FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

アフリカ:コートジボワールってどんな国?  (2011/04/09)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


内戦で混迷極まるコートジボワール。
カカオ豆の生産量で世界1位(シェア35%)という事以外はほぼ知られていないと思うんですよね。

コートジボワール(Wiki)

概要は大体 Wiki でわかりますのでそこには載っていない、特に人口統計上のデータを日本と比較しながら見てみたいと思います。

:データ参照元 index mundi

Cote d'Ivoire Demographics Profile 2011


Demographic;人口統計データ(人口統計上の)

*以下、カッコ内は日本のデータ

◯Age structure;年齢構造
0-14;39.8%(13.1%)
15-64;57.2%(64%)
65 years and over;3%(22.9%)

◯Median age;平均年齢
total;19.6(44.8)
male;19.7(43.2)
female;19.5(46.7)

◯Total fertility rate;合計特殊出生率
合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ)とは、人口統計上の指標で、一人の女性が一生に産む子供の平均数を示す。

3.92(1.21) children born/woman (2011 est.)

◯Population growth rate;人口成長率
2.078%(-0.278%) (2011 est.)


国全体がとても若い人で溢れかえっている状態、日本では考えられないですよね。
人口もまだまだ増えてます。

◯Infant mortality rate;乳児死亡率
total: 64.78(2.78) deaths/1,000 live births
male: 71.54(2.98) deaths/1,000 live births
female: 57.83(2.58) deaths/1,000 live births (2011 est.)

◯Life expectancy at birth;出生時平均寿命
total population: 56.78(82.25) years
male: 55.79(78.96) years
female: 57.81(85.72) years (2011 est.)

◯HIV/AIDS
:adult prevalence rate;エイズ成人感染率
 3.4%(less than 0.1%) (2009 est.)
: people living with HIV/AIDS;エイズ感染者数
 450,000(8,100) (2009 est.)
:deaths;エイズ死亡数
 36,000(fewer than 100) (2009 est.)


乳児死亡率が高く、平均寿命もとても短い。
そしてなによりもエイズの感染者が多い!これはアフリカ諸国全体での問題なんですよね。

◯Urbanization;都市化
urban population: 51%(67%) of total population (2010)
rate of urbanization: 3.7%(0.2%) annual rate of change (2010-15 est.)

◯Education expenditures;教育費
4.6%(3.7%) of GDP (2008)


都市化(都市人口の割合)、これ意外に日本はあまり高くないんですね。
コートジボワールとの比較では分かりにくいですが、他の先進諸国が軒並み80%超ですからね。
オーストラリア89%、アメリカ82%、ドイツ74%でドイツはちょっと低い方です。

あと、教育費の対GDP比率、後進国は大体3%割れが多いのにコートジボワールは意外と高いですね。
対して日本は、先進諸国が軒並み4%超なのに対して結構低い部類に入ります。
例えばオーストラリアは4.7%、アメリカは5.5%、ドイツは4.4%です。
ただこれは、少子高齢化が際立って進んでいるのが理由かもしれません。

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:アフリカ データ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/473-ef9e5459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン