にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト  (--/--/--)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


    Loading...





    ブログパーツ レンタルCGI

    ビックマック指数の変遷  (2014/11/19)

    ■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


    ビックマック指数(Bigmac Index)の最新データが更新されていました。

    2014年度 ビックマック指数


    ビックマック指数2014

    データ参照資料(GDP等)
    世界経済のネタ帳

    過去のデータと比較して思うことは、

    1:日本のGDPのみ伸び率が低すぎる。
    2:その他先進国価格との比較で円安が割りと大幅に進んだのがわかる。
    3:価値観が中国を除いて、各国共に上昇している。

    2011年度 ビックマック指数


    :最新データ(2011年7月)
     FXBigMac - World economics based on the hamburger standard

    :2011年度 ビックマック指数に関する表
    2011_Bigmac_index.png
    ※価値観: 各国ビックマック価格/(一人あたりGDP/365)

    日本を除いて各国とも価格が上昇しております。
    価値観に関しては、先進諸国はおおむね横ばい、途上国は価値観の低下が見られます。

    それにしても、日本だけがダントツで名目GDPが右肩下がりです!

    2010年度 ビックマック指数


    :最新データ(2010年7月)
     FXBigMac - World economics based on the hamburger standard

    :2010年度 ビックマック指数に関する表
    ビックマック指数2010

    データ参照資料(GDP、人口等)
    世界経済のネタ帳
     *GDPは、名目自国通貨建て

    以前の記事IPOD・指数で為替レートを考察したでも書きましたが、
    各国それぞれ消費税が違います。

    消費税(Wikipedia)

    ◯各国の消費税
    :アメリカ 0%(州によってかかる)
    :日本 5%
    :オーストラリア 10%
    :ニュージーランド 12.5%
    :イギリス 17.5%(2011/4現在 20%)
    :ドイツ 19%
    :韓国 10%
    :中国 17%
    :ブラジル 不明(35%以上)

    ただ、上記ビックマック価格が税込なのかどうかは今のところ不明。
    含まれている可能性のほうが高い。
     *日本は含まれている。アメリカも

    2008、2009年度 ビックマック指数


    *以下の内容は 2009/12/09 時点の内容



    :ビックマック指数2009
    big-mac-index-2009.gif

    :ビックマック指数2008
    bigmac_index2008.gif

    因みに、前回のビックマック指数に関する記事の内容は、
    間違っていました!すんません!
     間違っていたのは、一人当たりGDPを米ドル(PPP)で計算していたり、
     自国通貨で計算していたりと混ぜこぜになっていたんですね。とほほ。

    ですので、
    2008年度、2009年度のビックマック指数の表を、
    改めて掲載します。

    :2008、2009年度 ビックマック指数に関する表
    ビックマック指数2008_2009

    :表中の項目
    一人当たりGDP
     自国通貨建て名目GDPを人口で割ったもの
    価値観
     ビックマック価格/(一人当たりGDP / 365)
     一人当たりGDPを1日単位に平均化したものに対する、
     ビックマック価格の割合を示しています。

    今回は、GDPをすべて名目で示していますので、
    現地で暮らしている人々の懐具合から、
    ビックマックに対する価値観の度合いを見れると思います。

    先進諸国は概ね5%以下、2008年のオーストラリアは2.3%と安かったのが、
    2009年に一気に1.25倍され標準並に(3%前後)。

    後進国では、気楽な食事の対象ではないですよね。
    日本人からすれば、3.0%(2009)ですから、中国の19.3%となると、
    2,058円の買い物をするのと同じ感覚となるわけです。

    表には載っていませんが、
    インドでは、同国でビックマックにあたる、
    「 マハラジャマック 」
    が、90ルピーで売られています。(2009/1現在)
     :現為替相場 対日本円 1.9円 換算で、171円
    インドの2008年度、一人当たりGDPが49331ルピーなので、
    価値観指数的に、ビックマックは 0.666
     となり、
    インド国内では、かなり高額な商品になりますね。
    みんな、インドインド、インドは発展している!
    、って言ってますが、
    平均的な所得レベルは相当低い、中国よりも。


    参考までに、2007年以前のビックマック指数の表も掲載。
    :2007年 ビックマック指数
    big-mac-index-2007.gif
    :2006年 ビックマック指数
    bm-index-2006.gif
    :2005年 ビックマック指数
    big-mac-index-2005.jpg
    :2004年 ビックマック指数
    big-mac-index-2004.gif
    :2003年 ビックマック指数
    big-mac-2003.jpg
    Exchange-Rate Theory
     上記サイトには2001年度のデータあり。
    スポンサーサイト
    はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
    【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
    投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

    関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


    Loading...





    テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:ビックマック指数 為替 FX データ

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/316-f81e2237
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    ■ 記事インデックス

    各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

    ■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

    ■ ブログ特選サイト内検索

    *検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

    ■ 最近の記事

    ■ タグクラウド

    クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

    ■ facebook

    ■ RSSフィード・ブックマーク

    RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

    ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

    ■ 関連記事Loader

    [猫カフェ]futaha

    ■ プロフィール

    ハリケーン荒谷

    Author:ハリケーン荒谷
    ■ twitter : hayashidtec
    ■ 株式投資暦は7年ほど。
    ■ 日本市場に本格参戦は2003年。
    ■ 中国株にも2005年参入。
    ■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
    ■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

    ■ BLOG ランキング

    他の株関係のブログが多数見れます。

    にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
    blogram投票ボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。