FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

HONDA/YAMAHA 2005~2011のバイク売上台数と金額の推移  (2011/05/06)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


HONDA:先進国はなお低迷中、アジアと南米がそれを支える


NEW-HONDA-CBR1000RR.jpg
:上の写真はCBR1000RR

◯HONDAの年間売上台数
Honda2005_2011バイク売上台数

◯HONDAの年間売上金額
Honda売上高金額_2005_2011

日本:
販売台数と金額の減り方の比率に差があるのは、原付1種(排気量50cc以下のバイク)の全体に占める割合がもともと高く、このセクターの販売台数が激減していることに理由があります。

北米:
比率で見ると台数・金額共に日本以上に激減しています。
もともとATVとモトクロッサーの販売全体に占める割合が他市場に比べ高く、それが激減したことも大きなな理由です。
ATV・モトクロッサーは完全に趣味の乗り物ですので、節約志向が未だに強いということが分かります。

欧州:
台数・金額の減少比率が割と近い数値を示しています。
欧州では大型バイクが主力商品で、単純にその販売数が低下していることを示しています。
北米ほど大幅に減少していない理由は、大型バイクは趣味と実用を兼ね備えた商品だからでしょう。

アジア:
台数は意外に右肩上がりの成長を示してはいません。
しかし金額で見ると約2倍にまで成長しているのは、主力セクターである排気量100~150CCのバイクの高級志向と中排気量車(250cc前後のバイク)セクターが成長していることを示しています。
アジアでは現地メーカー・中国メーカー等が低価格車を大規模に投入しているのですが、逆に日本車の高性能・高品質が目立ち、売上を伸ばしていると言えます。

その他:
内訳は南米・アフリカ・中東・オセアニアですが、メイン市場はブラジルです。
このセクターは台数でほぼ右肩上がり、金額でも2005年比で2倍にまで成長しています。
売れているセクターはアジア同様100~150ccクラスですが、意外にブラジルは大型車も売れており、先進国以外では最大の、今もっとも注目されているバイク市場なのです。

バイク:ブラジル市場で爆進中のHONDA (2011/05/19)

YAMAHA 2005~2011のバイク売上台数と金額の推移


yamaha_yfz_r1_wss_2008_10.jpg
:上の写真はYZF-R6

◯YAMAHAの年間売上台数
YAMAHA2005_2011売上台数

◯YAMAHAの年間売上金額
YAMAHA売上高金額_2005_2011

:日本
ホンダ同様大幅に低下していますが、売上台数と金額の比率がホンダほど乖離していないのは、原付1種の構成比がホンダよりも低いのが理由です。

:北米
これもホンダ同様の数値を示しています。
ヤマハの数字にはATVが含まれていないので、2輪市場自体がかなり縮小している事が鮮明に分かります。
趣味としてのバイク需要が大きい北米は2輪市場にとって鬼門になっているようです。

:欧州
ホンダ同様に縮小しています。

:アジア
売上台数・金額共にホンダを上回る右肩上がりの状態で、金額ではホンダに対して1000億円以上の差をつけています。
インドネシアがヤマハのアジア部門最大の市場であり、生産基地もあります。
インドネシアだけでアジア部門の50%を稼ぎ出しています。

:その他
ホンダ同様、南米(主にブラジル)が主力市場です。
このセクターも成長市場ですが、ホンダに比べて進出ペースが遅いようです。


ホンダ、ヤマハともども新興国市場で先進国市場の赤字を補填しているという図式ですね。
こちらのブログ(MOTOCENTRISM ~バイクのニュースとレビュー)で先進諸国の2010年度バイク事情が紹介されています。
非常に面白い内容となっておりますよ。

ホンダ/ヤマハの営業利益率と地域シェアを比較


◯ホンダ/ヤマハ営業利益率と地域シェア比率2005_2011
HONDA_YAMAHA営業利益比較_2005_2011
*地域シェアは会社内の2輪の全売上高に対する比率

営業利益率では、全期間でホンダが上回り、直近では約5%上回っています。
地域シェアでは、日本・北米・その他ではホンダ、欧州・アジアではヤマハのウェイトが大きくなっています。

上記シェアは、地域内における企業間のシェアでは無く、企業内でのシェアですのでご注意を。

詳細は不明ですが、ホンダのその他の地域での売上高が大きいことが利益率での両者の大きな差として現れているのではないかと思われます。
その他の地域のメイン市場はブラジルであり、この市場でホンダは利益を稼いでいるのかもしれません。

バイク:ブラジル市場で爆進中のHONDA (2011/05/19)

スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:バイク ホンダ ヤマハ データ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/11/08(火) 02:06:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

> YZF-R1とR6ごっちゃにしないで><;

あ、写真R6でした?すんませんね~!

  • 2011/11/24(木) 15:26:33 |
  • URL |
  • ハリケーン荒谷 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/485-f6479929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン