FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

金・Gold・金鉱株 に注目   (2008/12/13)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


最近、金・Goldについて色々な記事が目立ちますな。

今回の金融危機によって、1929年に端を発した世界恐慌時の金価格並びに金鉱株の暴騰の再来が取りざたされている訳ですわ。

:世界恐慌時のダウ平均株価と金鉱株価の推移
dau_gold_1929.gif

はい、これを見る限りえらい事になっていた事が直ぐに分かります。
こういった現象が起きた原因として、世界的デフレから脱する為の金本位制の撤廃が上げられています。この辺の詳細は、世界恐慌(WIKIPEDIA)で見てくださいね。

Yahoo!ブログ - 恐々経済
金鉱株ガイド - 広瀬隆雄

上記ブログ、記事にも色々金関係の内容を見ることが出来ます。

金への投資方法には色々ありますけど、

1:商品先物
2:ETF
3:金鉱株指数
4:金鉱会社の個別株投資


2の代表的なものが、SPDRゴールド・シェアーズ これは、日本市場にも上場されていますんで誰でも簡単に購入できます。
3の代表的な指数は、XAU 、HUI で、これらはアメリカ市場に上場されています。
4については、

バリック・ゴールド(ティッカー:ABX)
 本社はカナダですがニューヨーク証券取引所にも上場されています。同社は金の埋蔵量(1.25億オンス)ならびに生産量(806万オンス)で世界最大の産金会社です。同社の金山は北米、南米、オーストラリアならびに南太平洋という3つの地域にきれいに分散しています。また新しい金山のポートフォリオも充実しています。採掘コストは$350/オンスです。また、同社は産金会社では唯一の「A」格の債券格付けを受けた企業です。バランスシート上のキャッシュは17億ドル、負債は25億ドル、年間の営業キャッシュフローは約20億ドルです。

ニューモント・マイニング(ティッカー:NEM)
 1925年にニューヨーク証券取引所に上場された老舗の産金会社です。同社の金の埋蔵量は9390万オンスです。生産量は530万オンスでした。同社の特徴は金価格のヘッジを全然用いていないという点です。従って金価格が上昇する局面では一番収益が伸びやすいです。逆に金価格の下落局面では一番業績が悪化しやすい体質となっています。また金山の操業面ではコスト管理が行き届いています。同社の採掘コストは金だけですと417ドル、同時に採取される銅を売ることでネット・ベースでの採掘コストは301ドルに下がります。バランスシートは強固で同社の金山は比較的事故の少ないことでも有名です。

アングロゴールド・アシャンティ(ティッカー:AU)
 同社はもともと1944年にヴァール・リーフという名前で創業された南アの有力産金会社です。その後コングロマリット、アングロ・アメリカン・コーポレーションの産金事業部門となったため、社名が変わりました。同社は7310万オンスの埋蔵量を誇っています。去年、同社は550万オンスの金を生産しました。同社の金山のうちの4割は南アフリカに所在しており、その大部分は地中深い縦坑から生産されます。このためコスト構造としては露天掘り主体の会社よりも高くならざるを得ません。同社の採掘コストは357ドルです。同社はヘッジを用いていますが最近はだんだんヘッジ比率を引き下げつつあります。

ゴールド・フィールズ(GFI)
 同社はドリファウンテン、クルーフなどの南アを代表する金山を所有している老舗のひとつです。同社の金山の57%は南アに所在しています。確認埋蔵量は8300万オンス、生産量は364万オンスでした。上に掲げた他社の株価に比べてゴールド・フィールズの値動きはとりわけ荒っぽく、注意を払う必要があります。

金鉱株ガイドより抜粋。上記銘柄は楽天証券で全て購入可能。
XAUと上記4銘柄の複合チャートへのリンク(Yahoo Finance:Us)
XAUとSPDR_Goldの複合チャートへのリンク(Yahoo Finance:Us)



:金相場 ドル建て&円建て 1974~
gold_1974_2007.png

金は投資先として、優先順位高め設定でいこうかな?そんな感じですわ。

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ: 世界恐慌 データ

コメント

「大恐慌」以後の世界

最近『「大恐慌」以後の世界』という本を読みました。

アメリカは起死回生のため、新通貨を発行し、
現在のドルの価値がなくなる恐れがあると警告しています。
そうなると、アメリカ国債を大量に保有している日本は大変なことになりますが、
どうなんでしょうかねー。

  • 2008/12/14(日) 00:24:50 |
  • URL |
  • yamataka #-
  • [ 編集]

Re: 「大恐慌」以後の世界

私が良く見ている 「 田中宇の国際ニュース解説 」 では、ドル崩壊の可能性をかなり以前から取り上げていました。内容からして、可能性は高そうな気がしますが、そうなるとえらい事になっちゃいますからね。

> 最近『「大恐慌」以後の世界』という本を読みました。
>
> アメリカは起死回生のため、新通貨を発行し、
> 現在のドルの価値がなくなる恐れがあると警告しています。
> そうなると、アメリカ国債を大量に保有している日本は大変なことになりますが、
> どうなんでしょうかねー。

  • 2008/12/14(日) 01:41:52 |
  • URL |
  • ハリケーン荒谷 #DK9JdeR.
  • [ 編集]

こんばんわ

昨晩からあし@に参加しました。
荒谷さん今晩も訪問して頂いたみたいで有り難うございます。
荒谷さんも書かれておられるように、金は、これから注目ですね。
今、金は、プラチナと価格が逆転しそうな勢いですものね。
金・プラ積立をやっているため、私も大着目です。
これからもよろしくお願いします。

Re: こんばんわ

どうも、こんばんわ。

あし@は、意外と面白いですね。いろんな人が見に来てくれている事を実感できますよね。あと、「 あわせて読みたい 」っていうサービスも面白いですよ。

金がプラチナ価格を上回りそうとは、おもしろい。過去にこういう状況あったんですかね?とりあえず今、金のみが特殊な動きしてますから。

> 昨晩からあし@に参加しました。
> 荒谷さん今晩も訪問して頂いたみたいで有り難うございます。
> 荒谷さんも書かれておられるように、金は、これから注目ですね。
> 今、金は、プラチナと価格が逆転しそうな勢いですものね。
> 金・プラ積立をやっているため、私も大着目です。
> これからもよろしくお願いします。

  • 2008/12/15(月) 00:34:38 |
  • URL |
  • 荒谷 #-
  • [ 編集]

はじめまして

はじめまして。
わたしも金投資を行っておりますが、いよいよ金も本格上昇するか?と期待しております。
今後ともよろしくお願いします。

  • 2008/12/23(火) 22:06:48 |
  • URL |
  • サラリーマン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/202-74e9aac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン