FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

電動バイクを普及させる為の免許制度の見直し  (2011/02/26)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


前々から 「 電動バイクの普及には原付2種(51~125ccのバイク)の扱いがキーになる 」 と言ってきましたが、具体的にどうすればいいのかを考えて見ます。

125ccクラスを普及させる為の免許制度


日本の場合、原付1種(50cc以下のバイク)の免許と原付2種(125cc以下)の免許の差(コスト&時間)が激しすぎて、利用者が1種に流れてしまう訳です。
しかし、原付2種のスペックは本来ユーザーが望むものなので免許制度を是正し2種の取得を簡易なものとするのが望ましい。

これを実現するには、2種を普及させたほうが関係団体の利権が増すようにすれば言い訳です。
免許に関して利権を持っているのは警察ですから警察が損しないように、また得するようにする。

原付1種の取得者がH21年度で約19万人でコスト約7000円、2種はH21年度で教習場卒業者が約1万人でコストが約70,000円なので、

:7,000×19万=約13億円
:70,000×1万=7億円
:合計 21億円

現状 約21億円 の収益を生んでいる。

2種取得コストをどのくらいにすれば、1種からの移動が起きるか?2万円くらいかと勝手に想像、その結果1種取得者が8万人に減少、2種取得者が10万人増加、新たな需要3万人増として、

:7,000×8万=5.6億円
:20,000×14万=28億円
:合計 33.6億円

となり、12.6億円の増収です。

しかし、普通二輪取得者(約19万人:H21年度、教習所経由)からの移動も考える必要があります。
なぜなら原付2種目当てで普通二輪免許を取得している人も結構いるからなんです。

普通二輪の教習所経由の免許取得者のうち2割が2種目的だとすると、

:80,000×4万=32億円の減収
:20,000×4万=8億円の増収
:差引24億円の減収

お~これは痛いぞ!
12.6億の増収に対して24億の減収では割が合いません。

こうなれば、いっそ原付1種を廃止して2種に統一というパターン。
この場合、1種の残り8万人中、4万人が免許取得自体を止めたとして、

:20,000×18万=36億円

で、普通二輪からの流出を多少防ぐ方針として、パワー規制を設ける。
新2種免許は最高出力10kwまでのバイクにしか乗れない、あとAT限定にする。

これで流出を1割にできたとして、

:80,000×2万=16億円の減収
:20,000×2万=4億円の増収
:差引12億円の減収
:36-21-12=3億円

これで3億円の増収になるので十分ですが、新2種免許コストを2.5万円でも状況が変わらないとして、

:25,000×20万=50億円

で結果、

:50-(21+16)=13億円の増収

これで免許に関する問題は解決。

参考資料:警察庁 運転免許統計H21年度版

交通違反反則金の問題、ポイントは自転車


:制限速度30km
:二段階右折
:2人乗り禁止

原付1種の特殊性の代表3項目、ここからどのくらいの罰金を徴収しているのか?その資料が見つかりません。

しかし、そもそも原付1種自体の数が減少し、反則金の増加は今後見込めません。
なので、原付1種が今後無くなるという想定で新たな収益源となるのが自転車による反則金です。

自転車にかかわる違反は今までかなり大目に見られてきました。
既に厳しく取り締まる方向性にあり、それを更に強化するという事です。

:交通反則者納金 約740億円(H21年度)

参考資料: 平成21年度決算(交通安全対策特別交付金勘定

これがいわゆる交通違反の罰金の総額です。
これは年々減少していて、その理由も交通量の減少や少子高齢化など構造的に避けられない理由からです。
だから警察は、この収益源を守るために年々減少することがわかっている原付1種の取締りよりも、自転車の取締り強化を重視しているわけです。
最近のニュース報道で危険な自転車や自転車事故をよく取り上げている理由にはこういった事情があるんですよね。

なので原付1種の減少による反則金減少の問題はあまり問題視しなくてもよいと思います。
何故なら、原付1種関係の減収額を補うのに、自転車取締りをどの程度強化すればよいのかが警察には分かるからです。

というわけで原付2種を普及させても警察は損をしないことが分かりました。
今後自転車の取締りが強化されることは決定しているわけですが、理由がこんなところにあるとは恐るべしですよね。

私は決して自転車嫌いではありませんよ。
逆に大好きでクロスバイクでツーリングに行ったりしてますし、家の近所は基本チャリ移動です。
だから本心としては、細かいことに警察等が口を出すこと自体が嫌いです。

でも、人と言うのはあまりにも自由奔放にさせておくと混乱の極みに至って、結局全員の損失につながる。
なので、自転車も特別扱いは出来ませんって事ですわ。
いずれは歩行者からも罰金が取られるようになるでしょうね。

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク -タグ:バイク 電動バイク 道路行政

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/457-b418a0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン