FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

中国元の切り上げで日本円の立場は?  (2009/11/29)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


いずれやってくる中国元の本格的切り上げ。
日本円にどう影響するのか考えて見ましょう。

中国元がアメリカドル(US$)に対して100%切り上げされた場合
現在の1ドル=約6.8元 が、3.4元 になりますよね。
これは、世界中の諸通貨に多大な影響を及ぼす訳ですよ。
2国間の為替変動では済まない訳です。

1985年のプラザ合意を参考にすれば、
当時、独マルク、円の急激な対ドル相場切り上げを遂行する為に、
各国は協調して為替相場に介入しました。
フランス・フラン、英・ポンド、イタリア・リラ、スウェーデン・クローネなど、
すべて対米ドルで高くなっています

マルク・円が100%ほど高くなり、
他の諸通貨は概ね、50~70%高くなりました。

:1985~1987諸通貨グラフ1
USD-GBPJPYDEMITLSEK-0000-0-0-11-2446067-2447161.png
:1985~1987諸通貨グラフ2
USD-JPYFRFDEMCHF-0000-0-0-11-2446067-2447161.png

上記の例が、中国元の切り上げ時にも起こるとすれば、
日本円も対ドルで50~70%は切り上がるということ。
基準点を1ドル=100円とした場合、
66.66円~58.82円 にまで円高が進行する可能性が有ると言う事です。

中長期的に見た場合、これくらいの為替水準もありえると、
肝に銘じておいた方がよさそうです。

ただ、これは中長期的な1大イベントで、投資のスーパーチャンスでもあります。
このイベントを逃したら、スーパー後悔するでしょうから、
投資手法を研究しておかないと!

〇投資手法参考例
:中国内需株に投資(インフラ系がお勧め)
:米ドルの売り建て(米国金利が高まる可能性が以前より低い為、好機かも?)
:中国元を買う(現時点では難しいか?)


スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:中国元の切り上げ データ プラザ合意 為替 FX 中国

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/307-1d7162a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン