FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

電気自動車、普及への障害  (2009/01/28)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、電気自動車関係のニュースが各自動車メーカーより頻繁に発せられる今日この頃。電気自動車はこのまま順調に普及し、自動車の次期スタンダードになるんでしょうか?

様々な問題があると思います。

■ 電気自動車普及への6課題


1:電気自動車の性能の問題
2:インフラの問題(先進国における)
3:石油業界の問題
4:税制の問題
5:環境問題
6:世界的な販売計画


1,2は問題ないと思います。3、4、5、6が重要です。

、ガソリンスタンドと石油元売を分けて考えます。ガソリンスタンドで、石油元売直営で無い場合、電気を売る事で儲かる仕組みさえ構築できれば存続する可能性があります。元々、例えばエネオスの看板を掲げて営業しているスタンドも、完全にエネオスから卸されるガソリンで営業している訳ではありません。結構、違う業者からガソリンを買っています。それを混ぜて売っているんですね。ですから、エネオスに忠誠を誓っている訳じゃないんですね。ですから、石油元売からの仕入れをゼロにして儲かる仕組みがあるのなら喜んでそっちに移行するでしょう。ですから、3で問題なのは石油元売の存続です。石油は精錬過程で必ずガソリンが精製されます。ですから、電気自動車が普及すると使い道がほぼ無くなる訳ですよ。この売り上げ減は会社存続に関わります。エンジンオイルの需要も無くなりますから、問題は大きいです。ガソリンは化学材料として使用出来そうですが、販売価格は供給が増す分落ちるでしょうね。

、これも大きな障害です。政府はガソリン税にかなりの税収を見込んでいます。これは、昨年の出来事からも明らかです。この問題は過去記事でも取り上げましたが、この減収分を補う為に政府は新たな税源を確保する事でしょう。ですから、電気自動車が普及することによって一般人の負担が単純に減るとは考えにくいです。

、自動車単体で見た場合、確かに排気ガスを出しません。ですが、その電気を作り出すのに結局石油を使用するのであれば根本的な環境問題の解決にはなっていません。ですから、電気を作り出す仕組みを自然エネルギーに変えなければなりません

、メーカーの立場からして、電気自動車とガソリン自動車を両立させる事は収益面でかなりの負担です。先進国では電気自動車が早期に普及するかもしれませんが、途上国ではそうはいきません。延々と砂漠や荒地が続く地域は世界中いたるところにありますし、そもそも新車で自動車を買うことの出来ない人が多数居ます。こう言う人々にとってはガソリン車は便利な訳です。電気自動車なんてよっぽど進化しない限り購買対象になりません。

上記を踏まえると、あながちハイブリッドシステムは侮れません。ですんで、トヨタの姿勢は正しい可能性が高いと個人的には考えます。

■ ハイブリッドシステムを普及させても回り道にならないかもしれない


トヨタ自動車、小型EVコンセプトモデル「FT-EV」を北米国際自動車ショーに出展

最近トヨタが2012年から電気自動車市販開始と発表しました。
「 2012年かよ~。遅くないか? 」 と感じている方も多いと思いますが、トヨタとしては2012年以降もおそらく電気自動車の時代はまだまだと考えていると思います。ただ、2012年というのは北米での話しで、日本市場では早ければ2010年に電気自動車を一般発売する計画だそうですな。

以前の記事、自動車メーカーのジレンマとは矛盾する書き込みになっていますが、良く考えたら今回の記事のような考えにも行き着くんですよね。特に、3と6の部分がネックです。

個人的には電気自動車の普及を願っています。日本市場では急激に普及させることが可能でしょう。ただ、世界的には採算性・利便性からしてハイブリッドがまずは本流になるのではないでしょうか。今のところ私はそんな風に考えています。

トヨタ的には、電気自動車を近距離用とし、プラグインハイブリッドで長距離用をカバーする。これが基本方針のようです。2009年10月頃に、プリウス・プラグインハイブリッド仕様を法人向けに販売する計画も既に有ります。


電気自動車普及への計画・実行は着々と進めつつ、まずはハイブリッドを一気に普及させる。そして、ハイブリッドシステム車両にプラグインの部分を後付けする、バッテリーも高性能な物に後で換装する事で、現状のハイブリッド車両も実質的に電気自動車に生まれ変わらせる事ができる。

完全な電気自動車の時代に移行するにはやはり、航続距離が余裕を持って200kmは必要でしょう。しかも充電を5分以内に出来るようにする必要が有ると思います。ただ、メーカーは利益追求集団である為、「 可能な事を可能と発表していない可能性 」も見過ごせませんが。

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:トヨタ 電気自動車 ハイブリッド

コメント

こんにちは。はじめまして。

>>最近トヨタが2012年から電気自動車市販開始と発表しました。
>>「 2012年かよ~。遅くないか? 」 と感じている方も多
>>いと思いますが、トヨタとしては2012年以降もおそらく電
>>気自動車の時代はまだまだと考えていると思います。

どうでしょうかね。早いにこしたことは無いと思いますよ。
 日本はゼロ戦で航空戦力の威力を見せ付けて有用性を知らしめたのに、結局大艦巨砲主義から抜けられなかった国ですし。
 何も戦前にさかのぼらなくても、ISDNで高速Web通信のさきがけをつけたのに途中でASDLに流れが変わっているのに柔軟な対応が出来なかったり、太陽電池もシャープがせっかく世界に対して優位性を持っていたのにいつの間にかの順位になってしまったり、液晶パネルも半導体も結構早くやってるはずなのにどういうわけかまたしてものシェアだったり、いい研究を世界的なデファクトスタンダードまで持っていくのが苦手ですね。

 私が最近のトヨタの行動で思うのはRCAとシャープです。RCAは液晶を開発したのにブラウン管テレビのシェアを守るために液晶開発をやめてしまったため、今では会社そのものが跡形もありません。トヨタはガソリン車でシェアを取ってしまったがゆえに好機を逃しかけているのではないかとどうにも気になります。なぜすぐに出さないのでしょうか?以前にRAV4 L EVで電気自動車は出しているので技術的な部分では先行しているはずなのに不思議です。

 それに日本がやらずとも世界でのシェア拡大を狙う中国とこのままでは国が沈む米国がスタンダード化しますよ。必死で。本格化してからやるのもかまわないですが、そうするとまたカンバン方式でコスト競争で勝つというやり方をやるのでしょうか?それはそれでトヨタらしいといえばトヨタらしいですが。

 コストなんて台数が出ればすぐに下がります。コンピュータは日本でNECが98で仕切っているときは版を押したように新発売100万円でしたが、今では数万円です。コンパックショック直後ですぐに富士通が17万円で出しました。(ちなみに更に十年前はコンピュータは億単位でした)
 電気自動車は危険部位が基本的に内燃機関で無い(機械的)ために電装関係に絞られます。そのぶんオブジェクト化が更に進みます。結果として海外生産がさらに容易になります。コストが絞られる余地が増えるのです。機械的な装置→電気的な装置→情報的な装置の順番で個々のオブジェクトとしての生産が容易になってくるのです。

さらに米国、中国が電気自動車を急ぐであろう理由がこれです。

世界の原油の埋蔵量、生産量、可採年数
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/energy/pdfs/b-1.pdf

確かに、このデータを見れば中東ではここ40年ぐらいはまったく問題なさそうです。つまり世界中でいきなり石油がなくなるという話は無いです。しかし中国、米国では2005年のデータで残り12年程度になっています。元から無い日本はともかく、ある程度自国でも賄われていた両国にとってはそれでも良いという話にはならないでしょう。

長くなりましてすみません。

  • 2009/01/14(水) 12:12:20 |
  • URL |
  • もの #JalddpaA
  • [ 編集]

ものさん、こんにちは。
私もちょくちょくものさんのブログを拝見させてもらってますよ。

ま、私の本心としては電気自動車を早急に普及させて欲しいと思ってます。石油利権との決別、これが結構ポイントかと。

あとは途上国のインフラ問題。要は、日本メーカー・トヨタ等が、世界のトレンドを引っ張っていく自信を持って無い証拠なんではないでしょうか。だからハイブリッドに逃げる。

  • 2009/01/14(水) 13:46:25 |
  • URL |
  • 荒谷 #DK9JdeR.
  • [ 編集]

なるほど やっぱ ハイブリットですね!
当面は!

  • 2009/01/14(水) 14:12:12 |
  • URL |
  • eddydesu #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/221-58b48032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン