FC2ブログ
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

荒谷のローリスク株式長期投資

日本・世界の優良企業・株式で長期資産運用(長期投資)を行う私が、素人なりにも株・為替・商品先物・各種経済ネタ・政治ネタについて日々コメントするブログ。因みにバイク好きなもんで、バイクネタも多数アップ、主題に関連する英単語の勉強もしていきたいと思います!

ローリスク長期投資とは?まとめ記事(随時更新)
:twitter で一日一回みなさんで呟いてください。「 政府は日銀に国債100兆円くらい引き受けさせてとにかく円高を止めろ!増税?日本を終わらせる気か! 」よろしくお願いいたします。詳細については 地震後の日本の政策を考える を御覧ください。

ブログパーツ レンタルCGI

中国 中国株式市場はかならず押さえよう  (2008/02/09)

■ 現在の注目銘柄はこちらにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ買(B)売(S)待て(W)、3段階(1~3、3が最強)をお知らせ、随時更新。説明文の最後に記載。


中国に限った事ではありませんが、株式投資を行う上で重要なのは、その国の内需がこの先拡大・成長するのかどうかがとても重要です。日本においては、この先内需が爆発的に拡大・成長すると言う事は望めません。なので、その代表的な国、中国に投資する方が投資効率は断然良いと予測できます。

■ 中国をはじめとする、内需拡大の要素のある国へ投資しよう


インド、こちらも注目される国の一つですが、どうしてもイメージがよくありませんよね。しかし、インド人というのは、中国人の華僑についで大きな世界ネットワークを構築している人種なんです。それだけ、経済に強い人種・民族なんですね。庶民レベルではカースト制度によって職業の選択の自由が阻害されていますので、そこがキーポイントですが、IT分野が発達している理由も実はカースト制度にあるのです。カースト制度によって決められた職業にIT分野が当てはまらなかったので、インドの庶民の方はこぞってIT分野に活路を見出そうとし、そして世界的にも重要な位置を占めるようになったのです。

もともとインド人はそういった制度を考えなければ、経済センスのある人種・民族なのでこれからの世界経済をしょって立つにはふさわしい民族だと思われます。

■ それぞれの国には長い歴史上培われた、ある種のセンスと言うものがある

ドイツが何故、世界に名だたる工業・化学大国であるのか?それには歴史上の理由があります。ドイツと言うのは隣国のフランスと比べて、農業には向かない気候・土地柄なんですね。なので、農業以外に活路を見出さなければならなかった。なので、痩せこけた土地を効率よく耕すにはどうすればよいか?効率よく耕す道具とは?などを日夜、考えながら過ごしていた訳です。

十字軍の遠征時に、西欧諸国は始めてイスラム勢力が使用する火器に遭遇しました。剣と盾の時代に、初めて目にした火薬を使った武器。これを持ち帰って本格的な銃器に仕上げたのは、ドイツの鍛冶屋たちでした。

そういった考え方が根底にあるドイツ人と、豊かな土地に住むフランス人とでは物事の考え方が全く異なる訳です。その流れは今も引き継がれているのでしょう。

■ 過去の歴史を振り返れば、中国は大いに大国になる要素を秘めている

長い歴史上、中国はかつて世界に名だたる大国でした。それが、大国・強国で周辺に敵が皆無であるがゆえに発展のスピードが緩み、急激に東進してきた戦闘力で圧倒的な差を持つヨーロッパ諸国に一気に領土を奪われました。さらにはヨーロッパ的文化・技術を短期間のうちに受け入れた日本にも蹂躙され、第3世界に立場をおとしめてしまいました。

しかし、今ようやく国内の安定を得、世界の資金のバックアップを受け、急激に世界の大国として返り咲こうとしています。中国の野望は今、一気に解き放たれようとしています。軍事的にも周辺国を脅かすものがあります。アメリカは軍事的には世界一ですが、中国を仮想敵から既に外しています。もう、中国の勢いを止める事は出来ないでしょう。また、中国経済の発展を止めれば、世界経済上、恐ろしい事が起こると予想されますので、もう既に発展させるしかないと言うのが現実だと思われます。

■ 歴史を勉強しよう

全ては繰り返しです。大国の覇権が委譲される時が来たのです。急激には変わらないかもしれませんが、徐々にその時は訪れるのでしょう。

私達日本人としては、今のうちに、円の力が強い内に、投資しておくより他有りません。
スポンサーサイト



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
【送料無料】1日1分レッスン! TOEIC test(パワーアップ編)
投資の世界観を養う本:冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)

関連テーマへのリンク(テーマごとの記事一覧へ飛びます)


Loading...





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー -タグ:中国

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phaya.blog18.fc2.com/tb.php/80-4cc39f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ 記事インデックス

各リンクをクリックすると、再読み込み無しでページ内の各記事に移動しますよ。

■■■ comment ■■■ ■■■ trackback ■■■

■ ブログ特選サイト内検索

*検索対象サイトを選択してから検索してくださいね。

■ 最近の記事

■ タグクラウド

クリックで各キーワードの専用ページに飛びます。

■ facebook

■ RSSフィード・ブックマーク

RSSリーダーに登録して定期購読できます。とても便利なツールです。

ソーシャルブックマークも、結構便利なサービスですよ。

■ 関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

■ プロフィール

ハリケーン荒谷

Author:ハリケーン荒谷
■ twitter : hayashidtec
■ 株式投資暦は7年ほど。
■ 日本市場に本格参戦は2003年。
■ 中国株にも2005年参入。
■ 2000年ごろにアメリカ市場で、燃料電池関係にも手を出しましたね~、懐かしい!
■ 海外旅行が好きで、毎年1回はアジアの国々を訪れています。中国・タイ・ベトナムなどに行きました。現地に行って感じたのは、「 まだまだ、発展途上である!」って事です!

■ BLOG ランキング

他の株関係のブログが多数見れます。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
blogram投票ボタン