にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    任天堂 7974  (2007/12/20)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ゲーム産業の勇、任天堂。ここ最近、株価がものすごく上昇したので、
    みなさんも注目されたと思います。

    では早速分析してみましょう。

        PER  PBR  ROA   ROE
    H20 34.77 7.96 0.145 0.229
    H16 40.37 1.50 0.033 0.037


    これを、東京エレクトロン 8035 と比較してみたいと思います。

         PER  PBR   ROA   ROE
    H20 11.63  2.25  0.130  0.194
    H16 168.84 5.07  0.015  0.030


    H20年度に関しては、任天堂、東京エレクトロン共に同じようなROA、ROEの数値を示していますね。H16年度に関してもROEの水準はほぼ同じ、ROAに差が有るのは、東京エレクトロンのほうが自己資本比率が低かったからです。ですが、H20年度には両企業とも、自己資本比率が65%前後となってROAに関しても良く似た比率になっています。

    例えばトヨタの場合、ROA 0.047、ROE 0.130ですので、任天堂・東京エレクトロンのROE、ROAの数値は結構優秀だと言う事です。

    ですが、両社のPER、PBRには大きな隔たりがあります。
    (PERとPBRの比率) = ROE が同じような会社は比較可能と私個人的には考えていますんで、比率が同レベルなら同じような 経営力 = お金を生み出す力 を持っていると思うんです。しかし、結果的にPER、PBRの数値に差があるというのは、

    :人気(知名度)に差が有る
    :近未来が想像しやすい

    の結果です。

    任天堂と東京エレクトロンのどっちが買いか?というと、指数的な割安感では後者と言う事になります。市場心理が強いとき(人気が有るとき)は、投資する時期には適していない。逆に人気の無い東京エレクトロンは買い。
    近未来の業績が想像しやすいという基準も結構重要です。やはり、任天堂はそういう意味で東京エレクトロンよりも一般的に想像しやすいのでしょう。ですので逆に、東京エレクトロンを研究すべきです。

    もちろん、任天堂にも買いの時期がいずれやってくると思います。私個人的には、PBR4.5前後でなら任天堂の人気振りからして買ってもいいように思います。
    今後の任天堂の利益が毎年10%成長、純資産に利益の70%分組み込まれると(結果ROEが21%前後を維持)想定して、5年後、PBR4.5で株価¥80,000、PBR5.0で¥88,000。
    近々¥38,000付近(PBR4.5前後)で購入したとすれば、5年後まで複利で約18%のリターンが期待できると言う事ですね。十分に待ってからでも遅くはありません。過去の経験からして、株価には波があります。


    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:PER PBR ROA ROE 東京エレクトロン 任天堂

    東京エレクトロン 8035 Part 1  (2007/12/07)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    東京エレクトロン 8035 を見て行きます。

    まずは、過去の決算を確認。


       発行株式数  総資産  純資産    売上高   純利益

    H20 180,610  801,334  535,583  900,000 104,000

    H19 180,610  770,513  469,810  851,975  91,262

    H18 180,610  663,242  376,900  673,686  48,005

    H17 180,610  644,319  332,165  635,710  61,601

    H16 180,610  561,631  275,799  529,653   8,297

    H15 175,697  524,901  252,904  460,580  -41,554

    H14 175,697  556,915  307,578  417,825  -19,938


    次に、各期のPER,PBR、ROA

       PER   PBR    ROA
    H20 11.63  2.25 0.130

    H19 17.69  3.43 0.118

    H18 27.36  3.48 0.072

    H17 16.62  3.08 0.096

    H16 168.84  5.07 0.015

    H15 -26.34  4.32 -0.079

    H14 -57.67  3.73 -0.036

    上記は、決算前の11月末日時点での株価で計算しています。

    H20 6,700
    H19 8,940
    H18 7,270
    H17 5,670
    H16 7,750
    H15 6,230
    H14 6,540

    株価の推移はほぼ平行線。5年前と同じ株価水準ですね。
    ここ数年爆上げ銘柄続出していたわりに、8035は全然ダメです。
    ITバブル時に付けた¥19,660からず~と下げて、この水準にとどまっています。

    どうも、この業界はいまいち人気が無いようです。
    アドバンテスト6857もよく似た値動きです。

    しかし、東京エレクトロン自体の業績は順調に回復、株主資本も着実に増やしており、
    ここ4年は、平均で115%増加、利益も、4年前の10倍になっています。
    注目指標はPBRで株主資本が増加しているのに株価が低迷しているので、
    4年前のPBR5から下落し続け、いまや2倍台。
    私は、だいたい株価の下支えラインをPBRで判断していますが、この水準は
    かなり割安だと思いますね。

    半導体製造装置・テスター市場の動向を詳しく知る訳ではありませんが、
    単純に考えて世界経済の発展の流れからして、今こそハイテクがもっと伸びる
    時代だと思うんですね。

    東京エレクトロン8035、期待しております。

    今期積み上げられるだろう利益余剰金から 

    基準指数 PBR3
    目標株価 ¥9,000


    他にも割安銘柄リストありますんで、見てくださいね。




    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:PER PBR ROA ITバブル アドバンテスト 東京エレクトロン

    ローリスク 割安株 ROA指数 Part 2  (2007/11/24)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ROA指数を使う利点で、特に私が感じたのは、

    全く知らない、企業・分野にも注目できる

    事である。

     銘柄を選定する上でまず使うのが、ネット証券のスクリーニング機能である。
    この、検索条件には、

    過去3年間売上高成長率 10%以上(任意の数字)

    とだけ入力し、検索をかける。そして、そのリストアップされた企業の PER ROA を算出し、割安な銘柄を選定するのである。

    そこからはじめて、その企業・業界の内容を見ていく事になる。


     そうやって調べていくと、明らかに売り上げ・利益ともに成長しているのに、ものすごく割安で、完全に一般の市場参加者から見放されている企業・業界を発見する事ができた。


     不動産業界である


    当時( 2003年初頭 )、私が注目したのはその中でも、戸建て・集合住宅分譲を手がける新興企業群であった。代表的な銘柄は、

    8895:アーネストワン
    8910:サンシティ


    等である。

    この業界は当時、完全に見放されていたようだ。私がスクリーニングにかけると必ず出てくる常連企業群であった。


     もちろん、一言お断りしておくと、ROA指数があぶりだした銘柄が当時最高のパフォーマンスを発揮していたという検証はしていない。だが、自分自身で一貫性の持てる手法を確立できた点が大きい。迷わないからだ。入り口がしっかりすると出口もしっかりする。


     問題点もある。

    第1に PER を算出する上での純利益は、来期予想純利益である事。つまり、期中に下方修正される恐れがある。さらに、粉飾決算の可能性がある。あとは、業界特有の要因があって利益が押し上げられたり、またその逆もある。

    第2に 業種によっては 妥当な ROA を単純には割り出せない事。たとえば、金融業界。銀行などは、顧客から預かる膨大な預金高を資産として計上している。それを含めて ROA を算出するとどうしても低くなってしまう。資産の内容がすべて、利益を生み出すための物だとは限らないと言う事だ。

    これらも勘案すれば、より精密になり、銘柄選定上の基準として ROA指数が使えるようになってくる。


    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:スクリーニング ROA PER 不動産

    ローリスク 割安株 ROA指数 Part 1  (2007/11/23)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


     株式投資開始当時( 2003年初頭 )、私は、何を目安にして銘柄を選定すればいいのかをまず、考えた。

     銘柄選定の要素にはさまざまなものがある。ただ、私はファンダメンタルな部分から選択していこうと考えた。


     結論から申し上げると、


    「 PER と ROA 」


    に注目した。


     私はITバブルの崩壊を目の当たりにしていた事で、株価が企業の実態を表しているのではない、資金の流れが株式に向く事で株価が上がるのだ、と言う事を実感していた。
    だが、ある程度の指標として使えるものは無いかと考えると、PER と ROA くらいしかないと考えるようになった。


    PER = 株価 / 一株辺りの純利益(EPS)


    ROA = 純利益 / 総資産 の割合


     PERは倍率である。これが低いと割安だと一般的には判断される。
    ROAは、資産の利用効率をあらわしている。この割合が高いと、一般的には
    その企業の資産の利用効率が良いと判断されるわけだ。


     そして、 PER が 5 の企業も有れば、100 の企業もある事に気付く。つまり、PERの高低だけでは買いか、売りかの判断はできないと言う事だ。

     そこで ROA を組み合わせる事を私は考えた。
    一般的にROAが高い企業は新興企業で成長率も高い、金回りが良いということをあらわしている。どんどんお金を回せば、利益が増していく途上にある企業だというわけだ。


    例えば、A社 B社 があったとしよう。

    A : PER 20、ROA 0.07(7%)
    B : PER 45、ROA 0.25(25%)

    A : 20 / 0.07 = 285
    B : 45 / 0.25 = 180


    この 285、180 を私は ROA指数 と勝手に呼んでいる。
    そして、この数字が低いと 割安 だと判断するようにしたのである。

     これは、PERの高低さだけでは説明が付かない株価の動きを少しでも数字で表そうとした結果である。この数値を計算してみると面白い事がわかる。
    大抵株価の動きが良い銘柄は、PERが高いのだが、ROA指数は低いケースが多く見られた。逆に、PERは低いのだが、ROA指数が高い銘柄があり、その株価の動きは緩慢であった。


     こうしてまず私の銘柄選定の第1要素が手に入ったのである。それが、2003年初頭の事である。
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)




    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:PER ROA EPS 純利益 総資産 新興企業

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。