FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

テレビ離れを止める方法  (2010/03/21)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


はい、またまたテレビネタです。

テレビもデジタル化、ハイビジョン化が進み、今度は3D化ですか。
まあ、ハードウェアの進化は進みましたよね。

しかし!ソフトウェアの進化が止まっとるよ、特に日本!

ちゅう訳で、今回はテレビのソフトウェアの進化について。

前々から思っている事として、

:膨大なラインナップの中から、その人に興味のある物をいかにして知らしめるか?

つまり、新聞のテレビ欄に頼り切った現体制ではあかんっちゅう事。
インターネットでテレビ番組欄を見ることも同じ。

つまり、視聴者の能動的な番組検索を期待したらあかん!っちゅう事ですわ。

そういう人はもともとテレビ好きですから、いいんですよ。
テレビ離れを起こしている人に如何に見せるかの施策が重要なわけです。

まあ、はっきり言って、今の民放のラインナップだけではどうにもなりません。
最低、BS&CSのラインナップを揃えて、スタートラインに立てるっちゅうもんですわ。
話はそこから始めますね。

今、JCOM経由で多チャンネル(CS放送)の契約している人が約260万世帯、
スカパー経由が約370万世帯。
他もあわせて大体700万世帯が多チャンネルを視聴しているって言われてます。
日本の総世帯数が約5000万世帯ですから、
日本人の約14%が多チャンネルを視聴しているんですな。
アメリカなんて70%くらいですから、日本はまだしょぼしょぼなんですね。

しかも、その14%も安定勢力ではない。
解約率が近年10~15%って言われてます。
まあ、私に言わせたら当然ですわ。
日本人は、多チャンネルに慣れてないし、
どこのチャンネルで何やってるかなんて知らんまま、解約する・・・
こんな感じなんですね。

契約したけど、内容分からんまま辞める・・・こういう結果から導き出される解決法、
それを考えてみます。

地上波+BS+CS となると、100チャンネル近くになり、
そん中から面白そうな番組を探しだすのは一苦労なんですね。
もともとテレビ好きな人にとっても番組表とにらめっこするのは大変疲れるし、
途中で諦める人も多数。

だからまずは、

1:キーワード検索機能

これは必須ですな。
これで膨大なチャンネルラインナップからめぼしい物を探せる。
インターネットのWEB検索が普通になった昨今、
この機能が無いと言うことは致命傷ですよ。
ソニーのレコーダーにはこの機能が搭載されてますな。
でもね、Googleライクな検索機能とはまだ言えず。
あと、番組提供側のEPGの番組情報量が少ない(キーワード漏れ)
のにも問題ありです。

も一つは、

2:その人が見そうな番組を自動的にお知らせする機能

アマゾンとかで買い物すると、次にサイトを訪れたときに、

「 あなたにはこんな商品がオススメ! 」

って、なんらかの商品を表示しますよね?
このシステム(データマイニング)は、
アマゾンに限らず色んなサイトで運用されていますが、
かなり効果が有るんですよ。
 :データマイニング
これをテレビでも活用する。
視聴した番組からキーワードを抜き出しメモリ内に保存。
それなりに蓄積したらその人の趣向にあった番組を予想し、
テロップ形式でおすすめ番組を紹介するわけですわ。
その人用のオススメ画面を別に用意するのも有りです。

インターネットがこれだけ普及している現代、
この情報のパーソナライズ化がどれだけ重要かを、
情報の送り手が認識していないはず無いですよね。
でも、テレビは遅れてる訳です。これが一因としてテレビ離れが起きている。

おもろい番組は山ほどあるんですよ!
YouTube なんかで見れる映像もCS発が多いんです。
でも、探すのがめんどう。

だから、

1:キーワード検索機能
2:その人が見そうな番組を自動的にお知らせする機能

この2つは、絶対に必須なんですよ。

テレビは、娯楽を楽しむ装置であるとともに、広告の媒体でもある。
この2つの要素の繋がりを上記の機能で更に深められる。
お互いにメリットが有りますよ。

早期の搭載を望みます。

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:テレビ CS放送

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/349-985c826b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン