東京穀物商品取引所に上場されてましてな、

:表示価格は1,000kg単位
:取引単位は50,000kg
:単位あたりの最低保証金は¥75,000
:表示価格¥35,640(08/11月限の08/8/26終値)



これ、¥35,640ってのは1,000kgあたりの価格でっから、最低取引単位の50,000kgになると、50倍、¥35,640×50=¥1,782,000の取引をたった、¥75,000で始められるっちゅうことなんですわな。保証金維持率にして4%、つまり、価格が4%動いたら、預けたお金は 「 パー(無くなっちゃう) 」 っちゅう訳。数日で4%の値動きなんかしょっちゅうでっからな。

でっから、有り金全部を最低保証金としてつぎ込むことはそりゃもう危ない事で、資金繰りにすぐ行き詰る訳ですわ。

■ FXも基本的にとうもろこしと同じ


FXも同じですわ。保証金維持率を低く設定できる会社が増えてきてますから、その辺分からんと取引スタートするとえらい事になりますさかい、気を付けてや。

後ね、なんで商品先物市場とか、外国為替取引市場が存在してるかって言うと、

「 値動きが激しいから、短期間の値動きが全く読めないから 」 
なんですよ。

例えばね、とうもろこしを原料として取り扱う会社なんかは、将来の取引値を確定する為に商品先物市場を利用する訳ですわ。具体的に説明すると、今、とうもろこしの価格が¥30,000やとしますな。この価格帯で会社の望む利益が確保できるとして、先々のとうもろこしをこの価格で商品先物市場で買い付ける訳ですわ。そんで、3ヵ月後、とうもろこしの市場価格が¥35,000になったとしましょ。そうすると、実際のとうもろこしの仕入れは¥35,000な訳で、会社としては¥5,000分、利益を圧縮される訳でっけど、先物市場で¥5,000分儲かりまっから、実際の取引(現物取引)と先物取引が相殺されて、もともと会社が計画していた利益水準を確保できるって訳ですわ。

これが、先物市場の本来の存在理由なんですな。いわゆる 「 リスクヘッジ機能 」 ってやつですわ。

でも、とうもろこしを実際仕入れない人がなんで先物市場で取引するかっていうと、それは、「 値幅取り 」、つまり激しく動く価格帯の値幅で利益を取ろうとする投機行為を行うからですわな。

まあ、保証金維持率を低くしすぎる(レバレッジを効かせ過ぎる)とすぐに資金繰りに行き詰りますさかい、やるにしても十分な余裕をもって取引を行うべきなんでっけど、まあ、将来のビジョンが普通の人に描ける可能性は低いでっから、まあ、株よりも難しいですわ。

もうね、FXのスワップとかに惑わされたらあきませんで!

関連リンク:東京穀物商品取引所

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:商品先物 FX

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン