FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

クリーンディーゼルの日本市場での行方 (トヨタ)  (2008/07/03)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


前回の記事クリーンディーゼルについて (トヨタ)に引き続きディーゼルエンジン関係第2弾です。

既にヨーロッパでは主力になっているクリーンディーゼルエンジン。北米市場にもまもなく投入されます。しかし、日本市場では未だに投入されておらず、ニッサンが2008年秋に遂に第一弾を投入すると言う状況です。何故なのでしょうか?

まずは、クリーンディーゼルエンジンの特性を改めて見てみましょう。

■ 一般道での使い勝手が良いエンジン特性

私の経験上、一般道における自動車のエンジン特性で重要なのは、加速性能と燃費だと思います。他にも色々な要素が有ると思いますけど、この2点はとても重要です。

エンジンの加速性能というのは最高出力のことではありません。トルク(駆動力)を低いエンジン回転域で最高に発生させ、その状態を長く維持できるかが重要です。特に市街地での走行が多い日本においては、高速巡航走行という状況は発生しにくく、ストップ&GO!といった状況が普通ですよね。こんな状況でこそ加速性能と燃費が重要視される訳です。これがディーゼルエンジンの得意とする特性なんですね。

ですので、現代の最新ディーゼルエンジン車は、一般的なドライバーにとって走行性能の面で最適なチョイスになり得ると言う訳です。

■ ガソリン車よりも、約20~30%の燃費向上が見込める

スズキのUK(イギリス)のサイト等で確認できます。

あと販売価格は、ディーゼルエンジン車のほうが約9%ほど高く設定されています。

ですので、150万円のガソリンエンジン車のディーゼル版は、約163万円。13万円の余分な支払いが有ると言う事ですね。自動車のライフサイクルを3~5年とすれば、1年当たり、2.6~4.3万円のコストアップとなり、それに対して省燃費によるコストダウンのほうが大きければディーゼルエンジンのほうに部が有ると言う事です。

■ 日本の場合、ガソリンより軽油の方が12%ほど価格が安い

最大の理由は税制の違いです。税金に関する詳細は、
揮発油税
軽油引取税をご覧ください。

ディーゼルエンジンの燃料は軽油です。ガソリンには揮発油税という国税がかかっており1L当たり53.8円(なんと消費税が2重課税されています!)、軽油は軽油取引税という地方税がかかっており1L当たり32.1円です。
軽油の方が税金が安い理由は、色々ありますが、特に、運送業に使うトラックなどが元々ディーゼル車で有ると言う事から、産業優遇・保護政策という側面があります。

まあこの場合、単純に税金だけで21.7円安いと考えてください。

今現在のレギュラーガソリン価格約180円をベースにすると、軽油は約158円程度で販売されていると言うことになります。

12%ほどガソリンより軽油の方が安いと言う事ですね。

ただ、これは国によって税制が異なり、全世界的に軽油の方が安いと言う訳ではありません。アメリカでは軽油の方が若干高い価格となっており、ドイツなどではほぼ同額、韓国も最近軽油の価格がガソリン価格を上回りました。

The Price of Civilization、こちらのサイトで日米の税制の比較が掲載されています。

■ 燃費のよさと燃料費の安さを合わせると、30~39%のコスト削減が可能

年間の燃料費が10万円かかっている場合、6~7万円になると言う訳です。3~4万円のコストダウンが可能で、先ほどのコストアップ分2.6~4.3万円をほぼ1年で相殺できると言う訳ですね。年間10万円と言うのは、ガソリン価格180円/1L、燃費が12km/1Lの場合、月間走行距離550kmという事になります。

月間走行距離が550kmというのは、結構な割合の人が当てはまると思われますし、燃費が12km/1L以下の車を所有している人も結構な割合で存在すると思われます。

ですので、ディーゼルエンジン車は日本においても、コスト面でメリットが大きい訳ですね。

■ ディーゼル車が普及すると、国の税収が減る

上記に示したように、ガソリンの方が軽油より1.5倍ほど税金が高いですので、例えば、自動車登録台数の50%がディーゼルになった場合、税収が地方の増税分を合わせても83%になると言う事です。おそらく何千億円という金額でしょう。

これは、国にとってイタイ訳で、そうそう簡単に日本でディーゼル車を一般大衆向けに普及させないぞ!っていうインセンティブとして働きそうです。自動車メーカーにもそういうお達しをしているのかもしれませんし、世界的にディーゼルが最高!って状況になれば、軽油取引税の税率を上げてくるかもしれませんね。

■ まとめ

日本で普及していない理由は他にも有ると思います。環境基準の外国との違い、イメージの悪さ(トラック等の黒煙ですね)、騒音の問題(エンジンがガソリンエンジンと比べてうるさい)等。

ただ、色んな意味で一般人にはメリットが大きいと私は個人的に考えますので、おそらく普及するのでしょう。ディーゼルエンジンハイブリッドもすでに試作されています。こちらには、バッテリー技術の更なる向上と言う課題がありますので、まずは、自然に、クリーンディーゼルが普及するんでしょうね。

クリーンディーゼル車の試乗インプレッションが動画で見れますのでこちらもどうぞ。

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:クリーンディーゼル トヨタ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/118-12e5118a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン